*

これから海外に住む人ガ自動車保険の中断証明書で失敗しない方法とは?

公開日: : 最終更新日:2017/10/05 海外移住の基礎知識

2014-07-28 19.38.27 (640x480)

海外にロングステイするなら自動車保険の中断証明書は絶対取っておくべき!

海外にロングステイしたり移住したりする際には細かなものから大きなものまで多くのものを処分されると思います。

不動産を別格とすれば、普通の方で多いケースは最大のものは自動車になるのではないでしょうか?

自動車を売却する時に必ず取っておくべきなのは自動車保険の中断証明書です。

取得に際して手数料が掛かるわけではありませんが、いくつかの条件があり若干注意が必要です。

順番を間違えると中断証明書を取得できずに等級による割引が引き継げなくなってしまします。

今回は中断証明書を取得するうえで注意すべきことを説明したいと思います。

スポンサーリンク

自動車保険の中断証明書を取得する方法の説明

海外に長期で行くために自動車保険の中断証明書の取得する上で注意すべき点を説明したいと思います。

中断証明書とは?

自動車保険の中断証明書とは7等級以上のメリット契約つまり割引がある契約を対象に条件を満たした場合に、10年間割引の権利と有し次回に自動車保険に加入する際には同じ割引(最大60%割引)で再加入することが出来るものです。

但し注意すべきなのは中断証明書には2種類あるという点です。

譲渡・配車を理由とする国内特則と海外へ長期で行くことを事由とした海外特則の2種類です。

普通に聞くと海外移住をする人であれば海外特則で中断証明を取ってしまいそうですが、どちらの条件でも申請できる場合には国内特則で申請されることをお勧めします。

それは新たに契約する際に中断証明の適用条件が海外特則の方が厳しいからです。

なぜ海外移住者も国内特則の方がお勧めなのか?

では、海外移住者も国内特則の方がお勧めな理由を説明する為に先ずは取得条件を比べます。

  • 国内特則の取得条件は、簡単に言えば契約車両を売却・譲渡・廃車・盗難・車検切れ等の理由で使用出来なくなることです。
  • 海外特則の取得条件は、契約の解約日もしくは満期日から6ヶ月以内に出国していること。

つまり海外特則とは基本的に申請時には確認できません。自己申告で中断証明書を発行しているということです。

次は新契約時の適用条件ですが、国内特則と海外特則は契約者名・被保険者名・車両所有者名が本人か配偶者、同居の親族であることや10年以内しか有効期限がない点などの条件は全く同じです。

では異なる要件とは何なのでしょう?

それは、海外特則のみが、発行条件の”契約の解約日もしくは満期日から6ヶ月以内に出国していること”をパスポートで確認することと帰国日から1年以内に契約することとが増えている点だけなんです。そう!つまり海外特則では国内特則に6ヶ月内の出国と帰国1年内に契約という条件が+されてしまうのです。

実際は海外に移住される方は殆どの方が、自動車を売却・譲渡・廃車をされると思います。

そうであれば国内特則の取得条件も満たせると思いますので、新契約を契約する際に要件の緩い国内特則での取得をお勧めします。

申請の際に自動車保険の担当者に海外移住を説明すると、海外特則の説明をされるかもしれません。

ただし保険の担当者でも海外特則は扱った事ことがない担当者が多く、知りませんから海外イコール海外特則の発行と考えてしまう人が多いので気を付けて下さい。

海外に行くのが理由でも国内特則が取れるのであれば必ず国内特則で中断証明書を取得してください。

その他の中断証明書の注意点

国内特則の場合は、売却・譲渡・廃車・車検切れなどの後に保険の解約もしくは保険契約期間の満了とならなければなりません。

車はあるけど人に売却が決まったから乗らないので先に保険を解約してまうと中断証明書は取れなくなりますので、ここには細心の注意を払ってください。

解約時に担当と話を良くしていないと中断証明の制度自体を知らされていなかったという人も少なからずいるようです。

そんな時でも5年以内であれば、遡って申請が可能だったりします。

これから海外に住む人の自動車保険の中断証明書で失敗しない方法のまとめ

  • 中断証明書は要件が合えば、国内特則で取りましょう。
  • 保険契約の解約・満期前に、売却・譲渡・廃車をしましょう。
  • まだ未申請の時は、5年以内なら申請が可能なこともありますので保険会社に問い合わせてみましょう。

