シンガポール観光レポート

シンガポール・リバークルーズを解説:割引チケットや乗り場等も案内

リバークルーズの乗り場や営業時間・チケット料金・予約方法・割引情報等を徹底解説

シンガポール観光での多くのハイライトの一つに、美しい夜景がありますよね。

マリーナベイサンズやスターフライヤー等の高い場所からの夜景も素晴らしいですが、私が個人的にそれ以上と思っている夜景があります。

ひつじ執事
ひつじ執事
それがこの夜のリバークルーズとなるナイトクルーズです。

マレー半島の伝統的なバムボートに乗って周る約40分のクルーズは、クラークキーからマリーナベイへと進み、マーライオン・マリーナベイサンズ・スターフライヤーと観光名所を見て周ります。

バムボートの屋根のないデッキ席からみる180度の満天の夜景は正に息をのむ美しさです。

ここでならプロポーズの成功率も100%なのではないかと思えてしまいます。

この夜景をみて圧倒されない人はいないでしょう。本当にリバーサファリはシンガポール観光の中でも魅力的ですよ。

今回は、そんなリバークルーズに乗るにあたって、実際に取材して調べてきましたので、ボート乗り場・チケット売り場・チケットの予約や料金・割引クーポンチケットなど多くの人が疑問に思うことを、徹底的に解説していきたいと思います。

この記事を参考にして、多くの人が素晴らしいリバークルーズを体験してください。

Sponsored Links

シンガポールのリバークルーズの詳細

シンガポールのリバークルーズとは、バムボートに乗ってマリーナベイの往復のクルーズを言います。

ひつじ執事
ひつじ執事
マリーナベイにある主要の観光名所を川や海側から見ることで、また違った魅力を感じれることでしょう。

また昼間のリバークルーズと夜のナイトクルーズでは雰囲気が大きく異なり、2回乗ったとしても飽きることなく楽しめることでしょう。

  • リバークルーズ(River Cruise)の詳細情報
  • 乗船時間 09:00~22:30 15分ごとの出発 約40分程度のクルーズ
  • 連絡先:電話番号 +65 6336 6111 Eメール enquiry@rivercruise.com.sg
  • 公式サイト http://www.rivercruise.com.sg/

リバークルーズとチケットの買い方と船の乗り場

チケットの購入方法は、代表的な方法として2種類あります。

直接行って、チケット販売窓口で正規料金で購入する方法とインターネットで割引価格で予約購入する方法です。

ひつじ執事
ひつじ執事
それぞれの方法を下で、詳しく説明したいと思います。

①リバークルーズの正規チケット料金と船の乗り場

 

  • チケット代  大人:25ドル 子供:15ドル

正規の乗船チケット料金は、大人25ドル・子供15ドルとなります。

基本的に予約は必要なく、直接乗船場の前にあるチケット売り場で買えばOKです。

チケット価格は割引にはありませんが、下準備がないので気楽なのは良いですよね。

シンガポールのリバークルーズの乗船所

通常チケットの乗り場は、全8か所からの出船が可能となります。

自分で好きな場所を選ぶことが出来ますが、乗船した場所に戻るシステムになっています。

その乗り場は、下の8か所になります。

正規チケットのリバークルーズの乗船所

  • ベイフロント サウス(BAYFRONT SOUTH)
  • マーライオン パーク(MERLION PARK)
  • フラトン(FULLERTON)
  • ボートキー(BOAT QUAY)
  • レッド ブリッジ(READ BRIDGE)
  • クラークキー(CLARKE QUAY)
  • エスプラネード(ESPLANADE)
  • プロムナード(PROMENADE)

②リバークルーズの割引チケットの買い方と船の乗り場

割引価格でチケットを購入する方法は、楽天グループのインターネット旅行代理店のボヤジン(Voyagin)で、チケットを購入すると割引価格となります。

有効期限は200日間ですから、事前に申し込んでもスケジュールを気にすることなく好きな日に訪問できます。

乗船時間は約40分で、朝9:00〜22:30までの30分ごとに出船しています。

ボヤジンのチケットの注意点は乗船する場所が、クラークキー駅のみとなっている点です。

日本語のサイトで、最新のレートで日本円で購入可能なのでおススメですよ。

ナイトクルーズの割引チケットは価格はこちらから

割引チケットのリバークルーズの乗船所

割引チケットのリバークルーズの乗船所は、通常のチケットの様に8か所から自由に選べるのではなく、クラークキー1か所になり、クラークキーから乗船して、クラークキーに戻ってきます。

