レストラン・バンコク・タイ

バンコクで1番美味しいとんかつは勝一!メニューや営業時間の紹介

とんかつ勝一はバンコクで最も人気のあるとんかつ屋

バンコクにはとんかつ屋は多くありますが、その中でも一番美味しいお店と評判なのがとんかつ勝一です。

今やバンコクには名立たる有名とんかつ屋が進出しています。まい泉・さぼてん・和幸・かつやと日本のラインナップと変わりないレベルです。

私も新宿の支店に勤めていた時があって、その頃にはさぼてんには良く行きましたね。

ひつじ執事
ひつじ執事
そんな高レベルのとんかつ激戦区となったバンコクでもバンコクの地元のとんかつ屋である勝一は今でも高い人気を維持している凄いお店です。

多くの地元のお店は日本の人気チェーン店が進出してくるとお客さんが減ってしまいますからね。

今回はバンコクで多くのファンを持つとんかつ勝一の紹介となります。

Sponsored Links

今回の紹介するお店は、とんかつ勝一

バンコクのとんかつ屋の中では、既に老舗とも言える有名店です。

日本から輸入した極上黒豚を使ったとんかつは、今も昔もバンコクに住む多くの人を魅了してきました。

お客さんのテーブルに運ばれるまでの時間も考慮して揚げているという拘り抜いたその味は、タイのお店だからではなく、日本でも勝一より美味しいとんかつを探すのは難しいと思います。

ひつじ執事
ひつじ執事
実際にバンコクで一番美味しいとんかつは?と尋ねた時には、勝一と答える人が最も多いと思います。

●お店の名前:とんかつ 勝一

  • 住所:2nd Fl., 33/5 Sukhumvit Soi 11, Bangkok, Thailand,10110
  • お店の電話番号:+66 2 255 4565
  • お店の営業時間:17:00 – 24:00
  • クレジットカード:VISA、MasterCard、JCB
  • VAT:必要・7% 
  • サービス料:必要・10%
  • 駐車場:有

とんかつ勝一の行き方

とんかつ勝一の場所は、スクンビット・ソイ11の奥にあり、BTSのナナ駅から歩いて10分程度になります。

地図でのとんかつ勝一の場所:⇓

ひつじ執事
ひつじ執事
では写真で勝一までの道順を見ていきましょう。

最寄り駅はBTSのナナ駅です。 ナナ駅の3番出口から下のスクンビット通りに下りて、アソーク駅の方向に歩きます。ここを右側に下ります。

ひつじ執事
ひつじ執事
左手にあるスクンビット・ソイ11に入り、まっすぐ進みます。
このソイ11を5分以上歩くので結構歩きます。 ホリデイインが見えてきます。ホリデイインの少し前に左に曲がれる通りがあります。
ひつじ執事
ひつじ執事
その2階に勝一はあります。
あまり目立たないですが、、、 入るとエレベーターがありますので2階に上ります。 扉が開けば勝一です。

とんかつ勝一の外装と内装

内装は和風ですが、モダンな雰囲気で日本に帰ったきたかのようです。

最近はタイ人が多くの日本料理レストランに居ますが、勝一は多くが日本人のお客さんです。

ひつじ執事
ひつじ執事
バンコクっ子の情報力を考えるとタイ人が押しかけていないのが、不思議に思えます。
個室はありませんが敷居がある座敷はあるのである程度はプライバシーも保たれます。

とんかつ勝一の全メニューの紹介

さぁ、それでは勝一さんのメニューを見ていきましょう。

ひつじ執事
ひつじ執事
勝一さんの特徴は、メニューのカツの値段は単品の値段となっている点ですね。

つまりご飯と味噌汁のセットを別に頼む必要があるので、その分価格が高くなります。

とんかつ屋ではメニューのカツの料金にご飯と味噌汁・キャベツが含まれていることが多いので間違えないように注意してくださいね。

でも、つまみとしてカツを食べる人もいるので、この仕組みがありがたい人もいるのでしょう。とんかつの説明書きです。

ひつじ執事
ひつじ執事
うーーん!これを読むだけで期待値が半端なく上がりますよね。

先ずはカツを待つ間のあての意味合いのつまみですね。 スパゲティーもあるんですね。これがメインメニューとなる揚げモノです。

ひつじ執事
ひつじ執事
豚肉は全て黒豚となり、基本的にスタンダードと上の2つのラインナップになります。

カツ・コロッケ・フライがメインメニューです。 焼き物のメニューもありますが、定食用のおかずと言うよりもお酒のつまみのラインナップですね。 ご飯ものと蕎麦・うどんがあります。

ひつじ執事
ひつじ執事
揚げ物なだけにサラダでバランスを取りたい人もいますよね。 
アルコール関係です。 ソフトドリンクの値段が何気に凄いですねぇー! 

