*

バンコク・スワンナプーム空港のレストラン特集!美味しく快適に過ごすための下調べ!

2016-08-16 17.20.16 (640x480)

スワンナプーム空港のレストランを見てみよう!格安のクーポン食堂もある

タイを訪れたときや旅行を終えて帰るときに多くの人はバンコクの国際空港であるスワンナプーム国際空港を利用すると思います。

タイに到着した時にはすぐに空港を出てしまう人も多いと思いますが、帰国時に関しては早めに行くこともありスワンナプーム国際空港で時間が余り食事をする人も多いと思います。

そんな時に気になるのはスワンナプーム国際空港にはどのようなレストランが入っているのかと割高となっている空港内のレストランの中で安く食事をすることが出来ないかだと思います。

今回はスワンナプーム国際空港に入っている有名どころのレストランを見てみるのと空港内で安く食べれる市場価格に近い唯一のクーポン食堂を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

スワンナプーム空港のレストランの場所は主に3カ所

スワンナプーム空港で食事をするための場所としては主に3カ所となります。

空港としての看板となる3階の有名レストラン街と地元資本のレストランが中心の地下1階のレストラン群、そして30バーツから食べられるクーポン食堂の3カ所になります。

スワンナプーム空港を訪れる前に、何処にどんなお店があるのかを分かる様に写真を使って説明したいと思いますので参考にして出発までの時間で自分の好きなお店で好きなものを食べれるようにして下さいね。

スワンナプーム空港の3階のレストラン

スワンナプーム空港の看板レストラン街です。空港としてタイを代表するレストランを揃えているので取り合えずここを訪れれば間違いはないということです。ただし値段に関しては空港割増料金となるので、バンコクの市内で同じものを食べるよりも割高なことは仕方ないことです。

世界的なチェーンからタイ資本のレストランまで揃う3階にはどの様なレストランがあるのか見てみましょう。

TATE CAFE

普通にオシャレなカフェですね。

外国人に人気のイメージでお茶だけでなくカフェ飯はある要で食事にも使えます。

2016-08-16 16.47.51 (640x480)

Eat・tion

タイ料理レストランであり、タイ人がお客さんの殆どではありますが、いつも込んでいますね。

日本に帰る前に最後にタイ料理を食べたいのならこのレストランいすると良いでしょう。

全般的に有名なタイ料理は全て食べられます。

2016-08-16 16.47.59 (640x480)

CHINATOWN

中華系タイ料理のレストランです。

中華系タイ料理とは、中華料理がタイでタイ料理の要素を取り入れた料理です。

プーパッポン・カレーやオースワンなどが該当します。

2016-08-16 16.48.06 (640x480)

BURGER KING

やっぱりタイの空港で食べるものと言ったらバーガーキングっ!というのは私だけのイメージですかね?

と言うのは今は日本でも再進出したので普通に食べられるバーガーキングですが、10年ほど前は日本から撤退して食べることが出来ない時がありました。

そのため日本に帰る空港で日本では食べれないバーガーキングを最後に食べるのが私の最後の贅沢でした。

まぁスワンナプーム国際空港ではなくその頃はドンムアン空港でしたけどね。

因みに私はファーストフードではバーガーキングが1番好きです。

2016-08-16 16.48.16 (640x480)

BON CHON CHICKEN

アメリカ生まれの韓国風フライドチキンが評判のお店で現在絶賛世界進出中!のチェーンレストラン店です。

まぁ美味しいのですが、ちょっとお高いかなーとは思います。でもバンコクでもタイ人に大人気でどの店舗でも並んでいるレベルです。

最後に世界で評判のフライドチキンを味わってみるのも良いかもしれませんね。

ボンチョンチキンのレポート記事は⇩になります。

”アメリカで人気の韓国式フライドチキンのボンチョンチキン!その全メニューを紹介”

2016-08-16 16.48.24 (640x480)

STARBUKS COFFEE

大定番のスターバックスもスワンナプーム国際空港には当然入っています。

タイの物価から見るとかなりお高い価格設定ではありますが、グローバルスタンダードな味なのでハズレることはないので安心です。

待合わせにも便利だとは思いますが、いつでも混んでいるので席の確保が難しいのでテイクアウトで空港内のシートで飲むのを覚悟した方が良いかもしれないです。

2016-08-16 16.48.42 (640x480)

