*

海外旅行で急増するクレジットカードのスキミング被害の手口と対策とは?海外旅行FPのブログ

2014-07-30 16.33.00 (640x480)

海外旅行で被害が急増しているスキミング犯罪とその対策

最近は海外旅行に行った際に日本人もスキミング犯罪に合うことが多く話題になっています。

今までは主にクレジットカードでスキミング犯罪は行われてきましたが、犯罪者側の使う機材の性能が上がったことによりキャッシュカードにおいてもスキミング犯罪の被害にあう人が急増しています。

トラベラーズチェックが事実上の廃止となったために海外旅行で現地のお金を持って行くためにクレジットカードやキャシュカードの重要性が増しています。

私達もスキミング犯罪の実体を知りその対策を講じていかないと、いつ自分が被害者になるか分りません。

今や海外においてはスキミング犯罪は珍しい犯罪ではないですから、海外旅行に良く行く人や海外赴任・ロングステイなどをされる方は特に注意が必要です。

スポンサーリンク

スキミング犯罪の定義とその手法を知りましょう

スキミング犯罪とは何か?

◎スキミング犯罪とは、クレジットカード・キャッシュカードの磁気記録情報をスキミングカードリーダー呼ばれる装置を用いて情報を不正に取得して、その情報を元にカードを複製することで、キャッシングでお金を引き出したり品物を購入したりする犯罪です。

犯行者はカード自体はそのままに情報だけを盗むので、被害者はお金が引き出されたり買い物をされたりするまで気づかないために発覚は遅くなるのが通例です。

スキミング犯罪が行われる方法は?

ではスキミング犯罪が行われる状況というのはどのような場面なのでしょうか?それは主に4つのケースがあると言われています。

1.キャッシュカードやクレジットカードをロッカー、貴重品ボックスなどに預けた際にコピーをされてしまうケース

2.海外などで買い物をしたり飲食店での支払いの際にお店自体がグルでカード支払いの際にコピーと番号を記録されてしまうケース

3.空巣に入って物は盗まずにカードの情報だけを取り出して後で複製を作られてしまうケース

4.最近のケースとしてATMにスキミングカードリーダーを巧妙に取り付けてありコピーをして情報を抜き取っているケース

最近特に急増しているのは4番のケースになります。これは犯罪で使われる機材が高性能化されて騙されやすくなったからです。

では次はその4番のATMに設置されるスキミングリーダーとはどのようなものかを説明したいと思います。

ATMでスキミング犯罪が行われる手口の詳細とは?

このケースはATMにスキミングカードリーダーを取り付けてそこにカードを通させることでカード情報を盗み出すものです。つまり被害者自身がATMに取り付けられたスキミングカードリーダーに気が付かずに自分でカードを通してしまっているのです。

実際にそんなスキミングカードリーダーに誰もが気が付かないものなのでしょうか?

では実物のスキミングカードリーダーの写真と取り付け方法を見てみましょう。

下の写真にあるキャッシュカードの差込口に似た手に持っているプラスチック製のものがスキミングカードリーダーです。このスキミングカードリーダーをカードの差込口に被せるように取り付けます。

e確かに取り付け前と比べれば形状が異なりはしますよね。ただし初めて来た人や普通のATMの利用者がこの不自然さに気が付く人がいるとは思えませんね。

ATMの利用者が気が付かなければ、スキミングカードリーダーの差込口を通してATMへキャッシュカードを挿入することになり、キャッシュカードの情報を盗まれてしまいます。

eeこっちは隠しカメラになります。

スキミングカードリーダーで情報を盗みキャッシュカードやクレジットカードを複製したとしても暗礁番号は必要になります。

そのために犯罪者は被害者がカードを利用する時にスキミングカードリーダーで情報を盗むと同時に暗証番号を知らないとカードでお金が引き出せません。

隠しカメラは暗礁番号を打ち込むところを盗み撮りするためのもので、写真の矢印の先にカメラのレンズがあり撮影しています。

eeeeeeこれが取り付け後の写真です。どうですか?取り付けられてしまったらこのボックスの裏にレンズがあるとは思わないですよね。

eeeeeee 出典は、テキサス大学のサイトでのATM詐欺からとなります。

http://www.utexas.edu/police/alerts/atm_scam/

スキミングカードリーダーにせよ隠しカメラにせよこのように巧妙に取り付けられているために、普通の人には見つけられないと思います。

カメラの小型化や隠しカメラ以外の暗証番号を盗む装置も登場

そしてスキミング機材が更に改良されてきています。下の写真のものは暗証番号をカメラで撮影するのではなく入力ボタンに重ねておくことで暗証番号を記憶させるという機械です。

