*

タイ旅行でも観光で映画館に行くべき6つの理由とは!バンコクのオススメ映画館は?

2015-05-22 19.42.03 (640x480)

タイで映画を見に行こう!タイの映画館に行ってみよう!

皆さんはタイに旅行に来た時にタイの現地の映画館に見に行ってみたいって思いますか?

わざわざタイに居るのに日本でも見れる映画なんて見に行かないよっと言う人が多いと思うんですよねぇ。

確かに普通はそう思いますよね?

でも実はタイで旅行に来た時にも観光の1つとして、映画館に映画を見に行った方が良い理由があるんです。

今回はタイ旅行でも映画館に行くべき6つの理由を説明してみたいと思います。

スポンサーリンク

タイで映画を見に行くべき6つの理由

タイに住んでいる人は勿論のこと旅行で訪れた人も観光の一環として映画館へ足を運んで体験してみて下さい。日本とは異なるタイの映画館に驚きとはいかないまでも面白い体験が出来ると思います。

日本に戻ってからもタイの映画館はこんななんだよって友人に話しに花が咲くことと思いますよ。

①タイの独自の文化に触れれる!

タイの映画を見ることでも日本とタイの文化の違いが体験できます。

タイの映画館では上映前には国王の賛美歌なるものが流れます。これはタイの国王並びに王族の人を敬い称えるためのものです。

その讃美歌がコンサートや映画などの開始前や公共の場での決められた時間には必ず流れることになっています。

その時には必ず全員起立して聞かねばいけない規則になっています。

外国人でも関係なく従わねばいけません。もし従わない場合は不敬罪にあたり最悪警察に捕まることも有り得るので守るようにしてください。

実際に流れる讃美歌は↓の様な動画になります。この映像と音楽が流れたら起立して下さい。

こちらの動画は映画館ではないですが、街中の市場で讃美歌の流れる時間になり全ての人が起立の状態で動かなくなる解説動画です。

日本には不敬罪はありませんから、国歌斉唱に関してもあくまでも個人のモラルで行われていることですよね。

日本にはない情景ですから国による違いを感じる上でも体験してみると良いでしょう。

②日本にはない超ーーーー!豪華な席がある

最新の映画館には必ずファーストクラス(VIPシート)やポーチ(カップルシート)なる超豪華なシートが用意されています。

下⇩の写真のシート、これがVIPシートです。凄くないですか?zaaaこっちはベッドタイプのシートです。 完全に寝っ転がって家の様に寛いで映画を見ることが出来てしまいます。zaa値段的には1人で600バーツから800バーツと一般のシートと比べると安くはないのですが、ドリンクやお菓子・モーフやなども付いていて至れり尽くせりの内容なんです。

こんな体験はなかなか出来ませんから、1度は味わってみるのはどうですか?

映画館で横になりながら映画を見るなんて日本じゃ出来ないですからね(日本にはないよね?)

③3D映画や4D映画もある

タイでは3D映画は大人気です。”新しいショッピングモールに入っているシネマコンプレックスなら普通に同時公開されていることが多く、その時の1番の期待作が3Dで上映されているイメージです。

しかも映画館によっては4Dなるものまであるんですが、4Dって、、、、、4次元?時間軸?なぁんてことは当然なくて他の感覚を刺激しますということです。

そう、つまりは”キャプテンEO”!zaaaaaaaa出典 http://www.fashionsnap.com/news/2010-07-03/michael-jackson-captaineo/gallery/

うわ!マイコー、わかっ!この頃は本当に輝いていました。

実際は↓こんな感じです。 zaaaaaaaで、4Dって実際にどんな感じなんでしょうかね?見てみましょう。

1、風が吹く 2、シャボン玉が飛ぶ 3、電気が点滅する 4、煙がでる 5、香りがする  6、椅子が揺れる 7、空気が出る 8、霧が出る

こんな感じで色々な感覚に訴えてくる仕掛けだそうです。でも、、、、バブルって?

zaaaaaa

zaaaaaどうでしょうか、結構凄くないですか?これをハリウッド映画でも体感できるわけです。これも1度は体験してみたいと思いませんか?

