海外移住の基礎知識

マイIPとセカイVPNのどちらが良い?実際に使ってみて分かった事!

海外からサイトを見るVPNは、マイIPとセカイVPNではどちらがおススメ?

くまパパ
くまパパ
インターリンク社のVPNサービスは、マイIPとセカイVPNって何が違うんだろう?

海外から日本のサービスにインターネットで接続をすると海外からの接続は出来ませんとアクセスを拒否されたことで、VPNというサービスを知った人も多いと思います。

VPNのサービスが思ったよりも安くて期待してインターリンクのサービスを検討してみると、、、、、、

ん?VPNサービスの種類が多くて良く分からない、、、

マイIPとセカイVPNは同じじゃないの?って思った人も多いと思います。

そうですよね、VPNという仕組みも初めて知ったし、動的IPアドレスとかPPTPとか聞いたこともないし、、、、、、それが素直な感想の人も多いですね。

ひつじ執事
ひつじ執事
安心してください!履いてますよ、、、、間違えたぁ、、、、、安心してください!それが普通です。

今回はそんな普通に悩まれている皆さんにVPNサービスと有料動画サービスを多く利用してきた私の実体験を踏まえてマイIPとセカイVPNのどちらが良いのかを説明したいと思います。

インターリンク社のマイIPとセカイVPNを比較して検証

この記事を読まれている多くの人は海外から日本に限定されたサイトやインターネットサービスを利用するうえで、VPNサービスをどれするかを悩まれている人だと思います。

更に具体的に言えば、インターリンクのサービスにしようと思ってサイトを見たら同じようにしか見えないマイIPとセカイVPNという2種類のサービスがあり、しかも価格が同じでどちらを選べばいいのか迷ってしまった人だと思います。

それでは、今回は結論から言ってしまいましょう。

ひつじ執事
ひつじ執事
私がおススメするVPNサービスは、インターリンクのマイIPにはなります。でも、、、、、、、

私個人の見解ですが、これがその答えとなります。

正し歯切れの悪い回答になってしまいます。

その理由をここから細かく詳細を見ていくことで説明していきたいと思います。

VPNとはどの様なモノなのか?

まず初めになぜ国内限定のサイトにVPNを使うとアクセスできるのかを簡単に説明しましょう。

国内限定のサイトというのはアクセスしてきた人が国内か国外かを識別して国外のアクセスを拒否しているわけです。

その識別はアクセス先のアドレスがどこかで判断している訳で、要はアドレスにリアルの住所と同じようにその国名が書いてあるわけです。

VPNというのは、海外からのアクセスでも一度VPNが置かれているサーバーを経由することでその国のサーバーがある国のアドレスに変更する仕組みです。

ひつじ執事
ひつじ執事
サーバーが日本にあれば日本、韓国にあれば韓国となるので拒否されることが結果として回避されるというわけですね。

その仕組みを図で見ると下の様になります。

VPNサービスは無料のモノや海外の格安のモノもあり

VPNサービスは多くの機関や会社で提供されているので、無料のモノや海外の格安のVPN提供業者もあります。

正しインターネットを使用していけば個人情報やクレジットカード情報を取り扱うことになると思いますので、セキュリティーで安心できるものであることを優先すべきだと思います。

昔は自分で日本にサーバーを置くこともしましたが、現在は月の利用料が1000円程度で有料サービスも使えますから、その方が結果として運営コストも手間もかからないと思います。

