*

タイでレンタルバイクを借りる方法とトラブルを避けるのに注意すること:海外旅行FPのブログ

kkkkkkkkkkkkkkk

タイでレンタルバイクを借りる方法とトラブルを避けるのに注意すべきこと

誰もがタイに旅行に来た時には色々な観光地や名所に出掛けて行って多くのことを楽しみたいと思うでしょう。

バンコクはBTSなどの交通網が整備されていますし、メーター制のタクシーも24時間走っていますので、交通機関に関しては特別な問題もなくどこにでもスムーズに移動できると思います。

しかしこれが地方都市やリゾート地となるとそうはいきません。一般的な交通はバスかソンテウやトゥクトゥクとなります。

しかも地方やリゾート地のタクシーやソンテウで目的地に行くためにはバンコクのようにメーターを使うわけではなく、ドライバーとの値段交渉が必要になります。

特にリゾート地の外国人慣れしたドライバーは強気でバンコクのメーター規定の料金の3倍程度で言値が始まり2倍程度から下がらなくなることも普通にあります。

そのために街中の決められたルートを走るソンテウで移動している分には良いのですが、ルートを外れた場所に行くには誰もが苦労することになります。

今回はそんな地方やリゾート地の移動手段として大変便利なレンタルバイクの利用方法を説明したいと思います。

スポンサーリンク

タイ旅行でも便利なレンタルバイクを活用して観光地に出掛けよう!

タイの地方やリゾート地の状況からレンタルバイクが使えると旅行の行動範囲が大きく広がります。

特にリゾート地で好きな時に好きな場所へ自由に出かけることが出来るようになりますので、レンタルバイクを借りる意味は非常に大きいと思います。

ただし注意も必要で実は事故やレンタル業者とのトラブルが多いのも事実です。

レンタルバイクの方法や注意点を説明しますので、トラブルに巻き込まれないよう十分に注意して旅を楽しみましょう。

レンタルバイクの料金はいくらなのか?

まず初めに気になるバイクのレンタル料金を見てみましょう。

レンタルバイクの基準価格 1日

100cc程度のギアアリのバイク

ウェイブなど                   100B前後

120cc程度のオートマスクーター

クリック・フィーノ等               150B前後

150cc程度のオートマスクーター 

PCX・N-MAXなど                200B前後

250・300ccのスクーター・バイク

フォルツァ・CBR250・ニンジャ300        300B前後

大体のイメージで1日のレンタル料金です。

数日借りる時は割引をしてくれるのは普通ですので、必ず値段交渉してみて下さい。

更に1週間・1ヶ月といった長期の場合は始めから割引になった料金プランが用意されていることが多いと思いますから、はじめに必ず話して料金交渉をして下さい。

因みにホンダがタイで1番人気のバイクメーカーです。

ホンダのCMですが、カブのCMで音楽は北酒場でゴジラで日本をこれでもかと詰め込んだCMです。

レンタルバイクを借りるのに必要なものは何か?

ではバイクをレンタルするのに必要なものを見ていきましょう。

パスポート

パスポートのコピーの提出は通常必要ですね。

ただし中にはパスポートの現物を預けるように言う業者もいますが、海外でパスポートは命の次に大切なものですから、余り良いことではありません。

頑なにパスポートの現物の提出を求めるような業者であるようなら避けたほうが無難だと思います。

デポジット

デポジットつまり保障金としてある程度の額を預けることは良くあります。

何千バーツか言って来ると思います。

そのバイクの値段にも寄るのですが、2000バーツ程度であることが多いです。

通常は返却時に何も無ければ返してくれるお金ですので、余り神経質にならなくて良いと思います。

ただし預り証は必ず受け取り決して無くさないで下さい。

これが無いことを理由に返さないと言い出すことは良くありますから。

国際免許証

運転するのには当然必要です。

ただしレンタルバイクを借りる上で掲示を求められることは殆どありません。

レンタル業者は運転の資格があろうとなかろうとバイクを借りてお金を払ってくれれば良いわけです。

ただしそれは運転していいこととは違うことを理解してください。

警察に停められれば罰金ですし、事故の時には保険も使えませんので絶対に乗らないようにしてください。

タイの免許証

国際免許があれば必要ありません。

もちろんタイの免許があれば何も問題ありません。kkkkkkkkkkkkkkkk

レンタルバイクのガソリンは何処で給油出来るのか?