どうですか?この薄さ!当然通常の入力も出来ますので、入力キーが2重になっているなんてユーザーは気がつくわけもないですよね。
ccccc 出典 attrip.jp

こっちの写真のものは従来と同じ暗証番号を盗み取りするカメラですが、ここまで小型化されています。赤で囲まれた部分がカメラのレンズです。

ここまで小型でデザインされているとATM本体の突起物と思うのが普通ですよね。

cccc出典gigazine.net

現在のスキミング犯罪はここまで高度なものになり分かりにくくなっています。そしてこれからも更に機材の進歩は進みより巧妙な仕掛けになっていくと思います。特にアジアを中心とした海外では多くのスキミング被害が発生しています。

これは海外でスキミング犯罪の手口を説明している動画です。

では、次はスキミング犯罪の特徴を見ていきましょう。

スキミング犯罪のその特徴とは?

ではそんなスキミング犯罪の特徴を整理してみたいと思います。

1.スキミング犯罪は基本的に短時間で行われていること

スキミングカードリーダーの通すだけなので時間的には一瞬で終わりますし、例え目の前でデーターを盗んでいても分からないことが多いです。

2.簡単な暗証番号や予想暗証番号を設定している人は被害に遭いやすいということ

先ほど書きましたが、スキミング犯罪ではカードの複製だけでなく暗礁番号も必ず必要になります。生年月日などを暗証番号にしてしまう場合は、予想しやすく使われてしまうのです。

逆に言えば、盗んだ情報からコピーカードの作成は出来たものの、暗礁番号が判別出来ずにお金を引き出せなかったというケースも多くあります。

3.カード自体が盗まれていないので、犯罪が行われたことに被害者が気が付くのが難しいこと

スキミング犯罪の最大の特徴は、通常の盗難とは違いカード自体が盗まれてなくならない点にあります。

データという形の無いものが盗まれているだけですから、被害者は身に覚えのない請求により初めてスキミングの被害に気が付くことが多いです。

そのためにスキミング被害の発覚まで非常に時間が掛かるという特色があります。

スキミング犯罪者がATMにカードスキャナーを取り付ける映像

これはATMの防犯カメラで捉えたスキミング犯罪のグループがATMにカードリーダーを取り付ける映像です。取り付け直後にお客さんがATMを使ってしまっています。

 

 スキミング犯罪にあわないための対策とは?

上記のようにスキミング犯罪はかなり巧妙な仕掛けでいつ被害にあってもおかしくないレベルのものだということは理解して貰えたのではないでしょうか?

では実際にスキミング被害にあわないために何をしていけばいいのかを説明しましょう。

●利用するATMの場所を選びましょう

ATMを利用する場所なのですが、下にあげたATMにおいては安全性が高いと言われています。

これはスキミングカードリーダーの取り付けと回収が困難なためにスキミングはおこなわれにくいと考えられるからです。

特に海外でATMを利用される際には、下の様な比較的安全と考えられる場所での使用をオススメします。

1、銀行店舗内のATM:銀行の店内ではガードマンも居ますし防犯カメラもあるために取り付けるのが最も困難な場所になります。そのために安全性は非常に高いです。

2、同じATM機が複数台並んでいる場所:この様な場所では隣のATMと比較されやすいために、形状が異なることが発覚しやすいのでこれも安全性が高いと言えます。

3、利用者が多く混んでいるATM:利用者の多いATMはカードリーダーを取り付ける時間がないために安全性が高いです。ただし夜間などの人が少ない時間帯もありますから過信は禁物でしょう。

●暗証番号を打つ際には手などで隠して録画や見られる可能性を減らしましょう

何度も書きましたがスキミング犯罪には暗礁番号は必須なので、ATMで暗礁番号を入力する際には外から見れないように隠す様にしてください。

手で覆ってしまうことで隠しカメラに映らない可能性が高くなりますし、上の鏡や後ろの人の覗き見などにも気をつけましょう。

●海外旅行でカードを使用した際には帰国して直ぐに暗証番号は変更しましょう

海外は国内よりスキミングの被害率が非常に高いです。海外でスキミングをされた可能性を考えて日本に帰国後は暗証番号は必ず変えるようにしましょう。

コピーがされてい暗証番号が盗まれていても、使われる前に暗証番号が変更されてしまったら犯行は行えません。

また同じ理由から定期的に暗証番号の変更をするようにしましょう。

●海外では海外専用のプリペイド式のカードを活用しましょう

スキミングの犯罪防止にも限界があるかもしれません。被害にあっても問題が無いようにしておくことも大切です。

そのために海外専用のプリペイド式のカードを活用しましょう。

この海外専用のプリペイド式カードは、デビットカードの様なもので専用の口座にお金を入れておけば、海外でATMで現地通貨を引き出せますし、マスター加盟店で買い物も出来てクレジットカードと同じように使えます。

