*

イスラム国(IS)がアジアテロ組織に拡散する!インドネシア・バリ島やジャカルタは安全か?

kkk

インドネシアにおけるイスラム国(IS)等のテロの現状は?

そして日本人の旅行者は本当に安全なのか?

最近は世界的にイスラム国の話題が多くテロや誘拐といった恐ろしい話が普通になってきました。

実際に比較的安全と言われていたアジアにおいても、タイ・インドネシア・トルコと爆弾によるテロが連続して起きています。

インドネシアのジャカルタで起きたテロでは、バリ島が好きで旅行に行きたい人やジャカルタに行く予定の人は不安になっているのではないでしょうか?

私自身も実はバリ島は大好きで過去に2度旅行に行きました。

バリ島の中でも特にウブドゥが好きで、あの神秘的な雰囲気が堪らなく好きなんです。ウブドゥに居るとまさにここが神々の住む島なのではと思えます。

しかしテロという話があると、気軽に旅行で行っていいのかどうかと迷ってしまうのも事実です。

今回はそんなインドネシアの情勢をテロという観点から考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

世界中に広がっていくイスラム国(IS)の脅威

イスラム国による日本人拉致誘拐が起きたことで日本人は世界情勢を思い知らされました。

欧米諸国と異なり日本は直接的に被害を受けることが少なかったので余り騒がれてきませんでした。

しかしその実体はイスラム国は欧米のキリスト教国とそれに協力する国に対して過激テロと拉致誘拐を繰り返していました。

日本はその事実を目の前に突きつけられた形になりました。

日本人の誘拐事件は最悪の結末になってしまいましたが、まだ全てが終わったわけではありません。

それはイスラム国は日本を十字軍に参加する敵国とみなしこれからもテロの標的とすることを宣言しているからです。

「これから日本にとって悪夢が始まることになる」とISは明言しています。

これに対して安倍首相は「テロリストたちを決して許さない。その罪を償わせるために国際社会と連携していく」と強く国際社会に訴えています。

これは日本がテロリストに対する日本の方針を宣言したことになりました。

柔軟に身代金に関しても動いているフランス・イタリアとは異なり、如何なる状況でもテロリストとは取引をしないというアメリカ・イギリスと日本は同じ姿勢であることを世界に示したわけです。

日本がイスラム国と敵対することを明確にしたということは、これらからは日本人はテロや誘拐の危険に晒されていると考えないといけないのが現実でしょう。kk

現在のインドネシアの現状

インドネシアという国

インドネシアとは東南アジアに位置する共和国で大小の島々により構成されている日本と同じ島国で、首都はジャワ島にあるジャカルタです。

国民の宗教の構成は、イスラム教が 88%で次いでキリスト教 9%(プロテスタント 6%,カトリック 3%)となりヒンズー教 1.8%仏教 0.6%は多くはなく、実際はほとんどの国民がイスラム教徒ということになります。

有名なリゾート地バリ島もインドネシアですが、宗教的には特殊とも言える場所でバリ島の住人の殆どはイスラム教徒ではなくヒンドゥー教徒です。

インドネシアの人口は2億3000万人を超え、世界第4位の国民数の国になります。

近年は世界各地でアルカイーダ・イスラム国が活動が目立つようになりテロリズムが騒がれるようになるとインドネシアは注目を集めるようになります。

それはインドネシアが世界で最も多くのイスラム教徒を抱える国だからです。

中東や湾岸諸国にある国が最大のイスラム教徒を抱える国のようなイメージを持ちますから、これは意外ですよね。

インドネシアとテロリズム

ではインドネシアではテロは良く起きているのでしょうか?

2016年にジャカルタのテロが起きるまでは少し落ち着いていますが、2000年代前半には下のように多くのテロが起こされ多くの犠牲者が出ました。

2002年10月バリ島での爆弾テロ事件

2002年10月のバリ島で路上に止めてある車に仕掛けられていた爆弾が爆発し周囲の建物も巻き込み外国人観光客を含む202名が死亡しました。

2003年8月ジャカルタでの爆弾テロ事件

2003年8月には首都のジャカルタで高級ホテル・マリオットで爆弾が爆発して12名が死亡しました。

2004年9月ジャカルタのオーストラリア大使館爆破事件

2004年9月にはジャカルタのオーストラリア大使館が仕掛けられていた爆弾により爆発して炎上9名の死者を出しました。

2005年10月バリ島の同時多発テロ事件

2005年10月のバリ島における同時多発テロ事件はバリ島のレストラン3箇所で自爆テロがあり、日本人1名を含む23人が死亡140人以上が負傷しました。

これらの事件は、インドネシアのイスラム過激派組織ジェマア・イスラミアが関わっているとされています。

このインドネシアのイスラム過激派組織ジェマア・イスラミアとはどのような組織なのでしょうか?

