シンガポール観光レポート

シンガポール旅行で日本のアイフォンやスマホは使えるの?コンセントやプラグ・電圧を説明

シンガポールのコンセント・プラグの形状・電圧・周波数の説明

シンガポール旅行に行く時にはアイフォン等のスマートフォンは勿論ですが、タブレットやパソコンを持って行く人も多いと思います。

そうなると気になるのが、日本の電化製品は充電できるのかなだと思います。

更にノートパソコンであれば電源にバッテリーを刺して使えるのかも気になると思います。

実は海外旅行において電気の規格というのはメンドクサイもので、世界各国でコンセントやプラグの形や電圧はそれぞれ違います。当然日本と同じ仕様の国もあれば、まったく異なる国もあります。

その違いのポイントは、コンセントやプラグの形状というハードの違いと電圧や周波数の電気の種類の2つの点です。

コンセントに関しては形状が違いますので差し込めないために使えないだけなので良いのですが、電圧に関しては使用できない電圧のコンセントに繋いでしまうと壊れてしまうこともあるので注意が必要です。

実際に私もうっかり忘れて日本のエレコムの外付けのハードディスクをコンセントに刺してしまい、ボンっ!と音と共に煙が出てサヨナラしたことがあります。

これ、マジで悲しいですからね、、、、、、一瞬なので、あっと思ったらもう終了でした(涙)

皆さんはそんな悲劇が起きないように注意してくださいね。

今回はシンガポールで日本の電気製品を使う注意点を具体的に見ていきましょう。

スポンサーリンク

シンガポールのコンセントとプラグの形状と電圧と周波数に関しての注意点

電気製品が使えるかどうかのポイントになるのは、基本的に2点に注意することです。

コンセント(プラグ)の形状と電圧(周波数)です。

この2つの規格が電化製品は世界の国ごとに異なります。

つまりシンガポールで電化製品が使えるかどうかは、先ずは日本とシンガポールのこの2つの規格の違いで分かるということです。

厳密に言えば日本国内でも関東以北と関西以南でも違ったりしてるのですが、ある程度は電化製品の方でも幅を持たせてありどちらでも使えたりするんですけどね。

その辺も含めて先ずはシンガポールの規格を見てみましょう。

とその前にちょっと確認しますね。

コンセントとプラグの違いとは?

皆さんは何気なく言葉を使っていると思うのですが、コンセントとプラグの違いって明確に知ってました?

整理してその定義を下に書きますね。

  • コンセント:受け手となる壁にある差し込まれる側です。
  • プラグ:差し手となる電化製品のコードの先の差し込む側です。

誰もがそれほど気にせずに使っている言葉ですよね、知ってました?

①シンガポールのコンセント(プラグ)形状

シンガポールのコンセント(プラグ)形状はBFもしくはBSと呼ばれる下のタイプのものとなります。

お隣の国マレーシアでも同じコンセント(プラグ)形状は使われています。

これはイギリスが使用している規格なので、元イギリスの植民地だった国は同じBFもしくはBSを使用していることが多いです。

シンガポール以外のBFのコンセント(プラグ)形状を採用している主な国は、上記のマレーシア・インド・香港・南アフリカ・ヨルダン・サウジアラビア等があります。

下の写真を見て貰っても分かるように日本の形状とは大きく異なりますね。

電気のコンセントの形状は世界的に見ると多くの形状・規格が存在します。

下の図は世界で使われているコンセントの主な形状になります。

世界の国によっては何種類か併用して使われていることもあります。

シンガポールのBFを含めた3本の柱が出ているタイプもありますが、真ん中の1つはショートした時のアースの役割なので差さなくても使用は出来ます。

日本は下の図のAタイプのみの1つの形状なので分かりやすくて良いですよね。3出典  http://www.travelerscafe.jpn.org/electricity.html

日本はAタイプのみの1つの形状なので分かりやすくて良いですよね。

その為に日本ではコンセントの形状も1つしかないですよね。

結論を言うと日本の電化製品はプラグはAタイプであり、シンガポールのコンセントはBFタイプで異なります。

この点でいえば日本の電化製品はシンガポールでは使用できません。

ただしホテルで対応していることも良くありますよ

海外の国では何種類かのタイプが採用されていることもあり、最初からコンセントがマルチタップ形式の時もあります。

マルチタップのコンセントは下の写真の様なものであり、ほぼ全種類のプラグを差すことができます。

つまりこのコンセントであれば電圧に問題がなければそのまま差し込んで使うことがシンガポールでも出来ます。

ホテルでも多くの国のお客様が宿泊されることは分かっていますから、初めから部屋のコンセントがマルチタップであることもあります。

もしマルチタップで無かったととしてもホテルのフロントで変換ソケットを貸してくれることもあるので聞いてみましょう。2015-06-07 18.02.19 (640x480)

自分でプラグ変換アダプターを持っていく?

