*

日本では買えないタイの中型バイクの紹介:CBR300RR・NINJA・Z・ベネリTNT300タイ製のバイクもっ!

 

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa-640x428

タイで売られている中型バイクの紹介:日本では売っていないバイクもあり

タイは南国で気候が良いとやっぱりバイクに乗りたくなるんですよねぇ。

実際に実用性と考えた時にも車だと渋滞が酷くて時間が掛かりますし、バスや電車や歩いて出かけるのも暑いと面倒ですしね。

それにバンコクだと車で出掛けると意外と駐車場を探すことに気を使うこともあってバイクってやっぱり便利なんです。

そんな理由からスクーターを買ってみたものの、バイクに乗ったことのある人はやはりミッション車が欲しいなぁなんて思う人もいませんか?

はいっ!私がそうなんです。

でも大型バイクは見栄やロングツーリングには良いのですが、やっぱり重くて気を使いますし普段使いも考えると中型のバイクぐらいがいいかなと思うんです。

そうですねぇー、125ccぐらいから400ccんのミッションバイクで軽くて気楽に乗れるのが良いなと考えました。

街乗りにはこのぐらいのサイズが最高ですからね。

そしてどうせタイに居るんだから日本には売っていないバイクなんてのもあるのかなと調べてみました。

今回はタイで売られている中型の街乗り用のバイクの特集になります。

スポンサーリンク

日本では売っていない日本メーカーのバイクもあります。

タイには日本の4大バイクメーカーは、全て本格的に参入しています。

ただし、中・大型バイクとなると現地生産をするのはカワサキが元祖でこの数年でホンダとヤマハも本腰を入れだしました。

スズキはまだ輸入車がメインで、これから始めるかどうかという感じですね。

本格的にタイでバイクの商売をするのであれば、メーカーは工場を作り現地生産をしないいけません。その理由は関税が掛かり日本の倍以上の車両価格になってしまうために現実的には商売にはならないからです。

そのために車種のラインアップは日本と比べると少ないです。

それに日本では250ccで売っているバイクは、グローバルスタンダードの300ccのエンジンが搭載されているのが普通です。

これって結構シャレがきいていて良くないですか?お前の日本の250とはちょっと違うんだぜ!見たいな感じで。

しかも信頼の日本製品ですから安心ですしね。

さぁでは、タイで売られている中型バイクを見ていきましょう。

先ずは日本のメーカーのバイクから。

カワサキ

ニンジャ300  185,500バーツ

ニンジャの300ccです。デザインが最高にかっこいいですね。

若かったらこれ乗っちゃうんだろうなぁ。

しかしここまで良いデザインだとニンジャ600と見分けがつかないし、むしろこっちの方がカッコイイかもしれない。

Z300    17,200バーツ

これはニンジャ300のネイキッドバージョンです。

いやーカッコイイ、最近の川崎さんはどうしちゃったのでしょうね、快進撃じゃないですか。

ただしこのバイク顔が兄貴のZ800と全く同じです。

そして白人にZ800が人気のために結構見かけます。

もしZ300に乗って白人のZ800に並ばれてしまったとしたら、、、、、、、、、なんか悲しい。

なぜ好きなバイクに乗っていつもZ800の存在に怯えて生きていかねばならぬのか、、、、、

ニンジャ250  135,000 バーツ

シングルエンジンを搭載してレーサーポジションの小型のSSモデルといういっちゃっているバイクです。

これを売るなんてカワサキもやりますね。

アジア向けの若者用に安いシングルエンジンでニンジャを造ったということのようですが、シングルエンジンでフルカウルのバイクなんてあまり存在しませんから貴重なモデルです。

