FPのコラムとニュース

2019年版タイで購入できるお勧めスクーター(バイク)を特集:ホンダ・ヤマハ・スズキの車種のサイズ・値段・性能を検証!

タイやバンコクで買えるおススメのスクーターを特集

タイに住むようになったり、ロングステイをすると普段の足としてスクーターが欲しくなりますよね。

タイでは暑いこともあって、日本の様に歩いて出掛けるということが重視されていない為に、歩道は余りありませんし、あっても穴だらけで歩きにくかったりもします。

ひつじ執事
ひつじ執事
それに渋滞も酷いですから、車での移動も意外と時間が掛かったりします。

そんなタイですから、普段の足としてお手軽なスクーターが便利でいいなぁと思う人も多くいます。

実際、コンビニへの買い物へ気軽に乗れて、渋滞を気にせずに移動できるんですから当然です。

今回は、タイで買えるスクーターの中でもおススメできる主な車種を特集してみました。

Sponsored Links

私がおススメする日本メーカーのスクーターとは?

今回は、日常生活の足のスクーター特集ということで、全てではないですが、代表的なものを取り上げました。

ひつじ執事
ひつじ執事
日本のメーカーとしては、ホンダ・ヤマハ・スズキになります。

カワサキも人気のあるメーカーですが、今のタイではギア付きのバイクしか販売していません。

日本以外のメーカーでスクーターを売っているのは、スクーター界のオシャレ番長ベスパもあります。

新車で7・8万バーツぐらいからあるので、現実的な価格ですが、そこはやはりイタリア車、ある程度バイクに慣れている人でないと厳しいかなと思って外しました。

それにタイでは、ベスパのオールドモデルに乗っている人も意外と見かけます。

これが、カッコいいんですよねぇ、私も欲しいですよねぇ。でも実用性を求めたモデルではなく、趣味バイクのジャンルですね。

下の動画はヴィンテージベスパを特集したものです。

後は台湾のメーカーSYMのビッグスクーターも見かけますが、まだ信頼性と耐久性で不安があるので選ばないのが無難でしょうね。

ひつじ執事
ひつじ執事
下の動画は、タイでも売られている1台のGTS 300iです。

デザインや性能は問題ないのですが、最も不安視されるのは経年劣化による耐久性です。しかしデザイン的には十分カッコいいですよね。

では、誰もが気軽に乗れる日本メーカーのスクーターの、簡単な説明とタイでの価格、そして動画を載せて紹介していきたいと思います。

動画に関しては、日本でも販売するスクーターもあるのですが、せっかくですから日本のCMではなく、タイのCMや紹介動画の方を載せてあります。

ひつじ執事
ひつじ執事
さぁ、あなたが欲しくなるバイクはあるでしょうか?

X-ADV

メーカー:ホンダ  タイの価格:420,000B

先ず紹介の1台目は、タイでも発売されたオフロードスクーター・X-ADVです。

日本でもそのコンセプトと性能の高さから話題の1台ですが、この値段の高さはなかなか簡単に買えるものではないですよね。ギア付きバイクに疲れたビックバイク乗りが、買う感じでしょうね。

スクーターとしてギア変更が必要ないというよりも、アフリカツインに搭載して評判の良かった DCTなのでスクーターのデザインにしてみたという感じです。

ひつじ執事
ひつじ執事
正に羊の皮を被ったオオカミです。

間違いなくタイでも特別な人向けのスクーターの王者です。お金と腕のある人向けのスペシャルなモデルですね。

X-MAX 300

メーカー:ヤマハ  タイの価格:168,600B~

ヤマハのMAXシリーズの第3弾のX-MAXです。デザインも現在の都会的でエレガントなモノでカッコいいですね。

運動性能もTMAX譲りのスクーターを超えたものを持っています。

ひつじ執事
ひつじ執事
ただ車両価格も168,600Bしますし、バンコクの渋滞ですり抜けするには、大きすぎますよね。

便利さを求めて買うというよりも、バイクが好きな人だけが買えるスクーターでしょうね。

FORZA 300

メーカー:ホンダ  タイの価格:169,000B〜

フォルツァもフルモデルチェンジをして現代風のデザインになりました。タイでは日本ほど大型スクーターがまだ多くはありませんから、目立つことは間違いないです。

ツーリングとか楽そうですし値段的にも250CCのギア付きバイクと同程度ですから、これはこれでありですね。

ひつじ執事
ひつじ執事
ただしその存在感やデザイン的にはかなりカッコいいですが、このサイズは普段の足としてスクーターが便利だから買うというよりも、ギア付きバイクの様に趣味の世界ですね。