安心面では海外の格安サービスの会社は不安ですよねぇ。

ひつじ執事
ひつじ執事
もし可能な限り安い方が良いのであれば、下の筑波大のサービスは無料ですからを試してみて下さい。

詳しくはこちら⇒http://www.vpngate.net/ja/  筑波大学の学術プロジェクト

インターリンク社のVPNサービスは5種類

月に1000円程度の出費はOKで、日本の会社が安心できて良いという人は事実上インターリンクのVPNを選ぶ人が殆どだと思います。

しかしインターリンクのVPNサービスも何種類かあり迷ってしまう人が多いと思います。

インターリンクのVPNサービスをここからは比較していきましょう。

マイIP・ソフトイーサ版とセカイVPNを比較

インターリンクのVPNサービスは、細かく見ると5種類もあり、マイIP・ソフトイーサ版とセカイVPN・セカイブラウザ・グループ専用 VPNサーバーがあります。

しかし実際に契約するのに悩む選択は2つです。

それがマイIPとセカイVPNです。

グループ専用 VPNサーバーは目的が違いますし、セカイブラウザはセカイVPNを契約すれば付いてくるアクセス方法が異なるシステムの違いでしかありません。

マイIPソフトイーサ版もマイIPが利用できない時の対策としてアクセス方法を変更したモノです。

余って実際に選択する上で悩ましいのは、マイIPとセカイVPNとなるわけです。

ひつじ執事
ひつじ執事
ここからは海外から国内限定サービスを利用するという観点から、マイIPとセカイVPNを項目ごとに比較していきたいと思います。

基本サービス

基本のサービスという意味では大きな違いはこの2つにはありません。

月額も1080円という全く同じなことが逆に悩ませてくれます。

マイIPとセカイVPNで海外から日本国内限定のサービスを使う

海外から日本の動画サイトや有料動画サービスそして日本の電子書籍を買う為に利用するのであれば、どちらのサービスでも現在は大きな差はありません。

どちらのサービスでも基本的には利用できます。

ただしこれはフールー以外はという話なんですよね。

というのも2017年にHulu(フールー)はセカイVPNのアクセスを識別して拒否したからです。

技術的には全てのサービスで拒否することは可能ですから、後は各社の判断次第でセカイVPNは使えなくなる可能性があるということです。

その為にセカイVPNに関しては現在はという限定的な話です。

逆に言えばマイIPを拒否しているサービスはありませんから、Hulu(フールー)も見れていますよ。

そしてマイIPはサービスの性質上これからも拒否されることはないでしょう。

ひつじ執事
ひつじ執事
詳しい理由は↓の結論で説明しています。

マイIPとセカイVPNで海外規制のサービスを使う

その国ごとに規制を掛けてインターネットサービスが使えなくしてあるケースもあります。

GoogleやfacebookやTwitter等もありますし、YouTubeや2チャンネル(5チャンネル)の書き込みなども該当することがあります。

この点に関してはセカイVANの方が接続の可能性は良いようですが、マイIPが使えないわけではなりません。

その状況はそれぞれの国や環境により異なります。

私や友人の利用状況を見てもケースバイケースなんです。

マイIPが快適な人もいれば、セカイVPNが使えないという人もいます。

ひつじ執事” align=”left” border=”blue” bg=”blue”]どちらが良いとは一概には言えないのが実情の様です。

どちらも2か月間という異常に長い無料のテスト期間がありますから、試してみて駄目なら無料期間内に解約してもう一方のサービスを試してみて下さい。

ひつじ執事
ひつじ執事
状況に寄ってマイIPとセカイVPNのどちらかしか使えないということもありますから、一つが駄目でも諦めないで、もう一つを試してみて下さいね。

マイIPとセカイVPNで海外のIPアドレスを使う

ひつじ執事
ひつじ執事
海外のIPアドレスは、マイIPにはありませんのでセカイVPNを選択することになりますね。

セカイVPNでは、日本以外のアメリカ、ドイツ、台湾、韓国のIPアドレスも使えますからそれらの国の国内限定サイトやサービスを見ることが可能です。

例えばアメリカ在住の人が、アメリカのフールー契約していて旅行先のアジアでも見たい時にも使えます。

また日本にいる人でも韓国の限定サイトなどを見たい人はいるようですね。

マイIPとセカイVPNで固定IPアドレスを使う

マイIPとセカイVPNでは固定IPアドレスはどちらも使えるのでしょうか?

この点が大きな違いとなるのですが、固定IPアドレスはマイIPしか使えません。

元々マイIPは固定IPアドレスを使いたい人向けのサービスだから当然ですね。

そもそも固定IPアドレスを使う理由とは何でしょうか?

アドレスは変動アドレスというアクセスごとに住所となるアドレスが変更となって割り当てられているケースと、常に同じアドレスを使っている固定IPアドレスがあります。

固定IPアドレスを使えば、サーバーやパソコンなどが固定されているので、自宅にあるパソコンをインターネットでアクセスしてリモートで操作して自宅のパソコン内の動画やファイルを外からでも見ることができます。

またセキュリティーやペットを見るために自宅やお店に設置したカメラの映像を外から見ることも出来ますが、これも固定IPアドレスとすることで可能となっています。

自分でサーバー構築してWebサイトやメールサーバーをカスタマイズする人も固定IPアドレスが必須です。

ひつじ執事
ひつじ執事
これらの利用目的がある人はマイIPを利用することになります。

マイIPとセカイVANの接続方法

マイIPとセカイVPN共に接続方法に関しては、数種類用意されています。

PPTPは通信速度が速く、L2TPはセキュリティが厳重など一応それぞれの特徴があります。

マイIPはPPTPとL2TPの2種類で、セカイVPNはPPTP・L2TP・OpenVPN・IKEV2の4種類が選択可能で、種類という意味ではセカイVPNの方がおススメとなります。

ただし海外から国内限定のサイトを見るという意味では大きな違いは無いと言えます。

接続方法の違いから選択する場面は普通の人ではないと思います。

ひつじ執事
ひつじ執事
2種類でも4種類でも普通に利用するなら特に違いは無いと思います。

実際に私が試した動画配信サービス

では、実際に私が試した動画配信サービスを書き出してみました。

色々の理由で契約を一定期間して終了したサービスもあれば、現在も契約中のモノもあります。

繋がり方に関しては、動画配信サービス・デバイスの種類・国により使えたり使えなかったりしました。

ただし通常は繋がらなくても、何度かVPNを切って繋ぎなおすと見れるようになりました。

この中で完全に見れなくなったのは、セカイVPNのHulu(フールー)だけでした。

くまパパ
くまパパ
いやぁ、これだけあればそりゃー終了したのがありますよね(笑)
  • Hulu(フールー)
  • U-NEXT(ユーネクスト)
  • DTV
  • FOD
  • Netflix (ネットフリックス)
  • DAZN (ダゾーン)
  • GYAO(ギャオ)
  • TVER(ティーバー)
  • Amazonプライム・ビデオ
  • AbemaTV(アベマTV)