私は大好きなコンセプトです。

でもタイでは余り売れてないみたいですね。

Z250  120,000 バーツ

ニンジャ250SLのネイキッドモデルです。

楽になったポジションから街乗りではその車重の軽さもあり乗りやすいモデルですね。

ただしこれもZ300の方が人気の様で余り見ません。

ヤマハ

YZF-R3 185,000バーツ

ヤマハもタイに本格的に中型バイクを投入すると宣言したことにより販売されたモデルです。

現在の300ccの最強スペックのバイクになります。

300㏄にしては安くない価格なのですが、タイでも人気が高くお金持っぽい若い子が乗っているのを良く見ます。

特にこのデザインは優秀で流石バイク界のオシャレ番長ヤマハのモデルという感じです。

タイでもカスタムされています。

MTー03  177,000 バーツ

R3のネイキッドモデルなんですが、あまり見かけませんね。

ちょっと外観のデザインは印象薄いかな。

SR400  265,000バーツ

SRも買えます。

私もSRは大好きなので、本当なら買いたいです。

でも、、、、、、、、、、265,000バーツは高すぎます。

流石に日本の値段を知っているだけにばかばかしくてこの金額は出せないですよね、、、、、、

タイでも人気があるし技術的にはインジェクションの部分を除けば40年も前のものですから、タイに工場造って安い値段でアジアで売ればいいのにって思うんですけどね。

なんでしないんでしょうね。

ホンダ

CBR300R    133,000バーツ

タイでも信頼の高品質で人気の本田のCBR300Rです。

マイナーチェンジしてカウルが変わりSS風のデザインでかっこよくなりましたね。

エンジンはシングルなので、性能的にはニンジャの300やR3には及びませんが価格はその分安いので、人気もあります。

でも性能的に劣ることはホンダ的には我慢できないことだったのかもしれません。

次のフルモデルチェンジで大きく姿を変える予定です。

CB300F  130,000バーツ

CBRのネイキッドバージョンで、今風のストリートファイターですね。

こっちの方がおじさんにはミスマッチではなく長く乗れそうな悪くないデザインですね。

シングルエンジンはこのバイクにはベストマッチですね。

CBR250RR 200000バーツ?

そして話題のニューモデル2気筒エンジンを積んだCBR300のダブルRです。

性能的に飛躍的に良くなり、ニンジャもR3も比較にならないという噂です。

タイも日本も2017年の発売を予定しています。

これはカッコいいですね。

本当にSSのデザインですからね、オジサンながら欲しいと思えてきてます。

しかもカスタムモデルもあるのですが、これが半端なくカッコいいっ!

これは欲しいわっ!

スズキ

GSX300RR 180,000バーツ

これもタイでの発売はまだですが、中国・インドでの発売は決まっているらしくおそらくタイも日本でも発売されると思います。

やっぱりGSXがないのは寂しいですからね。

スズキさん頑張ってください。

日本車以外のメーカーが生産・販売するバイク

タイでは日本車以外のバイクも意外と販売していて人気だったりもしているんです。

スクーターなどは台湾製も多いのですが、ミッション車もあります。

日本でも知られているメーカーもあれば、売られていないメーカーのバイクもありますので、見ていきましょう。

KTM

DUKE200・250・390

日本でもお馴染みで世界中で人気のKTMの人気シリーズDUKEです。

KTMはオーストリアのメーカーで元々は非常に高価なバイクばかりだったのですが、スモールDUKEと呼ばれるシリーズはインド生産のためにリーズナブルな価格で販売されています。

品質的には荒い部分が目立つのですが、乗り味に関しては日本車とは異なるもので気持ちが盛り上がるバイクです。

リーズナブルなのに豪華装備で、倒立フォークにホワイトパワーのサス、ブレーキフォースもメッシュで、リアのスイングアームなんてトラス形状ですし、リアタイヤは150もあります。

最近のこのクラスの日本のバイクなんてスイングアームは30年前の角材ですからね、悲しくなります。

タイでもディーラーがあるので購入も保証があり意外とおススメなバイクです。

2017年には新型が出る予定です。これがまた先進的なデザインで好き嫌いが出そうですね。

でも同じようなバイクになってしまう日本車よりメーカーの個性があって良いですね。

平成仮面ライダーにこんな顔のがいませんでしたっけ?