クレジットカードと違うのはデビットカードの様に即時決済なので、口座に入金された日本円の金額までしか使えないということです。

これは入金の手間も掛かりますが、もしスキミングされても入金の残高までしか利用できませんから高額な被害になることはないので安心です。

デメリットは、利用金額をその都度先に振り込む手間が掛かることとカードの発行までに日数が掛かることです。

そのため振り込みに関してはネットバンクを利用するか、少しまとめて入金しておくかすると良いですよ。

カードの発行にはクレジットカードの様な審査はないので誰でも取得可能ですし、年会費は無料ですから早めに申し込んで用意して持っていると良いと思います。

私のおススメの会社は、マスターカードのキャッシュパスポートです。予備カードを含めた2枚のカード届きます。これは海外で紛失した時のことを考えるとかなりの安心感です。

Tポイントが貯まったりもしますし、実際に私が使っているのもこのキャッシュパスポートです。

他には、JTBの「MoneyT Global」もネームバリューがあり安心なので良いと思いますよ。

llllllllllllllllllllllllllllllllllllllll

●キャッシュカードやクレジットカードは常に身に付けておきましょう

カードに関しては基本的にはロッカーや貴重品ボックスに入れるより、大きなものではないので自分で持っていたほうが安心です。

情報だけ盗まれるのでカードがあったとしても安心は出来ませんので。

通帳に不自然な出金や請求がないかを注意しましょう

記憶に無いお金の引き出しがないかを注意してください

スキミング被害は請求があって判明することが多いですから。

暗証番号には誕生日や電話番号などの番号の使用は避けましょう

スキミングされた時に備えて誕生日や携帯の番号などの簡単に予想される暗証番号は避けるようにしましょう。

これは犯人が暗礁番号として必ず入力してみる番号です。

海外旅行で急増するクレジットカードのスキミング被害の手口と対策のまとめ

どうでしたか?現代の犯罪のスキミング犯罪は非常に巧妙に仕組まれいると思いませんでしたか?

ATMに取り付けているスキミングカードリーダー隠しカメラなどはとても素人では分らないような仕掛けになっていますよね。

とは言え、上に書き出した対策を万全にして行動も心掛ければかなりの確率でスキミング被害は未然に防げますし、遭ってしまっても損害額は大きなものにはならないでしょう。

特に海外は日本以上に発生度も高く危険ですので、普段から対策を十分にして被害にあわない様に気を付けて行動しましょう。

せっかくの海外旅行で犯罪に巻き込まれてしまったらそれだけで全てが台無しですから、楽しい海外旅行の思い出になるようにして下さいね。

海外専用プリペイドカード公式サイトはこちらから⇒マスターカードのキャッシュパスポート

海外旅行保険が無料になるお得なクレジットカードを知っていますか?

海外旅行で病院に治療に行くと日本の健康保険は使えずに治療費が高額になることがあります。

(注:日本に戻ってから返金請求の制度はあります)

海外では盲腸の手術が200万円って話を聞いたことがありませんか?

実は海外の大きな病院で手術すれば日本の健康保険が使えませんから200万は普通の金額です。

私もタイで代々木公園で騒ぎになったデング熱で入院しましたが、2週間の入院で治療費は約133万円でした!

治療費が驚くほど高いので、皆さん海外旅行保険に加入してるんです。

でも海外旅行保険の保険料って意外と高いですよね?1週間程度でも3,000円とか5,000円とか、、、、、

これがもし無料に出来るとしたら嬉しいですよね?

その方法とは、海外旅行保険の付いた年会費無料のクレジットカードを持てば良いだけです。

裏技でもなんでもないんですよ、しかも無料で可能ですし。

注意して欲しいのは、クレジットカードの保険内容には違いがかなりありますから内容や利用条件を調べないといけません。

そこで元保険会社社員でバックパッカーの私が1番おススメの無料クレジットカードをコッソリ?教えます。

そのクレジットカードとは、エポスカードです。

そうです、皆さんが普通に知っている丸井の赤いカードです。普通すぎて意外ですか?

