シンガポール観光レポート

シンガポールのガーデンバイザベイを100%楽しむ方法:割引チケット情報アリ

ガーデンバイザベイ完全攻略:行き方・営業時間・入場料・ライトアップショー情報

シンガポール観光の目玉の一つというか、シンガポールの象徴とも言えるのがガーデンバイザベイです。

シンガポールの写真を見て、ガーデンバイザベイのスーパーツリーの写真に目を奪われた人は多いでしょう。

この近未来的な自然と融合した人工的な建造物は何?っておもいますよね?

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは、総面積101haの国立公園で、全面ガラスの巨大なドーム型植物園が2つと人工の木のスーパーツリーが18本も立ち並んでいます。

その斬新な発想から生まれたSFの様な情景にに世界中の誰もが驚かされたものです。

今回はガーデンバイザベイの行き方・営業時間・所要時間・入場料・割引チケット・レストラン・ライトアップショーと様々な情報を紹介したいと思います。

皆さんもガーデンバイザベイを100%余すところなく楽しんで下さい。

スポンサーリンク

ガーデンバイザベイの詳細(営業時間や所要時間)

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは、シンガポールのシンボルとも言える人工と自然の融合をテーマとした巨大な国立公園です。

シンガポール政府が総力を挙げて造った観光地です。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ国立公園自体への入園に関しては無料となります。

所要時間ですが、国立公園全体をゆっくり歩いたら半日は余裕で掛かります。

特に注目となるフラワードームやクラウドフォレストの植物園やスーパーツリーグローブのOCBCスカイウェイなどは有料となります。

これらのメイン施設を中心に回ったとしても3時間程度は必要だと思った方が良いでしょう。

  • ガーデンバイザベイ(Gardens by the Bay)の詳細情報
  • 住所:18 Marina Gardens Drive
  • 連絡先:電話番号  (+65)6420-6848 
  • 公式サイト :http://www.gardensbythebay.com.sg/

ガーデンバイザベイ(Gardens by the Bay)には大小10の施設があります。

有名な有料の施設は、フラワードーム・クラウド・フォレストとスーパーツリーグローブのOCBCスカイウェイの3か所になります。

知名度に関してはこの3つが群を抜いていますし、旅行の時間が余ほど多くない限りはこの3か所を見て周れば十分だと思います。

全ての施設は下になります。

  • スーパーツリーグローブ(Supertree Grove)
  • フラワードーム(Flower Dome)
  • クラウド・フォレスト(Cloud Forest)
  • スーパーツリーグローブ(Supertree Grove)
  • ヘリテージ・ガーデンズ(Heritage Gardens)
  • ワールド・オブ・プランツ(World of Plants)
  • ドラゴンフライ・レイク(Dragonfly & Kingfisher Lakes)
  • チルドレンズ・ガーデン(Far East Organization Children’s Garden)
  • ゴールデン・ガーデン(Golden Garden)
  • シルバー・ガーデン(Silver Garden)

分かりにくいのは、各施設ごとでも営業時間が異なることです。

主な施設の営業時間は下の様になりますので、気を付けて下さいね。

  • 09:00 – 21:00:OCBCスカイウェイ (スーパーツリーガーデン)
  • 09:00 – 21:00:フラワードーム
  • 09:00 – 20:30:クラウドフォレスト
  • 05:00 – 02:00:アウトドアガーデンズ
  • 09:30 – 17:00:ガーデンクルーザー

フラワードームとクラウドフォレストに関してはメンテナンスのため臨時的に営業を停止する日があります。

これらにも気を付けて下さいね。

フラワードーム
2018年3月6日, 4月10日, 5月22日, 6月19日, 7月10日, 8月28日, 9月25日, 10月30日
● クラウドフォレスト
2018年3月5日, 4月9日, 5月21日, 6月18日, 7月9日, 8月27日, 9月24日, 10月29日

ガーデンバイザベイの行き方と場所の地図

MRTで行く場合

最寄りの駅はMRTベイ・フロント(Bay Front)駅(サークル線)になります。

そして出口Bから出て地下リンクウェイの通路をトンボの湖方面に歩いていきミードー橋・ドラゴンフライ橋を渡りトンボのオブジェを抜けて進んで行けば到着します。

分かりにくいのですがホテルの中から直接はいけなくなっているので気を付けて下さい。

バスで行く場合

バスで行く場合には、MRTタンジョンパガー駅の出口Cから出てバス停番号:03223に行きます。400番のバスで、バス停番号03371番に行ってください。

ガーデンバイザベイを地図で見ると下の場所になります。

ガーデンバイザベイの通常チケット(入場料金)