RÇ200・250・390

DUKEをフルカウルにしたモデルです。

中身は同じですから、ポジションとデザインの好みでDUKEにするかを決めていいんではないでしょうかね。

ベネリ

TNT300       139,000バーツ

このバイクデザインがかっこいいですよね。トラスフレームのようなフレームに倒立サスペンションでリアタイヤなんて160もあるんです。

値段もこの装備でCB300Fと変わらないならリーズナブルです。

で?、、、、、、、、ベネリって何処の会社ってことだけ、、、、、

どこの国、、、、発祥はイタリア!おっいいじゃん!で、、活動休止、、、中国の会社が買収、、、、

現在は中国の傘下、、、、ですか、、、、、

かっこいいだけどなぁ、、、、

中国製かぁ、、、バイク屋の置物になっちゃうのはやだなぁ、、、

実はベネリは昔はイタリアの名門のメーカーなんですね。

タイでは流行った映画で主人公が乗っていたバイクがベネリだったとかで人気になったそうです。

カスタムベースとしても人気の様です。確かにこれはカッコいいですね。

TNT25       94,900 B

250CCのモデルはかなりのお買い得価格ですね。

Stallions

Centaur 150     65,000B前後

そしてこのCentaur 150というダサカッコイイ、クラシックスタイルのバイクです。

これはStallionsというメーカーが作っているバイクなのですが、このメーカー実はタイのメーカーなんです。

私も調べていてタイのバイクメーカーなんてないと思っていたので、おお!と思いました。

タイに住んでいるんですからタイのバイクメーカーのバイクはチョット良いかなと思うんです。

タイ人受けは間違いなく良いですよね。

バイク大国の日本人がワザワザタイ製のバイクに乗ってやがるぜ!見たいな感じで喜ぶと思うんですよね。

問題はやはり壊れるんだろうなということ。それとタイ製エンジンの150ccは流石に非力すぎるんだろうなと思うんですね。

最悪スクーター以下も有り得ると思うんです。

初めて見たときになんかノーマルのダサさがSR400に似てるなと思ったんです。

まさかと思って調べていくと、私の勘が当りました。

このバイクはプアマンズSRだったんです。

タイ人がSRのようにカスタムするベース車両だったんです。

カフェスタイルがメインですが、これが結構センス良くカスタムされているんです。

下の動画はバンコクのカスタムショップ”ゼウスカスタム”で弄られたバイクです。

スカチューンにセパハンで、ぺっタンコのシートが最高にかっこいいです。

マフラーもブラックペイントでクラシック風ですね。

こっちはアメリカンカフェのようなスタイルですね。

ライトは小さめですね、ベイツライトかな。

これもまたちょっとトラッカーを感じさせるカフェスタイルですね。

このバイクはこのショップのデモカーみたいです。

プロモーション動画もありました。

エンジン音も良いですよ。

Centaur Siam 64900バーツ

上のCentaur 150をメーカーの手でカフェスタイルにしたモデルです。

GB250みたいな感じで、オシャレですね。

Centaur 400   115,000

排気量も400ccとなり本格的にSR400のパクリかと思いましたが、、、、、、こちっちのデザインの方が好きかも。

Centaur 250 69,800

250ccのCentaurもあります。

当然ですがカスタムも盛り上がっていますね。

Buccaneer 250i 108,000バーツ

そしてCentaur 250のメーカーカスタムモデルがBuccaneer 250iです。

これはカッコいいかもっ!欲しいですね。

BMW

G310R 230,000バーツ?

このモデルはBMWが新しく発売する新開発モデルG310Rです。

BMWがエントリーユーザー向けにシングルエンジンで気軽に乗れるバイクとして開発したモデルです。

同クラスのモデルの中では価格的には少し高いのですが、BMWのバイクと考えると安いと言えるかもしれません。

フロントフォークも角度を見ても街乗りに最適なモデルとなるでしょうし、これにBMWのジェントルな乗り味を出せているなら面白いでしょうね。

これブレーキキャリパーがバイブレなんですが、インド製のブレンボのブランドだと思うのですが、インド生産なのでしょうか?それともキャリパーだけ?

しかしこれは面白そうなモデルですね、シングル好きの私としては興味大のモデルです。

安っぽくないシングルのバイクが貴重だったりしますからね。

タイで売られている中型バイクの紹介のまとめ

どうでしたか?意外と多くの選択肢がありますよね。

最初は私もCB300FかNINJA250SLあたりが欲しいなって思っていたのですが、これはCentaurもカスタムするという前提で欲しくなってきました。

だって元々の車両価格が安いですからこれに30000Bも改造すればかなりカスタムしたバイクになりますからね。

それでもSR400より安いのなら悪くないですねぇー。

でも問題はパタヤでカスタムするショップで良いお店があるかですね。

日本語のマニュアルがないですから良いショップがないと自分で簡単なところは弄れても難しいことは任せないといけないですからね。

本気でショップを探してみようかな。

私はバイクをカスタムするのが好きなので弄れるバイクが好きなんです。

この辺は国が変わっても年を取っても趣味は変わらないですからね。

海外旅行保険が無料になるお得なクレジットカードを知っていますか?

海外で病院に行くと日本の健康保険が使えずに治療費が高額になることがあります。

(注:日本に戻ってから返金請求の制度はあります)

海外では盲腸の手術が200万円って話を聞いたことがありませんか?

実は海外の大きな病院で手術すれば日本の健康保険が使えませんから200万は普通の金額です。

私もタイで代々木公園で騒ぎになったデング熱で入院しましたが、2週間の入院で治療費は約133万円でした!

治療費が驚くほど高いので、皆さん海外旅行保険に加入してるんです。

でも海外旅行保険の保険料って意外と高いですよね?1週間程度でも3,000円とか5,000円とか、、、、、

これがもし無料に出来るとしたら嬉しくないですか?

