タイのスウィーツ・お菓子

カノムクロック(ขนมครก)スウィーツ・お菓子:タイの色々な料理の紹介

タイ料理の紹介:カノムクロック(ขนมครก)

ひつじ執事
ひつじ執事
ここではタイ料理の紹介としてカノムクロックを解説します。

カノムクロックの基本的な説明

料理の名前:カノムクロック

英語での料理の名前:Thai Coconut Pancake

タイ語での料理の名前:ขนมครก

カノムクロックは、小麦粉にココナッツミルクと砂糖を混ぜて作った生地をたこ焼き器のような専用の鉄板で片面だけ焼いた円盤型のものを、2つ重ねて作るたタイの焼き菓子です。

味はほんのりと甘く、外側のカリッとした米粉の生地と中のトロリとしたココナッツミルクの食感が美味しいです。

トッピングは、バナナ・トウモロコシ・万能ネギ・ココナッツの果肉等が使われます。

ひつじ執事
ひつじ執事
お店に寄り甘さや具材焼き加減などで個性があり、味がそれぞれ異なります。

日本人の感覚からすると甘いお菓子にネギやトウモロコシが入っていることに違和感を覚えるかもしれませんが、食べてみると意外と悪くないと思います。

日本にはない感覚かもしれませんが、ここはタイですし、郷に入れば郷に従うということでトライしてみてはどうでしょう。

食べれる場所は、レストランでもメニューにありますが、元々屋台料理ということもあり、今でもマーケットやデパートの前などにも多くの屋台を見かけます。

屋台でクルクルと焼き上げていく料理の過程を見ながら食べるのが、やはり風情があり最も美味しいと思います。

その価格は、1パックに10個程度入っていて、20バーツから40バーツぐらいが相場といえます。

カノムクロック(ขนมครก)を作っている動画を紹介

カノムクロックを作る過程を見ることができる動画をアップしました。

ひつじ執事
ひつじ執事
これを見てもらえれば、カノムクロックがどのようにして作られるか、それにどんなお菓子なのかが分かると思います。

屋台で実際に焼いているところを見ることができるのは楽しいですよ。

カノムクロック(ขนมครก)はタイでは有名な昔話があります。

昔々、カティとペーンという相思相愛の若い二人がいました。結婚を誓い合った二人でしたが、ぺーンの親はその結婚に反対します。

それでも結婚の意志が固かったので、ペーンの親が罠を仕掛けてカティを殺そうと計画しますが、間違えてカティとペーンが罠にかかり二人揃って亡くなってしまいます。

この悲劇からカティをココナッツミルク、ペーンを粉末と例えたお菓子が作られ、カノム・コンラッカン(愛し合うお菓子)と呼びました。

ひつじ執事
ひつじ執事
これがカノムクロックです。

カノムクロックを上下に2枚合わせているのも、2人が一緒に添い遂げることを願う意味が込められています。

カノムクロック(ขนมครก)の紹介まとめ

カノムクロック(ขนมครก)は、タイのお菓子の中では甘さが抑え気味のものとなりますので、甘いのが苦手な人でも食べれると思います。

ひつじ執事
ひつじ執事
タイの伝統的なお菓子を食べてみたいけど、甘いのが苦手な人でも食べれると思いますので、おすすめですよ。

タイに旅行の際には、ぜひ食べてみてくださいね。

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。