*

海外旅行保険はテロや戦争の怪我などには使えるのか?海外移住FP

a0002_012029

クレジッットカードの海外旅行保険はテロ行為や戦争・内乱で怪我した時には使えるのか?

世界各国でイスラム国が暗躍することもあり爆弾テロが頻発するようになってしまいました。

この1・2年でも、タイ・インドネシア・トルコ・フランスと大規模な爆弾テロが起きて多くの犠牲者が出ています。

しかもベルギーで起きた空港・地下鉄の同時爆弾テロでもタイ・バンコクの爆弾テロでも日本人も巻き込まれています。

ヨーロッパ・アジア・中東と場所も関係なく起きているためにどこの国や地域なら安全とは言えないのが現状ではないです。

そうなると気になるのは、もしあなたが海外旅行でテロや暴動・内乱に巻き込まれてしまった時には海外旅行保険は使えるのか?そしてクレジットカードの海外旅行保険も同じなのか?ということだと思います。

今回は海外旅行保険のテロに関する規定を説明したいと思います。

スポンサーリンク

海外旅行保険の基本的な考え方

今回は海外旅行保険の支払い対象の事故が起きた時に、その原因がテロ行為・戦争・内乱の場合に保険金が支払われるのかを確認したいと思います。

保険の内容を見て確認をしますが、その前に海外旅行保険には重要な考え方があります。

海外旅行保険は、平常時の一般市民が海外旅行する事を想定してリスクが計算されていると言うことです。

これは危険度が高くなっている非常地域については、保険会社が契約を引く受けないということです。

大前提として保険会社が引き受けてくれなければ保険金は受け取れないですからね。

それに現実的にもその様に危険度の高い地域に行くことを避けるべきだと思います。

とは言え、テロは突然平和な街中や観光地でも起きています。

ここからは平和な場所で突然、テロ行為・戦争・内乱に巻き込まれた時に保険の対象となるのかを検証します。

保険約款から見る有責と免責

保険と言うのは約款という文章で書かれた契約により全てが決められています。

保険の対象となるものや支払額に関することが書かれた基本約款が先ずあり、免責条項という支払いの対象外となるものや状況が書かれた除外規定により構成されます。

保険用語:免責=責任を免除されるということで保険金が出ないということです。これに対して保険の支払うケースを有責と言います。

この2つ内容を読み解くことで、保険がどんな時に払われどんな場合には支払われないのかが分ります。

テロ行為が海外旅行保険で支払いの対象となるのかを約款を見ていきます。

先ずは怪我をした時の支払規定となる傷害治療費用補償特約の基本約款の部分を見てみましょう。

テロ行為に巻き込まれた場合に最も心配されるのは、怪我を負っての入院だと思いますので。

傷害治療費用補償特約 基本約款

第2条(保険金を支払う場合) (1)当会社は、被保険者が旅行行程中に傷害を被り、その直接の結果として、医師の治療(注1)を要した場合は、この特約および普通保 険約款の規定に従い、次のいずれかに掲げる金額を傷害治療費用保険金として被保険者に支払います。

ただし、社会通念上妥当な金額であり、かつ、保険事故と同等のその他の事故に対して通常負担する金額相当額とし、この保険契約を締結していなければ生じなかった金額を除きます。また、傷害の原因となった事故の発生の日からその日を含めて180日以内に要した費用に限ります。

簡単に要約しましょう。

旅行中に怪我をして治療費が正当な額なら事故日から180日間その額が保険で支払われると書いてありますね。

まぁこの内容は普通に認識している通りですよね。この普通約款のみだと全ての怪我が対象になりますが、ここから除外するものを規定していきます。

では、今度は除外規定になります。
a0002_003094

傷害治療費用補償特約 除外規定

第4条(保険金を支払わない場合-その1) (1)当会社は、次のいずれかに該当する事由によって生じた傷害に対しては、傷害治療費用保険金を支払いません。

① 保険契約者(注1)または被保険者の故意または重大な過失

② 傷害治療費用保険金を受け取るべき者の故意または重大な過失

③ 被保険者の自殺行為、犯罪行為または闘争行為

④ 被保険者が次のいずれかに該当する間に生じた事故

ア.法令に定められた運転資格(注2)を持たないで自動車等を運転している間

イ.酒に酔った状態(注3)で自動車等を運転している間 ウ.麻薬、大麻、あへん、覚せい剤、シンナー等の影響により正常な運転ができないおそれがある状態で自動車等を運転している 間

