海外移住の基礎知識

海外在住者が実印の印鑑証明を大使館で貰う方法=FPの海外移住情報

海外在住者の実印の登録と印鑑証明書の取得方法の解説

海外に転勤になったり、海外移住をすると日本の住民票を抜いて、海外への転出の手続きをする人も多いと思います。

その際には住民票を基軸にして構成してある公的なものは連動して使えなくなります。

ひつじ執事
ひつじ執事
住民税は当然ですが、例えば健康保険・所得税・年金・運転免許・選挙制度それに印鑑証明などがその公的なものに当たります。

この様な社会保障システムは、住んでいる場所により管轄の場所が決まるために、海外に移住になると通常とは異なる手続きが必要になります。

その為に実印の登録も住民票と共に無くなるので、海外在住者は実印の登録は出来ないと勘違いされている人も多いと思います。

結論として言えば、実印は大使館で登録が可能ですよ!

今回は、利用する可能性が高い実印の登録方法と印鑑証明書の取得方法について順を追って全て説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

住民票登録がないと実印の印鑑登録は出来ない

実印の登録制度に関して、根本的な仕組みから説明すると日本の実印の印鑑登録の制度と言うのは、住民票登録をベースにしてあるもので、そもそも住民票がないと出来ません。

ですから、海外転出の届け出を市役所にすると住民票が無くなると同時に実印の登録も抹消されて、印鑑証明書が取得出来なくなってしまうんです。

しかし実際に生活をしていると実印を使用しなければならないような事もしばしばあります。

ひつじ執事
ひつじ執事
例えば不動産の売買自動車の売買遺産分割協議書の押印不動産登記などの相続手続き等です。

海外に居ても置いてきた車を売ることにしたり、家族の誰がが亡くなり相続問題があり遺産分割協議書に実印の押印とその証明の添付を求められたりするからです。

では、このような時にはどうしたらいいのでしょうか?

それは在留届を出している滞在する大使館で印鑑証明書の発行をして貰うことになります。

大使館の実印の証明方法は署名証明書と印鑑証明書の2種類があり

例えば、先程のように相続や不動産・自動車の売買が行われる時には、実印とその公的証明書が必要になります。ただし日本の実印の登録は海外に転出していると取り消しになってしまっています。

そこで、海外在住者は滞在先の国の大使館から実印の公的証明書を貰うことになります。

この公的証明書には、署名証明書(サイン証明書)印鑑証明書の2種類あり、その方法は異なりますので、自分にとって便利な方法を選択することになります。

因みにどうも大使館では署名証明書を勧めているようで、知名度が高いですし状況を説明すると大使館から先ず説明があるのはこの署名証明書を使った対応方法です。

ひつじ執事
ひつじ執事
ですが、私の個人的意見で言えば、署名証明書は使い勝手が悪く非常に手間が掛かります。

公的証明書が必要だった際には、日本と同じ様に使える印鑑証明書を使われることをおススメします。

では、先ずはこの2つの公的証明証書の特徴を説明しましょう。2015-11-02 17.44.49 (640x480)

署名証明書(サイン証明書)とはどの様なものか?

皆さんは署名証明書(サイン証明書)を知っていますか?

ひつじ執事
ひつじ執事
書類にサインをして、そのサインが本人によるものと大使館が証明しているのが、署名証明書(サイン証明書)です。

海外移住者が実印と使用する証明書の話になると、こちらの方が一般的かもしれません。

だだし、この証明書には非常に不便なことが1つ発行の条件にあります。

署名証明書(サイン証明書)の発行条件は下記になります。

署名証明書(サイン証明書)の発行条件の項目詳細

  1. 日本の国籍を有していること。
  2. 日本に住民登録がなく(海外転出届をしている)、在留届を当館に提出済みであること。
  3. 申請者本人が申請窓口に出頭し、担当者の面前で書類に署名(及び拇印) を行う。

そうですね、3番目の要件です。

つまり必ず滞在国に書類の原本を持ってきて、大使館に持ち込み大使館員の前で署名をすることが必須条件なわけです。

このために日本に行ってもその場で契約を完結することは出来ません。タイにその書類を持ってきて大使館で署名を行い署名証明書(サイン証明書)を発行してもらい、それを持って訪日かもしくは郵送という流れになり、手続きには非常に不便です。

特に相続のケースにおいては、遺産分割協議書に実印が必要でデリケートな内容になり全員の実印を1枚の用紙に押さないといけないため、状況によっては手間の掛かる作業になってしまうこともあります。

大変デリケートで重要な書類を海外に郵送か手持ちしないといけない上に、日本に行ってもその場では手続きは完結しないということ、これがデメリットになります。

当然ですが、代理申請も出来ませんし前もって署名をしてしまうと証明書は発行して貰えませんからね。2014-12-10 12.52.58 (640x480)

印鑑証明書とは、どのようなものか?