エイリアンとかジュラシックワールドなどのSFやアクション映画で見てみたいですよね。料金は500B-600Bぐらいです。

 

④映画の公開が異常に早い

タイでは映画の公開が世界的に見ても早いです。ハリウッドや映画を作った国と同時公開か時々それよりも早く公開されることがあります。

これはタイではコピーのソフトが安く売られてしまうことがあるために映画界が対策を打っているためです。要はコピーDVDが売られるより早く公開して客足を止めないようにしているわけです。

日本は基本的には世界よりも少し遅く公開することが多いですから、タイで話題作を一足先に見て日本で友人に自慢するなんてことも出来ますよ。

アクション系やSFなら言葉の問題も余り関係ないですしね。

⑤映画料金が安い

タイでの映画の料金は自由に設定出来るので、各映画館ごとに異なります。基本的には通常のシートは140-200B程度の料金ですので日本よりかなり安く、しかも日本より綺麗なところも多いですね。

下の写真がその料金表です。

デラックスシート・プレミアムシート・ソファーシートと3種類あります。ソファーシートは2人分の料金になります。

定番のポップコーンとソフトドリンクを買っても日本と同じぐらいの金額ですからお得ですよ。

⑥観光の疲れた体を休める休憩にもなる

タイは基本的に暑い日が多いので出掛けていると体力を使います。増してや旅行で来ている方は時間も限られていますのでスケジュールギッシリに多くの観光名所を周る人も多いのではないでしょうか。

そんな時に映画を見れば涼しい環境で冷たい飲み物みながら2時間程度体を休めることが出来ます。VIPシートを申し込めば横になりながら見ることだって出来ちゃいます。

映画を見ながら体力の回復を計ってまた観光に出かけて行きましょう!

こんな理由からタイでの映画鑑賞はオススメなんです。

さぁどうですか?タイの旅行での観光に映画を見に行く気になってきましたか?

もし映画館に行こうかなって思ったとしたら、注意事もありますからこれから説明をしたいと思います。

タイの映画館で映画を見る際の注意事項

タイで映画を見る上で日本と要領が違う点があるので、ちょっとだけ注意が必要です。

①吹き替え版に注意する

タイでも外国映画は、ハリウッド映画のように英語のものにタイ語字幕を書いているかタイ語に吹き替えされたものかに分かれています。普通は英語にタイ語字幕を好む人が多いと思うので、それはプログラムで確認できますので注意してくださいね。

”E””EN”の場合は、英語のままで、”T”の場合はタイ語吹き替えです。”Original Sound Track”と入っている場合は作成されたままですので、ハリウッドなら英語、日本の映画なら日本語という事になります。

”SUB””Subtitle”は字幕の意味なので”SUB T”タイ語字幕という意味になります。タイ語字幕に関しては吹き替えとなっていなければ必然的にタイ語字幕となるので記載されていないことも普通です。

2015-05-22 19.43.17 (640x480)

②公開期間が短い

タイでは公開期間が非常に短いです。基本的には長くても1ヶ月ぐらい、短いと1週間なんてこともあります。しかも公開後にお客さんが少ないと直ぐに次の映画に切り替えられてしまいます。これはタイ人気質というか合理的にどんどん物事を進めてしまう経営判断からのものです。

どの道見たい映画があれば、早めに見に行くことをオススメします。

③公開日が日本と違う

基本的に日本の公開日の初日は週末を意識して金曜日か土曜日ということが多いのですが、タイでは木曜日からのことが多いので初日に見たい時には注意してください。

④CMが長い

初めてタイで映画を見に行くと映画がなかなか始まらなくて驚きますよ、約20分ぐらいは普通にCMやっていますから。

開始時刻から10分後ぐらいに席についても問題はないと思います。

⑤防寒対策

映画館の中は冷房がキンキンに効いていることが多くあります。暑い国なのでエアコンを効かせることがサービスと考えていたりするからなんです。最近はそれでもあまり冷やさなくなってきましたが、外との温度差があるので体調を崩してしまうこともあります。

防寒対策で長袖のシャツや上着などを持っていきましょう。

⑥上映前の国王の賛美歌では起立する

おススメの理由にも書きましたが、映画の開始前には賛美歌が必ず流れます。その時には外国人を含む全員起立しなければいけない決まりになっています。

諄いようですが、最悪警察に捕まることも有り得るので気を付けて下さい。

スケジュールと場所を確認しよう

では、今は何が公開されているのか調べましょうか?

