*

海外旅行でパスポートの盗難対策にたった1つすべきこと!海外旅行FP

passport (1)

旅行などで海外に滞在中にパスポートが盗まれてしまったらどうすればいいのか?

パスポートとは、海外において自分を証明できるほぼ唯一の手段であり入国出国時は勿論のことホテルや道端で警察などにパスポートの提示が求められることもあります。

もし外国でパスポートを紛失したり盗難にあったりしてしまうと、国籍や年齢等を証明することは出来ないということになります。

そのために日本領事館でパスポートの再発行をすることになりますが、時間が掛かるために予定は大きく狂うでしょう。

大使館で手続きが済まなければ、その国から出国することは出来ません。

よく命の次に大事なのはパスポートというのはそのためなのです。

パスポートは海外において最重要な書類ですので、くれぐれも厳重に管理して紛失・盗難のないようにしなければなりません。

スポンサーリンク

先ずは新規のパスポート取得に必要な物を確認します。

パスポート取得の条件

パスポートの取得に関しての条件を確認します。これは住んでいる場所の管轄に寄っても違いがあったりしますので参考程度にして、詳しくお住まいの都道府県の旅券事務所で必ず確認して下さいね。

  • 20歳以上は、10年又は5年の選択が可能ですが20歳未満は、5年のみの申請です。
  • 料金は10年が1万6千円で、5年が1万1千円となります。
  • 申請から受け取りまでは約8日ほど掛かります。

パスポート取得のための必要書類

パスポートに申請の必要書類は下記になります。

一般旅券発給申請書

パスポートの申請書類はダウンロードはお住まいの都道府県の旅券事務所により可能か不可能かがことなります。例えば東京ではダウンロード可能なのですが、神奈川はダウンロードできません。

戸籍抄(謄)本

6か月以内に発行されたもの。

写真:1枚

ふちなしで基本的にカラー写真となり、サイズは45ミリメートル×35ミリメートルになります。

6か月以内に撮影したものとなり裏面下には氏名を記入します。

間違いやすい注意事項で言えば、申請書に貼らずに持って行くことです。

本人確認ができる書類

基本的には運転免許証等必ず原本で有効なものとなりコピーは不可ですね。

話題のマイナンバーですが、平成28年1月から交付される個人番号カード(マイナンバーカード)は、本人確認書類として認められるようです。

住民票

住民基本台帳ネットワークシステムの利用者はオンラインで確認出来るため不要となります。

そうでない人は住民票の提出が必要です。

切り替えの申請の人は

今使っているパスポートのある人は切り替えとなるので今のパスポートの有効期限があっても一緒に提出します。

新しいパスポートの代わりに穴をあけて使えなくして返却になります。

これで書類は全てになりますね。

特別揃えるのに苦労するような書類はありませんね。

では本題に行きましょう!

2016-03-28 11.33.19 (640x480)

海外でパスポートを紛失したり盗難されてしまった時の対応方法

パスポートが最重要書類とは知っていて大切に管理するとは言っても盗難などは自分ではどうしようもない時もあります。

街中で引っ手繰りに合ったり、ホテルのセキュリティーボックスに入れておいたはずが盗まれてなかったりということもあります。

治安上も海外では日本では考えられない様な事も起きたりしますからね。

そう考えるとその対応方法も知っておいて損はないのでその具体的な方法を見ていきましょう。

海外でパスポートを盗難・紛失の際の対応の流れ

1、大使館に連絡をして以後の流れの説明を聞いて下さい

パスポートを盗難・紛失された時には先ずはその国にある日本大使館に連絡して下さい。

そこでパスポートの再発行に必要な書類や流れなどを聞いておく必要があります。

特に滞在期限と再発行までの日数に関しては必ず確認をして下さい。それと必要書類として盗難証明証か紛失証明書が必要になると思いますが、この証明証を取りに行く警察署はどこが良いのかのアドバイスを貰えればベストです。

2、地元警察に盗難証明証もしくは紛失証明証を取りに行く

地元警察に盗難証明証もしくは紛失証明証を取りに行きますが、どこに取りに行くかが厄介なんです。

基本的には外国人向けの専用書類である盗難証明証もしくは紛失証明証の発行に慣れているところが良いので、本局のような大きな警察署や空港にある警察署またはツーリストで聞いてみるのもいいと思います。

日本大使館が取得しやすい警察署の情報があれば良いのですが、国によってはどこの警察署でも良いわけではなく盗難のあった場所の警察署でないと受けつかなかったりすることもあるので注意が必要です。