その方法は、海外旅行保険の付いた年会費無料のクレジットカードを持てば良いだけです。

裏技でもなんでもないですね、しかも無料ですし。

ちょっと注意して欲しいのは、各クレジットカードの保険内容は違いがありますから内容や利用条件を調べないといけません。

そこで元保険会社社員でバックパッカーの私が1番おススメの無料クレジットカードをコッソリ?教えます。

そのクレジットカードとは、エポスカードです。

そうです、皆さんが普通に知っている丸井の赤いカードです。普通すぎて意外ですか?

エポスカードの海外旅行保険の内容を見てみましょう。

x充実の保険内容ですよね。

特に海外旅行保険で最も大切な治療費の保険金額が病気治療270万円・怪我治療200万円と無料のクレジットカードの中で最高額なのが特徴です。

その他の優れた特徴としては

  • 海外に出た日から自動的に90日間保険が使える自動付帯
  • 提携病院ではお金が必要ないキャッシュレス支払い
  • 学生さんなども加入可能

そして何よりも年会費は無料です。

いやぁ、この補償内容が無料なんて素晴らしすぎますよねぇ。

当然ですが、普通の丸井のカードですから買い物等の支払いに使えてポイントが貯まったりもします。

そんなおススメのクレジットカードはこちらから⇒エポスカード

クレジットカードの海外旅行保険をもっと詳しく知りたい方は更に詳しく説明した記事を読んで下さい。

”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”

クレジットカードを複数持った時の注意点やおススメのクレジットカード等も説明していますので、興味のある人は是非!

スポンサーリンク

関連記事

バンコク旅行のタイのお寺での禁止行為とは?礼儀やお参りの仕方を説明

タイのお寺の禁止行為に注意!礼儀やお参りの仕方を覚えましょう タイ旅行での観光にはやはりお寺巡

記事を読む

タイでのトラブルを避けるべき理由!タイ人との喧嘩は危険です:海外旅行FP

タイでのトラブルを避けて海外旅行を楽しい思い出にしましょう 海外に旅行で来たり住んでいると誰も

記事を読む

タイの家では断水になるとタンクが頼り:海外移住の日常と不動産

各家庭に置いてある断水時用のタンクとは 今回は日本には無い給水の仕組みを説明したいと思います。

記事を読む

タイ移住した私のオススメ②=毎日、コンビニのブログ 

    タイ移住した私のコンビニで買えるオススメの第2弾を書きた

記事を読む

困ったときは、フードランド

困ったときのフードランドっ!   パタヤに住んでる人は直ぐに意味が分かると思い

記事を読む

プライド男祭り再び!大晦日に高田延彦参加の格闘技イベント・ライジン開催

大晦日に旧プライド勢の新総合格闘技イベント:RAIZINライジン開催決定! 先日、日本格闘技が

記事を読む

タイ旅行ではバンコクのスワンナプーム空港での両替がおススメな理由とは?海外旅行FP

タイの旅行でスワンナプーム空港でのバーツへの両替はどこが良いのか? 海外の国に旅行で着いた時に

記事を読む

タイマッサージをタイバンコク観光旅行で受けよう!メニューとその方法を解説

タイ・バンコク旅行のお勧めはタイマッサージ!そのメニューと受け方を説明 タイ旅行では楽しいこと

記事を読む

更に驚いた!タイのコンビニの真空パックのお弁当が凄く美味しい=海外移住FP

タイのコンビニエンスストアのお弁当 前回はタイのお弁当の話をして、レポートに関しては先ずは日本

記事を読む

動画サイトDTVを海外から視聴する方法:実際に約1年使用した感想

映画テレビの有料動画サイトのDTVを海外から視聴する方法:実際に1年見みた感想 DTVはNTT

記事を読む

海外旅行保険はテロや戦争の怪我などには使えるのか?海外移住FP

クレジッットカードの海外旅行保険はテロ行為や戦争・内乱で怪我した時

実際に私が旅行した感動の世界遺産ランキングベスト10!

実際に旅行した世界遺産の感動したランキングベスト10! バックパ

パタヤの絶景レストラン”リンパ・ラピン”:バンコクセレブが絶賛!

バンコクのセレブに人気のパタヤの絶景レストラン”リンパ・ラピン”

海外のスキミングは更に巧妙に!アジアに広がる手口とその対策とは?

スキミング犯罪は更に巧妙になりアジアのタイやバリなどで被害が増加傾

海外旅行でクレジットカードを持つ理由とは?JCBプラザが凄い!タイ移住FP

海外旅行にはクレジットカードを持って行ったほうが良い理由とは?

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