ガーデンバイザベイの国立公園に入るだけであれば入場料はありませんので、散歩をしたりスーパーツリーガーデンを見たりは無料で出来ます。

ただしメインの施設となるフラワードーム・クラウドフォレスト・OCBCスカイウェイの3つに関しては入場料が掛かります。

フラワードーム・クラウドフォレストの共通チケット

大人28ドル 子供15ドル

OCBCスカイウェイの入場料

大人8ドル 子供5ドル

通常価格での購入であれば、各施設で直接買うことが出来ます。

ガーデンバイザベイの割引チケット(入場料金)

こちらでは34%も安くなるお得な割引チケットの購入方法を説明したいと思います。

それはインターネットサイトのボヤジン(Voyagin)で購入する方法です。

ボヤジン(Voyagin)は楽天グループの会社でチケットをインターネットで購入すると割引価格となります。

フラワードーム&クラウドフォレストにOCBCスカイウェイ付きのチケットとなります。

3つの施設への入場チケットがセットになったものです。

別々に購入する手間が省けたうえに割引は大きくなりますから、願ったり叶ったりですよね。

2018年7月15日までならいつでも訪問可能ですから、事前に申し込んでもスケジュールを気にすることなく好きな日に訪問できます。

入場料金は34% OFFオフで購入できます。

ガーデンバイザベイの34% OFFオフ割引チケットはこちらから

割引チケット(入場料金)の購入手順

実際の手順はインターネットでチケットを購入してEチケットを受け取り、それを窓口で正規チケットに交換して貰うことになります。

上記でアクセスしたボヤジン(Voyagin)でチケット購入をすると登録のメールアドレスに通の予約確認のメールが送られてきます。

下の画像は予約確認メールの3通です。
3通は予約確認のメールでしかありませんの気を付けて下さい。

Eチケットは次のメールで直接送られてくることもあれば、下のメールの様にリンクをクリックすることでEチケットがダウンロードされるケースの時もあります。

基本的にEチケットは下の様なものになります。

プリントアウトしなくても、スマートフォンなどで提示できるようであれば問題ありませんので、当日でも購入できますよ。ガーデンバイザベイのEチケットは、先ずは正規チケットに交換をして下さい。

引き換え後は2018年7月15日までならいつでもご利用可能です。

交換場所は、ガーデンバイザベイに隣接しているマリーナベイ・サンズのショッピングモールにあります。

MRT出来た人は駅を出たらまずは、チケット交換をしてからガーデンバイザベイに向かってください。

チケット交換場所

  • Ultimate Drive Shop(アルティメット・ドライブ・ショップ)
  • 住所:L1-14, Hotel Lobby, The Shoppes at Marina Bay Sands
  • 営業時間:10:30〜21:00

フラワー・ドーム(Flower Dome)

ドーム内は亜熱帯のシンガポールの気候からすると涼しい地中海の春の気候が再現されていて、スペイン・ポルトガル・イタリアといった南ヨーロッパや南アフリカなどの半乾燥亜熱帯地方の植物が育てられています。

ドーム中央部にあるフラワー・フィールドでは世界中の花を集められており、サボテンやバオバブ等も含めて色彩豊かに咲いていて見応えがあります。

ドーム内はエアコンが効いているので、暑さ対策や休憩を兼ねて日中の観光にちょうど良いですよ。

 

ドーム内のレストラン・Pollen

フラワードームの中にある本格的レストランPollenは美しい上に美味しいと評判です。

観光地内ということもあり値段は安くはありませんが、ワイン付きのコースや子供用のコースなどもあり意外とお勧めです。

シンガポール観光で疲れを取るのに最高の休息となるでしょう。

フラワー・ドームを動画で見てみよう

フラワー・ドームを動画で見ることでその美しさが伝わると思いますよ。

クラウド・フォレスト(Cloud Forest)

クラウド・フォレストは高地の熱帯山地地域にある冷温気候を再現したドーム型植物園ですが、特に注目なのは高さ約35mもの人工の山から流れ落ちてくる滝と霧雨のような飛沫です。これはミスト噴射に寄って作られている人口的なものではありますが、強大な滝のその迫力と近未来的な雰囲気に圧倒されますよ。

そして人工的とは分かっていても滝が醸しだす癒し効果がその場にいる人の全てを包み込んでいます。

苔で再現された見事なオブジェや木の根っこを使った彫刻等も見逃せないものとなっています。

 

