海外旅行の基礎知識

ホテルの外出時にも電気が使えるベストな方法とは?:海外旅行FP

ホテルの鍵の種類と外出時に電気を使うベストな方法を解説

最近のホテルは鍵はカードキーであることが普通になってきましたよね。

日本国内のホテルでも海外のホテルでも高級なホテルでは既にデフォルトになっていて中級のホテルでも普及が進んでいるようですね。

そうなると困るのが、外出時には部屋の電源が落ちてしまうことなんです。

本来はカード式のカギと外出時の電源に関しては必然的な関連性があるわけではないのですが、実際は殆どのケースでセットとなっているのが現状です。

困るんですよね、出掛けた時にエアコンやPCやガジェットの充電をしておきたい時には。

そこで今回はホテルの外出時の電気が停止する対策に関してを見ていきたいと思います。

Sponsored Links

ホテルの鍵のタイプごとの不在時の対策の説明

最近のホテルはカードキータイプを中心に上記の写真のように電源を入れるためにカードキー自体などを差し込まないと電源は入らない仕掛けとなっていることが多いです。

これを”カードスイッチ”とか”カード式電源コントローラー”と呼んだりします。

ホテル経営を考えた時に電気やエアコンがお客さんが不在時には切れることになりますから、劇的な電気の節約をもたらしたためにスタンダードになったものです。

しかしお客さんの側から見ると不都合があるのも事実で、特に2つの理由で不便を感じる人が多いです。

  • PCやアイパッド・スマートフォンなどのガジェットを充電したい

この時代はPCを持ち歩く人も多いですし、スマートフォンやタブレットも複数台もっている人も多くいます。

そうなると旅行では時間を見つけては充電をすることになりますか、ら外出時に充電をしておきたい人も多くいます。

  • 外出中もエアコンを付けておきたい

外から部屋に帰ってきた際にも部屋のエアコンが動いていることで、部屋が冷えていたり暖かかったりして貰いたいのも本音のところです。

特にタイなどの暑い国で部屋に戻ってムンと熱いとガッカリしますからね。

この様な理由から外出時でも電気を使いたいと思う人も多いと思います。

カードキーの種類は?

現在は従来の金属の鍵に対してカード式の鍵の方が一般的になりました。

カード式キーは施錠方式において、大きく分けて接触型カードキーと非接触型カードキーの2種類があります。

接触型カードキーは挿入口にカードを差し込むことでロックの解除をおこないます。

これはカードのモジュール端子とドア側の端末モジュールを直接触れさせることで、データの照合が行われるというものです。非接触型カードキーはセンサーにカードをかざすだけで認識が行われます。

この方式はカードキー自体がICチップを持っていてデーター埋め込まれています。これをドア側の端末が磁界を利用することで接触する必要なくデーター交換を可能としているものです。

スイカなどが同じ方式ですね。この様に大きく分けて2種類に分類されるカードタイプの鍵ですが、素材に関してもICチップタイプや磁気タイプで異なるだけでなく使い捨て型や紙のモノ、厚さも5㎜もあるタイプもあればポイントカードと同じ極薄のモノもあります。

そしてセキュリティー上から最近はエレベーターもカードキーを差さないと使えなくなっていたり、最新のものは宿泊フロアは自分の部屋にしか停止できない仕組みになっていることもありますね。