このようにコンセントの形状の違いには対応しないといけません。

必ずホテルで対応してくれているとは限りませんし、空港やカフェで使用する可能性もありますよね。

その時のために自分でAプラグからBFプラグへと変換アダプターを持っていくことも考えましょう。

 

変換アダプターは、BFにだけ変換できるタイプと世界中の主なプラグタイプに変換できるものとがあります。

シンガポールにだけ行くようであれば、安価で軽いBF専用で良いでしょう。

例えば下の様な商品になります。

海外旅行用コンセント変換プラグアダプター(BF.O)2点セット

マルチ変換タイプは、良く海外旅行に行く人にはおススメです。

全てのプラグとコンセントに対応できるようになっているものですので、1つ持っていると大変便利ではありますね。

商品のイメージは下の様な製品となります。
ロードウォーリア RW101CR ゴーコンαレッド [海外旅行用 マルチ電源変換アダプター]

マルチ変換する方法は、ルービックキューブみたいな方法です。

無印良品の変換プラグの動画がありますので見てみましょう。

これちらはさらに多くの国のプラグに対応ができるので、もうパズルの様ですね。

見ていて複雑さに驚きますね(笑)

②シンガポールの電圧

プラグやコンセントの形状以上に気を付けないのは電圧です。

電圧というのは各国によりそのV数とHz数が異なります。

日本国内の場合でも東西で少し違うのを知っていますか?

東日本は100V・60Hz西日本は100V・50Hzとなっています。

他の国においては日本より高い電圧を使っていることが多いんです。

シンガポールの電圧は基本が230Vですが220~240Vと幅もあり、周波数は50Hz(ヘルツ)です。

これは日本の倍以上の電圧になります。

実は230Vという電圧はかなり危険であり、本当に気を付けないといけないレベルです。

皆さんは子供のころにコンセントに何か突っ込んだことってなかったですか?母親から絶対しちゃ駄目って言われるんですが、男の子って駄目って言われるとやりたくなっちゃうんですよね。

で、やったらビックリです!ビリビリなんて生易しいものではありません。

アニメで見る感電した時に骨が見えるあんな感じですよ!バチッ!って頭の中で音がしました。

もう2度とやりませんと子供心に神に誓いましたね(笑)、、、、、、、そう考えると日本の倍以上の電圧って、絶対死人が出てますって。

では日本とシンガポールの電圧が異なるので、日本の電化製品はみんな使えないのかというと実はそうではありません。

電化製品がグローバル規格で開発されたモノだと初めから付属のACアダプターや製品が内蔵するアダプターで使用可能な電圧に幅が設けられています。

つまり色々な電圧でも問題なく使える電化製品もあるということです。

使える電化製品の代表的なものを上げてみます。

  • スマートフォン:アイフォン・アンドロイド
  • タブレット:アイパッド・ギャラクシー
  • デジタルカメラ
  • ビデオカメラ

但し絶対的ではないので、どの電圧で使えるかは電化製品に其々書いてありますので、使用する際には個別にチェックして使ってください。

ここからは具体的にアダプターのどこを見て使えるか・使えないかの判断が出来るかを見てみましょう。

アイフォン・アイパッドの充電用プラグ

シンガポール旅行で最も気にされる人が多い商品となるアイフォンとアイパッドのアダプターを見てみましょう。

アップルのアダプターは2種類ありますので、両方とも写真を用意しました。

2つのタイプを撮影したのですが白地にシルバーの文字で小さいのでごめんなさい、写真が良く見えないですかね?

先ずは小型のものを見てみましょう。

裏面に性能数字が書いてありますね。2016-09-12-22-26-25-640x480見にくいので拡大して写真を見てみましょう。

インプットの欄に、100-240Vと赤枠の所に書いてありますよね?