クラウド・フォレストを動画で見てみよう

動画でなければこのスケール感は伝わらないかもしれませんね。

スーパーツリーグローブ(Supertree Grove)

スーパーツリーグローブは、特徴的な形をした人工の木にシダ類やつる等で覆いかぶせた高層庭園です。

スーパーツリーは高さ25~50メートルもあり、16万本200種以上の植物から構成されていて全部で18本もガーデンバイザベイの園内に建っています。

そのスーパーツリーが立ち並ぶ姿をみると正に近未来のSF映画さながらの風景に見えてきますよ。

近くから見ても遠くから見ても他では決して見ることのできない、不思議な情景を目にすることでしょう。

スーパーツリーを動画で見てみよう

動画で見てもSF映画の世界にしか見えないです。

スーパーツリーのOCBCスカイウェイを歩こう

スーパーツリーの中心部には12本程並んで立っています。その地上22mぐらいの高さにそれぞれをつないだ空中遊歩廊のOCBCスカイウェイがあります。

チケットを買いさえすれば誰でも歩いて渡ることがでるんです。

この風景が凄いの一言です。

こんな近未来の風景を自分の目で見ることが出来るなんて信じられない感じですよ。

正にブレードランナーみたいです。

夕暮れで日が落ちていく情景も本当に幻想的です。

OCBCスカイウェイを動画で見てみよう

OCBCスカイウェイを歩いている映像を動画で見てみよう。

スーパーツリーにはショーがある

スーパーツリーにはもう一つの魅力があります。

それはOCBCガーデン・ラプソディと名付けられた光と音楽を合わせた幻想的なショーです。

時間にしては15分程度と長くはないのですが、無料で見ることが可能ですから開始の少し前からベンチや芝生などの場所取りをして待つようにしましょう。

芝生などにシートを敷いて寝転んで眺めると驚くほど幻想的な映像が見れますからおススメですよ。

スーパーツリーのショーを動画で見てみよう

光と音のライトアップショーですから、これこそ写真では伝わりにくいものですよね。

この動画を見たら誰でも見たいと思うこと請け合いです。

海外旅行に関する参考になる記事3選

海外旅行に関する参考になる記事を3つほどピックアップしました。

皆さんもこの記事を読んで、充実した海外旅行を楽しんで下さいね。

海外旅行保険が充実のクレジットカード・ベスト5

2015-11-02 17.44.49 (640x480)海外旅行をする時には海外旅行保険に加入すべきですが、正直保険料は安くはないですよね?

クレジットカードをうまく活用すればこれを無料にすることも可能です。

海外旅行保険が充実したクレジットカードをランキング形式で紹介します。

海外旅行に持って行くべき無料クレカのランキング・ベスト5!保険も充実なクレジットカード

絶対食べたい!おススメの南国フルーツ・ランキング26

シンガポール旅行では日本では余り見ない南国のフルーツが何種類もあります。

ぜひ食べてもらいたい南国のフルーツのベスト26を紹介しています。

絶対食べたい!おススメの南国フルーツ・ランキング26

海外旅行に持っていきたい持ち物10選

hhhhhhhhhh海外旅行に行くときに日本から持っていくと意外と便利な持ち物があります。

海外旅行で60か国旅した私がおススメのモノを10個選んでみました。

海外旅行に必ず持っていきたい便利な持ち物10選!60カ国を旅したFPのオススメ

シンガポールのガーデンバイザベイ詳細情報のまとめ

シンガポールは亜熱帯で気温が高く観光しているだけでクタクタだったりするのですが、フラワーパークとクラウドフォレストの中は涼しく想像以上に安らぎますよ。

休憩を取りながら観光も出来るわけですから、一石二鳥のオアシスですよ。

しかも’室内と言っても高さもありますから、マリーナサンズやスターフライヤーも見れて風景も楽しめます。

環境問題もテーマとなっていて、子どもの社会科見学としてもお勧めだと思います。

スーパーツリーは全体の雰囲気を感じるだけでも十分に楽しめますが、やはり夜のショーは見ておきたいです。

ショーのことを考えれば、昼と夜の2回訪問する価値もあると思います。

夜のショーの時は人気があり込みますので、早めに行っていい場所を確保して観覧したいところです。

それだけの時間を掛けても間違いなく一生の思い出となる経験が出来るでしょう。

ガーデンバイザベイの34% OFFオフ割引チケットはこちらから

スポンサーリンク

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。
オススメの関連記事