S&P AIRPORT CAFE 1AND2

タイ全土にチェーン展開するレストランとカフェのスワンナプーム国際空港店になり、この2階の左右に離れた場所に1と2の2店舗あります。

ドリンクと軽食のカフェメニューがあり注文だけでなく陳列されているものを手に取って清算することで買えたりもします。

店舗が広いこともあり比較的席が取りやすいのでカフェ内で座りたいならおススメのカフェになります。
2016-08-16 16.49.12 (640x480)こっちは”S&P AIRPORT CAFE2”の写真になります。
2016-08-16 16.51.51 (640x480)色々なものが並べてありますから、何かが明確ですから注文が楽だったりもします。
2016-08-16 16.49.03 (640x480)

R BURGER

ハンバーガー屋さんなの?と思うとタイの食堂となっているし、麺類があるしちょっとコンセプトが不明なレストラン。

余り混んでいなかったので、取りあえずゆっくり座って食事したいときは良いかも。

2016-08-16 16.50.51 (640x480)

金 Kin Japanese Restaurant & Ramen

地元のタイ資本の日本食レストランチェーンです。

バンコクの大型スーパーマーケットなどに入っているのを何度か見かけたことがありますが、食べたことは無いですね。

勝手にイメージは本格的日本料理ではなくタイ人向けにアレンジした日本料理レストランだと思っていました。

でも、富士レストランもスワンナプーム空港にありますから、ここに挑戦しなくてもいいと思いますね。 2016-08-16 16.51.01 (640x480)

Blue Cap Coffee

特別特徴のない普通のカフェみたいですね。 2016-08-16 16.51.39 (640x480)

LEE cafe

お店のコンセプトが“一皿の中に東洋と西洋を!”とうたうタイでチェーン展開をするレストランです。

バンコクにも数店があり内装はモダンテイストなカフェ風で洒落た感じでタイ人に人気だったことを覚えています。

スワンナプーム空港にも入っているんですね。

2016-08-16 16.52.09 (640x480)

FUJI RESTAURANT

この2階のフロアの奥まった先にポツンと富士レストランがあります。富士レストランはタイで最多店舗を誇るタイ資本の日本食レストランチェーンです。

その味の方も日本人が食べても美味しく食べれる料理が殆どですので、ハズレを引くことは少ないでしょう。

日本食がどうしても食べたい人は少し歩いてでもこのレストランに行く価値はあるでしょう。

富士レストランのレポートは⇩になります。

”タイ人に1番人気の日本料理 富士(FUJI)レストラン=海外移住生活の紹介”

下の写真の様にかなり離れた場所にポツンと看板が出ています。

2016-08-16 16.52.32 (640x480) 前まで行けばいつもの富士レストランですね。2016-08-16 16.53.21 (640x480)

2階にあるその他のショップの紹介

キングパワーの免税店になります。お土産購入にどうぞ。
2016-08-16 16.49.46 (640x480)  本屋さんになりますが、日本語は新聞程度しか取り扱いはありません。 2016-08-16 16.50.01 (640x480) タイに広く展開するドラッグストアです。2016-08-16 16.50.10 (640x480)ファミリーマートがありほぼ市場価格なので割高感は感じられません。

飛行機内のおやつ購入やや余ったコインを使うのに便利なコンビニです。2016-08-16 16.50.37 (640x480)銀行の両替がありますが、空港内の割り増しレートなので緊急時以外は利用することはないでしょう。
2016-08-16 16.52.12 (640x480)富士レストランの隣にはタイマッサージのお店があります。   2016-08-16 16.53.33 (640x480)待ち時間を有意義に使うにはマッサージは良い選択肢です。 2016-08-16 16.53.43 (640x480)

スワンナプーム空港の地下1階のレストラン

スワンナプーム空港の地下にもレストランが入っています。

2階にあるレストラン程有名どころでは無かったりしますが、地元のレストランだったりしますので、ざっくりと写真で紹介しますね。

SUBWAY

世界で一番店舗が多いといわれるサブウェイも地下一階にあります。健康志向の方にはサブウェイはご用達ですよね。

タイのサブウェイの詳しいレポートは⇩の記事で見て下さい。

”バンコクやパタヤでも健康的で人気なサブウェイのサンドウィッチその全メニュー”