これが、100ヴォルトから240ヴォルトで使えますよという意味です。

その右横の水色の枠の中には50-60Hzと書いてありますね?

これは、周波数は50Hz(ヘルツ)-60Hz(ヘルツ)であれば使えますよという意味です。

シンガポールは220~240Vで、周波数は50Hz(ヘルツ)ですから、範囲内となり使えますね。では、大型のアダプターもチェックしましょう。

これは側面部に書いてあります。2016-09-12-22-29-13-640x480これも同じように赤い枠に100-240V青い枠に50-60Hzと書いてありますね。

こちらも同じようにシンガポールでも使えますね。

パソコンのアダプター

パソコンも世界中で売られる製品の一つですね。

本体ではなくACアダプターを変更することで世界中で使えるようにしてあるんです。

では、パソコンのACアダプターを色々と見ていきましょう。

国内のメーカーも海外のメーカーも基本的には同じ様に読み取れます。

先ずはソニーのパソコンのACアダプターで、緑のラインにINPUT :100V-240Vと書いてありますね。

周波数も50/60Hzとなっています。

これでシンガポールで使用可能と分かりますね。東芝です、電圧100V-240V、周波数50/60Hzになってます。パナソニックも、電圧100V-240V、周波数50/60Hzですね。では、海外メーカーも見ていきましょう。

これはデルですが、やはり同じような表記で電圧100V-240V、周波数50/60Hzになってますね。これは台湾メーカーのエイサーです、電圧100V-240V、周波数50/60Hzですね。中国のレノボも同じように記載されていますね。 これは韓国のサムソンなのですが、電圧100V-240Vはありますが、あれ?周波数はどこに?

まぁ、、、周波数は基本的に大丈夫なんですけどね、実際に海外でも国内でも使っているし。

電気製品で使えるものと使えないもの

あくまで目安としてですが、代表的な電気製品のシンガポールで利用可能な製品と利用できない製品を整理してみよう。

とは言え、必ず使用する前には上記で説明した様な使用可能な電圧をアダプター製品ごとに確認して下さいね。

どの国でも使える可能性が高い電気製品

先ほどの復習になります。

  • パソコン:グローバル商品ですから代表的な商品です。
  • スマートフォン:日本以外は携帯も世界基準でしたからね。
  • デジタルカメラ:これも世界企画商品です。
  • ビデオカメラ:最近は動画カメラなのでゴープロとかですね。

使えないものが多い電気製品

海外旅行に持っていく可能性がありそうな製品です。

  • ガラパゴス携帯:最近のは海外対応になっていますが、だいぶ死滅しましたね。
  • 電気式髭剃り:これは普通の髭剃りを使うのでいいでしょうね。
  • ドライヤー:海外旅行にドライヤーを持って行きたい人は多いですよね。しかし残念ながら普通のドライヤーは大抵使えません。

変圧器を持っていこう

もしも電圧で対応できない電化製品をシンガポールで使用するなら海外旅行用の変圧器を購入していきましょう。

下のような製品ならそれ程重くもなく価格も高くはないので、悪くはないですよ。

この変圧器自体のプラグがBFタイプで使用できないとダメなので注意して購入して下さい。


海外 変圧器 電源プラグ 変換プラグ 変換アダプタ 楽ぷら RX-30 海外旅行用 変圧器機能【送料無料】

基本的には変圧器を購入するしかないのですが、それより海外対応のドライヤーの様に商品自体で使用できるものの方が安いこともありますので、購入時には調べてみましょう。


マルチボルテージヘアドライヤー

アジア各国の電圧とプラグの形状

でシンガポール以外のアジアの国々の電圧とコンセント・プラグの形状はどうなっているのでしょうか?

