ショッピング・バンコク・タイ

困ったときは、フードランド

困ったときのフードランドっ!

 

パタヤに住んでる人は直ぐに意味が分かると思います。

フードランドはパタヤで唯一の24時間オープンのスーパーマーケットだからです。

Sponsored Links
アイフォン5C 004 (640x480)

 

 

24時間眠らないリゾート地のパタヤですから、24時間でオープンしているコンビニやレストランは多数ありますし、24時間オープンのバイク屋なんてのもあります。

 

ですが、スーパーはここだけです。

 

深夜や明け方に重宝するお店なのです。

 

場所は、パタヤクラン通り、つまりパタヤ中央通り沿いにあり、海からだと車でスクンビット通りに向かって3分ほど走った左側にあります。

 

 

 

 

アイフォン5C 005 (640x480)

 

ビックCやロータスに比べて安いことはないのですが、利便性と独自の商品ライナップ特に日本食

関係はパタヤではここが一番多彩だと思います。

 

アイフォン5C 009 (640x480)

 

この中国式の麺で安いのですが、茹でてみるとうどんと同じ味で美味しいです。

 

アイフォン5C 013 (640x480)

 

ここには餃子の皮が売っています。バンコクでは手に入りやすいですが、私が知る限りパタヤで手に入るのはここだけだと思います。ただ売切れのことも多いです。

アイフォン5C 014 (640x480)

 

沢庵です。タイ製と日本からの輸入品があります。

アイフォン5C 016 (640x480)

 

おでん種も一応揃います。

 

アイフォン5C 028 (640x480)アイフォン5C 029 (640x480)

 

日本から輸入のカップ焼きそばと下は香港で造られている出前一丁ですね。

出前一丁は割と何処でも手に入ります。

 

アイフォン5C 026 (640x480)

 

ソースや醤油です。

 

アイフォン5C 012 (640x480)

 

カレーのルウも割りと手に入ります。

 

アイフォン5C 023 (640x480)

 

日本のドレッシングも割と手に入りやすい商品です。

タイ人から人気だということなのでしょうか?

 

アイフォン5C 027 (640x480)

 

味噌汁も海外生産されています。

 

アイフォン5C 010 (640x480)

 

それと味噌です。味噌と醤油は、日本人の心ですからね。

 

アイフォン5C 025 (640x480)

 

日本のマヨネーズです。これは海外でも人気ですね。

ヨーロッパのマヨネーズは少し風味や甘みが異なるため、日本のタイプは独自で人気があります。

 

アイフォン5C 007 (640x480) アイフォン5C 008 (480x640)

 

またここの特徴としては入って右手にあるカウンタースタイルのレストランがそこそこの値段で中々美味しいので、贔屓にしている日本人や白人も多いと思います。

海外生活で日本の食材が手に入り日本食が作れるとあまり日本の生活と変わらなくなってきますよね。

 

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。
オススメの関連記事