エポスカードの海外旅行保険の内容を見てみましょう。

x充実の保険内容ですよね。

特に海外旅行保険で最も大切な治療費の保険金額が病気治療270万円・怪我治療200万円と無料のクレジットカードの中で最高額なのが特徴です。

その他の優れた特徴としては

  • 海外に出た日から自動的に90日間保険が使える自動付帯
  • 提携病院ではお金が必要ないキャッシュレス支払い
  • 学生さんなども加入可能

そして何よりも年会費は無料なんです。

この補償内容が無料なんて素晴らしすぎますよねぇ。

当然ですが、丸井のカードですから買い物等の支払いに使えますしポイントも貯まったりもします。

そんなおススメのクレジットカードはこちらから見て下さい⇒エポスカード

クレジットカードの海外旅行保険をもっと詳しく知りたい方は更に詳しく説明した記事を読んで下さい。

”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”

クレジットカードを複数持った時の注意点やおススメのクレジットカード等も説明していますので、興味のある人は是非!

スポンサーリンク

関連記事

2016-05-29 19.00.16 (640x480)

バンコク旅行では絶対に食べたい辛い美味しいタイ料理ベスト10!

タイ旅行で絶対に食べておきたい辛くて美味しい料理ベスト10! タイ料理は本当に美味しいですよね

記事を読む

2015-03-23 14.11.41 (640x480)

タイのコンビニで売っているカップラーメンのとんこつラーメンがなかなか美味い!=海外移住FP

毎日コンビニシリーズ このシリーズももう14回目です。ブログ自体も半年以上になりましたので、月

記事を読む

2014-10-03 20.29.48 (640x480)

タイを含む海外へ移住をする時のアフィリエイトの意味

投資や経営とアフィリエイトの違いとは? 海外に移住をする人間にとってはアフィリエイトは非常に魅

記事を読む

IMG_9170 (640x480)

朝食に最適、コンビニのサンドイッチ特集=タイ移住情報

タイのコンビニで買えるサンドイッチ特集 今回はコンビ二で買えるシリーズの中でもサンドイッチの特

記事を読む

2015-06-09 11.15.26 (640x480)

写真で解説!タイのバンコクのモノレール・BTSの乗り方と切符の買い方

写真で見るスカイトレイン・BTS(モノレール)の乗り方 バンコクでの移動手段ではスカイトレイン

記事を読む

2014-09-20 19.32.39 (640x480)

あなたはタイ人と何の食事に行きますか?=海外移住FPのブログ

タイ人と食事に行く時に気をつけること 皆さんはタイ人と食事に行くこともあると思います。

記事を読む

3333333

クレジットカードの海外旅行保険でキャッシュレスサービスの使い方:海外移住FP

海外で突然の病気や怪我で病院に行くことになる際の注意事項 海外旅行は楽しいですよね。でも異国の

記事を読む

2015-10-09 11.30.07 (640x480)

海外旅行でパスポートやクレカを無料アプリでスマホに保存!タイ移住FPのブログ

海外旅行では重要情報はスマホに保存していきましょう パスポートを盗まれたっ!忘れたっ!無くした

記事を読む

llllllllllllll

タイでのトラブルを避けるべき理由!タイ人との喧嘩は危険です:海外旅行FP

タイでのトラブルを避けて海外旅行を楽しい思い出にしましょう 海外に旅行で来たり住んでいると誰も

記事を読む

a1180_012676

元保険会社社員が教える海外旅行保険の入り方と補償内容ランキング

元保険会社社員のFPが教える海外旅行保険の入り方 今回は海外旅行保険に入る時のポイントを説明し

記事を読む

2016-07-10 19.37.00 (640x480)
バンコクとシラチャの美味しいラーメン屋!つけ麺城(ジョー)の全メニューと食レポ!

バンコクとシラチャの美味しいラーメン・つけ麺城(ジョー)の全メニュ

2015-01-20 15.30.27 (640x480)
タイ料理レストランでのマナーとチップを覚えてバンコク旅行を楽しもう:海外旅行FP

タイ料理レストランでの食事のルールやマナーを学んでタイ旅行を充実さ

a
海外旅行の盗難で保険金を確実に貰う方法とは?クレジットカードの保険でもOK!

海外旅行中に盗難にあった時の対応方法:海外旅行保険は使えるのか?

2016-04-08 11.49.46 (640x480)
ラン島よりおすすめ?パタヤで美しいビーチで泳ぎたいならナンランムビーチ!海外旅行FP

パタヤで美しい砂浜で泳ぎたいならおススメします。 パタヤってリゾ

2015-11-01 18.50.54 (640x480)
タイのチェンマイ観光ではサンデーマーケットに行こう!海外旅行FPのブログ

タイのチェンマイ旅行ではターペー門前のサンデーマーケットに行こうっ

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