ちょっと街乗りには大きすぎるので、長距離を乗る人やビッグスクーターに特に乗りたいということがなければおススメはしません。

あるいはバンコクや都市部でなくて田舎で乗る人には良いですね。

Burgman 200

メーカー:スズキ タイの価格:139,600B〜

スズキのバーグマンも正規販売しています。

サイズ的にはフォルツァより1まわり小さく、街乗りのすり抜けを考えた時には、これがギリギリのサイズで、排気量も200ccありますから街乗り最強かもしれません。

ひつじ執事
ひつじ執事
デザインもヨーロッパ調の都会的でオシャレな感じで良いですよね。ただタイではほとんど見ないんですよねぇ。

私も走っているのを見たのは、まだ1回だけですね。これってやっぱりスズキだからプロモーションが弱いのか、販売網が弱いのか、、、、

タイでは小型バイクはホンダとヤマハが強いですからね。

N-MAX 155

メーカー:ヤマハ タイの価格:81,000B~

日本人が買うのに、おススメなスクーター第1弾は、このNMAXです。

ひつじ執事
ひつじ執事
155㏄あるエンジンは、トルクフルで乗りやすく、街乗りに最適です。

2人乗りも窮屈でないサイズですが、大きすぎてすり抜けに邪魔な大きさでもなく、ベストといえます。デザインの完成度も高く都会的でスタイリッシュですよね。

従順に速さで言えば、ライバルPCXより早いと思います。

問題点は、デザインの完成度が高すぎて弄る楽しさがないことですね(笑)

PCX 150

メーカー:ホンダ タイの価格:82,300B~

日本でも販売されて好評の中型スクーター ・PCXは、おススメのスクーターです。

兎に角タイで乗るにはサイズがバッチリです。2人乗りが楽にできる大きさでありながら、街乗りですり抜けも軽くこなすことも可能な絶妙な大きさです。

ひつじ執事
ひつじ執事
特にミラーを小さなものに変えるだけで、すり抜けが抜群にし易くなりますよ。

不思議なのはウェイトローラーやプーリーのセッティングが高回転も降られていて80キロ以上が元気に吹け上がります。

でも80キロ以上で走る人ってそんなに多くないと思うんですけどね。

ミドルクラススクーターの人気に火を付けたPCXは、フルモデルチェンジでまた大きな挑戦をしています。

ひつじ執事
ひつじ執事
それが99,900バーツでの、ハイブリッドモデルの正規発売です。

燃費の差と車両価格の差を考慮すると経済性には疑問がありますが、新しい地代への試みに敬意を表したいですね。

TRICITY 155

メーカー:ヤマハ タイの価格:Standard 89,000B〜

日本でも売られている3輪車トリシティーです。3輪車というと、誰もが前が1輪で後輪が2輪を連想しますが、前輪が2輪には驚かされました。

私の勘違いでトリシティーは単独でも立てると説明していましたが、トリシティーは後輪が2輪のトライクとは異なり自立は出来ません。

ひつじ執事
ひつじ執事
しかし前輪が滑ると即転倒のバイクとは異なり安定感は抜群の様です。

不思議なもので前輪2輪も見慣れてくると段々カッコよく見えてくるものですしね。バイクに不慣れな人には転びにくいということは魅力的でしょう。

AEROX 155

メーカー:ヤマハ タイの価格:64,400B

ヤマハは個性的なスクーターを多くラインナップさせています。このAEROX 155は、スクーターとしての利便性や快適性よりもスポーツ性能を重視して開発されたモデルです。

ひつじ執事
ひつじ執事
軽量なうえに迫力あるデザインと堅実な足回りが組まれています。

特にフロントのデザインは他にはない迫力がありますよね。

タイの若い男の子と街道レーサーよろしく、買い物ついでにカッ飛ぶのに最適なモデルです。でも、、、、、、いないかな、そんな日本人は、、、、

LEXi VVA

メーカー:ヤマハ タイの価格:59,700B〜

2018年に発売されたヤマハの新型スクーターですね。落ち着いたデザインに大型の車体で大人が乗れるスクーターです。

ひつじ執事
ひつじ執事
しかも価格が59,700B〜とPCXやN-MAXと比べると安いです。

でも、このデザインはPCXに似すぎではないでしょうかねぇ、、、、

あっ、でも!ユーザーから見るとありがたい話ですよね、良いデザインで車体が大きくリーズナブルなんですから、大変おススメです。

ZOOMER-X

メーカー:ホンダ タイの価格:55,700B〜

ホンダが提案するモトコンポ系のデザインのスクーターです。この割り切ったデザインセンスは凄い!

