*

海外旅行の飛行機で気持ち良く寝るための3つのポイント

a0070_000191

海外旅行の飛行機の中でスムーズに快眠するために

皆さんは飛行機の中でどのように過ごしていますか?海外旅行は楽しみでも飛行機に中で過ごす時間が苦手という人も多いと思います。

機内の時間を充実して過ごす方法として最適なやはり寝てしまうことですね。

もしゆっくりと安眠が出来て、しかも疲れが取れて旅行に向けて体力を温存出来るならこれ以上のことはないですよね。

飛行機が着いてすぐに仕事に行く人や観光に飛びまわりたいなら飛行機の中は快適に眠って体を休めておくべきでしょう。

今回は飛行機の中で気持ち良くゆっくり寝るためのポイントを3つの項目に分けてまとめてみました。

飛行機の中では快眠・安眠をして旅行や仕事を目一杯頑張れるようにしましょう。

スポンサーリンク

海外旅行の飛行機の中で快眠するためのポイントを3項目で説明

それでは実際に飛行機の中で快適に睡眠を取るために何を準備しておくと良いのかを、飛行機の予約時、飛行機の搭乗前の準備、飛行機の機内で行う事の3つに分けて考えていきましょう。

1.飛行機の予約時に関すること

飛行機の予約をする上で睡眠に向いている便というのもあります。それに最近はインターネットで事前に席の予約まで出来るようになってますね。

では安眠するためには何処の席が良いのでしょうか?

直行便と経由便

直行便と経由便はどちらが良いのか?これは分かり切った話ですね。当然ですが直行便となります。

経由便は必ず途中で起こされてしまいますから、快適な睡眠を考えると最悪です。

ずっと寝てられる直行便は値段的に高くてもその価値は間違いなくあります。

早朝便と深夜便

フライトに関しては空いている便を選ぶようにしましょう。時期もそうですし時間帯もそうです。

深夜早朝のフライトは人気がないので空いています。隣の席が空いていれば2席3席使って眠ることが出来たりもするんです。

3席つなげて横になって寝れるとビジネスクラス以上に快適に寝れますからね。

そんなことから空いている便は最高の快適な眠りにつける可能性は高くなります。

座席は窓側か通路側か

座席は窓側にするか通路側にするかは、好みにより意見が分かれると思いますが、快眠ということに限って言えば間違いなく窓際の席となります。

窓のある壁に寄りかかれますし寝ている途中で隣の人がトイレに行くために起こされることがありません。

ここは迷うことなく窓際の席がオススメです。

座席は前方の席か後方の席か

飛行機は基本的には前の席が人気で、予約も前から埋まっていきます。これは前の席は揺れが少なかったり、搭乗が早く行われるために好まれているのです。

ですがそれは逆に言えば不人気な席は横の席は空席となる可能性が高いと言うことです。

私なら早く乗れるより、快眠を選びますね。

この点でも空いている可能性の高い後方の席がおススメになります。

特別な座席は快眠にはどうか?