どこの警察署で発行できるかと慣れていない警察署だと要領を得ないために発行手続きに時間が掛かり待たされることになります。

これが再発行で1番手間が掛かる作業になるでしょう。

3、大使館に再発行の手続きに行く

盗難証明証もしくは紛失証明証を取得できれば、後は写真を撮って大使館に出向きます。

パスポート再発行の申請の書類を記入して不備が無いかをチェックしてから受付となります。

通常では朝に提出すれば、その日の午後での受け取りか、もしくは翌日での受け取りが可能となります。

ただし大使館のスケジュールや混み具合でもそこは異なりますので必ず確認して下さい。

海外でのパスポート盗難・紛失による再発行の必要書類

パスポートの再発行に必要な書類をもう1度確認としてまとめます。

1、地元警察が発行した紛失証明証もしくは盗難証明証 1通

2、再発行するパスポートに貼る写真 1枚

ふちなしの基本カラー写真 サイズは縦45ミリメートル×横35ミリメートル

3、本人確認が出来る身分証明証

日本の運転免許証等の公的書類となります。

以上3点になります。

2014-10-15 17.30.14 (640x480)

パスポートのコピーを持っていることの別の利点とは

パスポートのコピーを持っていることでの副産物的ではありますが他にもメリットがあります。

海外で私達外国人は自分たちの身分を証明する唯一の証明証としてパスポートの携行が義務付けられている国が多くあります。そのために警察のチェックの際にはパスポートを出さないといけない場面もあったりするのです。

でも実際にはパスポートをいつも持ち歩くのが怖いのでホテルのセキュリティーボックスに預けているという人もいると思います。

警察のチェックの際にもこ本来はコピーは使えないのですが、重要な場面でない限りパスポートのコピーでも確認さえできれば問題なかったりします。

これは民間のパスポートの確認の場面でも同じで、アルコール関連の年来確認が必要な場面やお金の両替の際にもパスポートの原本が基本なのですがコピーでもOKなことが間々あります。

コピーならパスポートの原本とは異なり気軽に持ち歩けるものですから、パスポートをホテルなどに保管してしまうのであればパスポートコピーだけでも携行していれば本来は原本でないといけない場面でも通用してしまうこともあるので、携行する価値はあると思いますよ。

海外でのパスポートの盗難や紛失に備えておくべきことのまとめ

どうでしたか?このようにもしも紛失・盗難にあっても焦らずに対応すれば大丈夫だとは思います。更に前もって準備しておくとスムーズに手続きが運ぶことがあります。

それはパスポートをコピーを別に保管しておくことです。

これにより日本大使館は勿論ですが、地元警察での盗難証明証・紛失証明証を取得する際には話がスムーズに進みます。特に地元の警察は面倒なことを言ってきたりもしますから、少しでも話が楽になるのは大変ありがたいですね。

それと身分証明証として運転免許証を持っていることも話が進めやすいです。それもパスポートのコピーさえあれば日本大使館は直ぐに身分の照合は出来ますからね。

たった1つだけ備えておくことは、パスポートのコピーを保管しておくことです。

当然ですがそのパスポートのコピーはパスポートの原本とは別な場所に保管して下さいね。一緒に盗まれたら意味ないですからね。

海外旅行保険が無料になるお得なクレジットカードを知っていますか?

海外旅行で病院に治療に行くと日本の健康保険は使えずに治療費が高額になることがあります。

(注:日本に戻ってから返金請求の制度はあります)

海外では盲腸の手術が200万円って話を聞いたことがありませんか?

実は海外の大きな病院で手術すれば日本の健康保険が使えませんから200万は普通の金額です。

私もタイで代々木公園で騒ぎになったデング熱で入院しましたが、2週間の入院で治療費は約133万円でした!

治療費が驚くほど高いので、皆さん海外旅行保険に加入してるんです。

でも海外旅行保険の保険料って意外と高いですよね?1週間程度でも3,000円とか5,000円とか、、、、、

これがもし無料に出来るとしたら嬉しいですよね?

その方法とは、海外旅行保険の付いた年会費無料のクレジットカードを持てば良いだけです。

裏技でもなんでもないんですよ、しかも無料で可能ですし。

注意して欲しいのは、クレジットカードの保険内容には違いがかなりありますから内容や利用条件を調べないといけません。

そこで元保険会社社員でバックパッカーの私が1番おススメの無料クレジットカードをコッソリ?教えます。

そのクレジットカードとは、エポスカードです。

そうです、皆さんが普通に知っている丸井の赤いカードです。普通すぎて意外ですか?

