レストラン・バンコク・タイ

タイのマクドナルドを解説:バンコクやパタヤで人気のライスメニューを食べよう

 タイのマクドナルドでオリジナルメニューを食べてよう!

ケンタッキーフライドチキンと並んでマクドナルドはタイでも人気のファーストフードです。

少し前はタイ人は保守的な感覚の人も多かったので、バンコクやパタヤといった西洋文化が根付いた都市から全国に広がっていきました。

広い店舗が多いにも関わらず、座る場所の確保に気をつけないといけなかったりします。

流石に地方都市においてはまだ席は空いていたりするんですけどね。ただそれも経営に体力があるでしょうから、まだまだ潜在需要があるということとなり悪い話ではないんだと思います。

そんな保守的なタイ人を取り込むためにタイオリジナルのメニューが開発されています。

ライスメニューがその代表例というわけです。

タイでしか食べれないオリジナルのメニューをマクドナルドで食べてみるのも面白いと思いますよ。

今回の記事にはメニューの全てを紹介してあります。訪問する前に注文を決める参考にして下さいね。

スポンサーリンク

今回はタイのマクドナルドとオリジナルメニューの紹介

皆さんもご存知のマクドナルドは、全世界の店舗総数が3万5000店以上にもなるファーストフードチェーン店です。

その売りは世界中どこで食べても基本的に同じ味を同じシステムで提供する均一性です。

ただし同じ味にこだわったメインメニューに対して各国のオリジナルメニューもシーズンメニューを中心に販売されてもいます。

私も2年海外を旅行していた時には、味の同じマクドナルドはやっぱり安心して利用できたりもするんですよね。

ただ各国のオリジナルメニューを食べるのも楽しかったりもします。

タイのライスメニューは最たる例ですね。

システムが同じなのでタイでもマックは並んで待つのも普通なのですが、タイでは高級なお店の価格帯なんですよね。

高級でセルフでお客さんが自ら並んで待ってって、考えてみると凄いビジネスモデルですよね。

タイのマクドナルドでは24時間営業の店舗もありますし、WIFIも45分間は無料で使用できます。

タイのマクドナルドのカウンターの風景

2015-02-11 19.53.10 (640x480)マクドナルドは、カウンターのデザインや設置器具、システムに関してはどの国に行っても同じですね。

日本のマクドナルドが売り上げを伸ばしたときには、作り置きをやめて注文を受けてから作るシステムに変更しています。

それにより待ち時間は長くなってしまったけど、出来立てで味が良くなったのとロスが減って売り上げを伸ばしたという施策が話題になりました。

マニュアル重視で均一の品質・サービスに拘るマクドナルドにそんな改善が可能なのかと驚いたことを憶えています。2015-02-11 19.45.13 (640x480) ソフトドリンクは効率を考えてカウンターの後ろなのもかわりありませんね。2015-02-11 19.42.30 (640x480)カウンターにドリンクを氷で冷やして置いてあります。

タイではコンビニエンスストアでも見かけるスタイルですね。

白人文化なので、飲みながら注文するという感じなのでしょうか?

それと日本ではそんなに話題ならない、ディップも販売に力が入っていますね。2015-02-11 19.42.39 (640x480)クレジットカードなどの電子マネー系の支払い器具です。

海外では数百円の支払いをクレジットカードで払うこともありますからね。

マクドナルドでは必要なのですね。2015-02-11 19.43.17 (640x480)これはまた別の店舗のカウンターです。

更に綺麗な最新式になっています。  注文をして支払いが済むとオーダー番号が書いてあるレシートが渡されます。ピックアップカウンターがあり用意ができるとボードにレシートの番号が表示されます。このレシートの上の番号がオーダー番号になります。

タイのマクドナルドの店内

タイの店舗内はマクドナルドという感じで雰囲気は同じですね。

備え付けの新聞紙が置いてあったりもします。2015-02-11 19.44.53 (640x480)

2015-02-11 19.45.19 (640x480)

2015-02-11 19.44.47 (640x480)海外では、フライドポテトはソースを付けるのが一般的です。

タイでは、トマトソース、アメリカンケチャップ、チリソースの三種類があり自分で好きなものと取ります。

私にはトマトソースとアメリカンケチャップはメーカーの違うケチャップ程度しか味の違いが分りませんでしたが、、、、2015-02-11 19.45.53 (640x480)返却はセルフでします。でも日本のように分別はせずに、全てゴミ箱に捨ててしまいトレイだけ上にのせます。

水も氷も捨てるので、なんか抵抗があるんですよね。

ただしタイ人はそのまま片付けずに出ていく人も多くいます。2015-02-11 20.09.08 (640x480)トレイの下敷きとして引いてあるカロリー表です。

マクドナルドのハンバーガーを食べて太った、告訴だ!ってならないための意味もあるんですかね?