2016-08-16 17.09.26 (640x480)タイのヌードルや丼系の料理が食べられるお店です。 2016-08-16 17.09.47 (640x480)タイ料理系のレストランです。 2016-08-16 17.09.50 (640x480)日本料理のレストランですが、タイ人向けと言う感じですね。 2016-08-16 17.11.50 (640x480)お酒も提供するドリンクスタンドですね。 2016-08-16 17.12.44 (640x480)タイで広く展開するコーヒーのチェーン店です。 2016-08-16 17.13.00 (640x480)  ジューススタンドですね。2016-08-16 17.11.23 (640x480)持ち帰り用のお店が他にもあります。
2016-08-16 17.11.11 (640x480)小さいですがセブンイレブンもあります。 2016-08-16 17.08.26 (640x480)かなり簡素な店舗でタイマッサージのお店が出されていますね。
2016-08-16 17.10.42 (640x480)一応空港内と考えるとリーズナブルなのかな。
2016-08-16 17.10.49 (640x480)

スワンナプーム空港のクーポン食堂 マジックフードポイント

基本的に空港内のレストランはファーストフードでさえも街中の価格に比べて2割から5割程度高い価格設定となっていることが殆どです。

そんな空港内でも30バーツ・40バーツで美味しくお腹いっぱい食べられる食堂も存在します。

あまり宣伝されていないところを見ると本来は空港の職員用の食堂だったのかもしれないですが、今は中国の団体を中心に海外旅行者も多く利用しています。

皆さんもスワンナプーム空港で普通の値段で食事したいときにはマジックフードポイントを利用してみると良いですよ。

クーポン食堂マジックフードポイントの場所

場所は空港の1階の端になります。

分かりにくいですが、↓の写真の様な案内の看板も出ていたりもします。2016-08-16 17.17.30 (640x480)このエリアの向こう端にあるのですが、看板が小さくて見えないですかね?  2016-08-16 17.19.31 (640x480)近くに行くとこのような看板と入り口がります。 2016-08-16 17.20.08 (640x480)でも規模と内容を考えると看板は小さくてあまり目立たないですよね。
2016-08-16 17.25.35 (640x480)1階でビルを出ていても外にも看板が出ています。 2016-08-16 17.26.58 (640x480)外からもクーポン食堂のマジックフードポイントの入り口があり入ることが出来ます。
2016-08-16 17.27.02 (640x480)でも知らないと気軽に入る気にならない様な眺めの様な、、、、、
2016-08-16 17.27.19 (640x480)

クーポン食堂マジックフードポイントの使い方

空港内の入り口から入ると左手にカウンターがありそこでクーポンを先ずは購入することになります。

基本的にはタイのデパートやスーパーマーケットと同じ仕組みのクーポン食堂になりますが、システムは紙のクーポンを使っていますので旧式のモノになります。
2016-08-16 17.20.27 (640x480)最近は電気マネー式のチャージ式のプリペイドカードが増えたクーポン食堂ですがここでは青とピンクの紙が渡されています。 最低購入金額は100バーツとなり余ったクーポンは清算してバーツのお金に換金してくれます。2016-08-16 17.24.58 (640x480)簡素なテーブルセットではありますが、特別不潔なこともありませんし広さは十分にあり日本人が利用するのでも問題はないでしょう。
2016-08-16 17.24.12 (640x480)ただし中国人の団体さんが利用している時間に当たると混んで席が確保しづらいのと大声で話しているので騒がしいです。
2016-08-16 17.21.00 (640x480)とは言えそこそこの広さがあるので座れないということは運がかなり悪くないとないと思います。2016-08-16 17.21.25 (640x480)箸やフォーク・スプーンは他のクーポン食堂と同じようにセルフとなり消毒するためのお湯も常設されています。  2016-08-16 17.24.36 (640x480)注意書きがありますが、やっぱり中国人などは外に持って行って食べようとしたりするんでしょうかね。
2016-08-16 17.24.23 (640x480)

