*

タイのバンコクで食べれるご当地らーめんのなんつっ亭:海外旅行FPのブログ

公開日: : レストラン・バンコク・タイ

海外のバンコクでもご当地グルメを食べられるのは嬉しい!なんつっ亭

海外にいると無性に日本で食べた料理を食べたくなることがありますよね。

最近は海外では買うことも難しかったものもバンコクなどでは大分手に入るようになりました。

私の中でその待望の1つが、ご当地のラーメンでした。

タイでは日本食ブームが起こり多くの日本のチェーン店が進出してきました。

それでもタイで日本のご当地ラーメンが食べれる時代が来るなんて驚きです。

今回紹介するのは私の地元近くで食べに行っていた豚骨の黒マー油のらーめんの”なんつっ亭”です。

スポンサーリンク

今回ご紹介するお店:秦野の地元で人気店だった”なんつっ亭”

日本では東京に住んでいましたので、東京近郊の有名なラーメン屋は良く食べに行ってました。

神奈川方面で好きだったのは、その当時に人気爆発だった海老名の中村屋、春菊で有名な本厚木の本丸亭、トッピングが嬉しい相模原の壱発ラーメン、おばさんの作る町田の雷門、そして黒マー油で話題なった秦野のなんつっ亭でした。

当時はどこも開店と同時にお店の外に10人・20人並んでいることも普通な人気店ばかり。

味に関しても文句なしのお店でしたね。

そんな地元の有名店というイメージのお店だったなんつっ亭がバンコクのサイアムパラゴンにお店を出すと聞いたときは驚いたものです。

中村屋のオーナーは若き料理の天才と騒がれていたので国際的な活躍をしても不思議はない感じでしたが、なんつっ亭のオーナーはヤンキー上がりで根性でラーメンだけ無骨に作るイメージを持っていたので、多店舗展開して海外進出するなんて意外な話でした。

実際なんつっ亭の駐車場の車はチバラギ仕様とまではいかなくてもVIP系の車が多かったですからね。

そんななんつっ亭が海外進出です、人生いろいろあるものです。

下はなんつっ亭のタイのフェイスブックです。

お店のフェイスブック:https://www.facebook.com/NantsutteiThailand/

タイには現在2点支店があり、どちらもサイアムパラゴンとエムクオーティエというタイの最高級デパートの中というヤンキーのイメージには合わない場所にあります。

そのおかげでどちらの店舗もBTSの駅前になりますからアクセスに関しては最高の立地と言えます。

サイアムパラゴン店

お店の住所:Nantsuttei, Siam Paragon、Shopping Complex Ground Floor, 991 Rama1 Road, Pathumwan,Bangkok 10330

お店の電話番号:+(66)2610-7635

お店の営業時間:10:00am-10:00pm 年中無休

サイアムパラゴンの行き方は下の記事で詳しく説明しています。

タイ最高級デパート・サイアムパラゴンにバンコク旅行で行きたい7つの理由とは!

エムクオーティエ店

お店の住所:B. FLOOR, 689 SUKHUMVIT ROAD ,KLONGTON-NUA, WATTANA, BANGKOK, 10110

お店の電話番号:+(66)2261-0214

お店の営業時間:10:00am~22:00pm 年中無休

エムクオーティエの行き方は下の記事で詳しく説明しています。

バンコク旅行の買い物ではエムクオーティエ:エンポリアム2を体験しよう!

なんつっ亭のクオリティーは大丈夫か?

しかし気がかりも、、、、、

実はタイには有名ラーメン店”桂花”も出店していました。

桂花は熊本ラーメンの雄で東京進出をしていて、私の好きなラーメン店・ベスト5に入るお店でした。

タイに出来た時に大喜びで食べに行ったのですが、正直、日本の桂花のターロー麺と比べると60点でした。

麺はゆるく、スープはぬるくてコクもあまり感じませんでした。

タイ人に味を教え込むのは簡単ではないので、この様なケースのお店は多くあります。

そしてそれ以上に難しいのはオープンの時の味を維持することです。

はたしてなんつっ亭のらーめんの味のクオリィーは大丈夫でしょうか、、、、、、

さぁでは訪問してのレポートといきましょう。2014-11-23 13.04.18 (640x480)

サイアムパラゴン店の内装

お店はサイアムパラゴンの1スペースを使うような感じですが、35席ということで席数は特に少ないということはありません。

壁には大将の絵が描いてありますね。確かに秦野のお店と同じイメージです。

お客さんの入りは良いようで、私も順番待ちをしました。2014-11-23 13.08.33 (640x480)

2014-11-23 13.08.31 (640x480)

