海外旅行の基礎知識

海外で入院の保険金を確実に貰う注意点:生命保険や医療保険も対象!

アフラック・明治安田・日本生命等の請求方法は?

海外旅行で急に体調を壊したり怪我をして入院してしまったり、海外に住んでいて入院してしまうこともあると思います。

特に海外で暮している人は期間も長くなるので体調が悪くなくこともありますよね。

ひつじ執事
ひつじ執事
何年という単位で住んでいればどんなに健康な人でも医者に見てもらうことも珍しくないと思います。

特に年齢的に50代・60代となってくると誰でも心配なところでもありますよね。

今回の海外での入院に対する保険の請求というのは、海外旅行保険や国の国民健康保険の話ではありません。

民間の生命保険に付帯している入院給付金特約や、第三分野と分類される医療保険・がん保険といったものに関してです。

これは海外旅行保険とは違いキャッシュレスサービスの様な仕組みはありませんので、キチンと対応していないと保険金が貰えないということもあり得るものです。

今回は、海外で入院した時に生命保険・医療保険の入院給付金を確実に貰うための注意点を説明したいと思います。

Sponsored Links

生命保険・医療保険の入院給付金とは?

先ず初めに今回の話の中心となる生命保険・医療保険の入院給付金とは、何かを知っていますか?

ひつじ執事
ひつじ執事
日本生命や明治安田生命・第一生命等の国内生保やアフラック・アリコを代表とする外資系保険会社が売っている”1日入院日額何千円貰えます”という、あれです。

病気・怪我で入院した時に保険金が出るもので、1日日額5千円か1万円で加入されている人が多いと思います。免責日数と言って何日以上の入院時のみが支払い対象となる保険もあるのですが、最近は免責無しのタイプが多くなっています。

海外に住むことのためにこの保険に入ったという人は少ないかもしれませんが、若い時から契約したまま、今も支払っているという人も多いのではないでしょうか?

各社若干約款が異なるため絶対とは言えませんが、基本的に海外での入院も支払い対象としている保険会社や保険の種類が実は多いんです。

ただし請求には海外入院特有の注意点がありますので、覚えておくと良いでしょう。a0960_002352

海外で入院した時に入院給付金を請求するために必要な書類

海外で入院した時に入院給付金を請求するために必要な書類は、いくつかあり基本的にはこの書類が揃わないと保険金を受け取ることは出来ません。

その為に必要書類は非常に重要で、特に入院証明書に注意してください。

ひつじ執事
ひつじ執事
それではここから必要書類を説明書ましょう!

1.公的身分証明証のコピー

請求者本人かどうかの確認の書類になります。

具体的には海外での入院ということからパスポートのコピーを求めれることが多いようです。ただしパスポートでなくても運転免許証・健康保険証・年金手帳のコピーでも可能です。

2.入院給付金請求書

入院給付金を請求するために保険会社に提出するものです。

住所や名前、振込口座等を記入します。入院給付金請求書は請求先の保険会社のものを使用することになります。

3.保険証券

保険証券もしくは保険証券のコピーの提出を求める保険会社と身分証明証のコピーを提出すれば良い保険会社があります。

無くても保険会社で再発行できますから、神経質になる必要はない書類です。

4.入院証明書

この入院証明書が最も重要な書類で注意すべき書類となります。

ひつじ執事
ひつじ執事
保険会社は病院で医者が書いたこの書類の内容で病名・入院日数・手術等を読み解き支払いの有免責と金額を計算します。

当然ですが、この入院証明書は実際に入院をした病院で記入して貰うことになります。

そしてこの書類に関して特に注意すべき3つの点があります。

1.入院証明書は保険会社のものを必ず使う

ひつじ執事
ひつじ執事
基本的に入院証明書は保険会社が送ってきたものを使ってください。

どの病院でもオリジナルのフォームを持っていたりしますが、基本的には使えませんので気を付けて下さい。

2.記入漏れが無いように受け取り時にチェックする

ひつじ執事
ひつじ執事
経験のない人は信じられないかもしれないですが、病院で記入してもらうこの書類は実は結構記入漏れがあります。

もし記入漏れが重要な箇所にあれば入院給付金が受け取れないことがあります。

入院日や退院日もそうですし病名も確認して下さい。特にガン保険の場合はcancerと記載があることを必ず確認して下さい。がん保険場合にはキャンサーの記入があるかないかで支払われるかどうかが決まります。

3.発行日数と料金は病院に異なるので注意する

ひつじ執事
ひつじ執事
入院証明書の受け取りまでの日数ですが、担当医が記入しますので出勤状況により2・3日で受け取れることもあれば、20日以上かかることもあります。