書き出してみましたので、周りの国も行く方は参考にしてください。

  • 日本     100V     Aタイプ
  • 中国     220V     A/B/Cタイプなど多数
  • 台湾     110V     A/Oタイプ
  • 香港     220V     BFタイプ
  • 韓国     110・220V A/Cタイプ
  • インド    220V     B/Cタイプ
  • インドネシア 220V     Cタイプ
  • シンガポール 230V     BFタイプ
  • ベトナム   220V     A/Cタイプ
  • カンボジア  220V     A/Cタイプ
  • マレーシア  220V     BFタイプ

上記を見ても日本よりも電圧の高い国しかないですね。

こうしてみるとプラグに関してはそのまま使用出来る国は色々ありますが、電圧に関しては対応アダプターでない限りは使えなさそうですね。

アジアの国でもアダプターが使えるかのチェックは絶対必要ですね。

シンガポール旅行に関する記事3選

シンガポール旅行に行くのであればやはり色々な観光地に行きますよね。

下の記事はその下調べとして読んでもらって、余すところなく楽しんでしまいましょう。

シンガポールのガーデンバイザベイを100%楽しむ方法

今やシンガポールの象徴ともいえるガーデンバイザベイのスーパーツリーを十二分に楽しむ方法を説明した記事です。

夜のスーパーツリーのショーは必見ですよ。

シンガポールのガーデンバイザベイを100%楽しむ方法:割引チケット情報アリ

シンガポールのユニバーサルスタジオのアトラクション完全攻略

シンガポールでもユニバーサルスタジオは誰もが楽しみなテーマパークですよね。

日本よりは混んでいないとはいえ、シンガポールでもスムーズに回るコツがあるんです。

皆さんも1つでも多くのアトラクションを楽しんでくださいね。

シンガポールのユニバーサルスタジオのアトラクション完全攻略!割引チケット情報あり

シンガポール動物園を完全ガイド

シンガポール旅行と言えばこの動物園に行く人は非常に多いと思います。

しかしシンガポール動物園は驚くほど広くて色々な見どころがあるので、全部周るのは厳しいでしょう。

この記事で予習して見ておきたい動物やショーを見忘れないようにして下さいね。

シンガポール動物園を完全ガイド!行き方・チケット・トラム・所要時間・割引チケットを紹介

シンガポールではアイフォンやスマホが使えるかのまとめ

今回はシンガポールのコンセント・プラグの形状と電圧・周波数の違いを見て日本製品が使えるのかどうかうを見てきました。

シンガポールに関して簡単にまとめしょう。

①コンセント(プラグ)形状は日本とは異なるので使えないので、変換プラグが必要

  • 但しホテルなどでは対応してくれていることもある。
  • 逆に高級ホテルでしか充電もパソコン使用もしない人なら何も持っていかなくても大丈夫ですね。

②電圧はアダプターが、100-240Vのマルチ対応アダプターなら使用可能

  • もし100V用のアダプターなら、変圧器を持っていく必要があります。
  • スマホやパソコンなどの普通の製品ならマルチ対応なので変圧器の必要はないですよ。

ということで、何も買わないでも問題ない人に該当する人も結構いるのではないでしょうか?

でも電圧だけは慎重に調べて下さいね。

見方が分かれば何Vが使える製品かどうかは簡単に見分けられますから気を付けるにしましょう。

皆さんは私の外付けハードディスク等をのように一瞬でさよならしないようにしてくださいね(涙)

まぁ変圧器もそんなに高額ではないので1個は買って持っていても損はないと思いますけどね。

充電に関してはUSBが使える製品であればパソコンを持っていればそこからUSBで充電することも出来ますね。パソコンの電源を入れていないといけないという条件がありますが、充電の選択肢が増えるのは嬉しいですね。

今はスマートフォンやタブレットPCを中心に電気製品無しには海外旅行も行けないですからね。

海外への準備として電気製品のチェックをして備えて下さいね。

海外旅行の時に加入する海外旅行保険を無料にする方法があります。

私は世界60ヶ国以上行ったことのあるバックパッカーで、ファイナンシャルプランナーとして保険会社で働いていました。そのため海外旅行と保険を合わせた実経験は誰にも負けないのではないかと思います。

そんな私が使っている海外旅行に持って行くと得をするクレジットカード最強の3枚の組み合わせがあります。

このカードを持つことで海外旅行保険には自分で加入しなくても病気や怪我での入院費は無料になりますし、荷物を無料で自宅に宅配できたり、盗難にあった時の緊急時にも海外でクレジットカードが再発行できるなど多くの特典を受けることが出来ます。

正に海外旅行には必須のクレジットカードと言えるのではないでしょうか?

詳しくは”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”の記事で説明していますので読んで下さい。

海外旅行の保険料が無料になるだけでもお得ですからオススメですよ。

スポンサーリンク

 

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。
オススメの関連記事