タイのスウィーツ・お菓子

クルアイピン(焼きバナナ)กล้วยปิ้งの紹介:タイの色々な料理

タイ料理の紹介:クルアイピン・焼きバナナ

ひつじ執事
ひつじ執事
ここではタイ料理の紹介として、クルアイピンと呼ぶタイの焼きバナナを解説します。

クルアイピン・焼きバナナの基本的な説明

料理の名前:クルアイピン(กล้วยปิ้ง)

英語での料理の名前:Thai Grilled Banana

タイ語での料理の名前:กล้วยปิ้ง

バナナというと日本人は、焼いて食べるというイメージは無いですよね。しかしタイでは、バナナを食べるときに調理して食べる方法も色々とあり、焼いて食べるのもメジャーな食べ方です。

ただし焼きバナナと言っても、日本で食べられているバナナとは種類が異なり、短くて太いクルアイ・ナームワーと言う焼きバナナ専用の品種を使います。

ひつじ執事
ひつじ執事
しかも黄色く完熟する前の緑色の渋みのあるものを使うのですが、これを焼くと程よい甘みに変わるんですよね。

そのほんのりと甘い焼いたバナナを少しつぶして、ネットリとした蜂蜜のような甘さのバターとココナッツのシロップをかけて食べるのが一般的です。

ひつじ執事
ひつじ執事
このシロップとの相性が抜群で、誰もが夢中になって食べてしまうと思いますよ。

下の動画では、バナナを七輪で炊いて、専用の機械で押しつぶして、シロップを掛ける調理の過程を見ることが出来ますよ。

この潰す理由は、シロップが絡みやすくする意味もありますが、黒くて固い種を取り除く意味もあるんです。

ひつじ執事
ひつじ執事
日本人から見るとバナナの種?と思うかもしれないですが、クルアイ・ナームワーには大きめの種が入っているんです。

バンコク市内だけでなく、タイ全国でどこにでも屋台から店先で、どこでも簡単に見つけられるタイの伝統的なデザートです。

価格の方も安くて、小さな袋にいくつかバナナが入ったもので、10バーツから20バーツといったところです。

この他のタイの色々な料理の紹介した記事を掲載

タイには美味しい料理が色々とあるんです。日本では食べれないような食べ物があるので、興味はありませんか?

ひつじ執事
ひつじ執事
他の記事でもタイ料理を紹介していますので、良ければ読んでみて下さいね。
パートンコー・油条の紹介:タイの色々な料理タイ料理の紹介:パートンコー・油条 パートンコー・油条の基本的な説明 料理の名前:パートンコー 英語での料理の名前...
ボーンネン(タイ風アメリカンドッグ):タイの色々な料理 タイ料理の紹介:ボーンネン・タイ風アメリカンドッグ ボーンネン(タイ風アメリカンドッグ)の基本的な説明 料理の名前:ボー...
カノムクロック(ขนมครก)スウィーツ・お菓子:タイの色々な料理の紹介タイ料理の紹介:カノムクロック(ขนมครก) カノムクロックの基本的な説明 料理の名前:カノムクロック 英語での...

クルアイピン・焼きバナナの紹介まとめ

クルアイピンは、タイ風の焼きバナナというと簡単な料理のように感じますが、これがまた意外と味わい深いんですよね。

まぁ、日本ではバナナを焼くという発想自体がないので、ちょっと意外かもしれませんね。

ひつじ執事
ひつじ執事
でもこれが驚くほど美味しいんですよね。

日本でも普通に流行っても良いと思えるほど、日本人好みの味だと思いますよ。

タイに旅行の際には、ぜひ食べてみてくださいね。

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。