2018年に契約した最も新しい動画配信サービスはDAZN (ダゾーン)です。

その理由は大谷の試合が見たいのとF1を見たいからです。

特にF1を見たかったのですが、それは昨年マクラーレンにパワーユニットとを供給していたホンダでしたが、チームとドライバーからさんざん悪口を言われA級戦犯として契約解除となってしまいました。

今年は中堅チームのトロロッソと組んでホンダは参戦することになったわけですが、正に背水の陣でマクラーレン以上の成績を残すことだけが去年の名誉を挽回できる手段です。

くまパパ
くまパパ
日本企業は今元気がないですからね。ホンダが自動車レースの最高峰で名誉を取り戻す姿を信じて応援したかったんですよね。

実際に使ってみて結局どっちがおススメなの?

海外からアクセス制限で見れないサイトを見るという目的に限った意味で最もおススメなインターリンクのVPNサービスは、どれになるのでしょう。

ひつじ執事
ひつじ執事
それは最初に書いたように、マイIPになります。

その理由は接続拒否にあう可能性が低いからです。

確かにセカイVPNの方が通信速度が早いので快適に利用できるかもしれませんが、セカイVPNはその用途が海外から接続できないサイトを見るためのサービスであり、それを問題視してフールーは対策をしてきました。

今後も他の動画配信サービスが追随する可能性は十分あり得ますから注意が必要です。

それに対してマイIPは、固定IPアドレスを使う為のサービスであり、もし海外から利用すれば固定IPアドレスが日本にある為に結果として日本のIPアドレスとしてアクセスすることになるわけです。

そうなると固定アドレスを使うためのマイIPユーザーは国内にも多くいるわけですから、動画配信サービスとしてもアクセス拒否をするわけにはいかないわけです。

ひつじ執事
ひつじ執事
つまりマイIPであれば利用できなくなる可能性は低いということです。

詳しくは公式サイトで⇒インターリンク社のマイIP

VPNサービスでは、マイIPと世界VPNではどちらがおススメか?のまとめ

今回はインターリンクのVPNサービスを利用するうえでどちらがおススメかを見てきました。

結論としてマイIPがおススメと出しましたよね。

でも歯切れの悪い部分があります、、、、

それはパソコンやインターネットの世界は未知の部分というか、様々な細かい要因から不具合が良く起こるんです。

これを良く相性が悪いなんて表現をしますが、まぁ実際は良く分んないんですよね。

特に今回の話は、皆さんの住んでいる国も違いますしプロバイダーも違いますしガジェットもOSも違うわけです。

かなりの確率で訳の分からない不具合が起り得るわけです。

実際インターリンク社としてもそれを理解しているから、2か月間という非常に長い無料のテスト期間を設けているんだと思います。

そのことからもマイIPとセカイVPNのどちらが良いか?といだけでなく、どちらが使えるかというレベルで試してもらうしかない部分があります。

マイIPの方が確率的におススメですから、マイIPから試して貰って良いのですが、使えなかった時には無料期間中に解約をしてセカイVPNを試してみて下さい。

マイIPは使えないけどセカイVPNは快適なんてことは良くあることですから。

皆さんも、ちょっと手間は掛かりますがVPNを利用して海外生活をより快適に過ごせるように環境を整えて下さいね。

有料動画サービスが使えるだけでも家の中では日本と変わらない豊かな生活が楽しめますよ。

詳しくは公式サイトで⇒インターリンク社のセカイVPN

海外旅行の時に加入する海外旅行保険を無料にする方法があります。

私は世界60ヶ国以上行ったことのあるバックパッカーで、ファイナンシャルプランナーとして保険会社で働いていました。そのため海外旅行と保険を合わせた実経験は誰にも負けないのではないかと思います。

そんな私が使っている海外旅行に持って行くと得をするクレジットカード最強の3枚の組み合わせがあります。

このカードを持つことで海外旅行保険には自分で加入しなくても病気や怪我での入院費は無料になりますし、荷物を無料で自宅に宅配できたり、盗難にあった時の緊急時にも海外でクレジットカードが再発行できるなど多くの特典を受けることが出来ます。

正に海外旅行には必須のクレジットカードと言えるのではないでしょうか?

詳しくは”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”の記事で説明していますので読んで下さい。

海外旅行の保険料が無料になるだけでもお得ですからオススメですよ。

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。
オススメの関連記事