ジェマア・イスラミア

インドネシアを活動拠点とするイスラム過激派組織で、目的はシャリア(イスラム法)統治のイスラム教国家の設立です。

1990年代の設立され当初はテロリズムには否定的だったのが、アルカイーダからの影響でテロを手段として用いるようになっています。

しかし幹部の死亡や逮捕により現在の活動は縮小傾向とも見られていて、派手な活動は見られなくなっていました。

ではイスラム国とジェマア・イスラミアやインドネシア関係はどのようになっているのでしょうか?

イスラム国に向かう若者達

ジェマア・イスラミアの活動が沈静化されてテロ自体が収まってきているように見えていたインドネシアなのですが、実態は異なります。

それはイスラム国に東南アジア諸国から多数の若者が「義勇兵」として参加していることが分っているからです。

ジェマア・イスラミアの幹部の1人は、すでに150人以上の戦闘員の若者をイラクやシリア周辺国のヨルダンやパレスチナに送り込んだと言っています。

イスラム国は東南アジアにも多くのイスラム教徒が居ることに目をつけ、東南アジアの過激派組織と連携して戦闘員の募集を活発に行っているのです。

これはインドネシアを中心とした東南アジアの国々には大変な脅威になります。

それは1990年代のアフガン戦争に参加し戦闘技術を身に付けた若者が、母国に帰国した後にその経験と技術を生かして爆弾テロを起こしていった歴史と同じ道だからです。

母国での彼らの行動は、イスラム国への勧誘をしていくこともありえますしや母国でイスラム国の関連組織を設立してしまうかもしれません。

また共に戦った同士が各国に散っていくので彼らのコネクションにより東南アジアに散らばるイスラム過激派組織のネットワークが出来上がっていく可能性が高いす。

今回のインドネシアのジャカルタでの爆弾テロにフィリピンのイスラム教過激派組織アブサヤフが協力していることからも今正に現実のものになりつつあると言えます。

インドネシアを含む東南アジアはイスラム国の出現がアジアの平和維持に関して大きなターニングポイントになってしまう危険性があるのです。k

2016年にインドネシアのジャカルタで自爆テロ

そして2016年1月14日インドネシアの首都ジャカルタのスターバックスなどの商用施設を標的とした自爆テロが同時に複数で起き銃で武装した男達と警官隊とが銃撃戦を繰り広げました。

20人以上が負傷、犯行グループ4人を含む8人が死亡しました。

直ぐにイスラム教過激派組織イスラム国(IS)が犯行を認める声明を表明し東南アジアで初めてのISの犯行が明言されたテロとなりました。

犯人はIS系インドネシア人過激派組織指導者で現在服役中であるアマン・アブドゥルラフマン師の指示のもと、実行に関してはバルン・ナイム師が資金調達から指示・実行したと見られていて首謀者としています。

フィリピンで活動するIS系イスラム教過激派組織アブサヤフとは同じ傘下組織として協力関係でもありまた東南アジアでの覇権を掛けたライバル関係でもあります。

本来の今回のテロ計画は年末にもっと大規模な形で行われる予定だったのがインドネシア警察により摘発されたことで準備不足のなかで強行されたものだったのでこの程度の被害で済んだという事です。

インドネシアにおけるテロの現状:日本人の安全のまとめ

日本がテロリストに対する日本の方針を宣言しイスラム国と戦う姿勢を示している以上日本人だけが欧米国とは別扱いで安全という事はあり得ないでしょう。

しかし先進国の殆どは同じ姿勢であり日本より強硬に対応している先進国の方が多いため過敏になる必要はないとは思います。

先ずはその前に日本人は安全に関しては無頓着なところがあり、海外に出る以上日本国内のようには振舞えないということは覚悟した方が良いでしょう。

突然テロに巻き込まれることも有り得るし、日本人というだけで拉致・誘拐という可能性も現実に起こりえるということです。

海外では基本的に自分の身は自分で守るものと自覚して最低限の注意を払いながら行動することはこれからは必要になるのだと思います。

そう考えると日本の治安って本当に素晴らしいですよね。

海外旅行には海外旅行保険付きの無料クレジットカードがお得ですよ

海外で病院に行くと健康保険が使えずに治療費が高額になることがあります。(注:日本に戻ってから返金請求の制度はあります)

海外では盲腸の手術が200万円って話を聞いたことがありませんか?海外の大きな病院で手術すれば200万は普通の金額です。

私もタイで代々木公園で騒ぎになったデング熱で入院しましたが、2週間の入院で治療費は約133万円でした!