最前列の席は前が広く取られていて足が前に投げ出せますので快適です。

ただし知っている人も多くいるので直ぐに予約が入ってしまいますから予約出来るならおススメです

これとは逆に席の直ぐ後ろに壁がある席はリクライニングできない場合があります。

その時には快眠に関しては最悪の席になりますので絶対に避けるようにしましょう

a0002_011950

2.飛行機に乗る前の準備

飛行機に乗る前に準備しておくこともあります。下記のことを見て自分に必要なことは事前準備してください。

この準備しだいで飛行機の中で快適に過ごせるかが大きく異なりますから真剣に検討しましょう。

ネックピロー

私的には絶対外せないオススメアイテムです。金額も安いですいし軽くてコンパクト、それにバスでの移動でも使えますので大変便利。

それとちょっとしたアイディアですが、アロマオイルを少し付けておけばあなたの周りは爽やかな香りをアロマの睡眠効果も期待できます。

隣の人の足が臭かったりビールを飲んでいたりしても、これで対策はOKです。

通常のタイプより2段式のが頭が楽でオススメですよ。

アロマオイルは睡眠導入効果のあるタイプがオススメです。

スリッパ

エコノミーのシートはただでさえ狭いのでリラックス出来るところはリラックスしましょう。

普段寝る時に靴を履いている人はいませんよね。足が締め付けられていたらリラックス出来ません。

足を締め付けずに血行を良くするためにスリッパに履き替えましょう。

スリッパは安くて軽いのでオススメです。ホテルでも使えて意外と重宝しますよ。

ただし足が臭いのは大迷惑になります。

靴下を履きかえるなどをして周りの人にも気を使いましょう。

アイマスク

私は余り気になるほうではないので使わないのですが、光が気にある人は必須アイテムですね。

飛行機で使っている人も見ます。

最近のは結構お洒落なんですよね。女性は寝顔を見られるのが嫌で使ったりもしますね。

耳栓か音楽のプレイヤー

耳栓を使っている人もいます。私は音は気にならない方なので、個人的に耳栓は必要ないかなと思ってはいます。

携帯電話でゆったりとした音楽を聴くのも良いですが、バッテリーが減るのが気になりますね。

機内で聴ける音楽チャンネルでも良いと思いますよ。

もし無音が良い人はやはり耳栓を利用するのが良いですね。

乾燥への対策

飛行機の機内は乾燥しています。これは意図的に水分除去装置を使って結露防止の対策として乾燥させているからです。

結露によって計器や機材にサビや凍結が起きると故障や誤作動を引き起こす可能性があるからなんです。

乾燥が気になる人はマスクやのど飴等を買っておいたり、目薬を使ったりして快適に過ごすようにしましょう。

特に仕事で喉の調子が気になる人はマスクがオススメですね。

服装はゆるめファッション

当日の服装はきつい服は避けましょう。ジーンズのぴちぴちしたものは快眠には向いていないですからね。

少し緩めでウエストに余裕のある服が最適だと思います。

a0002_011952

3.当日の飛行機の中で

当日飛行機の中で快適に睡眠するために心掛けることがあります。

最高のシチュエーションは横の席が空いていることですね。横の席が空いていれば横になって寝ることも出来てしまいますからね。

さぁ、快眠のために状況を整えましょう。

席を変えてもらう

残念ながら横の席のは人が来て座ってしまったかもしれません。

でも周りの席を見て下さい。2席・3席連続して空席の場所がありませんか?

そんな時は離陸後にスチュワーデスに席の変更を申し出てください。

特別な理由がない限りOKされます。

まぁ、勝手に移動しても普通は何も言われないですが。

持ち込んだ神器を使う

スリッパやネックピローなどの準備をしましょう。

メイクを落とす

女性の場合はメイクを落としてしまった方が快眠には良いでしょう。

ただし機内は乾燥しますので、保湿用のクリームで顔や手はケアしておく方が良いでしょう。

乾燥対策をする

前に書いたように機内は乾燥しますので、マスクなども準備してください。

機内食は食べすぎない

最近の機内食は美味しくなりましたね。しかも実は機内食はお代わりも自由なんです。

でも食べすぎは快眠するにはオススメ出来ませんね。

到着後元気に行動するために安眠を優先させて8分目の食事にしましょう。

お酒は少量

飛行機ではお酒もフリーサービスなので、ついつい飲みたくなってしまいます。

しかし機内では気圧の関係から酔いも早いですし飲み過ぎは睡眠中にトイレに何度も行くことになり快眠できません。

最初の1杯程度に控えるべきでしょうね。

海外旅行の飛行機で気持ち良く寝るための3つのポイントのまとめ

どうでしたでしょうか?今まで余り気にしないで飛行機に乗っていませんでしたか?

こうして快眠を意識した準備を万全にして注意事項を守って乗れば、必ず快適に眠ることが出来ることでしょう。

飛行機は移動の手段で目的でないですからね。

到着後の観光や仕事に万全の体調で望むために少しでも体を休ませておきましょう。

海外旅行保険が無料になるお得なクレジットカードを知っていますか?

海外旅行で病院に治療に行くと日本の健康保険は使えずに治療費が高額になることがあります。

(注:日本に戻ってから返金請求の制度はあります)

海外では盲腸の手術が200万円って話を聞いたことがありませんか?

実は海外の大きな病院で手術すれば日本の健康保険が使えませんから200万は普通の金額です。

私もタイで代々木公園で騒ぎになったデング熱で入院しましたが、2週間の入院で治療費は約133万円でした!

治療費が驚くほど高いので、皆さん海外旅行保険に加入してるんです。

でも海外旅行保険の保険料って意外と高いですよね?1週間程度でも3,000円とか5,000円とか、、、、、

これがもし無料に出来るとしたら嬉しいですよね?

その方法とは、海外旅行保険の付いた年会費無料のクレジットカードを持てば良いだけです。

裏技でもなんでもないんですよ、しかも無料で可能ですし。

注意して欲しいのは、クレジットカードの保険内容には違いがかなりありますから内容や利用条件を調べないといけません。

そこで元保険会社社員でバックパッカーの私が1番おススメの無料クレジットカードをコッソリ?教えます。

そのクレジットカードとは、エポスカードです。

そうです、皆さんが普通に知っている丸井の赤いカードです。普通すぎて意外ですか?

