タイのスウィーツ・お菓子

パートンコー・油条の紹介:タイの色々な料理

タイ料理の紹介:パートンコー・油条

ひつじ執事
ひつじ執事
ここではタイ料理の紹介として パートンコー・油条を解説します。

パートンコー・油条の基本的な説明

料理の名前:パートンコー

英語での料理の名前:Fried Chinese Bread

タイ語での料理の名前:ปาท่องโก๋

パートンコーは、小麦粉をこねて作った生地をまるめて油で揚げて作る揚げパンです。

中国の揚げパン・ヨーティヤオ(油条)だとも言われていて、実際にバンコクのヤワラー等のチャイナタウンでは、油條と書いて売っているお店もあります。

外はサクサクとした歯ごたえがあり、中の生地は意外としっとりとしていて、少し塩味があり、癖になる美味しさです。パートンコーの形はお店に寄り多くの種類があり、棒状や四角やX字の様なものが良く売られています。

店主が生地を切って形成しているので、好きな形に作っているので、形はそのセンスなんでしょうね。

ひつじ執事
ひつじ執事
こちらのご主人もX字のパートンコーを水でつけて揚げていますよ。

パートンコーに付けて食べるサンカヤーと呼ばれる緑色のカスタードクリーム、コンデンスミルクやイチゴやブルーベリーのジャム、豆乳が一緒に売られていて、付けて食べると食べると美味しいんです。

最近は、ドーナッツの様にして中に上のクリームを挟んだものも良く見るようになりました。

ひつじ執事
ひつじ執事
タイ人は、朝食や夜食として食べることが多く、その為にお店も早朝や深夜にオープンしているのが普通です。

その時にはこれも朝食や夜食の定番のタイ風のおかゆのジョークとセットで一緒に食べるのもお決まりとなっています。

中国から来たということもあり、タイの周辺国のラオス・ベトナム・カンボジア・ミャンマー等でも食されています。因みにタイでは世界のハンバーガーチェーンであるマクドナルドでもパートンコーが売っているんです。

タイのマクドナルドの実食レポートでパートンコーを食べたので、良ければ下の記事を読んでみてくださいね。

タイのマクドナルドを解説:バンコクやパタヤで人気のライスメニューとは?マックの限定メニューや値段をチェックしよう!タイ旅行のバンコク・パタヤ・チェンマイ・プーケットではマック:Thai Macdonaldに行くのがおススメです。ライスメニューやシガネイチャーバーガーや期間限定商品もあるからです。全メニュー紹介と実食レポートをお届けします。...

この他のタイの色々な料理の紹介した記事を掲載

このシリーズでは、タイの料理としてスタンダードなものから珍しいものまで紹介していきたいと思っています。

ひつじ執事
ひつじ執事
宜しければ、下の他のタイ料理の記事も読んでみてくださいね。
ボーンネン(タイ風アメリカンドッグ):タイの色々な料理 タイ料理の紹介:ボーンネン・タイ風アメリカンドッグ ボーンネン(タイ風アメリカンドッグ)の基本的な説明 料理の名前:ボー...
カノムクロック(ขนมครก)スウィーツ・お菓子:タイの色々な料理の紹介タイ料理の紹介:カノムクロック(ขนมครก) カノムクロックの基本的な説明 料理の名前:カノムクロック 英語での...
ムーピン(หมูปิ้ง)肉料理:タイの色々な料理の紹介タイ料理の紹介:ムーピン(หมูปิ้ง) ムーピン(หมูปิ้ง)の基本的な説明 料理の名前:ムーピン 英語で...

パートンコー・油条の紹介まとめ

パートンコーは、中国人を中心にタイ全国で食べられている揚げパンです。

読んでみているだけだと、特別美味しそうに感じないのですが、これが揚げたてをクリームと食べると驚くほど美味しんですよ!

ひつじ執事
ひつじ執事
カリカリにしっとりで、高級なドーナッツを食べているようです。

チャイナタウンや街の市場でも食べれますが、必ず食べれるという意味では、マクドナルドが良いかもしれません。

日本のマクドナルドでは食べれないオリジナルメニューということで、旅の思い出として良い経験になると思いますよ。

タイに旅行の際には、ぜひ食べてみてくださいね。

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。