⑤ 被保険者の脳疾患、疾病または心神喪失

⑥ 被保険者の妊娠、出産、早産または流産

⑦ 被保険者に対する外科的手術その他の医療処置。ただし、外科的手術その他の医療処置によって生じた傷害が、当会社が傷害治療費用保険金を支払うべき傷害の治療によるものである場合には、傷害治療費用保険金を支払います。

⑧ 被保険者に対する刑の執行

⑨ 戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似の事変

⑩ 核燃料物質(注4)もしくは核燃料物質(注4)によって汚染された物(注5)の放射性、爆発性その他の有害な特性またはこれらの特性 による事故

⑪ ⑨もしくは⑩の事由に随伴して生じた事故またはこれらに伴う秩序の混乱に基づいて生じた事故

⑫ ⑩以外の放射線照射または放射能汚染

結構な行数になりますね。では、ここに書いてある事柄は保険金は出ませんので、内容を1つ1つ見ていきましょう。

①②に関しては、本人がワザと怪我したり重大な過失つまりワザとではなくても常識的にそれは怪我をすると分かり得ることして怪我した時には保険金は出ませんよと言うことです。当然ですね、これでもし保険金が出たら犯罪が増えますもんね。

自殺や法的に問題のある行為をして怪我した場合も駄目です。自殺は出ません、生命保険とは違います。

無免許や酒酔いまたは麻薬などで正常な運転が出来ない状態で運転をして怪我した時は、駄目です。そんな状態での運転は許されませんので、当然ですね。

⑤これはちょっと分かり難いかと思いますが、傷害治療費用補償特約では出ないとしていますが疾病治療費用補償特約で出しますよという意味です。

妊娠、出産、早産または流産は、海外旅行傷害保険では出ませんね。

⑦保険会社が必要と認めるものは支払います。

刑罰によるものは勿論対象外です。

⑩⑪⑫これは核燃料や放射能による被害は国家レベルが関係する状況ですから保険会社の判断になります。

最も大切なのがこの第9項になります。

⑨ 戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似の事変

はい!ここで戦争・内乱が言葉として書かれていますね、先ずは戦争や内乱が保険の対象とならないことは明確になりました。

対象外として書かれている言葉を細かく説明してします。

戦争=これは国家間による武力闘争ですよね。

外国の武力行使=国連軍や今の対イスラム国連合軍による攻撃ですね。

革命=民衆の支持の元での政権交代

政権奪取=これをワザワザ革命と別に書いているということはクーデターのためですね。政権奪取の1つにクーデターがありますので。

内乱=国内の勢力での武力闘争です。

武装反乱その他これらに類似の事変、この部分が重要です。ここには武装反乱と類似する事変と書かれていますので、規模も関係なく武力衝突はこれに該当する可能性が高いということです。

これが全ての免責条項になります。

そうです、約款には明確にテロという言葉は書かれていないんです。

こうなると憲法と同じで解釈論になります。そしてそれには通念的にどう解釈されているかが重要になります。

つまり武装反乱その他これらに類似の事変にテロ行為が含まれると考えるのか?考えないのか?

長かったですね、結論にいきましょう!

テロ行為は海外旅行保険での対象になります。

つまり武装反乱その他これらに類似の事変にテロは含まれていません。

これに関しては9.11のニューヨークの同時多発テロが起きてから業界的に論点整理が行われた上で、今現在テロ行為は含まれないと結論が出ています。

実際の支払いに関しても、解釈論を根拠として支払い対象としている保険会社(損保ジャパン日本興和等)と”テロを補償する特約(戦争危険等免責に関する一部修正特約)”を追記することでテロ行為を支払いの対象にしている保険会社(東京海上日動等)とがあります。

今回は傷害治療費用補償特約の約款で説明しましたが、海外旅行保険は全て同じ理屈でテロ行為が補償対象となっています。

具体的にあげると、治療費用 、傷害死亡・後遺障害、疾病死亡、賠償責任、携行品損害 、救援者費用、航空機寄託手荷物遅延等費用、航空機遅延費用になります。

a0960_005581

テロ等対応費用補償特約

海外旅行保険の中でもテロに対して支払いをする特約を持っている保険会社もあります。

三井住友海上とあいおい損害保険の2社です。同じグループになるので内容は同じものです。

テロ等対応費用補償特約

第1条(保険金を支払う場合)