タイでは基本的に映画館は2大系列会社が殆んどを占めています。この2社のホームページを見ればスケジュールの把握はOKです。

ホームページを見ると下のように”Release Date” と公開日が書かれています。zaaaaaaaaa2社のホームページアドレスは下にありますので確認してみてください。

公式サイト メジャー シネプレックス グループ

http://www.majorcineplex.com/en/main

公式サイト SFシネマシティー

http://www.sfcinemacity.com/index.php/en/home/highlight

映画館のオススメ

バンコクでの大型のデパートやショッピングモールの最上階には映画館があることが多いです。本来は、ホテルの側などの行きやすいところでいいと思います。

一応、バンコクとパタヤの映画館のオススメも利便性から選んだものを紹介しておきます。

バンコク

サイヤム・パラゴン店  メジャーシネプレックス系

最寄駅はBTSサイヤム駅の目の前サイヤム・パラゴン・デパートの最上階です。タイの最新の設備を持つシネマ・コンプレックスの1つです。

マーブンクローン店 SFシネマシティー

最寄駅はBTSサナームキラーヘンチャートで、マーブンクローンの中にあります。買い物ついでに便利です。

ターミナル21店 SFシネマシティー

最寄駅はBTSアソーク駅・MRTスクンビット駅の前にあるターミナル21内にあるシネマコンプレックス。何処からでも行きやすい場所にあります。

エカマイゲート店 メジャーシネプレックス系

最寄駅はBTSエカマイゲート駅。目の前にあるエカマエゲート内でスクンビットにいる人には便利だったりします。

リド・スカラ エイペックス系

サイアムスクエアにある映画館です。シネマコンプレックス以外の映画館ですが、建物の雰囲気は日本の映画館に似ていて、日本映画が日本語で上映されることが多いです。

最寄駅はBTSのサイアム駅で、徒歩3分。

公式サイトへ   http://www.apexsiam-square.com/home.asp

パタヤ

セントラルデパート パタヤ店 メジャーシネプレックス系

パタヤのシンボルセントラルデパートの最上階にあります。6Dのアトラクションやボーリング場なども併設しています。

実際の映画館の雰囲気は?

では実際の映画館の雰囲気を見てみましょう。

デパートやショッピングモールなどに入った映画館の場合は最上階にあることが多く最後の1階はエスカレータか階段で上がる演出となっていることが多いですね。

これはメジャーシネプレックスの最後の入り口への登り口です。2015-05-22 19.42.03 (640x480)  2015-05-22 19.41.53 (640x480)こちらはエンポリアムの最上階の映画フロアーへの登りエスカレーターです。

銅像などがあり演出されています。 エスカレーターで登っていくとワクワクしますよね。
有名なマリリン・モンローのポーズです。
 そしてシネコンのフロアになります。

煌びやかでゴージャスな雰囲気です。こちらのシネコンはもう少し落ち着いた雰囲気ですが、リッチな感じがしますね。
 フロアの壁には日本と同じですね、現在公開中と次のシーズンの映画のポスターが貼ってあります。
2015-05-22 19.47.30 (640x640)今の縦看はモニターが付いています。
2015-05-22 19.48.16 (640x640)  2015-05-22 19.48.26 (640x640)これが上映中映画のスケジュールボードです。これを見て時間や吹き替えを確認しましょう。 チケット売り場です。日本のイメージとは違ってホテルのロビーのようですね。 2015-05-22 19.43.56 (640x480)待合の場所です。2015-05-22 19.42.30 (640x480)広くてカッコイイですよね。
2015-05-22 19.47.15 (640x640)これはVIP用のスペースです。VIPのチケットを買った人専用ではありますが、下のメニューを頼むことで使うことができます。2015-05-22 19.43.26 (640x480)
2015-05-22 19.43.37 (640x480)ドリンクや軽食の販売店です。
2015-05-22 19.44.03 (640x480)映画を見るときのスナック菓子といったら、ポップコーンですね。

カップジュースはアメリカンサイズなので巨大です。
2015-05-22 19.44.14 (640x480)  2015-05-22 19.44.23 (640x480)  2015-05-22 19.44.36 (640x480)ソフトクリームが美味しいです。他のお菓子やジュースは割高なのですが、このソフトは高くないんですよね、なぜなんだろ。
2015-05-22 19.44.40 (640x480)これが一般席の入り口になります。 2015-05-22 19.46.20 (640x480)防犯上鞄の中を確認することはあります。
2015-05-22 19.47.06 (640x640)禁止事項で、食べ物・飲み物の持ち込み禁止、携帯を切り、カメラ撮影・タバコ・ペットの禁止となります、、、、、!