とんかつ勝一の実食レポート

それでは、実食といきましょう。

ひつじ執事
ひつじ執事
先ずはとんかつ屋らしく冷たいおしぼりが配られます。
テーブルセットは醤油・ソース・塩・胡椒・唐辛子と定番のモノです。 漬物が食べれるように置いてあります。口直しなんでしょうね。

黒豚上ロースかつ

最初にゴマが運ばれてきますので、このゴマをすりすりしながらカツがくるのを待ちます。

このゴマの匂いが食欲をそそります。さぁ!これが一番人気の黒豚上ロースカツです!これは、デカい!厚い!

このカツが食べたくて、勝一に足げなく通う人が多くいるのが良く分かりますね。

ヒレカツと少し迷ったのですが、やっぱりとんかつはロースが王道ですよね。

ひつじ執事
ひつじ執事
このカツは1人前で230gもあり、ぶ厚いのに柔らかくてジューシーです。肉が厚いのでサクサクの衣が軽く感じるぐらいです。

このボリュームなのにシツコクなんですよね。 キャベツは新鮮そのものですが、ドレッシングがないのがちょっっと残念です。 勿論からしもついてきます。

足りない人は言えば貰いますよ。 写真でも大きさが分かりますよね。

ひつじ執事
ひつじ執事
この肉厚さが凄いんです!しかも柔らかいのでペロッと食べれますよ。
ご飯はそのまま日本の食感です。 味噌汁は嬉しい豚汁です。

メンチカツ

メニューの日本語はミンチカツになっていますが、メンチカツですよね(笑)

ここのメンチカツは、最上級のオージービーフを使っているそうです。

ひつじ執事
ひつじ執事
牛肉の濃厚な味わいとじゅわっと肉汁があふれでて、こっちもトンカツに負けない程の美味しさです。

これはやみつきになる人がいるのも分かります。

しかしメンチカツもデカいですねぇ。衣もサクサクで日本でも中々食べることが出来ないレベルの高さです。

ひつじ執事
ひつじ執事
ひき肉ですが牛肉のうま味たっぷりです。
付け合せがキャベツではなく、ごま油であえた長ネギですね。 もちろん辛子が付いてきます。

バンコクのその他のおススメなレストラン紹介

バンコクにあるその他のおススメのレストランの記事を選んでみました。

ひつじ執事
ひつじ執事
どこで食事をするかの参考にして下さいね。

横浜家系らーめん:内田家

2016-11-05-20-04-49-640x480バンコクでも食べれる家系のラーメン屋ですが、これがタイで美味しいというレベルではなく日本の家系のラーメン店と比較しても十二分に美味しんですよね。

しかもメニューの種類が豊富でどれを食べても後悔しない品ばかりですよ。

中華料理レストラン:和盛豊フアセンホン

2016-12-04-19-47-17-640x480バンコクで中華料理の有名店と言えば、和盛豊フアセンホンを上げる人も多いでしょう。

タイ旅行でリーズナブルに本格中華を食べるのにおススメです。

北京ダックで有名なグレート上海

バンコクでは北京ダッグが安く食べるのはご存知ですよね。

多くある中華料理店の中でも、グレート上海は昔からファンの多い老舗です。

バンコクで1番美味しいとんかつは勝一のまとめ

ひつじ執事
ひつじ執事
バンコクで最も美味しいとんかつと評判の勝一ですが、どうでしたか?

写真のとんかつの肉厚さを見ただけで、ただモノではないと思ってしまうでしょう。

実際に食べてみるとジューシーで柔らかくてステーキを食べているようで大満足すること請け合いですよ。

ひつじ執事
ひつじ執事
しかしメンチカツの方もコクがあり肉汁たっぷりでこれまた美味しいので、どちらを注文するか、真剣に悩んでしまいます。

ぜひ皆さんも、日本を含めてもここが一番美味しいとんかつと言う人も多くいる勝一さんのとんかつを実際に食べてみて下さいね。

海外旅行の時に加入する海外旅行保険を無料にする方法

私は世界60ヶ国以上行ったことのあるバックパッカーで、ファイナンシャルプランナーとして保険会社で働いていました。

そのため海外旅行と保険を合わせた実経験は誰にも負けないのではないかと思います。

そんな私が使っている海外旅行に持って行くと得をするクレジットカード最強の3枚の組み合わせがあります。

このカードを持つことで海外旅行保険には自分で加入しなくても病気や怪我での入院費は無料になりますし、荷物を無料で自宅に宅配できたり、盗難にあった時の緊急時にも海外でクレジットカードが再発行できるなど多くの特典を受けることが出来ます。

正に海外旅行には必須のクレジットカードと言えるのではないでしょうか?

海外旅行の保険料が無料になるだけでもお得ですからオススメですよ。

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。
オススメの関連記事