(1)当社は、テロ等帰国遅延が発生し、普通保険約款基本条項第1条(保険責 任の始期および終期)(4)に掲げる事由の直接の結果として、被保険者が 負担を余儀なくされた費用に対して、この特約および普通保険約款の規定 に従い、保険金を被保険者に支払います。

(2)当社は、この特約により、普通保険約款基本条項第1条(保険責任の始期 および終期)(4)①を次のとおり読み替えて適用します。 「① 被保険者が乗客として搭乗しているもしくは搭乗予定の交通機関(注1) または被保険者が入場しているもしくは入場予定の施設に対する第三者に よる不法な支配、テロ行為(政治的、社会的もしくは宗教・思想的な主義・ 主張を有する団体・個人またはこれと連帯するものがその主義・主張に関 して行う暴力的行動をいいます。)または公権力による拘束」

(3)当社が支払うべき保険金の額は、保険期間を通じ、10万円を限度としま す。 第2条(テロ等対応費用の範囲) (1)第1条(保険金を支払う場合)(1)の費用とは、次に掲げるものをいいま す。ただし、被保険者が払戻しを受けた金額および負担を予定していた金 額を除きます。 ① 交通費 ② 宿泊施設の客室料 ③ 国際電話料等通信費 (2)被保険者が負担した(1)の費用が、社会通念上妥当な金額、または、保険 事故と同等のその他の事故に対して通常負担する費用相当額を超える場合 には、当社はその超過額に対しては保険金を支払いません。

簡単にまとめると、テロ行為等があり交通機関関係に問題があり帰国が遅延した場合には、交通費・ホテル等客室料・国際電話料の費用をお支払いします。保険期間を通じて10万円が限度になります。

まぁ金額は10万円が上限ですから大きな保証ではないですが、テロを原因としたケースで海外旅行保険が支払うとしている明確な規定です。

a1620_000335

クレジットカードの海外旅行保険は同じと考えて良いのか?

今まで長かったですからね、これは完結に答えます。

はい、同じです。

保険会社各社の海外旅行保険がクレジットカードに付帯されているだけですので保険内容は基本的に同じものです。

結果は同じでテロは保険金は出ますし、戦争・内乱では保険金が出ません。

まとめ

今回は皆さんが疑問に思うテロ行為や戦争に巻き込まれた時には海外旅行保険が使えるのかを説明しました。

簡単な説明は何処にでも書いてありますからここでは約款を使って細かく説明しましたので、ちょっと退屈でしたかもしれませんね?ただ今回の書いた説明は保険金が出るかどうかといった時に、常に根拠となる約款の基本的な読み方の説明になっています。

海外旅行保険以外でも全ての保険は同じ考え方になりますから知っていて損は無いと思いますよ。

結果を改めて整理しますね。

テロ行為=有責:保険金は支払われます。

戦争・内乱=免責:保険金は支払われません。

ハッキリしましたね。でも海外旅行保険でテロが対象になるとはいっても、 先ずはテロに巻き込まれないように細心の注意をすることが1番重要ですよね。

私もそうですが、これからの外国では気を付けていきましょう

海外旅行保険が無料になるお得なクレジットカードを知っていますか?

海外旅行で病院に治療に行くと日本の健康保険は使えずに治療費が高額になることがあります。

(注:日本に戻ってから返金請求の制度はあります)

海外では盲腸の手術が200万円って話を聞いたことがありませんか?

実は海外の大きな病院で手術すれば日本の健康保険が使えませんから200万は普通の金額です。

私もタイで代々木公園で騒ぎになったデング熱で入院しましたが、2週間の入院で治療費は約133万円でした!

治療費が驚くほど高いので、皆さん海外旅行保険に加入してるんです。

でも海外旅行保険の保険料って意外と高いですよね?1週間程度でも3,000円とか5,000円とか、、、、、

これがもし無料に出来るとしたら嬉しいですよね?

その方法とは、海外旅行保険の付いた年会費無料のクレジットカードを持てば良いだけです。

裏技でもなんでもないんですよ、しかも無料で可能ですし。

注意して欲しいのは、クレジットカードの保険内容には違いがかなりありますから内容や利用条件を調べないといけません。

そこで元保険会社社員でバックパッカーの私が1番おススメの無料クレジットカードをコッソリ?教えます。

そのクレジットカードとは、エポスカードです。

そうです、皆さんが普通に知っている丸井の赤いカードです。普通すぎて意外ですか?