カードキーの不在時の具体的な対策

このカードタイプは基本的にカードキーをそのまま使用する”カード式電源コントローラー”にカードキーを差し込むことで使用します。

この一見同じように見える”カード式電源コントローラー”ですが、実は中身の仕組みはそれぞれ異なります。

その為に対策に関してもそれぞれ方法が異なります。

その為に下に上げる4つの対策を順番にためしてみる必要があります。

1.同じようなサイズのモノを差してみる

基本的にはクレジットカード・キャッシュカードのサイズを採用していることが多いです。手持ちの会員証などで同じサイズのモノを差してみましょう。

最も簡単な遮断式のモノでは名刺を差すだけで使えたりもします。

2.厚さを調整してみる

サイズがあっていても使えなかった時には、紙を2枚重ねるなどして厚さの調整を試みて下さい。

これにより対応可能な時があります。

3.IC埋め込みカード

ICの埋め込みカードが反応してくれることもあります。

昔の銀行キャッシュカードの様にICが目で良く分かるカードもあれば、スイカの様にICがどこに埋め込まれているかが分からないカードもあります。

キャッシュカードを差すわけにはいかないので、スイカやパスモを試してみるといいでしょうね。

4.ポイントカードを使う

ドラッグストアなどのメンバーズカードでポイントが貯まるものがありますよね。

そのカードを差してみて下さい。

磁気の方式により部屋のカードキーと誤認識して利用できることがあります。基本的なカードキータイプでの対策は以上の4つの方法となります。

実は順番にと言いましたが、カードキーのドアの施錠方式によりどの”カード式電源コントローラー”でどの対策をすればいいのかは、大体の推察が出来るのですが、種類も多いんで考えるよりも色々試してしまう方が実際には早いと思います。

取り合えず同じサイズのモノが差されば使えるというシステムであることも多いですしね。

ただし最新式のカード式電源コントローラーでは、IC方式でも磁気方式でも誤認する確率が下がってきています。

この方法でも結局電気が通らないこともあると思ってください。

通常キーのタイプと具体的な対策

カードキーではなく通常の鍵でも”カード式電源コントローラー”が使われていることもあります。

その場合のタイプごとの対策を見ましょう。

カードプレート式

通常の鍵にカードプレートが付いているタイプです。

これは基本的には同じサイズのモノを差し込めば使えることが多いです。

しかしわざわざ別のモノを用意するよりもカードプレートと鍵を外してしまい、カードプレートを指して鍵だけを持って外出するのがベストでしょう。

その際には鍵は無くしやすいので、何かのキーホルダーや家の鍵に付けるなりして無くさないように気を付けましょう。

もし外せないようになっていた時にはあきらめて、手間ですが同じサイズのモノを見つけて差し込むことになりますね。

スティック式

もっとも旧式の”カード式電源コントローラー”になります。

特に日本の古いホテルに多いですでね。

このタイプは単純な方式のモノが多いので、ボールペンや備え付けの歯ブラシを指しておくことで使えることが多いです。

極まれにスティックの先に電子錠が埋め込まれているタイプがあり、このタイプでは残念ながら対応方法がありません。

最もおススメな対策方法とは何なのか?

上ではホテルの鍵のタイプごとの具体的な裏技的な対策を説明してきました。

でもこれって、やっぱり裏技技なんですよ。

じゃあ、この方法は問題はないのでしょうか?

鍵とカードプレートを外して使う方法は問題はありません。

しかし”カード式電源コントローラー”に別のモノを指しておく方法は、ケースに寄っては問題があると思います。

それは外出時に電気を使うことに問題があると言っているのではありません。

電気の使用に関しては何ら問題はないでしょう。

しかし”カード式電源コントローラー”を本来の利用法ではない形で使用することは問題になり得ます。特に何もなければいいのですが、電気がショートしたり”カード式電源コントローラー”が故障したりした際には賠償しなければいけなかったりはするでしょうね。

もしもですが、、、、火事が起きてしまったりしたら、本来の使い方をしなかったお客様に過失責任があるとなるでしょう。

国内においては失火責任法があり賠償責任が問われない可能性もありますが、このケースでは重過失とみなされて賠償義務がある可能性も無いとは言えないと思いますよ。

問題があるか無いかの2択だとすれば、問題はあるということになります。

まぁ問題が起きなければ何もありませんから、裏技ということで飽くまで自己判断での自己責任ということです。

ですから、残念ながらおススメしますとは言えない行為なんです。

ホテルの不在時の電気対策のベストな方法

では、おススメするベストな方法はどの様なものなのでしょうか?