あれっ?私は何度かマクドナルドを買って映画見ながら食べていたんですが、、、、、、、、、駄目だったんだ、、、、、、、
2015-05-22 19.46.30 (640x640)VIPのファーストクラスの入り口です。入り口から別でした。確かにそれぐらいの価格差だと思います。4倍とかですからね。
2015-05-22 19.45.13 (640x480)待合室も別にありますね。いいなぁーファーストクラス。

タイの若い子がデートとかで背伸びして女の子を連れてファーストクラスで見たりするんだろうなぁ。2015-05-22 19.44.00 (640x480)

日本にはないポーチ(カップルシート)を体験レポート

日本にはないポーチ(カップルシート)で映画をみてきました。

なんとポーチ(カップルシート)のチケットは通常のチケット売り場ではなくバーカウンターで買うんだそうです。バーカウンターの横にこんな感じでパソコンが設置されていてチケットを発券します。
チケット購入時にムーンベッドかサンビーチかベットとのタイプを選択します。
ポップコーンとドリンクがセットとなっています。

ポップコーンはかなりの量ですね。

ポップコーンの味が注文可能でチーズやキャラメルなどを選択できます。

ハーフ&ハーフで2種類を頼むこともできます。
ドリンクはソフトドリンクだけでなく、アルコールも含まれていてビールやカクテルも注文できます。

アルコールが注文できるのはお得感がありますね。

下の写真がメニューになります。
注文が済んだらシネマスペースに入ります。

ポーチ(カップルシート)のみのミニシアターぐらいのサイズになります。
シートは2種類ありこれはサンビーチです。
これはムーンベットです。

今回はムーンベットを選びましたが、やっぱりこちらのタイプのベッドがおススメです。

モーフも付いています。ベッドからスクリーンを見るとこんな感じです。
ポップコーンとドリンクもサイドテーブルに運ばれてきます。
ポップコーンを持って映画を見る構図です(笑)

家のリビングでDVDを見ているようなリラックスできる空間です。

これは快適ですね、病みつきになりそうです。  映画館の実際の雰囲気はこんな感じです。

皆さんも是非日本にはないスペシャルシートで快適な時間を過ごして下さい。

特別なリッチな時間を考えるとコストパフォーマンスは悪くないと思いますよ。

タイ旅行でも映画を見に行くべき6つの理由のまとめ

どうでしたか?タイで映画を見に行きたいと思いましたか?

詳しく説明したと思いますので、皆さんもこれで気楽にタイの映画館に出掛けられるのではないでしょうか?

タイの映画館でも日本とは異なる文化にも触れれますし日本にはないような豪華なシートや設備もあるので楽しんでもらえると思います。

それとタイ映画に関しても最近は世界的にも評価が高まっています。日本でも近年は”マッハ2”や”愛しのゴースト”なども公開されていますし、少し古いですが”レイン”は”バンコクデンジャラス”としてニコラス・ケイジ主演でハリウッド映画化もされました。

折角タイに来たのですからタイ映画を見てみるのもいいのではないでしょうか?

私がおススメするタイ映画の記事は⇩になります。残念ながらもう映画館で見ることは出来ないですが。

”日本でも公開されたおススメなタイ映画を紹介!”

最後に実は私がタイの映画館でタイ人に止めて貰いたいことがあるんです、、、、、

それは映画が終わるか終わらないの時点からみんな席を立ちだしてしまい、エンドロールを感慨深く眺めるなんて人間は1人もいないということです。

私は日本でも最後まで座っているのが好きな人なので、これだけは頂けません。折角の映画の余韻が台無しなんですよねぇ、、、、

酷いと終わらないうちから係員が出口を開けだしますからね。これだけはどうしても改善してもらいたいものですね。

海外旅行保険が無料になるお得なクレジットカードを知っていますか?

海外旅行で病院に治療に行くと日本の健康保険は使えずに治療費が高額になることがあります。

(注:日本に戻ってから返金請求の制度はあります)

海外では盲腸の手術が200万円って話を聞いたことがありませんか?

実は海外の大きな病院で手術すれば日本の健康保険が使えませんから200万は普通の金額です。

私もタイで代々木公園で騒ぎになったデング熱で入院しましたが、2週間の入院で治療費は約133万円でした!

治療費が驚くほど高いので、皆さん海外旅行保険に加入してるんです。

でも海外旅行保険の保険料って意外と高いですよね?1週間程度でも3,000円とか5,000円とか、、、、、

これがもし無料に出来るとしたら嬉しいですよね?

