*

結局、アゴダ(AGODA)は高いのか?ホテル予約サイトを比較してみた=タイ移住FPのブログ

公開日: : 最終更新日:2016/10/06 海外旅行の基礎知識

assss

ホテル予約サイトを比較してみた

ホテルの予約も便利になりました。

昔は雑誌で調べたり直接ホテルに電話したりしましたが、今はホテルの検索サイトが出来たのでパソコンで簡単に検索して予約出来るようになりました。

でも思ったことはありませんか?どの検索サイトが安いのだろうかと。

確かにホテルの検索サイトの画面には50%オフ・70%オフと書いてるので安いんだよねと願ってはいますが、確認したことはありますか?

今回はそんな思いを受けて実際に私が確認してみることにしました。

特に最大手の横綱エクスペディアと新興で一気に上がってきた期待の新人アゴダの戦いがみてみたかったんです。

スポンサーリンク

3つのホテル検索サイト

対象のサイトとしたのは、エクスペディア・ホテルズドッコム・アゴダの3サイトです。

殆んどの人はこのうちのどれかを使われていることと思います。

調べる項目は2つにしました。

1.バンコク・パタヤ・チェンマイ・アユタヤのホテルの登録数

2.バンコクのデュシタニ ホテルとモンティエン ホテル、パタヤのホリデイ インとアヤブティック ホテルの同条件の部屋の料金

この条件を3サイトでの検索数字を比較してみたいと思います。

登録数で選択肢の豊富さを同条件の部屋の料金比較で割引率を調べたいと思います。

はたしてイメージ通りとなるのでしょうか?

エクスペディア

海外ホテルならエクスペディア

マイクロソフトから独立した世界最大のホテル・航空券検索サイト、知名度は抜群っ!

ass

ホテルの件数

バンコク    1006軒

パタヤ      579軒

チェンマイ    571軒

アユタヤ      16軒

同一ホテルの料金比較  前提条件

7月11日から12日 1泊 スタンダードのツインかダブルベッドの部屋 大人1人 朝食なし

デュシタニ バンコク         13168円

モンティエン ホテル バンコク     5954円

ホリデイインパタヤ          12689円

アヤブティックホテル パタヤ      8775円

ホテルズドットコム

Hotels.com

実はエクスペディアの子会社で検索システムはほぼ共有という話です。ただし独自でもかなりの知名度があります。

asss

ホテルの件数

バンコク     999軒以上

パタヤ      575軒

チェンマイ    555軒

アユタヤ      16軒

同一ホテルの料金比較  前提条件

7月11日から12日 1泊 スタンダードのツインかダブルベッドの部屋 大人1人 朝食なし

デュシタニ バンコク         13168円

モンティエン ホテル バンコク     5327円

ホリデイインパタヤ          12689円

アヤブティックホテル パタヤ      8776円

アゴダ

最低価格保証でお得なホテル予約はこちら!

タイで起業されたために特にアジアには強いと強いと言われる新興ホテル検索サイト。

as

ホテルの件数

バンコク    1669軒

パタヤ     1226軒

チェンマイ    871軒

アユタヤ      97軒

同一ホテルの料金比較  前提条件

7月11日から12日 1泊 スタンダードのツインかダブルベッドの部屋 大人1人 朝食なし

デュシタニ バンコク         12647円

モンティエン ホテル バンコク     5151円

ホリデイインパタヤ          12648円

アヤブティックホテル パタヤ               8406円

まとめ

1.ホテルの登録数

思っていた以上に差が出ましたねぇ。エクスペディアとホテルズドットコムはほぼ同じですが、アゴダに関してはバンコクでは約70%・アユタヤにおいては500%増のホテル数の登録がありました。アユタヤなんて、ここまで違えば勝負になりませんね。

2.同条件の部屋の料金

これもエクスペディアとホテルズドットコムはほぼ同価格ですね。子会社なので仕方のないことなのでしょうね、いや寧ろ差があることのほうが不思議ですか。

そしてアゴダに関しては4軒のホテル全てで安くなりました。しかも実はアゴダはリワードというポイント制度がありますので更に安いともいえます。

結論

アゴダはタイのプーケットで起業されたベンチャー企業なので小さいホテルやゲストハウスにも登録してもらう努力をしているそうです。この登録数の差は低価格のホテルでの差が激しいのです。この結果はそれを実証することになりました。

逆に言えば安いホテルを探す時やバックパッカーの人はアゴダ1択でしょうね。

価格にしても若干でもアゴダのほうが安いので、やはりホームデシジョンということもありアジアにおいてはアゴダの方が良いようです。

実を言えば私もエクスペディア派からアゴダ派に数年前に変えています。それはなんとなく感覚的にアゴダの方が安いのかなと思って変えたのですが、今回はそれが立証されたのでホッとしました。

この結果から言えば、アジアにおいてはホテル予約はアゴダを使うのがオススメということになります。

アゴダでの最低価格保証でお得なホテル予約はこちら!