おススメな方法①カードキーを2枚貰う

ごめんなさい、ここまで引っ張っておいてこの答えはどうなのかとも思いますが、これが最もおススメです。

フロントで素直に外出時に電源を使いたいので予備のカードが欲しいと言ってください。

そうすると2枚目・3枚目をくれるホテルも多いんです。

特に最新式の使い捨てタイプの場合簡単に発行してくれますよ。

備え付けのカードキーのホテルの場合は、実際にカードがないことがあり物理的に無理だったりもすることはあります。

特にに3枚目の時には、貰えない確率が高いと言えます。

おススメな方法②使えるコンセントを使う

おススメな方法②は、使えるコンセントを使いましょうということです。

”カード式電源コントローラー”で外出時には部屋の電源が落ちますが、実は全部の電源を切っているわけではありません。

使えるコンセントが存在しています。

そうです、冷蔵庫は外出時でもきちんと冷えているでしょう?

冷蔵庫の電源を取っているコンセントは”カード式電源コントローラー”で遮断されないようになっているのが通常です。

その為にこのコンセントを使えば”カード式電源コントローラー”で対応しなくても電源が使えるんです。

ただし冷蔵庫用の1つもしくは2つのみとなります。

その為に二股三股ソケットを事前に要してPCやスマートフォンも使えるように準備しておきましょう。

ただしこの方法にも致命的な点があります。

それはエアコンは使えないという問題点があるんです。

エアコンが使いたいから電源を落としたくないケースには対応できません。

海外旅行に関連する記事を3つピックアップ

海外旅行に関連する記事を3つほど選んでみました。

気になる内容があればぜひ読んでみて下さいね。

飛行機は前方席と後方席のどちらが危険か?墜落事故の生存率は?i飛行機事故は自動車事故よりも合う確率が低いとはよく言いますが、実際に乗るときに不安になったりしますよね。

そんな時に考えるんですよね、前の席と後ろの席ってどっちが危険なんだろうかって?

その疑問に答える記事となります。

飛行機は前方席と後方席のどちらが危険か?墜落事故の生存率は?

海外旅行でパスポートの盗難対策にたった1つすべきこと!海外旅行FP

passport (1)海外において命とお金の次に大切と言われるのがパスポートだったりします。

では実際にそのパスポートが盗難にあったらどうすればいいのでしょうか?

その対策を含めて説明した記事になります。

海外旅行でパスポートの盗難対策にたった1つすべきこと!海外旅行FP

海外旅行に持って行くべき無料クレカのランキング・ベスト5!保険も充実なクレジットカード

2015-11-02 17.44.49 (640x480)海外旅行に行く際に海外旅行保険を無料でお得に利用できるクレジットカードを5枚選んでみました。

元保険会社社員から見た充実の保険内容のクレジットカードになります。

海外旅行に持って行くべき無料クレカのランキング・ベスト5!保険も充実なクレジットカード

ホテルからの外出時に電気を使用する方法のまとめ

ホテルの外出時に電気を使う対策としては、残念ながら一長一短がある様な対策しかないのが現状です。

フロントで1枚カードを多く貰えるかは確かではありませんし、冷蔵庫のコンセントの活用ではエアコンは使えません。

”カード式電源コントローラー”に他のモノを差し込むのは、トラブルがあった際には賠償責任が発生するかもしれません。

そう考えると我慢するしかないのかと考える人もいるかもしれませんね。

でも極論を言えば人生なんていつでもそんな不完全な選択の繰り返しではないでしょうか?

皆さんもそれでも裏技的なことをするのか、自己責任の中で自分のベストと思える行動を決めてみて下さいね。

先ずは素直にチェックインの時にフロントで聞いてみて下さいね。

海外旅行の時に加入する海外旅行保険を無料にする方法があります。

バックパッカーで元保険会社社員の私が考える海外旅行の時に持っていると良いクレジットカード最強の3枚を選抜しています。これにより海外旅行保険に自分で加入しなくても病気や怪我での入院費は無料になりますし、他にも特典があり海外旅行者には必須のクレジットカードと言えます。

詳しくは”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”の記事で説明していますので読んで下さい。

海外旅行保険料が無料に出来ますからお得ですよ。

スポンサーリンク

 

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。
オススメの関連記事