ガソリンは日本と同じように借りた時と同じ量にして返却するのがルールです。

ただし日本のように満タンで渡してくれるわけではありません。

渡された時と同じぐらいの量を入れて返却することになります。

入れないで返すと何十バーツのガソリン代で払ってという話になります。

タイのガソリンの種類と注文の仕方

タイにはガソリンが何種類もあるのですが、レンタルバイクに使用するのは2種類のどちらかになると思います。

ハイオクに相当する95(ガオ・ハー)か、レギュラーに相当する91(ガオ・ヌン)です。

基本的には91(ガオ・ヌン)のことが多いのですが、借りる時に聞いてください。

ガソリンスタンドでは、”91(ガオ・ヌン)を100バーツ””91(ガオ・ヌン)を100バーツ”と言うように種類と金額を言ってください。

田舎だとウイスキーのボトルにガソリンを入れて売っていたりもするのですが、この時には、1本20バーツか30バーツ程度で表示があると思います。

なので”91(ガオ・ヌン)を1本(ヌン・クアット)2本(ソン・クアット)”と言えばガソリンを入れてくれます。

トラブルを避けるために必ず注意すること

1.バイクの故障はどちらが支払うかを確認して下さい。

パンクや経年劣化による故障はライダーが普通に運転していて起こりえる故障の修理費がどちら持ちになるのかは必ず確認して下さい。

もちろん自分でぶつけたり荒い運転をして故障した場合は支払わねばなりません。

2.貸し出し時に行う傷の確認作業の時には車体の写真を撮ってください

これが非常に重要です。

レンタル業者とのトラブルの多くは返却時に元々あった傷や破損箇所の修理代の請求です。

借りる時には車体の確認を必ずして業者の前で破損箇所の写真を撮ってください。

タイ人は面倒くさそうな顔をしますが、後で揉めるよりマシだと思います。

それにこの日本人は煩そうだとアピールした方が後で適当なことを言ってきませんのでどうどうと行ってください。

警察に捕まった時の罰金の支払いに関して

検問や警官に停められて交通違反で捕まった時は、免許を取り上げられて直ぐに警察署に行って罰金を支払わなければなりません。

警官に支払いをする警察署を聞いて罰金の支払いに行きましょう。

検問等の場合は、側にバイクタクシーが待っていて直ぐに連れて行ってくれてまた戻って来てくれます。(それもどうかと思いますが、、、、、)

警察種で罰金を払うとレシートが渡されます。

この罰金を払ったレシートと免許証が交換になりますので、必ずレシートは持ち帰って捕まっ担当の警官を見つけてレシートを渡してください。

そうすると免許証を返してくれます。

駐車禁止は特定の狙った場所でやっていますので、不自然に周りにバイクや車が停まっていない場所は要注意です。

違反の価格表です。

普通の違反は400Bのことが多いです。kkkkkkkkkkkkkk

警察に捕まった時の賄賂に関して

警察に捕まった時には袖の下(賄賂)を要求してしてくる時もあります。

(というよりむしろ賄賂目当ての方か多いかも、、、、、)

その時は軽い違反だと200Bぐらいをそっと手に握らせるとその場で解放してくれます。

ただし賄賂はタイでも当然違法行為だということは自覚してください。

しかも現在は軍事政権になりクリーン化を進めているため、以前より袖の下で話が終わることは減ってきているのも事実ですね。

タイでレンタルバイクを借りる方法とトラブルを避けるのに注意べきことのまとめ

タイでは交通ルールもあまり守られず運転の荒い人も多くいるので交通事故は多く起きています。

しかもリゾート地などでは運転の下手な外国人がレンタルしたバイクを運転している危ない姿もよく目にします。

運転免許が無い人・運転技術が無い人は絶対にレンタルバイクを借りて乗らない様にしてください。

タイは南国で全てが大らかで開放的なので、免許ぐらい無くても大丈夫かと思う人が結構いますが、事故に巻き込まれる確率は日本の比ではありません。

明らかにバイクに乗りなれていなくフラフラしている人もいますし、交通ルールを逸脱した乗り方をする外国人も沢山います。

そして実際に多くの外国人が事故を起こしています。

タイ人の運転も荒いため巻き込まれるよな事故も少なくありません。

私は1日で最高3回事故現場を見たことがあります。

日本人の知人が交通事故で入院したことも1人や2人ではありません。

バイクがあると大変便利で生活や旅行の幅が格段に広がるのは事実ですが、事故に遭って最悪な思い出にしないためにも資格やルールは守るようにしてくださいね。

そしてレンタルする時の注意点に気を付けてバイクを活用して色々出掛けてタイの旅行を楽しんで良い思い出を沢山作ってくださいね。

海外旅行には海外旅行保険付きの無料クレジットカードがお得ですよ

海外で病院に行くと健康保険が使えずに治療費が高額になることがあります。(注:日本に戻ってから返金請求の制度はあります)

海外では盲腸の手術が200万円って話を聞いたことがありませんか?海外の大きな病院で手術すれば200万は普通の金額です。

私もタイで代々木公園で騒ぎになったデング熱で入院しましたが、2週間の入院で治療費は約133万円でした!