署名証明よりなぜか認知度は低いのですが、実は実印の印鑑登録と印鑑証明書の発行も大使館で可能です。

滞在国で実印の登録を済ませてあれば、実印の印鑑証明書はいつでも発行して貰え日本の市役所が発行する印鑑証明書とまったく同じ様に使うことが出来ます。

ひつじ執事
ひつじ執事
では、実際のその取得手続き方法を見てみましょう。

先ずは実印の登録を大使館にします。

実印の印鑑登録の際の提出書類に関しては、下記のモノが必要書類になります。

登録時必要書類一覧

①印鑑登録申請書

②印鑑登録原票

③登録する印鑑

④パスポート

⑤現住所を証明する書類

⑥印鑑が二重登録でない(日本国内又は他の在外公館に登録されていない)ことを立証する証明書

  1. 日本の最終住所地を転出後5年以内の場合   :  日本の最終住所地からの住民票の除票、又は戸籍の附票。
  2. 日本の最終住所地を転出後5年以上経過の場合   :   本籍地からの戸籍の附票。
  3. 他国から当地に転入した方で、前在留地の大使館(又は総領事館)に印鑑登録をされていた方   :   登録していた公館からの受領印済の印鑑登録廃止届出書のコピー。

この6番目の証明書は、海外移転届けを提出した市役所から公的証明が必要となります。

通常は、これが1番手間の掛かる条件ですね。

だだし最初の印鑑の届出の際に1度提出すれば良いだけですので、その後の手間は掛かりません。

登録さえ済めば、それ以降は大使館で日本と同じ効果を持つ印鑑証明書を海外移住者も発行して貰うことが出来ます。

印鑑証明書の申請に関しては、申請書を提出して手数料を払えばいいだけです。

この印鑑署名であれば、日本に帰国の前に予め取得しておいて日本で押印した際に添付して提出という流れで対応できますので、当たり前ですが市役所が発行する印鑑証明書を同じように使えます。

ひつじ執事
ひつじ執事
契約など契約内容を確認した上で実印を押して前もって取得していた印鑑証明書を添付すればOKということです。

実印の印鑑証明書のデメリットは、実印の登録時の手間と発行手数料が高いことですかね。

因みに実印の印鑑登録と印鑑証明書の発行は、同日・同時に手続きが可能です。

下の写真はタイで発行された印鑑証明書の実物の写真です。14

大使館のある国に寄っては実印の印鑑登録が出来ない?

実はブログを見た人から問い合わせがありました。

それは自分の住んでいる国の日本大使館に印鑑登録を申し出たところ、その様なことはやっていないと言われたということでした。しかも世界中の全ての大使館で実印の印鑑登録は行っていないという話でした。

ひつじ執事
ひつじ執事
そこで私が改めて大使館に問い合わせてみました。

その内容を整理すると下になります。

  • 実印の印鑑登録と印鑑証明書の発行は外務省のルールに基づいて行っている
  • 外務省のルールなので全世界の日本大使館共通の仕組み
  • 実印の印鑑登録は手続きが多いので、積極的にアピールしていない大使館があるかもしれない
  • 署名証明書(サイン証明書)の利用を勧める可能性はある(楽だから?)

上記の様に、必ずどこの国の大使館でも可能なシステムということでした。

ただしサイン証明の使用が前提で、こちらから実印の登録をして印鑑証明書の発行を要求しないと登録してくれない可能性があります。

ひつじ執事
ひつじ執事
大使館もお役所仕事ということなのかもしれませんし、他の業務が忙しくて人手不足なのかもしれません。

私は日本で相続の手続きと不動産登記を済ませていますので、日本で使用できることは間違いありません。

利便性を考えるとサイン証明とは比べ物になりませんから、特に相続で兄弟が複数いる場合は分割協議書を作成するでしょうから、やはり印鑑証明書を使いたいところです。

海外在住者が知っておくと役に立つ記事3選

海外に住んでいる人やロングステイの人が知っておくと役に立つ情報の記事を3つピックアップしてみました。

ひつじ執事
ひつじ執事
参考のために合わせて読んで下さいね。

海外旅行保険が付いた会費無料のクレジットカード・ベスト3

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-N853_hamusuteddokaiga-thumb-1000xauto-14288海外旅行保険が付いているクレジットカードにも年会費無料のモノが存在します。

