レストラン・バンコク・タイ

バンコクで美味しいつけ麺ならフジヤマ55(FUJIYAMA GOGO)が一推し!全メニューの紹介と実食レポート

タイ・バンコクでつけ麺の最も美味しいお店は、フジヤマ55

日本で一躍ブームとなったつけ麺を、タイに定着させた名古屋の名店がフジヤマ55です。

東京で流行っていたつけ麺を名古屋に持ち込み、瞬く間に人気店となった実績を引っ提げてのバンコク進出でした。

ひつじ執事
ひつじ執事
私も東京で食べていたつけ麺の味がバンコクで食べれると大喜びしたものです。

しかし初めて訪問した日には期待が大きい分緊張しましたねぇー。だってタイで食べる和食は日本と同じレベルの味とは限りませんからね。

つけ麺は当時の日本のラーメンのニューウェーブの味で、普通のラーメン屋のメニューに並ぶような品じゃなかったですから。

ですから、フジヤマ55でこれぞつけ麺という味をバンコクで食べられた時には感動に近いものがありました。

今回はそんなつけ麺の名店フジヤマ55を訪問しての実食レポートとメニューの紹介です。

Sponsored Links

今回ご紹介するお店:つけ麺 フジヤマ55(FUJIYAMA GOGO)

名古屋の有名つけ麺店のフジヤマ55は、バンコクでもつけ麺を定着化させた立役者です。

残念ながら私は日本ではフジヤマ55を食べたことはないので比べられませんが、六厘舎が始めたとも言われる超濃厚スープのスタイルのレベルと比べても同レベルにある非常に美味しいつけ麺だと思いますね。

ひつじ執事
ひつじ執事
まぁ海外でこの味が食べれるのなら文句ないでしょう。
  • お店の名前:FUJIYAMA GO★GO
  • お店の電話番号: 02-187-4135
  • クレジットカードの利用不可:可(VISA&MASTER)
  • お店のサイト:http://fujiyama55.co.jp/
  • お店の営業時間: 11:00〜24:00 (ラストオーダー23:00)
  • ただし日曜日のみ 11:00~23:00(ラストオーダー22:00)
ひつじ執事
ひつじ執事
現在はタイ国内で7店舗の支店を展開しています。

支店名:FUJIYAMA55 SOI39

  • 住所: 28, 28/1 Sukhumvit 39 Rd., Klongton-Nua, Wattana,Bangkok 10110 Thailand

支店名:CENTRAL PLAZA WESTGATE Branch

  • 住所:Central Plaza Westgate,266/1 2F 199, 199/1, 199/2 Moo 6, Saothonghin,Bangyai, Nontaburi 11140

支店名:CENTRAL PLAZA PINKLAO Branch

  • 住所:7/1 Borom Rachachonnanee Rd,.Arun Amarin, Bangkok Noi, Bangkok 10700,

支店名:CENTRAL PLAZA SALAYA Branch

  • 住所:Central Salaya, 99/21 Moo 2, Bang Toey,Amphur Sampran, Nakorn Pathom 73210

支店名:KHONKEANCITY Branch

  • 住所:Amphoe Muang Khon Kaen, Khon Kaen, Thailand 40000

支店名:PROMENADA Resort Mall Chiang Mai Branch

  • 住所:R1-003 1st Floor 193 Moo2 T.Tasala A.Muang,Chiang Mai Thailand 50000

支店名:ASIATIQUE Branch

  • 住所:2194 Charoenkrung Road | Wat Phaya Krai, Bang Kho Laem, Bangkok

つけ麺フジヤマ55・スクンビット・ソイ39店の行き方

今回紹介するのは、スクンビット・ソイ39のあるタイ進出第一号店です。

最寄り駅は、BTSのプロンポンになります。

ひつじ執事
ひつじ執事
しかし2018年に同じスクンビット・ソイ39の少し奥に入ったところに移動しましたので、気を付けて下さい。

プロンポンBTSの改札から降りて、歩いて15分といったところです。

暑い日だと歩くのが少し辛い距離なので、乗り合いのスバルかバイクタクシーに乗ってもいいでしょう。

地図でのお店の場所:⇓

つけ麺 フジヤマ55の店舗紹介

フジヤマ55のスクンビット・ソイ39店はBIOハウスというビルの1階の中にあります。

ひつじ執事
ひつじ執事
スバルやバイタクの人がフジヤマ55で分からない時には、ビィオハウと言えば必ず分かります。

それほど大きな店舗ではないのですが、ラーメン屋とは思えない存在感のある外観ですね。インテリアに関しては嫌味な日本演出がなく日本酒に拘ったバーのような高級感のあるインテリアです。