エポスカードの海外旅行保険の内容を見てみましょう。

x充実の保険内容ですよね。

特に海外旅行保険で最も大切な治療費の保険金額が病気治療270万円・怪我治療200万円と無料のクレジットカードの中で最高額なのが特徴です。

その他の優れた特徴としては

  • 海外に出た日から自動的に90日間保険が使える自動付帯
  • 提携病院ではお金が必要ないキャッシュレス支払い
  • 学生さんなども加入可能

そして何よりも年会費は無料なんです。

この補償内容が無料なんて素晴らしすぎますよねぇ。

当然ですが、丸井のカードですから買い物等の支払いに使えますしポイントも貯まったりもします。

そんなおススメのクレジットカードはこちらから見て下さい⇒エポスカード

クレジットカードの海外旅行保険をもっと詳しく知りたい方は更に詳しく説明した記事を読んで下さい。

”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”

クレジットカードを複数持った時の注意点やおススメのクレジットカード等も説明していますので、興味のある人は是非!

スポンサーリンク

関連記事

2017年タイのソンクラン:水掛祭りを楽しむための11の注意点!バンコク・パタヤ・チェンマイの日程

2017年版ソンクラン(水掛祭り)を楽しむために注意すべき11のこと タイでは旧暦に基づく旧正

記事を読む

飛行機は前方席と後方席のどちらが危険か?墜落事故の生存率は?

飛行機で墜落事故が起きた時には、どの席が1番安全なのか? 最近は飛行機事故が本当に多いですね。

記事を読む

タイ旅行者必見!外出の際にバンコクのトイレは何処にある?そして使い方は?

 バンコク旅行者必見!タイのトイレは何処にある?そして使い方は? 日本にいると割とどこでもトイ

記事を読む

6年も意識不明の花嫁・麻衣さんと8年越しに結婚した尚志さんの実話がタイでも話題にっ!

”8年越しの結婚式”という動画を知っていますか? ”8年越しの結婚式”という動画を知っています

記事を読む

海外移住という人生の選択を考える=FPとしての考察

海外移住をするのか?しないのか? そもそも海外移住をするかしないかを日本や海外の移住先となる国

記事を読む

絶対バスがオススメな理由!成田空港・LCC専用第3ターミナルへの行き方=海外移住FP

成田空港・LCC専用第3ターミナルへのアクセスはバスがオススメな理由 成田空港・LCC専用第3

記事を読む

タイが大好きな人が移住するとなぜタイが嫌いになるのか?海外移住FP

大好きでタイに住む人が数年でタイやタイ人を嫌いになる理由 実はタイに住んで2・3年が経つとタイ

記事を読む

海外在住でも受講できる子供の通信教育・海外受講の特集:海外移住FP

海外で受けれる子供の通信教育・海外受講の特集 海外在住の人で小さなお子さんが居る家庭では誰もが

記事を読む

元ワンズ(WANDS)の上杉昇の現在の姿が凄い!猫騙とはいったい何?

時の扉 1990年代に大人気だったバンド”ワンズ(WANDS)”のボーカルだった上杉昇 日本

記事を読む

クレカの保険は使えるの?元保険会社社員が教える海外旅行用のクレジットカード最強の3枚

保険の付いたクレジットカードを持って安心して海外旅行に行こう! 海外で病気や怪我をして治療を受

記事を読む

パタヤで美味しい日本食なら”元気”で決まり!全メニュー紹介:海外旅行FP

パタヤで美味しい日本食レストラン”元気” 白人の街というイメージ

タイ人が絶対喜ぶ!?お土産に最適な日本のお菓子はどれ?海外旅行FP

タイ人がお土産にもらって喜ぶ大好きな日本のお菓子の紹介 タイに行

小龍包もあるパタヤの美味しくて安い中華料理店”上海レストラン”そのメニュー紹介

パタヤのサードロードにある中華料理店”上海レストラン” 今回はパ

海外やタイのATMでカードキャッシングする方法と注意すべき怖い事とは?海外旅行FP

タイや海外のATMでのキャッシングの際に気を付けるべき怖い事とは?

バンコクの美味しいスイーツ店クルアイクルアイにタイ旅行では絶対行こう!

タイ・バンコクで絶対食べたい!人気のクルアイクルアイ(バナナバナナ

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