元保険会社社員の私から見ておススメのクレジットカードのベスト3を選んでみました。

元保険会社社員が教える海外旅行用のクレジットカード最強の3枚

海外在住でも受講できる子供の通信教育・海外受講の特集

海外に住んでいると子供の日本語教育や日本の科目の教育の補助教材をどうするか悩みどころだと思います。

実は今はネットを使った通信講座が日本と変わらないお得な価格で受講することが出来ますよ。

海外在住でも受講できる子供の通信教育・海外受講の特集

海外から国内限定のサイト(GYAOやhuluフールー)を見る方法

海外から動画の提供サイト等にアクセスすると国外からは利用出来ませんと出ることがあると思います。

実は、この問題は簡単な方法で解決できて、どのサイトも見ることが出来ます。

この方法で、フールー・TVER・DTVなどを利用して快適な海外生活を送ってくださいね。

海外から国内限定のサイト(GYAOやhuluフールー)を見る方法

大使館で実印の登録と印鑑証明書を貰う方法のまとめ

これから海外移住をされる方がいましたら、日本を出る時に住民票の除票か戸籍の附票を取得してきて大使館に在留届をする際に、同時に実印の登録も済ませてしまうことをお勧めします。

今もう移住されている方に関しましても、帰国する際についでに住民票の除票か戸籍の附票を取得して実印の登録をするのが良いでしょう。

ひつじ執事
ひつじ執事
1度実印の登録をしてしまえば、印鑑証明書は簡単に取れて利便性も高いです。

実印が必要な契約に関しても、日本に帰ってから契約内容が決まることもしばしばあると思いますから、署名表明では手間が掛かることもスムーズに終えられます。

日本の司法書士の方も海外在住に関して詳しくない方だと、署名証明書を求められたり大使館が印鑑証明書を発行することを知らなかったりするのですが、実印の証明書は全てこの印鑑証明書で大丈夫です。

司法書士や不動産屋さんなどから手続きに署名証明書(サイン証明書)を求められても大使館での印鑑登録を知らないだけですから、印鑑証明書の説明をして調べてもらえれば向こうから使えましたと訂正してきますよ。

因みに私は宅建の有資格者ですが、試験の内容や通常業務では海外登録の印鑑証明書に関しては記載もないので、知らなくて当然だと思います。

海外移住では、在留届をすると同時に実印の登録を大使館でしておくことをおススメします。

海外旅行保険が無料になるお得なクレジットカードを知っていますか?

海外旅行で病院に治療に行くと日本の健康保険は使えずに治療費が高額になることがあります。

(注:日本に戻ってから返金請求の制度はあります)

海外では盲腸の手術が200万円って話を聞いたことがありませんか?

実は海外の大きな病院で手術すれば日本の健康保険が使えませんから200万は普通の金額です。

私もタイで代々木公園で騒ぎになったデング熱で入院しましたが、2週間の入院で治療費は約133万円でした!

治療費が驚くほど高いので、皆さん海外旅行保険に加入してるんです。

でも海外旅行保険の保険料って意外と高いですよね?1週間程度でも3,000円とか5,000円とか、、、、、

これがもし無料に出来るとしたら嬉しいですよね?

その方法とは、海外旅行保険の付いた年会費無料のクレジットカードを持てば良いだけです。

裏技でもなんでもないんですよ、しかも無料で可能ですし。

注意して欲しいのは、クレジットカードの保険内容には違いがかなりありますから内容や利用条件を調べないといけません。

そこで元保険会社社員でバックパッカーの私が1番おススメの無料クレジットカードをコッソリ?教えます。

そのクレジットカードとは、エポスカードです。

そうです、皆さんが普通に知っている丸井の赤いカードです。普通すぎて意外ですか?

エポスカードの海外旅行保険の内容を見てみましょう。

x充実の保険内容ですよね。

特に海外旅行保険で最も大切な治療費の保険金額が病気治療270万円・怪我治療200万円と無料のクレジットカードの中で最高額なのが特徴です。

その他の優れた特徴としては

  • 海外に出た日から自動的に90日間保険が使える自動付帯
  • 提携病院ではお金が必要ないキャッシュレス支払い
  • 学生さんなども加入可能

そして何よりも年会費は無料なんです。

この補償内容が無料なんて素晴らしすぎますよねぇ。

当然ですが、丸井のカードですから買い物等の支払いに使えますしポイントも貯まったりもします。

そんなおススメのエポスカードと海外旅行保険をもっと詳しく知りたい方は↓の記事を読んで下さい。

”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”

クレジットカードを複数持った時の注意点やおススメのクレジットカード等も説明していますので、興味のある人は是非!

スポンサーリンク

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。
オススメの関連記事