タイのスウィーツ・お菓子

ボーンネン(タイ風アメリカンドッグ):タイの色々な料理 

タイ料理の紹介:ボーンネン・タイ風アメリカンドッグ

ひつじ執事
ひつじ執事
ここではタイ料理の紹介として、ボーンネン(タイ風アメリカンドッグ)を解説します。

ボーンネン(タイ風アメリカンドッグ)の基本的な説明

料理の名前:ボーンネン

英語での料理の名前: Thai corn dog 

タイ語での料理の名前:โป๊งเหน่ง

ボーンネンはタイ風のアメリカンドックです。

最も大きく異なるのは、その見た目です。日本で見るアメリカンドッグは、ソーセージに衣をつけているために細長い形をしていますが、タイのボーンネンはまん丸い形が特徴です。

ボーンネンというネーミングも、ボーンが坊主頭とネンが輝くという意味ですから、光る坊主頭というユニークな理由です。まぁ確かに見た目そのままですね(笑)

このまん丸い形は、衣をまとわせて油の中でクルクルと回しながらまん丸い形状を作り上げていくという職人芸から形成されています。

中には2本同時に回すおじさんも居たりしますよ。

ひつじ執事
ひつじ執事
衣をつけてクルクルと回しながら揚げていく様子は、なぜか懐かしさを感じます。

そんなボーンネンですが、味と質感はアメリカンドックそのもので、まん丸い衣の中央に小さなソーセージが入っています。

周りの生地は日本の物よりも、甘味が強く、タイでは、トマトソースやマスタードを使わずに食べるのが通常です。

マクドナルドのフライドポテトなどは、トマトソースをつけて食べるのが普通だったりするのに、アメリカンドッグは日本と逆にトマトソースを付けないという不思議!

ひつじ執事
ひつじ執事
何もつけないで食べると甘みが良く感じるんで、軽食というよりもお菓子という感じです。

ただし食べることができるのは、余り食堂や普通の屋台では見かけません。買うことができるのは、ナイトバザールやイベントの前などの屋台になります。

タイ人も子供の頃にお祭りで親に買ったもらったお菓子として、懐かしいと振り返る人が多いいお菓子なんですよ。

価格の方は、大抵は1個15バーツから20バーツと安いのも良いんですよね。

この他のタイの色々な料理の紹介した記事を掲載

タイ料理に関して、いろいろな料理を解説していきたいと思います。

ひつじ執事
ひつじ執事
写真や動画で多くの料理を紹介していきたいと思いますから、良ければ他の記事も読んでみてくださいね。
カノムクロック(ขนมครก)スウィーツ・お菓子:タイの色々な料理の紹介タイ料理の紹介:カノムクロック(ขนมครก) カノムクロックの基本的な説明 料理の名前:カノムクロック 英語での...
イサーンソーセージ・イサーンソーセージの紹介:タイの色々な料理サイクロークイサーンは、イサーンソーセージとも呼ばれるイサーンの郷土料理です。この記事では、そのお手軽に食べれるタイの屋台料理ストリートフードを紹介します。...
ムーピン(หมูปิ้ง)肉料理:タイの色々な料理の紹介タイ料理の紹介:ムーピン(หมูปิ้ง) ムーピン(หมูปิ้ง)の基本的な説明 料理の名前:ムーピン 英語で...

ボーンネン(タイ風アメリカンドッグ)の紹介まとめ

ボーンネンは、形こそまん丸いので見慣れない食べ物のようですが、間違いなく日本人も食べ慣れたアメリカンドッグです。

辛くもなくスパイスも使われてないですから、タイ人とマーケットなどに来た際に、タイ料理に気後れする人でも気軽に食べることが出来ますよ。

最近はアメリカンドッグを食べてない人も多いと思いますので、この懐かしい味をタイで味わうのも悪くないですよ。

ひつじ執事
ひつじ執事
見た目もまん丸いテルテル坊主みたいで可愛いですしね。

タイに旅行の際には、ぜひ食べてみてくださいね。

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。
オススメの関連記事