レストラン・バンコク・タイ

バンコクでふかひれスープで有名なスカラの食レポとメニュー紹介

バンコクで知らない人は居ない?スカラシャークフィン

バンコクでフカヒレというと、このスカラレストランを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

私の中では、ふかひれスープというとスカラを思い浮かべるんですよね。

ひつじ執事
ひつじ執事
日本だと高級で価格が高い料理を比較的リーズナブルな価格で食べれるのもタイ旅行の醍醐味だったりしますからね。

そんな料理の代表が、ふかひれスープだったり北京ダックだったりしますから、バンコクで食べておくのはおススメです。

今回は、サイアムスクエアの老舗のレストランであるスカラ シャークフィン レストランの実食レポートと全メニューの紹介です。

Sponsored Links

今回紹介するのはスカラ シャークフィン レストラン

タイの原宿と言われるサイアムスクエアにある中華料理レストランというかフカヒレスープの専門店です。

どうもバンコクには、スカラと名乗っているレストランが他にもあるそうですが、ここ以外にないそうなのでお間違いなく。

格式ばったレストランというより、フカヒレ専門店というように昼のランチに一人でフカヒレを食べるのにもってこいの気軽さがあります。

ひつじ執事
ひつじ執事
気軽とは言っても味の方は本格的なレストランと変わりませんから、お一人様にはホント助かりますよ。

実際私も一人でフカヒレが食べたい時には、必ずここに来ています。

◆お店の名前:スカラ シャークフィン レストラン

  • 英語の名前:Scala Shark Fin Restaurant
  • お店の住所:218-218/1, Siam Square soi1, RAMA1 Road, Bangkok
  • フェイスブック:https://www.facebook.com/ScalaSharkFin
  • お店のサイト:http://www.scalasharkfin.com/
  • お店の電話番号:02-252 0322
  • お店の営業時間:10.30 – 22.00
  • お店の営業日:年中無休
  • 対応言語:タイ語/英語

スカラ シャークフィン レストランの行き方

スカラ シャークフィン レストランは、サイアムスクエアの通り(ソイ)の中でもMBKに最も近いソイ1の丁度中央部に位置します。

ひつじ執事
ひつじ執事
BTSサイアム駅を降りて徒歩で3分程度ですから、迷うこともないと思います。

BTSサイアム駅では、サイアムスクエア側に進み(パラゴンの反対側)2番の出口の階段を下りて、Uターンします。そして最初のソイ1に入ってください。

そして30秒も歩けば日本語の看板が見えると思います。

地図でのスカラ シャークフィン レストランの場所:⇓

こんな感じで色々な言語で看板が色々ありますので、見落とすこともないでしょう。 隣もふかひれスープのお店なのでスカラを目指すのであれば間違えないように。 日本語が変っていうか、千鳥足の様に感じるのは私だけ(笑)

スカラ シャークフィン レストランの外装と内装

ワンブロック部分の建物のレストランなので、決して大きくはないです。

ひつじ執事
ひつじ執事
高級感は特別ないですが、老舗の歴史を感じる佇まいです。

店先には大きなフカヒレが飾ってあり迫力があります。 さぁ、では入ってみましょう!1階と2階が座席になっていますが、適当にどちらかに案内される感じです。

ひつじ執事
ひつじ執事
サービスという意味では大分テキトーなのですが、これぐらいの方が、こっちも気を使わなくて良かったりします。
それでも円卓などもありますから、大人数で中華料理を食べることも可能ですよ。

スカラ シャークフィン レストランのメニュー紹介

それではメニューを見ていきましょう。

一応、中華系のタイ料理は一通りメニューにありますし、味の方も本家と同じレベルですから美味しいですよ。

ひつじ執事
ひつじ執事
でもやはりここの主役は、ふかひれスープです。

ふかひれの大きさにより値段が違います。

最も小さい800バーツのスープでも日本のモノより大きなフカヒレが入っています。

おかずに品も頼んで、スープとして注文するなら800バーツでも、2・3人前は十分にあります。 中華鍋で強い火力で炒めたチャーハンも絶品です。

スカラ シャークフィン レストランの実食レポート

さぁ、実食といきましょう!

ひつじ執事
ひつじ執事
と言っても、最近はふかひれスープしか食べていなので、レポートもふかひれスープだけなんです。

一人でふかひれスープを食べてしまうので必要ないですが、取り皿はあります。 つまみのエシャロットというか、ノビルトいうか、そんな感じの野菜がフリーで出ます。 で、遂に着ました!ふかひれスープ800バーツ!

ひつじ執事
ひつじ執事
どーーーんっ!