なので皆さん海外旅行保険に加入してるんです。

でも海外旅行保険の保険料って意外と高いですよね?1週間程度でも3,000円とか5,000円とか、、、、、

これがもし無料に出来るとしたら嬉しくないですか?

海外旅行保険の付いた年会費無料のクレジットカードを持てば実現します。

ちょっと注意して欲しいのは、各クレジットカードの保険内容は違いがありますから内容や利用条件を調べないといけません。

そこで元保険会社社員でバックパッカーの私が1番おススメの無料クレジットカードをコッソリ?教えます。

そのクレジットカードとは、エポスカードです。

そうです、皆さんが普通に知っている丸井の赤いカードです。普通すぎて意外ですか?

エポスカードの海外旅行保険の内容を見てみましょう。

x充実の保険内容ですよね。

特に海外旅行保険で最も大切な治療費の保険金額が病気治療270万円・怪我治療200万円と無料のクレジットカードの中で最高額なのが特徴です。

その他の優れた特徴としては

  • 海外に出た日から自動的に90日間保険が使える自動付帯
  • 提携病院ではお金が必要ないキャッシュレス支払い
  • 学生さんなども加入可能

そして何よりも年会費は無料です。いやぁ、この補償内容が無料なんて素晴らしすぎますよねぇ。

そんなおススメのクレジットカードはこちらから⇒エポスカード

私がクレジットカードの海外旅行保険の内容を充実させる方法を更に詳しく説明した記事もあります。

”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”

クレジットカードを複数持った時の注意点やおススメのクレジットカード等も説明していますので、興味のある人は是非読んでみて下さい。

スポンサーリンク

関連記事

海外で日本のテレビを見る方法:TVer(ティーバー)で簡単に実現!海外移住FPのブログ

海外で日本のテレビを見る方法:TVer(ティーバー)が素晴らしすぎる! 日本テレビ業界の民放は

記事を読む

海外在住者が衆参議院の選挙に投票する方法=海外移住FPのブログ

海外に移住した人も在外選挙制度を利用して投票することが出来ます 2016年は参議院の選挙が7月

記事を読む

海外在住者にぴったりのペット?ハムスターが意外と可愛い!=タイ移住情報のブログ

海外で気軽に飼えるペット ペットを飼ってみることにしました。 気軽に飼えるペットというこ

記事を読む

タイの結婚ビザの新規取得と更新に関する情報のまとめ:大変ですが頑張りましょう!

本当に大変なタイの結婚ビザの新規取得と更新! ビザの取得は仕事とは関係ないのですが、先日に知人

記事を読む

タイのお土産は最大のスーパーマーケットのビッグシー(BigC)がオススメ=海外移住FP

タイで最大のスーパーマーケットのビッグシー(BigC)がオススメ タイのスーパーマーケットは2

記事を読む

タイで1番の日本食品の品揃えが凄い”フジスーパー”とは?海外移住FPのブログ

タイで1番の日本食品の品揃えが凄い!”UFM フジスーパー” タイに住んだりロングステイをする

記事を読む

朝食に最適、コンビニのサンドイッチ特集=タイ移住情報

タイのコンビニで買えるサンドイッチ特集 今回はコンビ二で買えるシリーズの中でもサンドイッチの特

記事を読む

海外旅行でクレジットカードが使えない!その原因と対処法:海外移住FP

海外旅行でクレジットカードが使えないその原因と対処法とは? 海外旅行に行くのにクレジットカード

記事を読む

タイ旅行ではバンコクのスワンナプーム空港での両替がおススメな理由とは?海外旅行FP

タイの旅行でスワンナプーム空港でのバーツへの両替はどこが良いのか? 海外の国に旅行で着いた時に

記事を読む

海外旅行でパスポートの盗難対策にたった1つすべきこと!海外旅行FP

旅行などで海外に滞在中にパスポートが盗まれてしまったらどうすればいいのか? パスポートとは、海

記事を読む

パタヤで必ず行きたいシーフードレストラン・ピーチャが美味しくて安くて最高!メニューと行き方の紹介

パタヤ旅行では必ず行きたいシーフードレストラン・ピーチャ パタヤ

タイの観光旅行でマナーとルールの注意点!知っておいてトラブル回避!

トラブルを避けるためにタイの観光旅行で気を付けるべきマナーとルール

バンコクで人気のタイ料理レストラン:バーンクンメーのメニュー紹介と実食レポート

バンコクでタイ人にも人気のタイ料理レストラン:バーンクンメー バ

バンコクのタイスキ発祥のコカレストランの行き方とメニュー紹介:海外旅行FP

タイスキ発祥のバンコクの老舗”コカレストラン” タイスキはタイを

ホテルのデポジットにクレジットカードを使用する時の注意点とベストな方法とは?

ホテルのデポジットの支払い方法での注意点とベストな方法とは? 皆

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