なので皆さん海外旅行保険に加入してるんです。

でも海外旅行保険の保険料って意外と高いですよね?1週間程度でも3,000円とか5,000円とか、、、、、

これがもし無料に出来るとしたら嬉しくないですか?

海外旅行保険の付いた年会費無料のクレジットカードを持てば実現します。

ちょっと注意して欲しいのは、各クレジットカードの保険内容は違いがありますから内容や利用条件を調べないといけません。

そこで元保険会社社員でバックパッカーの私が1番おススメの無料クレジットカードをコッソリ?教えます。

そのクレジットカードとは、エポスカードです。

そうです、皆さんが普通に知っている丸井の赤いカードです。普通すぎて意外ですか?

エポスカードの海外旅行保険の内容を見てみましょう。

x充実の保険内容ですよね。

特に海外旅行保険で最も大切な治療費の保険金額が病気治療270万円・怪我治療200万円と無料のクレジットカードの中で最高額なのが特徴です。

その他の優れた特徴としては

  • 海外に出た日から自動的に90日間保険が使える自動付帯
  • 提携病院ではお金が必要ないキャッシュレス支払い
  • 学生さんなども加入可能

そして何よりも年会費は無料です。いやぁ、この補償内容が無料なんて素晴らしすぎますよねぇ。

そんなおススメのクレジットカードはこちらから⇒エポスカード

私がクレジットカードの海外旅行保険の内容を充実させる方法を更に詳しく説明した記事もあります。

”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”

クレジットカードを複数持った時の注意点やおススメのクレジットカード等も説明していますので、興味のある人は是非読んでみて下さい。

スポンサーリンク

関連記事

海外で日本の本や雑誌・漫画を読む方法:電子書籍を使おう!

海外で日本の本や雑誌・漫画を買う方法 海外にいてもインターネットのおかげで日本と同じような生活

記事を読む

海外旅行保険はテロや戦争の怪我などには使えるのか?海外移住FP

クレジッットカードの海外旅行保険はテロ行為や戦争・内乱で怪我した時には使えるのか? 世界各国で

記事を読む

海外旅行の飛行機で気持ち良く寝るための3つのポイント

海外旅行の飛行機の中でスムーズに快眠するために 皆さんは飛行機の中でどのように過ごしていますか

記事を読む

海外旅行でパスポートの盗難対策にたった1つすべきこと!海外旅行FP

旅行などで海外に滞在中にパスポートが盗まれてしまったらどうすればいいのか? パスポートとは、海

記事を読む

海外旅行保険でトラブルの解決を:外国で賠償請求された時の対処法

海外旅行でトラブル!物を壊して賠償請求された時の対処法 今回は海外での弁償に関することでトラブ

記事を読む

コンプライアンスがサラリーマンの仕事を嫌いにした?=元保険会社勤務のFP

  コンプライアンスと保険業界 はじめに 今までのこのブログの趣向とは少し違

記事を読む

海外から見れない動画やサイト(中国のフェイスブック等)をVPNで見る方法

 海外からは見ることが出来ない動画やサイトがあります 今や多くの日本人が海外に行くようになりま

記事を読む

2017年版韓国の女性グループの人気ランキング:1位はあのグループ?

韓国女性グループの人気ランキング 2017年版 日本では昔ほどの人気ではなくなりましたが海外では特

記事を読む

フールーhuluとユーネクストU-NEXTを使っての比較!海外から見る方法とは

フール―・huluとユーネクストUーNEXTの内容比較と海外から見る方法 ユーネクスト(U-N

記事を読む

海外旅行でクレジットカードを持つ理由とは?JCBプラザが凄い!タイ移住FP

海外旅行にクレジットカードを持って行ったほうが良い理由とは 海外旅行に持って行ったほうが良いも

記事を読む

タイで車やバイクの運転で注意すること!日本の交通ルールとの違いを説明

タイで車やバイクを運転する時に注意すべきこと! 今回はタイで車を

パタヤで最も美味しいハンバーガーはバーガーマップがおススメ!海外旅行FP

バーガーマップはパタヤ・ナクルアでおススメのハンバーガーショップ

パタヤで美味しい日本食なら”元気”で決まり!全メニュー紹介:海外旅行FP

パタヤで美味しい日本食レストラン”元気” 白人の街というイメージ

タイ人が絶対喜ぶ!?お土産に最適な日本のお菓子はどれ?海外旅行FP

タイ人がお土産にもらって喜ぶ大好きな日本のお菓子の紹介 タイに行

小龍包もあるパタヤの美味しくて安い中華料理店”上海レストラン”そのメニュー紹介

パタヤのサードロードにある中華料理店”上海レストラン” 今回はパ

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