その方法とは、海外旅行保険の付いた年会費無料のクレジットカードを持てば良いだけです。

裏技でもなんでもないんですよ、しかも無料で可能ですし。

注意して欲しいのは、クレジットカードの保険内容には違いがかなりありますから内容や利用条件を調べないといけません。

そこで元保険会社社員でバックパッカーの私が1番おススメの無料クレジットカードをコッソリ?教えます。

そのクレジットカードとは、エポスカードです。

そうです、皆さんが普通に知っている丸井の赤いカードです。普通すぎて意外ですか?

エポスカードの海外旅行保険の内容を見てみましょう。

x充実の保険内容ですよね。

特に海外旅行保険で最も大切な治療費の保険金額が病気治療270万円・怪我治療200万円と無料のクレジットカードの中で最高額なのが特徴です。

その他の優れた特徴としては

  • 海外に出た日から自動的に90日間保険が使える自動付帯
  • 提携病院ではお金が必要ないキャッシュレス支払い
  • 学生さんなども加入可能

そして何よりも年会費は無料なんです。

この補償内容が無料なんて素晴らしすぎますよねぇ。

当然ですが、丸井のカードですから買い物等の支払いに使えますしポイントも貯まったりもします。

そんなおススメのクレジットカードはこちらから見て下さい⇒エポスカード

クレジットカードの海外旅行保険をもっと詳しく知りたい方は更に詳しく説明した記事を読んで下さい。

”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”

クレジットカードを複数持った時の注意点やおススメのクレジットカード等も説明していますので、興味のある人は是非!

スポンサーリンク;

関連記事

国際線の空港ラウンジは無料クレカでは使えない?最も安く使う方法とは?

空港での時間をラウンジで快適に過ごそう 空港でのボーディングの手続きは昔に比べるとインターネッ

記事を読む

タイ料理レストランでのマナーとチップを覚えてバンコク旅行を楽しもう:海外旅行FP

タイ料理レストランでの食事のルールやマナーを学んでタイ旅行を充実させよう 世界的にタイ料理とい

記事を読む

タイでの自動車事情と安く買えるおススメの日本車紹介:海外旅行FPのブログ

タイで安く買える自動車は何があるのかを見てみようっ! タイに住むようになると自動車があるとやっ

記事を読む

ノックエアの航空券を日本語で予約する:タイ移住情報

飛行機 / Kentaro Ohno ノックエアーの航空券が日本語で予約出来るようになりました。

記事を読む

ナラヤがタイのお土産にオススメな理由。バンコクの何処で買えるのか?

ナラヤはデザインも良くてリーズナブルで、タイのお土産に最適 タイを代表するブランドになった”ナ

記事を読む

タイ人が絶対喜ぶ!?お土産に最適な日本のお菓子はどれ?海外旅行FP

タイ人がお土産にもらって喜ぶ大好きな日本のお菓子の紹介 タイに行く時にタイ人の友人にお土産を考

記事を読む

60ヶ国旅したFPが実際に海外旅行に行って危険だった国・都市ランキング

海外旅行に行ってみて危険を感じた都市ランキング 現在はタイに住んでいる私ですが、昔はバックパッ

記事を読む

クレカの保険は使えるの?元保険会社社員が教える海外旅行用のクレジットカード最強の3枚

保険の付いたクレジットカードを持って安心して海外旅行に行こう! 海外で病気や怪我をして治療を受

記事を読む

2017年版:タイで買えるおススメのスクーター(バイク)特集:海外移住FP

タイで買えるおススメのスクーター(オートマチックバイク)特集 タイに住むようになったりロングス

記事を読む

海外から国内限定のサイト(GYAOやhuluフールー)を見る方法

  海外から日本国内限定のサイトやギャオ(GYAO)やフールー(hulu)を見る

記事を読む

タイ人の若手男優のイケメン度が高い!人気の俳優をランキングで紹介!

タイで人気の男性俳優をランキングで紹介! タイの男性俳優って皆さ

成田空港の前泊にはリッチモンドホテルがおススメな4つの理由とは?

成田空港で飛行機に乗る前に前泊にするおススメのホテルのご紹介 成

バンコクやパタヤで美味しいうなぎを食べるならすき家!他のメニューも紹介

バンコクやパタヤ・シラチャで美味しく安いうなぎを食べたいならすき家

シンガポールで水族館シー・アクアリウムに行くべき理由とは?割引チケット情報も

セントーサ島のの水族館シー・アクアリウム・S.E.A. Aquar

バンコク旅行のタイのお寺での禁止行為とは?礼儀やお参りの仕方を説明

タイのお寺の禁止行為に注意!礼儀やお参りの仕方を覚えましょう タ

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