ひつじ執事
ひつじ執事
まぁ、最も便利な乗船所でもあるので、クラークキーなら良いかなと思いますよ。

割引チケットのリバークルーズの乗船所

  • クラークキー(CLARKE QUAY)

リバークルーズ割引チケットの入手と乗船チケットへの交換方法

割引チケットを購入した際の、乗船チケットの交換方法と船の乗船方法を説明します。

インターネットでチケットを購入して、Eチケットを受け取り、それを窓口で正規チケットに交換して貰うことになります。

上記でアクセスしたボヤジン(Voyagin)で、チケット購入をすると登録したメールアドレスに、2通の予約確認のメールが送られてきます。

ひつじ執事
ひつじ執事
しかしどちらのメールも、予約確認のメールで、Eチケットではないので、乗船出来ませんので、注意してください。

下の画像は、予約確認メールの1通です。更にもう1通がこのメールです。

ひつじ執事
ひつじ執事
それから正規のEチケットが届くまで、5分から10分ほど待つことになります。

少し待ちはしますが、基本的には5分程度で届きますから、当日に乗船前に購入するのも可能です。

Eチケットは、↓の様なメールになります。Eチケットをスマートフォンに画面表示かプリントアウトして、提示できる準備が出来たら、乗船所にあるチケット販売窓口で提示して乗船チケットに交換しましょう。

チケット交換の場所と船の乗船所

乗船チケットに交換するためには、リバークルーズのチケット販売窓口に行く必要がありますので、クラークキーの乗船所の場所と行き方を説明しましょう。

ひつじ執事
ひつじ執事
チケット販売窓口は、クラークキーの船の乗り場のすぐ横に交換所はありますからね。

最寄り駅は、MRTのNE線のクラークキー(Clarke Quay)駅になります。

駅からは大体徒歩5分なのですが、川を挟んだ対岸になるので少し歩きますね。

下の地図が、クラークキー(Clarke Quay)駅の地図で、赤い矢印が指している赤印のところがチケットの交換所になります。

住所:Clarke Quay, 3 River Valley Road詳しく行き方を見てみると、クラークキー(Clarke Quay)駅のC出口から出ます。

C出口の前にも、ボートのチケット売り場と乗り場がありますが、そこではありません。

下の地図の赤い矢印の様にC出口を出たら、左手に進み最初の橋を渡り、対岸に着いたら右に進んでください。

すると右手の岸沿いにボートの乗り場とチケットの交換所があります。クラークキー駅のC出口を、出ましょう。C出口から地上に出ると、すぐ目の前に川が流れています。

対岸に見えている場所にボート乗り場とチケット交換所があります。

写真でもボートがあるのが分かりますか? 手前にあるこのボート乗り場ではありませんので、間違えないでくださいね。 MRTのクラークキーの駅の上にはこのモールが建っています。 C出口を出たら、左手に進んで最初の橋を渡ってください。

下の写真は、橋に向かって歩いています。 橋を渡ったら、川に沿って右手に進んでください。

下の写真は、橋を渡っています。 すると賑やかなレストランやバーのある場所に出ます。

そのスペースの川岸に、チケット交換所とボート乗り場があります。 これがチケットの交換所となります。

ここでEチケットを見せれば、正規の乗船券が渡されます。

クルーズ船に乗車しよう!

ひつじ執事
ひつじ執事
チケットを交換したら、そのすぐ横の岸にある桟橋から船に乗ります。

バムボートが停船していますね。

少し揺れるので足元に気を付けよう。

ひつじ執事
ひつじ執事
船の中央が屋根のある客席になりますが、そこはスルーして後部のデッキへ進みましょう。

写真だと暗くて分かりにくいですが、夜景を見るためなので、このデッキが特等席ですよ。

ひつじ執事
ひつじ執事
このデッキ席なら、美しい夜景が180度広がりますよ。

しかし、、、、下の写真は偶然2人が抱き合っているように見えますよね(笑)

リバークルーズへ出発!!

ひつじ執事
ひつじ執事
さぁ、いよいよ魅惑のナイトクルーズへ出発です!