タイでは価格的には安くないですからね、この内装こそが相応しいと思いますね。 この電熱プレートがフジヤマ55の証ですね。因みにキャッシャーでお会計する日本のラーメン屋のスタイルです。

つけ麺 フジヤマ55のメニュー紹介

ひつじ執事
ひつじ執事
それではフジヤマ55の全メニューの紹介です。

どうしてもつけ麺が食べたくて来ることが多いので、余り他のメニューを気にしてなかったのですが、意外と種類が多いんですよね。

つけ麺 フジヤマ55の実食レポート

ひつじ執事
ひつじ執事
それではお待ちかねの実食レポートです。

先ずはテーブルを見ると電熱プレートがはめ込まれています。

リゾットを作るフジヤマ55の特徴ですね。 出汁がテーブルにポットで置いてあります。 日本と変わらない調味料です。 つけ麺の食べ方とリゾットの作り方の説明になります。

濃厚つけ麺 普通盛り&大盛り

そしていつもの目当ての濃厚つけ麺を注文しました!

これがもう、文句なしに美味しいんです!

ひつじ執事
ひつじ執事
この濃厚な味付けが、やはりつけ麺ですよね。初めて食べる人に寄っては味が濃すぎと思うでしょうね。

他のお店でもそうなんですが、つけ麺では麺を付ける量で調整する感じですね。 ドロドロです。そこがタマラナイ!ネギとチャーシューそして角切りのメンマがごろごろと入っています。 この濃い味わいこそがつけ麺ですね。 そしてつけ麺と言えばうどんの様な太い麺が特徴ですよね。 フジヤマ55の太い麺は、硬いのではなく腰が強いのが特徴で、オープン当時このタイプの麺が食べれるのもここだけでした。 いやぁ、この麺をバンコクで実現してくれたことに感謝します。 こちらは大盛りの麺です。

私の感覚だと他のお店よりも食べ応えがある気がします。そしてもう一つの楽しみが、つけ汁を使ったリゾットです。

これこそが最高に美味しんです。

ひつじ執事
ひつじ執事
このリゾットを食べるためにつけ麺を注文したと言って良いと思います。

カップヌードルを食べた後のスープにご飯を入れて食べる、あれのノリです。 先ずはつけ汁を電熱プレートで温めます。 熱くなったところで、ご飯・卵・チューズを投入します。 少し待ったら完成です。 小皿にとって食べましょう。

これこそ、もう最高ですっ!

ぜひ食べてみて下さい!

麺を普通盛りにして、このリゾットを食べる方がおススメです。

魚介つけ麺 大盛り

これは魚介つけ麺です。

ひつじ執事
ひつじ執事
通常のつけ麺と同じジャンルの味ですが、麺にライムを絞って食べるのが大きな特徴です。

これも非常に美味しいのですが、私はライムはあまり合わない気がして、普通の濃厚つけ麺の方が好みですね。

五郎ラーメン

つけ麺以外で興味があって食べてみたのが、次郎のインスパイヤ系ラーメン五郎です。

ひつじ執事
ひつじ執事
日本では次郎も好きで食べに行ったラーメン屋で、あの量で有名ですが、味も最高に美味しいですからね。

そんな理由からフジヤマ55が作る次郎ラーメンはどんなだったかというと、ジャーーーーン! 確かにドドーーーンと大きいですなぁ。 チャーシューも分厚いのが2枚です。 でもスープは少しインパクトに欠けるような気がします。 この蒸したバラ肉の感じは近いですね。 聳え立つキャベツともやしです。 これでもかとのっているニンニク! そして極太麺!かなり再現性は高いです。でも全てにおいて本当の次郎ラーメンの90点というか、最後のインパクトが足りないんですよね。