エムクオーティエ店の内装

エムクオーティエ店の方が少し広く45席あり、オープンキッチンになっていて高級なラーメン店という感じがしますね。

ただお客さんに関しては割と少な目で寂しい感じがします。

日本では並んで食べていただけに気軽に食べれるのは良いのですが、撤退されてしまうと本末転倒なので頑張ってもらいたいです。

やっぱり少し高いんでしょうかね。

バンコクにあるなんつっ亭のメニュー紹介

メニューは日本とは少し異なるようですね。日本系の本格的なラーメン屋としては値段は安くはない方ですね。

これがなんつっ亭の代表的ならーめんの黒ゴママー油の入ったとんこつらーめんです。

スタンダードなラーメンが210Bです。こちらがもう一つの看板メニューは赤マー油のらーめんです。
これはカニのスープのらーめんなんですね。この価格はすごいな。
辛味噌らーめんは良いとして、ドラゴンらーめんとは如何に?
やけに水が高いなぁーと思っていたら、お茶が無料なんですね。

日系のレストランは水やお茶がフリーなのか、どうかが分かりにくいんですよね。
そしてこれが新メニューのつけ麺ですね。

バンコクにあるなんつっ亭の実食

では、なんつっ亭のらーめんの実食レポートといきましょう。

先ずはドリンクですが、フリーのお茶はアイスにしました。

お通しのスナックが付いてます。コーラを頼んだ時もスナックが付いてました。

黒マー油とんこつらーめん

日本で食べていたラーメンが黒ラーメンで、ついに登場しました。

心配していた味は、、、、、、、、、うん、合格!十分美味しかったです!

いやー、懐かしいなんつっ亭の味そのままです。

タイでこの味が食べれるなんて幸せです。2014-11-23 13.13.30 (640x480)

2014-11-23 13.14.15 (640x480)

赤マー油とんこつらーめん

赤マー油とんこつらーめんは思っていた以上に辛いですね。

タイ人も納得の辛さです。

日本のメニューにも赤をテーマにした辛いラーメンがあると思うのですがそれと同じ商品なのでしょうか?

それともタイ人が好むラーメンを大将が考えて作ったラーメンがこの赤らーめんなんでしょうかね?2014-11-23 13.13.50 (640x480)

2014-11-23 13.13.55 (640x480)

黒マー油とんこつちゃーしゅうめん

ちゃーしゅうめんは大きなちゃーしゅうが3枚でちゃーしゅうの出来もトロトロ系で美味しいですよ。

35バーツ高いだけなので、この価格差ならお得だと思いますね。 この黒い脂の液体が黒マー油です。

関東ではなんつっ亭のらーめんで有名になりました。

香ばしくコクがありらーめんの味を引き立ててくれています。
黄色いタマゴ麺ですが、九州系に味わいがある麵なんですよね。

私はこのなんつっ亭の麺が好きなんです。

つけ麺

なんとなんつっ亭に新メニューのつけ麺があります。

バンコクでもつけ麺が流行り出しているので追加したのでしょうか?

でも非常に心配です。

人気ラーメン店とは言っても看板メニュー以外はたいして美味しくないことも良くあるからです。

ということで、食べてみることにしました。

そしてきたのがこのつけ麺ですっ!かなりの太麺でらーめんのものとは別物ですね。予想に反してこの太麺の茹で具合と言い悪くないですよね。

これは意外と美味しいかも。
つけ汁です。なんつっ亭らしさは黒マー油が入っている点ですね。具も中々多くのモノが入っています。

むむっ!これは本当に美味しいのでは?
食べてみるとこれは本当に美味しいです。

つけ麺に良くある魚粉を使った豚骨ベースの濃厚なスープです。

麺も太麺がコシがあり味わいもあり、ちょっと驚くほど美味しかったです。

これはバンコクのフジヤマ55とつけ麺城と同じレベルだと思います。

これはおススメです。ぜひ食べてみて下さい。

なんつっ亭の紹介TV動画

バンコクのなんつっ亭を訪問したテレビの紹介動画ですね。

大将が自ら出演してなんつっ亭のらーめんの特徴を説明していますね。

大将が話すとこだけは日本語です。しかし大将のハチマキ?タオル?が相変わらず前過ぎです。

タイのバンコクで懐かしいご当地ラーメン・なんつっ亭のまとめ

いやいや、大満足でした。タイでこのレベルのラーメンが食べられるようになるなんて感激ですね。

海外に移住するとやっぱり日本の味が恋しくなったりしますからね。

しかしつけ麺のレベルには驚きました。

新商品なのですが、これも大将の作品なんでしょうか?黒マー、赤マーと並んで3枚看板となれるレベルだと思います。

ぜひ食べてみて下さい。

日本では並んで食べていましたから、ある意味バンコクですぐに食べれるのはお得なのかもしれないですね。

なんつっ亭は私もこれからも行きますので、後の心配は味が落ちないことを心から願います。

海外旅行保険が無料になるお得なクレジットカードを知っていますか?

海外旅行で病院に治療に行くと日本の健康保険は使えずに治療費が高額になることがあります。

(注:日本に戻ってから返金請求の制度はあります)

海外では盲腸の手術が200万円って話を聞いたことがありませんか?

実は海外の大きな病院で手術すれば日本の健康保険が使えませんから200万は普通の金額です。

私もタイで代々木公園で騒ぎになったデング熱で入院しましたが、2週間の入院で治療費は約133万円でした!