人生は何があるか分かりません。

もう日本には戻らないと硬い決意の元の海外移住でも数年後に予想してないことが起きて帰国しているかもしれません。

中断証明書には、お金も特別な取り寄せ書類も必要ないわけですから一応申請されることをお勧めします。

備えあれば憂いなしですからね。

因みに割引の等級は同居の親族なら譲渡も可能ですから、やはり手間を惜しまずに取得することをお勧めします。

海外旅行の時に加入する海外旅行保険を無料にする方法があります。

私は世界60ヶ国以上行ったことのあるバックパッカーで、ファイナンシャルプランナーとして保険会社で働いていました。そのため海外旅行と保険を合わせた実経験は誰にも負けないのではないかと思います。

そんな私が使っている海外旅行に持って行くと得をするクレジットカード最強の3枚の組み合わせがあります。

このカードを持つことで自分で加入しなくても海外旅行保険は付いてますので病気や怪我での入院費無料になります。

更には荷物を無料で自宅に宅配が出来たり盗難にあった時の緊急時にも海外でクレジットカードが再発行が可能など多くの特典を受けることが出来ます。

正に海外旅行には必須のクレジットカードと言えるのではないでしょうか?

詳しくは”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”の記事で説明していますので読んで下さい。

海外旅行の保険料が無料に出来るだけでもお得ですからオススメですよ。

スポンサーリンク

関連記事

国民健康保険は海外の病院の入院手術で使えるのか?海外療養費制度とは?海外旅行FPのブログ

国民健康保険や健康保険は海外旅行や海外移住での医療行為でも使えます 海外での病気や怪我による治

記事を読む

海外旅行保険でトラブルの解決を:外国で賠償請求された時の対処法

海外旅行でトラブル!物を壊して賠償請求された時の対処法 今回は海外での弁償に関することでトラブ

記事を読む

海外旅行でパスポートの盗難対策にたった1つすべきこと!海外旅行FP

旅行などで海外に滞在中にパスポートが盗まれてしまったらどうすればいいのか? パスポートとは、海

記事を読む

海外から国内限定のサイト(GYAOやhuluフールー)を見る方法

  海外から日本国内限定のサイトやギャオ(GYAO)やフールー(hulu)を見る

記事を読む

海外在住者が実印の印鑑証明を大使館で貰う方法=FPの海外移住情報

海外在住者の実印の印鑑証明書の取得方法について 海外に転勤になったり海外移住をすると日本の住民

記事を読む

海外旅行に必ず持っていきたい便利な持ち物10選!60カ国を旅したFPのオススメ

海外旅行に必ず持っていきたい便利な持ち物グッズ10選の紹介 海外旅行に行く時って何を日本から持

記事を読む

動画サイトDTVを海外から視聴する方法:実際に約1年使用した感想

映画テレビの有料動画サイトのDTVを海外から視聴する方法:実際に1年見みた感想 DTVはNTT

記事を読む

海外に移住したら日本の銀行口座はどうなるの?その時の注意点とは=海外移住FP

海外移住すると日本の銀行口座はどうなるのか?規定とその実体 早いもので5月になりました。も

記事を読む

海外から見れない動画やサイト(中国のフェイスブック等)をVPNで見る方法

 海外からは見ることが出来ない動画やサイトがあります 今や多くの日本人が海外に行くようになりま

記事を読む

イスラム国(IS)がアジアテロ組織に拡散する!インドネシア・バリ島やジャカルタは安全か?

インドネシアにおけるイスラム国(IS)等のテロの現状は? そして日本人の旅行者は本当に安全なの

記事を読む

パタヤで美味しいパンとコーヒーがおススメなカフェLoaf:海外旅行FP

パタヤで美味しいパンとカフェでおススメなお店:ベーカリィー&

タイでのトラブルを避けるべき理由!タイ人との喧嘩は危険です:海外旅行FP

タイでのトラブルを避けて海外旅行を楽しい思い出にしましょう 海外

パタヤで有名なイタリアン・パンパンは本店に行こう!全メニューと実食レポート

  パタヤで有名なイタリアン・レストラン”パンパン

バンコクのサイヤムパラゴンの水族館オーシャンワールドが凄い!割引チケットの購入方法とは?

高級デパート・サイヤムパラゴンの水族館サイアム・オーシャンワールド

バンコク旅行では人気NO1アイスクリーム・スウェンセンに行こう!

 タイで人気NO1のアイスクリーム屋さんスウェンセン(Swense

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
  • まだデータがありません。

PAGE TOP ↑