ひつじ執事
ひつじ執事
メットインボックスなんてサイドが開いてますからね、大胆な手法ですよね。

ストリート系カジュアルファッションを来た人に似合う感じです。

このスクーターを弄っている人も多くいて、スイングアームからホイール・タイヤとアッセンブリ―で交換して車のように太いタイヤを履かせている人もたまに見ます。

自分の好みに改造したい人には良いベース車です。雑誌のモトチャンプのノリですね。

Q-BOX

メーカー:ヤマハ タイの価格:54,500B~

ヤマハの新作スクーターQ-BOXです。日本ではまだ?販売していない都会派の先進的デザインのスクーターです。

ひつじ執事
ひつじ執事
性能がどうこうというよりも、このデザインが売りのモデルですね。

タイの若い子が、ぞっこんになってヒットモデルとなりました。

これがQ-BOXのCMで、やっぱりオシャレ感が抜群です!

QBOXの紹介動画です。

FINO

メーカー:ヤマハ タイの価格:46,000 B~

ガンダムの様なデザインしかなかったタイのスクーター業界にレトロ調のデザインのスクーターを投入して大人気となりました。

ひつじ執事
ひつじ執事
今やこのレトロ調のデザインがタイ・スク―ターのメイン商品となっています。

このデザインだと若い人でなくても恥ずかしいことはないですね。

ヤマハらしくデザインは優秀ですが、ハンドリングは少し軽いので好みが出そうです。

SCOOPYⅰ

メーカー:ホンダ タイの価格:48,500B〜

ヤマハのフィーノの爆発的な人気を見たホンダが、同じコンセプトで作り上げて投入したモデルです。

ひつじ執事
ひつじ執事
皮肉なことにフィーノのコピーでなのに、後出しのこともあり性能・人気共にフィーノを上回ってしまいました。

直進安定性が高く安心して乗れて、積極的に体重移動して曲がっていけます。性能的にも高く安心して乗れます。

Grand Filano

メーカー:ヤマハ タイの価格:57,500B~

ヤマハが送り込んだレトロ調デザインの第2弾スクーターです。これは少し大きめのサイズで、乗っていて余裕があるのでおススメです。

ひつじ執事
ひつじ執事
ホンダがフィーノのデザインとコンセプトをパクったので、ヤマハもお返しにベスパのデザインをパクってやった!そんな感じのデザインです。

まぁパクリな点は残念ではあるのですが、車体も大柄で安定感もありますし、デザイン的にも落ち着いているのでどんな年代の人でも違和感なく合うのでおススメのスクーターです。

CLICK 125&150

メーカー:ホンダ タイの価格:44,700 B~

ホンダのガンダムタイプのデザインのスクーターです。ヤマハがフィーノを発売して人気になるまでは、この手のデザインがどのメーカーでも主流でした。

ひつじ執事
ひつじ執事
若い子が速さを自慢するようにして乗るスクーターです

昔で言うところのDJ-1RRみたいなノリの。

確かにカッコいいですが、若い子でないと似合いません。

GT125

メーカー:ヤマハ タイの価格:46,100B~

ヤマハのガンダムタイプのスクーターです。もうまるでZガンダムのようでゴテゴテシテいて変形してしまいそうです。

ひつじ執事
ひつじ執事
でも若い人はこういうバイクをカッコいいって思うのが、正常じゃないかと思うんですけどね。

フロントのデザインはYZF-R25と似ていてガンダムタイプとしては新しい試みもされていてカッコいいと思います。

でも30代以降は辛いかなぁ、、、、、

Let’s

メーカー:スズキ タイの価格:42,900B

スズキのレッツですが、人気がないですね。街でも殆ど見かけることがないです。

スズキのバイクは販売網が弱いこともあるのですが、癖のあるデザインが固定ファンを作るに至ってないようです。

ひつじ執事
ひつじ執事
タイにはスズ菌は生息できないのでしょうか?

TTX (販売中止)

メーカー:ヤマハ タイの価格:46,500B〜

日本でも売っているBW’Sと同じコンセプトのオフロードを走れるスクーターのヤマハ版でした。しかし残念ながら現在は販売中止となってしまいました。

ひつじ執事
ひつじ執事
タイは未舗装の道路も多くありますから、コンセプト的にはバッチリだと思うんですけどね。

ただBW’Sの様に徹底して造られていなく中途半端な感じだったのは事実で、未舗装道路を想定して、タイヤも BW’Sと同じファットタイヤにすればいいのにって思いはしました。

もう少し徹底して造りこまれていれば、楽しいスクーターになり結果も違いそうですが、、、、

タイに関するその他のおススメ記事3選

タイのバイクや車に関する話の記事を、3つほどピックアップしてみました。

ひつじ執事
ひつじ執事
良ければ併せて読んでみて下さい。

タイの中型ギア付きバイクの紹介

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa-640x428タイで買えるおススメのギア付きの中型までのバイクを説明してみました。

スクーター以外の選択を考えている人は読んで下さい。

日本では買えないタイの中型バイクの紹介:CBR300RR・NINJA・Z・ベネリTNT300タイ製のバイクもっ!