治療費が驚くほど高いので、皆さん海外旅行保険に加入してるんです。

でも海外旅行保険の保険料って意外と高いですよね?1週間程度でも3,000円とか5,000円とか、、、、、

これがもし無料に出来るとしたら嬉しいですよね?

その方法とは、海外旅行保険の付いた年会費無料のクレジットカードを持てば良いだけです。

裏技でもなんでもないんですよ、しかも無料で可能ですし。

注意して欲しいのは、クレジットカードの保険内容には違いがかなりありますから内容や利用条件を調べないといけません。

そこで元保険会社社員でバックパッカーの私が1番おススメの無料クレジットカードをコッソリ?教えます。

そのクレジットカードとは、エポスカードです。

そうです、皆さんが普通に知っている丸井の赤いカードです。普通すぎて意外ですか?

エポスカードの海外旅行保険の内容を見てみましょう。

x充実の保険内容ですよね。

特に海外旅行保険で最も大切な治療費の保険金額が病気治療270万円・怪我治療200万円と無料のクレジットカードの中で最高額なのが特徴です。

その他の優れた特徴としては

  • 海外に出た日から自動的に90日間保険が使える自動付帯
  • 提携病院ではお金が必要ないキャッシュレス支払い
  • 学生さんなども加入可能

そして何よりも年会費は無料なんです。

この補償内容が無料なんて素晴らしすぎますよねぇ。

当然ですが、丸井のカードですから買い物等の支払いに使えますしポイントも貯まったりもします。

そんなおススメのクレジットカードはこちらから見て下さい⇒エポスカード

クレジットカードの海外旅行保険をもっと詳しく知りたい方は更に詳しく説明した記事を読んで下さい。

”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”

クレジットカードを複数持った時の注意点やおススメのクレジットカード等も説明していますので、興味のある人は是非!

スポンサーリンク

関連記事

バンコクとシラチャの美味しいラーメン屋!つけ麺城(ジョー)の全メニューと食レポ!

バンコクとシラチャの美味しいラーメン・つけ麺城(ジョー)の全メニューと食レポ! 私はつけ麺が大

記事を読む

バンコクでも食べれる横浜家系らーめん内田家のレベルが高くて感動するよ!海外旅行FP

バンコクでおススメな美味しいらーめんの内田家は横浜家系らーめんです タイのバンコクは日本食がブ

記事を読む

バンコクで人気のCoCo壱番屋(ココイチ)!全メニューとその味:タイ移住FP

バンコクで人気のCoCo壱番屋(ココイチ) タイのバンコクに日本の有名外食産業のチェーン店が数

記事を読む

タイ・バンコクで大人気のスウィーツ屋マンゴタンゴが美味しくてオススメ!そのメニュー紹介

バンコクで人気のマンゴスウィーツ専門のカフェ”マンゴタンゴ” タイは常夏の国なので果物は本当に

記事を読む

バンコク旅行ではMKレストランで美味しいタイスキを食べよう!海外旅行FP

日本にも支店があるMKレストラン(MKスキ)はタイで一番人気のタイスキのお店です。 タイスキと

記事を読む

タイで人気なソフトクリームなアイスクリーム”デイリークイーン”

安くて美味しいアイスクリーム屋”デイリークイーン” タイで安くて大人気のアイスクリーム屋さんと

記事を読む

コピー品に注意!タイでもバンコクでなら本物のたこ焼きが食べれるよ

タイでもバンコクでなら本物のたこ焼きが食べれる コピー品が氾濫するタイのたこ焼き事情 タイで

記事を読む

バンコクやパタヤでも健康的で人気なサブウェイのサンドウィッチその全メニュー=タイ移住FPのブログ

サブウェイのサンドウィッチが意外と人気 日本にも多く店舗を構えるサブウェイはタイにもあり結構人

記事を読む

バンコクで有名な竹亭の日本食の食べ放題ビュッフェを食べてみる?全メニュー紹介

バンコクで有名な竹亭の日本食の食べ放題ビュッフェを食べてみる?そのレポート 私は学生時代はバン

記事を読む

ファーストフード対決・牛丼のすき家とカオマンガイのNO1屋台=海外移住の日常のブログ

日本とタイを代表するファーストフード  牛丼のすき家とカオマンガイの屋台 日本のファーストフー

記事を読む

パタヤで必ず行きたいシーフードレストラン・ピーチャが美味しくて安くて最高!メニューと行き方の紹介

パタヤ旅行では必ず行きたいシーフードレストラン・ピーチャ パタヤ

タイの観光旅行でマナーとルールの注意点!知っておいてトラブル回避!

トラブルを避けるためにタイの観光旅行で気を付けるべきマナーとルール

バンコクで人気のタイ料理レストラン:バーンクンメーのメニュー紹介と実食レポート

バンコクでタイ人にも人気のタイ料理レストラン:バーンクンメー バ

バンコクのタイスキ発祥のコカレストランの行き方とメニュー紹介:海外旅行FP

タイスキ発祥のバンコクの老舗”コカレストラン” タイスキはタイを

ホテルのデポジットにクレジットカードを使用する時の注意点とベストな方法とは?

ホテルのデポジットの支払い方法での注意点とベストな方法とは? 皆

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