ひつじ執事
ひつじ執事
あの圧倒的な存在感がないんですよねぇー。

次郎だと最初は具が多く乗り過ぎていて麺を食べることが出来ないですからね。野菜をかけ分けて、麺を掘り出すみたいな作業が必要です。

でも次郎は暖簾分けが難しいラーメン屋なんで、バンコクに弟子がお店を出す可能性は低いですから、そう考えると十分に美味しいかなとも思います。

いや、比較したからこそで、実際は非常に美味しくまた食べに行きたいと思うレベルです。

豚骨らーめん

豚骨らーめんです。

ひつじ執事
ひつじ執事
ハッキリ言うと、美味しいんですが、正直、これって豚骨らーめんなのかなと思いました。

豚骨ベースの醤油ラーメンの様な味で、魚粉の風味もあるんですよねぇ。

美味しいんですけど、本格的な豚骨ラーメンを食べる気分の所に、このラーメンだと肩透かしになるんですよねぇ。

フジヤマ55を紹介している動画

ひつじ執事
ひつじ執事
フジヤマ55は人気店なのでタイでもメディアに紹介されています。

下の動画はオーナーがインタビューされているものですね。

こちらはタイ人が個人的にフジヤマ55の動画を撮ってアップしたものです。

こういった動画からもタイ人に人気が出ているのが分かりますね。

他にもあるバンコクの美味しいラーメン屋

今やバンコクはラーメン戦国時代になってきました。

日本でご土地ラーメンがベースでフランチャイズ展開している有名店が次々に進出しています。

更に家系や大勝軒のように弟子がのれん分けされた店舗も食べれるようになりました。

その中でも私が好きなラーメン屋さん3店です。

つけ麺城(ジョー)

2016-07-10 19.37.00 (640x480)地方からバンコクに進出してきたつけ麺城(ジョー)は、つけ麺の美味しさではフジヤマ55と五分の評価です。

フジヤマ55よりもパンチが効いているつけ汁は病みつきになりますよ。

フジヤマ55はリゾットも美味いので五分ですが、純粋につけ麺だけな私は麺城(ジョー)の方が好きかも!?

バンコクとシラチャの美味しいラーメン屋!つけ麺城(ジョー)

なんつッ亭

日本では秦野のお店に食べに行っていた懐かしのラーメンです。

私は懐かしさもあるので評価が高いし、食べたくなりますが、少し値段は高いかなぁとは思いますね。

タイのバンコクで食べれるご当地らーめんのなんつっ亭

横浜家系らーめん内田家

2016-11-05-20-04-49-640x480これも地元の味の家系ラーメンです。この味がバンコクで食べれるなんて感激です。

しかも数ある家系ラーメンのお店の中でも、この内田家は美味しい方のお店だと思いますよ。

バンコクでも食べれる横浜家系らーめん内田家のレベルが高くて感動するよ!

バンコクで美味しいつけ麺はフジヤマ55(FUJIYAMA GOGO)が一推しのまとめ

私がバンコク食べれるつけ麺の美味しい店は、4店あり、今回紹介のフジヤマ55・シラチャから進出のつけ麺城・新メニューでつけ麺を追加したなんつっ亭・そして日本の人気店キコロクでした。

ひつじ執事
ひつじ執事
嬉しいことに、フジヤマ55つけ麺は本当に美味しいですからね。

ただし残念なことにキコロクはすでに撤退してしまいました。私も記事にしようと下書きがあったのに撤退されてしまい、お箱入りとなったお店です。

日本で有名なベジポタのキコロクが人気がないのには、ちょっと驚きました。それ程今のバンコクのラーメンのレベルが上がっているということなんですよね。

キコロクの野菜スープ系のつけ麺は食べれなくなり悲しいですが、フジヤマ55が繁盛してくれて、美味しいつけ麺がいつまでも食べれることを願いますね。

もうフジヤマ55はタイに定着してきた感もあるので大丈夫だと思います。

フジヤマ55のレベルのつけ麺がバンコクで食べれることに感謝します!

海外旅行の時に加入する海外旅行保険を無料にする方法があります。

私は世界60ヶ国以上行ったことのあるバックパッカーで、ファイナンシャルプランナーとして保険会社で働いていました。そのため海外旅行と保険を合わせた実経験は誰にも負けないのではないかと思います。

そんな私が使っている海外旅行に持って行くと得をするクレジットカード最強の3枚の組み合わせがあります。

このカードを持つことで海外旅行保険には自分で加入しなくても病気や怪我での入院費は無料になりますし、荷物を無料で自宅に宅配できたり、盗難にあった時の緊急時にも海外でクレジットカードが再発行できるなど多くの特典を受けることが出来ます。

正に海外旅行には必須のクレジットカードと言えるのではないでしょうか?

詳しくは”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”の記事で説明していますので読んで下さい。

海外旅行の保険料が無料になるだけでもお得ですからオススメですよ。

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。
オススメの関連記事