クーポン食堂マジックフードポイントのメニュー

ではどのようなメニューがあるのかを各店舗のメニューか店先を写真で取りましたので大体のメニューか張り出された写真などで食べれるものを確認できると思います。

全ての店舗の写真を撮りましたので全メニューとはいきませんが、食べれるメニューのジャンルは把握できると思います。

先ずはデザートとドリンクをメインとしたお店のメニューになります。
2016-08-16 17.20.34 (640x480)  ドリンクメニューは街中と変わりませんね。2016-08-16 17.20.39 (640x480)  2016-08-16 17.20.43 (640x480)アイス等もありかなりの充実ぶりですね。
2016-08-16 17.20.49 (640x480)本物の蜂蜜にレモンスライスを漬けて作る本物の蜂蜜レモンも売ってます。2016-08-16 17.20.54 (640x480)  ソフトドリンクも安いですね。2016-08-16 17.21.37 (640x480)  2016-08-16 17.21.43 (640x480)  2016-08-16 17.21.47 (640x480)  2016-08-16 17.21.52 (640x480)  2016-08-16 17.22.23 (640x480) 2016-08-16 17.21.59 (640x480)果物もあります。
2016-08-16 17.22.17 (640x480)ここからが食べ物のお店の紹介になります。

バケットのサンドイッチですね、これは美味しそうですね。辛いのが苦手な人にも嬉しいメニューですね。  2016-08-16 17.20.57 (640x480) ここからタイ料理のメニューになりますが、安いですね。2016-08-16 17.22.32 (640x480)  2016-08-16 17.22.37 (640x480)  2016-08-16 17.22.51 (640x480)  2016-08-16 17.22.59 (640x480)カオカームーのこの種類が凄いですね。2016-08-16 17.23.08 (640x480)クェッティアオも最安値は30バーツからあります。
2016-08-16 17.23.14 (640x480)  2016-08-16 17.23.22 (640x480)  2016-08-16 17.23.29 (640x480)基本的にどのタイ料理も美味しそうですよね。 2016-08-16 17.23.43 (640x480)  2016-08-16 17.23.48 (640x480)  2016-08-16 17.23.55 (640x480)

スワンナプーム空港のレストランのまとめ

どうでしたか?高いイメージが強い空港内のレストランですが、市内と同じ価格帯のクーポン食堂のマジックフードポイントもあるので意外と幅広い選択肢がありますよ。

本格的な日本料理やタイ人向けにアレンジされた日本料理、ハンバーガーやサンドイッチの世界的なチェーン店も選べますし地元タイ料理を最後の食事に選ぶことも勿論出来ますしね。

時間潰しでお茶をするのでもスターバックスの様な日本人にも馴染みのあるカフェからS&Pの様なタイ資本の大手チェーンまであるので選択の幅が広いです。

まぁ本当に安くしたいならコンビニでドリンクを買って空港のベンチシートに座れば快適ですしね。

帰国前でバーツのキャッシュが余ったりして予算が潤沢だったりしますから、タイ最後の食事を楽しんで下さい。

どうしても早めに空港に着くようにすると時間が余りますが、空港内のお店を活用するようにすれば意外と快適に過ごせるものですよ。

海外旅行保険が無料になるお得なクレジットカードを知っていますか?

海外旅行で病院に治療に行くと日本の健康保険は使えずに治療費が高額になることがあります。

(注:日本に戻ってから返金請求の制度はあります)

海外では盲腸の手術が200万円って話を聞いたことがありませんか?

実は海外の大きな病院で手術すれば日本の健康保険が使えませんから200万は普通の金額です。

私もタイで代々木公園で騒ぎになったデング熱で入院しましたが、2週間の入院で治療費は約133万円でした!

治療費が驚くほど高いので、皆さん海外旅行保険に加入してるんです。

でも海外旅行保険の保険料って意外と高いですよね?1週間程度でも3,000円とか5,000円とか、、、、、

これがもし無料に出来るとしたら嬉しいですよね?

その方法とは、海外旅行保険の付いた年会費無料のクレジットカードを持てば良いだけです。

裏技でもなんでもないんですよ、しかも無料で可能ですし。

注意して欲しいのは、クレジットカードの保険内容には違いがかなりありますから内容や利用条件を調べないといけません。

そこで元保険会社社員でバックパッカーの私が1番おススメの無料クレジットカードをコッソリ?教えます。

そのクレジットカードとは、エポスカードです。

そうです、皆さんが普通に知っている丸井の赤いカードです。普通すぎて意外ですか?