アメリカは告訴社会ですからね。2015-02-11 19.49.18 (640x480)

タイのマクドナルドメニュー

カウンターに置いてあるメニューです。マクドナルドではいつも思うのですが、カウンターの注文する番になって初めてメニューがゆっくり見れるのは改善できないものですかね。

カウンターの横にでもメニュー置いて自分で注文の紙に記入してカウンターで渡すのでいいと思います。

お客さんはゆっくり選べるし、カウンターでお客さんが悩んでいる時間は減りますから効率が上がると思うんですけどね。2015-02-11 19.42.35 (640x480)というわけで、インターネットでメニューを確認してみました。最新のは残念ながら、デリバリーメニューしかなぜかなかったので昔のメニューで紹介します。

ただタイでは店舗によりメニュー内容も価格も違うので、少し前のモノでも誤差があっても問題ないと思います。

では、セットメニューから見てみましょう。私はマクドナルドと言えば、ビックマックです。

ビックマックのソース味が好きなので、日本ではもう10年ぐらいビッグマックしか食べてなかったですよね。

メインメニューは全世界共通のモノとなります。iiiiiiiiiiiiiiiこちらは単品メニューです。

日本でいうところの、100円マックもあり、タイでは29バーツです。

ハンバーガー、ポークバーガー、チキンバーガー、Sサイズポテトですね、日本と同じ感じなのが嬉しいですね。iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiタイではこの9Bのソフトクリームが人気です。でも最近は10バーツの店舗も増えました。

ケンタッキーフライドチキンでも同じような値段でソフトクリームがあるので、顧客の抱え込み戦略的価格なのでしょうね。

しかしいくら何でも安すぎです。iiiiiiiiiiiそしてこれがマクドナルドにあるライスメニューです。

毎月メニューが変わります。

ハンバーガーに比べると安いですよね。しかしマクドナルドにライスメニューとはビックリしません?

フランスでクロワッサンがあったり、ドイツにはビールがあったりしましたが、ライスはレベルが違いますね。

タイ人は保守的な人もいるので何人かで来るとご飯じゃないと嫌って人のためなんでしょうね。

子供がハンバーガーを食べたいって言った田舎の家族の大人を呼び込む施策なんだと思います。2015-02-11 20.09.25 (640x480)辛いのと辛くないもの?ニンニクと胡椒だけど、、、? 2015-02-11 20.10.51 (640x480)

2015-02-11 20.10.56 (640x480)

フライドチキンも力が入ってますね。

でも、フライドチキンならケンタッキーで食べれば良いんじゃないのかなぁ。2015-02-11 20.12.45 (640x480)

タイのマクドナルドの実食タイム

さぁでは、タイのライスメニューなどのオリジナルメニューを中心に何品か食べてみました。

個人的な感想を書いていきたいと思います。

チキンライス

チキンライスは凄い待たされました。

15分ぐらいだったと思いますので、マクドナルドでの最長記録ですね。

ご飯が炊けてなかったのかな。

あれ?プラスチックの陽気なんですね、写真のようにお皿かと思ってました。見た目はお弁当ですね。2015-02-11 19.53.29 (640x480)この型にはめて作った目玉焼きは、ハムみたいになってますが、、、、、食べてみます。

んん!こっこれは!意外と美味しいんです。

チキンもカリカリの衣にたれが掛かっていて歯ざわりが良いですし、ごはんもふっくらとしていて悪くないです。

と思ったら、辛い、、、、、ちょっと待って下さい!これ、相当辛いです。

翌日のトイレが心配になってしまうぐらい。

これはタイ人向けですね。辛くない?ニンニク味の方が良かったなぁ、、、

辛さの問題はありますが、味の方は十分美味しいです。2015-02-11 19.53.43 (640x480)

2015-02-11 19.55.55 (640x480)

 ガッパオライス(フィッシュ)