タイの交通ルールの説明

2014-12-25 17.30.06 (640x480)タイと日本では交通ルールが違いタイ独自の交通ルールがありますので、気を付けないといけません。

下の記事を読んで学んでから運転するようにして下さいね。

タイで車やバイクの運転で注意すること!日本の交通ルールとの違いを説明

タイの日本車特集

lllllタイで買えるおススメの自動車を説明した記事になります。

下の記事を読んでみて下さい。

タイでの自動車事情と安く買えるおススメの日本車紹介

タイで買えるおススメのスクーター特集まとめ

タイで買えるスクーターは、今がバイクの全盛期という事もあり種類も豊富ですね。

趣味として乗るのであれば、ヤマハのX-MAXやホンダのフォルツァは目立ちますし存在感があっておススメですね。

ツーリングも余裕でこなせますから、アウトドアに使うのも良いかもしれません。ただし大きいので、コンビニへのチョイノリは重いし停める場所に苦労するので、実用性は落ちますね。

そしてフィーノ・スクーピー以下のスクーターだと少し小さいので、取り回しは楽でいいのですが、道路が荒れているタイでは車重の軽さからくる安定性のなさがちょっと怖いです。

ひつじ執事
ひつじ執事
では、私がおススメするスクーターをタイプ別にお伝えしましょう!

実用性と安定感そして2人乗りのしやすさを考えると、私が最もおススメするのは、NMAXPCXですね。

この2台であれば、どんなシチュエーションでも不満が出ることはないでしょう。

他の人と違うスクーターが良くて、もう少し大きくて良いのなら、バーグマンが良いでしょうし、逆にもう少し小さいのが良ければ、LEXi VVAGrand Filanoですね。

趣味として弄り倒したいときには、ズーマーXが良いでしょう。兎に角パーツが豊富に出ていて、カスタムには最適です。

本当にバイクを弄るのが好きで、拘りがありオシャレな人ならオールド・ベスパが良いですね。ただしベスパを弄れる専門店ショップを、探さないといけませんが。

どうでしたか?皆さんの気に入ったスクーターは見つかりましたか?

皆さんもお気に入りのスクーターを手に入れて、快適なタイでの生活をおくってくださいね。

海外旅行保険が無料になるお得なクレジットカードを知っていますか?

海外旅行で病院に治療に行くと日本の健康保険は使えずに治療費が高額になることがあります。

(注:日本に戻ってから返金請求の制度はあります)

海外では盲腸の手術が200万円って話を聞いたことがありませんか?

実は海外の大きな病院で手術すれば日本の健康保険が使えませんから200万は普通の金額です。

私もタイで代々木公園で騒ぎになったデング熱で入院しましたが、2週間の入院で治療費は約133万円でした!

治療費が驚くほど高いので、皆さん海外旅行保険に加入してるんです。

でも海外旅行保険の保険料って意外と高いですよね?1週間程度でも3,000円とか5,000円とか、、、、、

これがもし無料に出来るとしたら嬉しいですよね?

その方法とは、海外旅行保険の付いた年会費無料のクレジットカードを持てば良いだけです。

裏技でもなんでもないんですよ、しかも無料で可能ですし。

注意して欲しいのは、クレジットカードの保険内容には違いがかなりありますから内容や利用条件を調べないといけません。

そこで元保険会社社員でバックパッカーの私が1番おススメの無料クレジットカードをコッソリ?教えます。

そのクレジットカードとは、エポスカードです。

そうです、皆さんが普通に知っている丸井の赤いカードです。普通すぎて意外ですか?

エポスカードの海外旅行保険の内容を見てみましょう。

x充実の保険内容ですよね。

特に海外旅行保険で最も大切な治療費の保険金額が病気治療270万円・怪我治療200万円と無料のクレジットカードの中で最高額なのが特徴です。

その他の優れた特徴としては

  • 海外に出た日から自動的に90日間保険が使える自動付帯
  • 提携病院ではお金が必要ないキャッシュレス支払い
  • 学生さんなども加入可能

そして何よりも年会費は無料なんです。

この補償内容が無料なんて素晴らしすぎますよねぇ。

当然ですが、丸井のカードですから買い物等の支払いに使えますしポイントも貯まったりもします。

そんなおススメのエポスカードと海外旅行保険をもっと詳しく知りたい方は↓の記事を読んで下さい。

”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”

クレジットカードを複数持った時の注意点やおススメのクレジットカード等も説明していますので、興味のある人は是非!

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。
オススメの関連記事