エポスカードの海外旅行保険の内容を見てみましょう。

x充実の保険内容ですよね。

特に海外旅行保険で最も大切な治療費の保険金額が病気治療270万円・怪我治療200万円と無料のクレジットカードの中で最高額なのが特徴です。

その他の優れた特徴としては

  • 海外に出た日から自動的に90日間保険が使える自動付帯
  • 提携病院ではお金が必要ないキャッシュレス支払い
  • 学生さんなども加入可能

そして何よりも年会費は無料なんです。

この補償内容が無料なんて素晴らしすぎますよねぇ。

当然ですが、丸井のカードですから買い物等の支払いに使えますしポイントも貯まったりもします。

そんなおススメのクレジットカードはこちらから見て下さい⇒エポスカード

クレジットカードの海外旅行保険をもっと詳しく知りたい方は更に詳しく説明した記事を読んで下さい。

”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”

クレジットカードを複数持った時の注意点やおススメのクレジットカード等も説明していますので、興味のある人は是非!

スポンサーリンク

関連記事

海外旅行保険でトラブルの解決を:外国で賠償請求された時の対処法

海外旅行でトラブル!物を壊して賠償請求された時の対処法 今回は海外での弁償に関することでトラブ

記事を読む

飛行機から荷物が出ない?ロストバッゲージの補償と対策とは:海外旅行FP

空港でカバンが無いロストバッゲージに関する補償と対策 空港のイミグレーションで入国の作業を終え

記事を読む

海外に移住した私のオススメ④  毎日 コンビニのブログ

   タイに移住した私のオススメ④  毎日コンビニ コンビニやスーパーなどで気軽に

記事を読む

炭酸入りスポーツドリンクがタイのコンビニに驚きの登場!=海外移住FPのブログ

毎日コンビニシリーズの第12弾 タイのコンビニやスーパーマーケットで気軽に買える食べ物を特集し

記事を読む

バンコク以外にも進出100円ショップ ダイソー(DAISO)=タイ移住ブログ

100円ショップ”ダイソー(DAISO)”がタイに進出して成功 100円ショップのダイソーがタ

記事を読む

国際線の空港ラウンジは無料クレカでは使えない?最も安く使う方法とは?

空港での時間をラウンジで快適に過ごそう 空港でのボーディングの手続きは昔に比べるとインターネッ

記事を読む

タイ旅行者必見!外出の際にバンコクのトイレは何処にある?そして使い方は?

 バンコク旅行者必見!タイのトイレは何処にある?そして使い方は? 日本にいると割とどこでもトイ

記事を読む

飛行機は前方席と後方席のどちらが危険か?墜落事故の生存率は?

飛行機で墜落事故が起きた時には、どの席が1番安全なのか? 最近は飛行機事故が本当に多いですね。

記事を読む

海外在住者が衆参議院の選挙に投票する方法=海外移住FPのブログ

海外に移住した人も在外選挙制度を利用して投票することが出来ます 2016年は参議院の選挙が7月

記事を読む

海外旅行に持って行くべき無料クレカのランキング・ベスト5!保険も充実なクレジットカード

海外旅行に向いている年会費無料のクレジットカードランキング 海外の病院では日本の健康保険が使え

記事を読む

究極の旅行はタイムスリップ?タイのバンコクやパタヤの映像に驚き!

究極の世界旅行とはタイムスリップして昔の世界中の街を旅すること

タイ観光で行こう!パタヤのビッグブッダが凄い:海外旅行FPのブログ

タイ観光でパタヤに来たなら、ぜひ行きたいビッグブッダ・ワット・プラ

パタヤで必ず行きたいシーフードレストラン・ピーチャが美味しくて安くて最高!メニューと行き方の紹介

パタヤ旅行では必ず行きたいシーフードレストラン・ピーチャ パタヤ

バンコクのサイヤムパラゴンの水族館オーシャンワールドが予想外に凄い!行き方と内容を説明

高級デパート・サイヤムパラゴンの水族館サイアム・オーシャンワールド

シラチャでも食べれる横浜家系らーめんの秀家には頑張ってほしいなぁ

シラチャでも食べれる横浜家系らーめんの秀家には頑張ってほしい バ

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