これは魚のガッパオです。

日本で流行ったガッパオライスですが、ひき肉だけでなく色々な素材で作るものなんです。

これは白身フライのガッパオ味ということですね。

これもバーガーのフィレオフィッシュがベースなのですが、意外と悪くないんですよね。

マクドナルドメニューとタイ料理の融合作といったところでしょうか。

値段も高くはないですし、試してみても良いと思いますよ。

ダブルビッグマック

私の大好物のビッグマックのパティーが2枚づつの計4枚挟まったものです。

まぁパティが多いだけなので、日本にないのが不思議なメニューな気がします。

日本での話のタネに食べてみるのは良いでしょうね。

味の方はビッグマックそのままですから不味いはずがありません。 このぶ厚さは迫力十分です。

高さがあるので口に収まりません。

フィレオフィッシュ(たらこソース)

日本でもあるフィレオフィッシュにたらこソースとノリを挟んだバーガーです。

それ程、ソースの味にインパクトもなくノリもわずかに香る程度ですね。

不味くはないですが、別に特別美味しくもないですね。

普通のフィレオフィッシュの方が美味しいかな。 バンズの下に刻みのりが付いています。 ソースはたらこ味ということらしいです。

サムライポークバーガー

これがタイのメニューにあるサムライポークバーガーという奇妙な名前のハンバーガーです。

これって、、、、、、、そう!日本のテリヤキバーガーです。

テリヤキバーガーは日本マクドナルドの開発商品で、海外のマクドナルドでも販売しているようなんです。

でもテリヤキという言葉もかなりの知名度なので、サムライにしなくても良かったと思うのですが。

でも日本のテリヤキバーガーってパティが豚肉だったんですね。

味の方は日本のテリヤキバーガーより少し甘い様な気もしますが、ほぼ同じと言って良いでしょう。2015-02-11 19.49.41 (640x480)

2015-02-11 19.50.02 (640x480)

パートンコー(揚げパン)&デップ

これも日本人から見ると珍しいパートンコー(揚げパン)です。

タイの食べ物というよりも中国の食べ物ですが、タイには中華系のタイ人が多くいるのでタイでも一般的な食べ物です。

これが実は大当たりで、非常に美味しかったです。

揚げたてで外はサクサクで中はホクホクです。

普通に中華街で食べるパートンコー(揚げパン)より厚みもあって私はこちらの方が好きですね。

5種類のデップから好きなものを買って付けて食べる形になりますが、私はチーズを選びましたが、この相性も良かったです。

普通は中華系の食べ物ですから、パートンコー(揚げパン)はチーズで食べないですから、マクドナルドではおススメです。

マカロニスープ

マカロニスープですが、中の具材もスープの味も特に美味しくはないですね。

スープメニューを売るなら、クラムチャウダーでも売ってくれると良いんですけどね。

ソフトクリーム&チョコデップ

タイでは安価格でお客さんの呼び込み戦略のソフトクリームです。

なんと10バーツで食べれますし、安くても美味しいですよ。

プラス5バーツを出すとチョコレートでコーティングもしてくれます。 これがチョコでコーティングされたソフトクリーム。

タイのオリジナル商品を紹介している動画

タイのマクドナルドオリジナルメニューは他の国の人も驚いていますね。ユーチューバーでレポート動画をアップしている人も多くいます。

下の動画の人はライスメニューをレポートしていますね。

日本のマクドナルドでもライスメニューはないですから、珍しいですよね。

こちらのアメリカ人はパートンコー(揚げパン)を珍しがってレポートしていますね。

 タイのマクドナルドを解説:バンコクやパタヤで人気のライスメニューのまとめ

唐揚げチキンライスは意外と美味しかったですし、ガッパオのフィッシュフライというのもタイでも珍しいメニューで面白かったです。

これならオリジナルメニューは良いですね。

マクドナルドは何処にでもありますし、値段的には高くないので気軽に食べれますからね。

特にパートンコー(揚げパン)&チーズデップはかなり美味しいのでおススメですよ。

マクドナルドも国で異なるなと感じたのは、隣に座ったカップルは男の子がチキンライスで、女の子はフライドチキンを食べていてハンバーガーを頼んでいませんでした。

マックドナルドに来てバーガーを食べないということもタイでは普通なんですねぇ。

各国それぞれの特色があるということなんでしょうね。

面白いものですよね。

海外旅行の時に加入する海外旅行保険を無料にする方法があります。

バックパッカーで元保険会社社員の私が考える海外旅行の時に持っていると良いクレジットカード最強の3枚を選抜しています。

これにより海外旅行保険に自分で加入しなくても病気や怪我での入院費は無料になりますし、他にも特典があり海外旅行者には必須のクレジットカードと言えます。

詳しくは”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”の記事で説明していますので読んで下さい。

海外旅行保険料が無料に出来ますからお得ですよ。

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。
オススメの関連記事