帰国日との兼ね合いがある場合は余裕をもって申請しましょう。

料金は無料の病院もありますが、有料の病院も珍しくはありません。この取得費用は保険金では対象とならずに、自己負担となることを知っておいてください。

もし複数の保険会社に同時に請求する時には、自己負担を減らすために入院証明書は他社のコピーが利用出来ないかを保険会社の担当者に確認しましょう。

入院証明書の料金は自己負担ですから、複数枚取得するよりコピーで代用できるならその方が安く済みます。

ただしこれは保険会社と請求内容や状況に寄るので必ず担当者に確認してください。

海外旅行に関するこの他の記事のご紹介

海外旅行や保険に関することの記事は他にもいくつか書いています。

ひつじ執事
ひつじ執事
宜しければ合わせて読んでみて下さいね。

海外旅行保険の盗難で保険金を方法

海外旅行保険で良く使われる項目の一つに盗難があります。

もし盗難にあった際に保険金を請求する際の注意点を下の記事で説明しました。

海外旅行の盗難で保険金を確実にもらう方法:クレジットカードもOK

健康保険は海外病院の入院手術で使えるか?

2016-12-04-13-13-01-640x480海外で病院に行くと治療費が高額!そんなイメージを持っているかもしれません。

でも実は、海外療養費制度というモノがあり、健康保険から保険金を受け取れますよ。

詳しくは下の記事を読んでみて下さい。

海外療養費制度とは?健康保険は海外病院の入院手術で使えるか?

海外旅行に持って行くべき無料クレカのランキング・ベスト5!

海外旅行保険が年会費無料のクレジットカードにも付いていてこれを活用することで、海外旅行保険の保険料を節約することが出来たりします。

ただクレジットカードに付いている保険の内容はカードごとに異なります。

この記事では、おススメできる年会費無用のクレジットカードのベスト5を選出しました。

海外旅行に持って行くべき無料クレカのランキング・ベスト5!保険も充実なクレジットカード

海外で入院した時の保険金を確実に貰うための3つの注意点のまとめ

上記の様に入院証明書や入院給付金請求書は基本的に保険会社毎のフォームが必要です。

ひつじ執事
ひつじ執事
EMSで送ってくるにしても手続きを含めると1週間ぐらい掛かるのも普通ですので、入院中でも請求可能ですから早めに保険会社に請求しましょう。

他の注意点としては、保険証券は必ず必要ではありませんし、請求は入院から3年以内(各社約款が異なる為違いがあることもあります)のところが多いので、すぐに出来なかったとしても問題ありませんので、請求してみましょう。

それと振込み先の銀行は日本の銀行になり海外の銀行は使えないことが多いで注意が必要ですね。

注意点を知っていさえすれば、日本での入院時の請求方法と特別変わりがあるわけではありません。普段から高い保険料を払っているわけですから、受け取れる権利は行使しましょう。

ひつじ執事
ひつじ執事
最後に最重要書類の入院証明証の注意点をもう1度まとめます。
  1. 入院証明書は病院の書類ではなく、各本会社のフォームを使いましょう。
  2. 入院証明書の受け取り時には記入漏れに注意してチェックする。
  3. 入院証明書は、受け取りまで時間が掛かる事があることも考慮しておく。

上記の点に注意しておけば、入院保険金が受け取れなかったという事にはならないでしょう。

とはいえ、海外での入院は言葉の問題や医療レベルなどから心配な点も多いので、海外旅行や海外滞在では、十分に体に気を付けて過ごして下さい。

海外旅行の時に加入する海外旅行保険を無料にする方法があります。

私は世界60ヶ国以上行ったことのあるバックパッカーで、ファイナンシャルプランナーとして保険会社で働いていました。そのため海外旅行と保険を合わせた実経験は誰にも負けないのではないかと思います。

そんな私が使っている海外旅行に持って行くと得をするクレジットカード最強の3枚の組み合わせがあります。

このカードを持つことで海外旅行保険には自分で加入しなくても病気や怪我での入院費は無料になりますし、荷物を無料で自宅に宅配できたり、盗難にあった時の緊急時にも海外でクレジットカードが再発行できるなど多くの特典を受けることが出来ます。

正に海外旅行には必須のクレジットカードと言えるのではないでしょうか?

詳しくは”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”の記事で説明していますので読んで下さい。

海外旅行の保険料が無料になるだけでもお得ですからオススメですよ。

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。
オススメの関連記事