ぐつぐつの熱々で出てきます。そしてこのフカヒレの量!!!

これを一人で食べるなんて、素晴らしい過ぎる! 掬ってみると、大きな形のしっかりしたふかひれではありませんが、量は結構入っていますよ。

一回掬えば必ずふかひれが入っている感じで、どこかななんて探す日本とは違いますね(笑)
蟹も一緒に入っています。 それでは食べるとしましょう!

先ずは付け合せとしてくる生のもやしを入れます。そして、これが私がふかひれスープだけ食べにくる理由ですがタイの麺:バミーもいれます。

ひつじ執事
ひつじ執事
そうです!ふかひれラーメンにして食べるんです!

おぉ!何と贅沢な!至福の時です。

因みにこの食べ方は、日本人の誰かが考えたそうで、語り継がれるように日本人が伝えている食べ方です。

タイ人がするのかは不明です(笑)

でも、お店の人ももう慣れたもので、麺を追加で頼めば何するか分かっているので注文もスムーズです。

別注文で来たバミーが、これです。  それをふかひれスープに入れてもやしと共によく混ぜると、はい!ふかひれラーメンの出来上がり!  このふかひれのスープが麺に良く絡んで美味しいんですよ。 トロミがありますから、麺とふかひれとスープの一体感が半端ないんです。

ひつじ執事
ひつじ執事
トロっ!ニュルっ!とした食感に濃厚な出汁のスープがたまらに美味しさです。

これは他の品では味わえないモノですよ。 最後はお茶でさっぱりとして、フィニッシュです。

スカラ シャークフィン レストランを紹介しているタイの動画

スカラ シャークフィン レストランはタイで有名な老舗中華料理レストランなので、タイのメディアでも多く取り上げられています。

ひつじ執事
ひつじ執事
ここではタイのテレビで特集された動画を見てみましょう。

動画の雰囲気から老舗のレストランだということが伝わります。

サイアムスクエアにあるこの他のおススメなレストラン

サイアムスクエアには多くのデパートや観光スポット・レストランがありますが、ここは必ず行った方が良いレストランの記事をピックアップしました。

ひつじ執事
ひつじ執事
お昼をスカラで食べてショッピングして夕食は↓のレストランで食べるのなんてどうでしょう?

タイ料理レストラン:バーンクンメー

タイ料理で有名なバーンクンメーは老舗の味をリーズナブルに味わえますよ。

内装も昔のタイの様式で演奏もあって、誰もが満足すると思いますよ。

シーフード料理:ソンブーンシーフード

2016-11-06-19-22-38-640x480バンコクの超有名店のシーフードレストラン・ソンブーンがサイアムスクエア・ワンに支店を出しています。

本店は意外と行きにくいので、この支店で食べるのも良いですよ。

イサーン料理レストラン:ソムタムヌア

2016-11-06-11-57-05-640x480タイ東北部の地方料理であるイサーン料理の名店がソムタムヌアです。

飽きやすいタイ人なのに10年以上も行列が絶えない程人気を保ち続けるレストランですよ。

バンコクでフカヒレスープで有名なスカラのまとめ

今回は、バンコク人なら知らない人は居ないとも言われるスカラ シャークフィン レストランでした。

私も昔はフカヒレというと中華街に行ってましたが、今はここでふかひれラーメンを食べにくるのが定番になっています。

ひつじ執事
ひつじ執事
一人で気軽に昼間からふかひれが食べれるのが良いんですよね。

だって、ふかひれラーメンですよ?

こんな贅沢は、日本じゃ出来ないですよね。

サイアムスクエアにありますから、いつでも何かのついでに来れますしね。

皆さんもバンコクのスカラでふかひれラーメンを食べてみて下さいね。

海外旅行の時に加入する海外旅行保険を無料にする方法があります。

私は世界60ヶ国以上行ったことのあるバックパッカーで、ファイナンシャルプランナーとして保険会社で働いていました。そのため海外旅行と保険を合わせた実経験は誰にも負けないのではないかと思います。

そんな私が使っている海外旅行に持って行くと得をするクレジットカード最強の3枚の組み合わせがあります。

このカードを持つことで海外旅行保険には自分で加入しなくても病気や怪我での入院費は無料になりますし、荷物を無料で自宅に宅配できたり、盗難にあった時の緊急時にも海外でクレジットカードが再発行できるなど多くの特典を受けることが出来ます。

正に海外旅行には必須のクレジットカードと言えるのではないでしょうか?

海外旅行の保険料が無料になるだけでもお得ですからオススメですよ。

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。
オススメの関連記事