タイの肉料理

ムーピン(หมูปิ้ง)肉料理:タイの色々な料理の紹介

タイ料理の紹介:ムーピン(หมูปิ้ง)

ひつじ執事
ひつじ執事
今回は、タイ料理の紹介としてムーピン(หมูปิ้ง)を解説します。

ムーピン(หมูปิ้ง)の基本的な説明

料理の名前:ムーピン

英語での料理の名前:THAI GRILLED PORK

タイ語での料理の名前:หมูปิ้ง

ムーピンは、屋台で主に売られているタイの豚肉の串焼で、タイ語でムーが豚肉、ピンが炭火で焼くという意味になります。

因みに、鶏肉を炭火で焼いたガイピンもありますが、ムーピンほど多くは見かけません。実は、更に牛肉やワニといった変わり種もあったります。

ムーピンの特徴は、豚肉を漬け込んだことで良くしみた甘めのタレです。辛いものが多いタイ料理の中で、照り焼きよりも甘さのきいたこのタレは、日本人にはどこかほっとする味です。

しかも炭火でじっくりと焼くことで豚肉の肉汁が香ばしく合わさり、定番のもち米のカオニャオと一緒に食べると最高に幸せな気分になります。

この甘いたれが、各店のオリジナルとなる調合がされていて、ガーリックが強く効いているお店やココナツミルクを入れてマイルドなコクがあるところもあります。

ひつじ執事
ひつじ執事
実際、タイに住んでいる日本人にも多くのファンがいる料理です。

タイ人は、シンプルにムーピンとカオニャオの組み合わせを朝ごはんやお昼ごはん、お弁当として食べている姿をよく見ます。

その為にタイ人には、ムーピンというよりはカオニャオとムーピンとセットで呼ぶのが、普通となっていますね。

ただし最近は、屋台といえども店主が生豚肉に一本一本に手間暇かけて串を通す手作りの物とは限らないようで、食品メーカーが販売する調理用の真空管パックが販売されていて、その商品を買って焼いている屋台もあります。

ムーピンの価格は、その肉の大きさに寄っても異なり、大体1本5バーツから10バーツぐらいが相場になります。最近は、10バーツのことが多いいですかね。

ムーピン(หมูปิ้ง)を作っている動画を紹介

ムーピン(หมูปิ้ง)を作る過程を見ることができる動画を、ユーチューブにアップしました。

ひつじ執事
ひつじ執事
ムーピンをじっくり焼いている姿を見ているとお腹が空いてくること請け合いですよ!

タイの色々な料理ムーピン(หมูปิ้ง)の紹介まとめ

ムーピンは、タイの全国何処ででも食べれますし、1本から値段も安く買えますし、手軽でおやつやおにぎりのような感覚で、お手軽に食べられるものです。

串に刺さってますから、歩きながらでも食べれますからね。

ひつじ執事
ひつじ執事
とは言え、やっぱり甘いたれと炭火で焼いた脂ののった豚肉の相性が最高で、日本人なら嫌いな人はいない味が最も特徴です。

凄く美味しいですから、タイに旅行の際には、ぜひ食べてみてくださいね。

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。