エポスカードの海外旅行保険の内容を見てみましょう。

x充実の保険内容ですよね。

特に海外旅行保険で最も大切な治療費の保険金額が病気治療270万円・怪我治療200万円と無料のクレジットカードの中で最高額なのが特徴です。

その他の優れた特徴としては

  • 海外に出た日から自動的に90日間保険が使える自動付帯
  • 提携病院ではお金が必要ないキャッシュレス支払い
  • 学生さんなども加入可能

そして何よりも年会費は無料なんです。

この補償内容が無料なんて素晴らしすぎますよねぇ。

当然ですが、丸井のカードですから買い物等の支払いに使えますしポイントも貯まったりもします。

そんなおススメのクレジットカードはこちらから見て下さい⇒エポスカード

クレジットカードの海外旅行保険をもっと詳しく知りたい方は更に詳しく説明した記事を読んで下さい。

”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”

クレジットカードを複数持った時の注意点やおススメのクレジットカード等も説明していますので、興味のある人は是非!

スポンサーリンク;

関連記事

海外旅行ならイミグレ・出入国は自動化ゲートが便利!利用方法と注意点を説明

海外旅行に行く際の出入国は自動化ゲートが便利 羽田や成田などから海外旅行に行く時に出国手続きを

記事を読む

海外旅行でクレジットカードを持つ理由とは?JCBプラザが凄い!タイ移住FP

海外旅行にクレジットカードを持って行ったほうが良い理由とは 海外旅行に持って行ったほうが良いも

記事を読む

海外で入院した時の保険金を確実に貰うための3つの注意点とは?

海外で病気や怪我で病院に入院した時に医療保険や生命保険の請求方法 海外旅行で急に体調を壊したり

記事を読む

海外からネットフリックス等動画配信サービスを見る方法

海外からネットフリックス(Netflix)等の有料動画サービスを見る方法 遂に日本でもネットフ

記事を読む

海外旅行に手ぶらで行こう!無料宅配サービスはどのクレジットカードがベストか?

クレジットカードの手荷物の無料配達サービスを利用しよう 海外旅行に行く時に大きなスーツケースや

記事を読む

元保険会社社員が選ぶ!海外旅行に最適な保険が付いた無料クレジットカードとは?

海外旅行保険はクレジットカードに自動付帯されているのを知っていますか? 海外で病院に行くと健康

記事を読む

タイの旅行に行く時に予防接種は必要なの?海外旅行FP

タイ旅行に行く時に予防接種は本当に必要なのか? 海外旅行に行く時に心配なのはテロや盗難などもあ

記事を読む

海外から見れない動画やサイト(中国のフェイスブック等)をVPNで見る方法

 海外からは見ることが出来ない動画やサイトがあります 今や多くの日本人が海外に行くようになりま

記事を読む

偽ポリスに会って考えた海外のトラブル情報=海外移住ブログ

プロンポンの駅前で偽ポリスに会いました 先日、バンコクのBTSのプロンポン駅の辺りでスクンビッ

記事を読む

60ヶ国以上旅したFPが実際に海外旅行に行って危険だった国・都市ランキング

海外旅行に行ってみて危険を感じた都市ランキング 今はタイ在住の私ですが、昔はバックパッカーだっ

記事を読む

パタヤで美味しい日本食なら”元気”で決まり!全メニュー紹介:海外旅行FP

パタヤで美味しい日本食レストラン”元気” 白人の街というイメージ

タイ人が絶対喜ぶ!?お土産に最適な日本のお菓子はどれ?海外旅行FP

タイ人がお土産にもらって喜ぶ大好きな日本のお菓子の紹介 タイに行

小龍包もあるパタヤの美味しくて安い中華料理店”上海レストラン”そのメニュー紹介

パタヤのサードロードにある中華料理店”上海レストラン” 今回はパ

海外やタイのATMでカードキャッシングする方法と注意すべき怖い事とは?海外旅行FP

タイや海外のATMでのキャッシングの際に気を付けるべき怖い事とは?

バンコクの美味しいスイーツ店クルアイクルアイにタイ旅行では絶対行こう!

タイ・バンコクで絶対食べたい!人気のクルアイクルアイ(バナナバナナ

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