ホテル代も保険代も抑えれるところは抑えて海外旅行を楽しんでください。

海外旅行の時に加入する海外旅行保険を無料にする方法があります。

保険料って勿体無いですよね。その節約方法は海外旅行保険が付いている年会費無料のクレジットカードを持てば良いだけなのですが、どのクレジットカードに良い保険が付いているのかと本当に使えるのかが分りにくいんですよね。

元保険会社社員の私が詳しく説明していますので、”元保険会社社員が教える海外旅行保険がベストな無料クレジットカード”を見てください。

海外旅行保険料を無料にした分のお金で、買い物を楽しんだりや美味しいものを食べてくださいね。

関連記事

格安航空券比較サイト6社のランキング!バンコク等のアジアへ何処が安い?=タイ移住FPのブログ

海外航空券比較サイトの比較ランキング 海外での航空券を安く安全に買うために 昔は航空券は旅行代理

記事を読む

バンコク・スワンナプーム空港のレストラン特集!美味しく快適に過ごすための下調べ!

スワンナプーム空港のレストランを見てみよう!格安のクーポン食堂もある タイを訪れたときや旅行を

記事を読む

なぜ中国はインタグラムやラインまでも規制するのか?その理由とは!

中国政府はフェイスブック・ツィッター・インタグラムやラインも規制! 海外では日本で普通に使って

記事を読む

ホテルのデポジットにクレジットカードを使用する時の注意点とベストな方法とは?

ホテルのデポジットの支払い方法での注意点とベストな方法とは? 皆さんもご存知の通りホテルに宿泊

記事を読む

国民健康保険は海外の病院の入院手術で使えるのか?海外療養費制度とは?海外旅行FPのブログ

国民健康保険や健康保険は海外旅行や海外移住での医療行為でも使えます 海外での病気や怪我による治

記事を読む

バンコク旅行で水道水は飲めるのか?タイのミネラルウォーターと世界で水が飲める国を説明

タイ・バンコク旅行では水道水は飲めるのか? タイに旅行で行くことになったらと思いますよね?タイ

記事を読む

タイでのトラブルを避けるべき理由!タイ人との喧嘩は危険です:海外旅行FP

タイでのトラブルを避けて海外旅行を楽しい思い出にしましょう 海外に旅行で来たり住んでいると誰も

記事を読む

死亡率100%の狂犬病の対策:海外旅行では野良犬に注意!海外旅行FP

 狂犬病の対策として海外では野良犬には細心の注意が必要! 狂犬病の名前は誰でも知っていますよね

記事を読む

クレカの保険は使えるの?元保険会社社員が教える海外旅行用のクレジットカード最強の3枚

保険の付いたクレジットカードを持って安心して海外旅行に行こう! 海外で病気や怪我をして治療を受

記事を読む

海外で入院した時の保険金を確実に貰うための3つの注意点とは?

海外で病気や怪我で病院に入院した時に医療保険や生命保険の請求方法 海外旅行で急に体調を壊したり

記事を読む

タイでのトラブルを避けるべき理由!タイ人との喧嘩は危険です:海外旅行FP

タイでのトラブルを避けて海外旅行を楽しい思い出にしましょう 海外

パタヤで有名なイタリアン・パンパンは本店に行こう!全メニューと実食レポート

  パタヤで有名なイタリアン・レストラン”パンパン

バンコクのサイヤムパラゴンの水族館オーシャンワールドが凄い!割引チケットの購入方法とは?

高級デパート・サイヤムパラゴンの水族館サイアム・オーシャンワールド

バンコクでアイスクリームならスウェンセン(Swensen’s)が人気NO1!

 タイで人気NO1のアイスクリーム屋さんスウェンセン(Swense

タイやアジア旅行でデング熱マラリアの蚊の病気を予防する方法とは?海外旅行FP

タイは勿論のことアジアやアフリカでは蚊を媒介とする病気が大変危険!

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