高層ビルが立ち並ぶコンクリートジャングルのなかを、シンガポール伝統のバムボートが進んで行くのはなんか不思議な感じです。 しかしこの高層ビルが凄いですねぇー。

新宿の高層ビルの地域みたいですね。

ひつじ執事
ひつじ執事
大都会の川なので多くの橋を潜っていくことになります。

その橋のスタイルも様々で楽しませてくれます。 ここから海に入っていきます。

遠くにマーライオンが見えていますね。 この夜景の壮大さは、残念ながら写真では伝わりませんぇ。

ひつじ執事
ひつじ執事
ライトアップされたマリーナベイサンズが見えてきました。

色合いも変わって本当に美しいです。 レーザーショーの写真ですが、レーザーは良く写らないみたいですね。 停船してレーザーショーを見せてくれます。 レーザーショーを背景に浮かび上がるマーライオンです。

なんか神がかって見えますね。神秘的な夜景とレーザーショーに夢中になって時間を忘れてしまいます。

悲しいことに終わりは必ずやってきます。

ひつじ執事
ひつじ執事
ショーが終わってもこの素晴らしい夜景です。

これだけでも見る価値ありです。 スターフライヤー(観覧車)も見えますよ。 綺麗な建物が多すぎて何なのかさえ分かりませんね。 夜にライトに照らされるマーライオンです。

ビルの合間に佇む姿が、ちょっとシュールですね。 そしてまた川を上っていきます。 スタート地点に戻ってきました。

ひつじ執事
ひつじ執事
ここで終了となります、お疲れさまでした。

リバークルーズを動画で見てみよう

リバークルーズを動画で撮影してユーチューブにアップしている人も多くいます。

ひつじ執事
ひつじ執事
先ずは昼間にリバークルーズに乗った映像になります。

都会の街並みの中を進むのが痛快だったりしますね。

そして次はナイトクルーズになります。

ひつじ執事
ひつじ執事
大都会のキラキラしたビルの合間から湾に出てからの光のショーなど本当に幻想的で綺麗ですよ。

これを見たら誰でも行きたくなると思いますよ。

素晴らしい情景なので、更にもう1つ見てみましょう。

海外旅行に関して注目の記事を3つご紹介

海外旅行に行く時に、知っていて損はない内容を書いた記事を選びました。

ひつじ執事
ひつじ執事
役に立つと思いますので、読んでみて下さいね。

イミグレの自動化ゲートの利用方法と注意点

pイミグレを通る際に時間帯に寄っては順番待ちが長いときもあります。

その対策として自動化ゲートが導入されましたが、デメリットもあるので注意が必要です。

下の記事で詳しくメリット・デメリットを説明しています。

海外旅行のイミグレ出入国は自動化ゲートが便利!利用方法と注意点

海外旅行に最適なクレジットカード・ベスト5

2015-11-02 17.44.49 (640x480)年会費が無料でも海外旅行保険が充実したクレジットカードもありますよ。

元保険会社社員の私が保険内容を吟味して厳選したクレジットカードベスト5を下の記事で紹介しています。

クレジットカードに加入して海外旅行保険料を節約してシンガポールでプチ贅沢をしましょう。

海外旅行に持って行くべき無料クレカのランキング・ベスト5!保険も充実なクレジットカード

飛行機で寝るための3つのポイントとは?

a0070_000191海外旅行に行くときの飛行機の中では出来るだけ体力を温存しておきたいものです。

飛行機の中で快適に寝るための準備を万全にして出発しましょう。

海外旅行の飛行機で気持ち良く寝るための3つのポイントとは?

シンガポールのリバークルーズを完全ガイドのまとめ

どうですか?リバークルーズはその満足度から考えると大変リーズナブルな体験だと思いますよ。

特にナイトクルーズでは、満開に広がる夜景に女性ならずとも、心を奪われて無言でただ眺めてしまうでしょう。

ひつじ執事
ひつじ執事
もぅ!ただただ美しい幻想の世界の様ですよ。

クルーズ船に乗って夜景を楽しむなんて本当に贅沢なことですから、日本に戻っての自慢話も出来るでしょう。

シンガポール旅行の中でも、ぜひ皆さんに経験してもらいたいことの1つなので、おススメですよ。

リバークルーズの割引チケット購入は↓の公式サイトから。

ナイトクルーズの割引チケットの価格はこちらから

海外旅行の時に加入する海外旅行保険を無料にする方法があります。

私は世界60ヶ国以上行ったことのあるバックパッカーで、ファイナンシャルプランナーとして保険会社で働いていました。そのため海外旅行と保険を合わせた実経験は誰にも負けないのではないかと思います。

そんな私が使っている海外旅行に持って行くと得をするクレジットカード最強の3枚の組み合わせがあります。

このカードを持つことで海外旅行保険には自分で加入しなくても病気や怪我での入院費は無料になりますし、荷物を無料で自宅に宅配できたり、盗難にあった時の緊急時にも海外でクレジットカードが再発行できるなど多くの特典を受けることが出来ます。

正に海外旅行には必須のクレジットカードと言えるのではないでしょうか?

詳しくは”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”の記事で説明していますので読んで下さい。

海外旅行の保険料が無料になるだけでもお得ですからオススメですよ。

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。
オススメの関連記事