エポスカードの海外旅行保険の内容を見てみましょう。

x充実の保険内容ですよね。

特に海外旅行保険で最も大切な治療費の保険金額が病気治療270万円・怪我治療200万円と無料のクレジットカードの中で最高額なのが特徴です。

その他の優れた特徴としては

  • 海外に出た日から自動的に90日間保険が使える自動付帯
  • 提携病院ではお金が必要ないキャッシュレス支払い
  • 学生さんなども加入可能

そして何よりも年会費は無料なんです。

この補償内容が無料なんて素晴らしすぎますよねぇ。

当然ですが、丸井のカードですから買い物等の支払いに使えますしポイントも貯まったりもします。

そんなおススメのクレジットカードはこちらから見て下さい⇒エポスカード

クレジットカードの海外旅行保険をもっと詳しく知りたい方は更に詳しく説明した記事を読んで下さい。

”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”

クレジットカードを複数持った時の注意点やおススメのクレジットカード等も説明していますので、興味のある人は是非!

スポンサーリンク;

関連記事

海外旅行で急増するクレジットカードのスキミング被害の手口と対策とは?海外旅行FPのブログ

海外旅行で被害が急増しているスキミング犯罪とその対策 最近は海外旅行に行った際に日本人もスキミ

記事を読む

タイ料理と少し違うイサーン料理を食べよう!バンコクで人気店”ソムタムヌア”に行こう!

タイ旅行でタイ人が並ぶイサーン料理レストラン”ソムタムヌア”に行こうっ! タイに旅行で来たらも

記事を読む

更に驚いた!タイのコンビニの真空パックのお弁当が凄く美味しい=海外移住FP

タイのコンビニエンスストアのお弁当 前回はタイのお弁当の話をして、レポートに関しては先ずは日本

記事を読む

タイのコンセントやプラグの形や電圧は?アイフォン等のスマホや日本の電化製品は使えるの?

タイのコンセントとプラグの形状や電圧は? タイに旅行に行く人もこれから住む人も日本で使っている

記事を読む

海外やタイのATMでカードキャッシングする方法と注意すべき怖い事とは?海外旅行FP

タイや海外のATMでのキャッシングの際に気を付けるべき怖い事とは? 海外に行く時にお金をどうや

記事を読む

バンコクの美味しいスイーツ店クルアイクルアイにタイ旅行では絶対行こう!

タイ・バンコクで絶対食べたい!人気のクアイクアイ(バナナバナナ)のスイーツ バンコクに旅行で来

記事を読む

中断証明書の失敗しない取り方-FPの海外移住情報

  海外移住するなら自動車保険の中断証明書は絶対取っておくべきである 海外に移

記事を読む

キティー・カフェが凄く可愛い!タイのバンコク・サイアムスクエアに登場

タイのバンコクのサイアムスクエア・ワンにハロー・キティー・ハウス・カフェが登場! タイの女

記事を読む

エコノミストが発表する生活費の高い世界の都市ランキング=海外移住FPのブログ

生活費の高い世界の都市とは? 海外に移住する人や転勤などで住む人や旅行で行く人も宿泊費や食事代

記事を読む

ファーストフード対決・牛丼のすき家とカオマンガイのNO1屋台=海外移住の日常のブログ

日本とタイを代表するファーストフード  牛丼のすき家とカオマンガイの屋台 日本のファーストフー

記事を読む

パタヤでタイ人に人気のシーフードレストラン:ムンアロイの全メニューと行き方

パタヤでタイ人に人気NO1のシーフードレストラン:ムンアロイの全メ

チェンマイ旅行ではナイトバザール・ナイトマーケットに行こう!写真で様子を見てみよう

チェンマイに来たなら必ず行きたいナイトバザール・ナイトマーケット

究極の旅行はタイムスリップ?タイのバンコクやパタヤの映像に驚き!

究極の世界旅行とはタイムスリップして昔の世界中の街を旅すること

タイ観光で行こう!パタヤのビッグブッダが凄い:海外旅行FPのブログ

タイ観光でパタヤに来たなら、ぜひ行きたいビッグブッダ・ワット・プラ

パタヤで必ず行きたいシーフードレストラン・ピーチャが美味しくて安くて最高!メニューと行き方の紹介

パタヤ旅行では必ず行きたいシーフードレストラン・ピーチャ パタヤ

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