*

海外在住でも出来る趣味や賭け事が楽しい!ネットゲーム・競馬やサッカーのTOTOくじ

公開日: : 最終更新日:2016/10/06 海外移住の基礎知識

トウカイテイオー

海外在住でも出来る趣味(賭け事):競馬とTOTO

海外に住むとは言っても現代はインターネットが普及してくれたおかげで日本と変わらずに出来ることが多くなりました。日本のテレビ番組も普通に見れますしラインやスカイプのおかげで時間を気にせずに無料通話も出来ますしチャットも出来ます。動画を送ることも出来ます。

随分と世界が変わってきたものです。

それにより趣味に関しても大きく変わって日本と同じように出来るものが増えました。昔では考えられなかったようなことが海外に居ても出来てしまいます。

今回は私が驚く海外でも趣味に出来るものです。賭け事が多いのは販売店に規制が掛かっているためにネット販売に積極的に取り組んだからなのでしょうね。

JRAの競馬

aeeeee

実は私は競馬が好きなんです。でも学生時代からやっていますが、トータルでは負けています。好きな馬が出来応援馬券を買ってしまうので、そりゃ-勝てません。私情を入れたら絶対に勝てないと分かっているんです。

でも負けてもいいんです、だって”競馬はロマンですからっ!

欧州から格下と見下されてきた日本馬が彼らのプライドの塊のような至極のサラブレッドを負かして世界1を取る!これが長年の日本競馬会の悲願です。これを実現するために毎年のように日本のトップ馬が挑戦しているんです。

ちなみに私に1番感動を与えてくれた馬はトウカイテイオーです。

↓これが最高のレースです。

奇跡の復活!有馬記念(1993年):トウカイテイオー

トウカイテイオーは前年の有馬記念で怪我をしてしまい1年ぶりのレースとなります。その間には勢力図画が激変、もうトウカイテイオーの時代は終わったと囁かれていました。しかも本来競馬で1年休養してぶっつけ本番でレースを走るなんてことはありえません。このローテイションの時点で誰もが諦めていました。

もうトウカイテイオーは怪我が原因で走れなくなり今回は引退のお披露目レースなのではないかと思われていてのです。

人気は4位でしたがそれは応援馬券で本当の意味での勝率予想ではありませんでした。しかもこの年はG1フォース8頭というメンバーで菊花賞を勝ち勢いに乗る年度代表馬ビワハヤヒデも参戦し過去最高の有馬記念となりました。

誰もがトウカイテイオーはまともに走れるのか?といぶかしむなかレースが始まります。

今でも映像を見ると私は胸いっぱいになって涙が出てきます。これほどの絶望的な状況で完璧な強さを見せたビワハヤヒデをねじ伏せる病み上がりのトウカイテイオーの姿が輝いて見えます。

トウカイテイオーのこの姿をみて周りから何を言われても、人は自分を信じて頑張ることが大切なんだと学びました。(人ではないですが、、、、、、)

ん?話がちょっと逸れましたね。

そうなんです。

そんな人生の教訓を学べる競馬も海外で楽しめるということです。

 海外で競馬をするために

先ずは、JRAでA-PAT会員になるか、即PAT会員になると出きるのですがA-PAT会員は専用口座が必要だったり土日に入出金出来なかったりするので、即PAT会員を選ぶ人が多いです。

即PAT会員は、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・楽天銀行・ジャパンネット銀行・住信SBIネット銀行の普通預金口座をお持ちなら直ぐに加入出来ます。ただ管理の問題があるので、今使っている三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行ではなく、専用の新しいネット銀行を作られたほうがいいと思います。

やはり賭け事ですので使って良い金額を決めて入金しておくのが熱くなって使いすぎたなんて話になりにくいですし、トータルで勝っているのか負けているのかが明確になりますので良いと思います。その点楽天銀行は画面が見やすくてオススメです。

JRA即PAT専用銀行口座の申し込みはこちらから→楽天銀行 口座開設

JRAの即PATの会員への申し込みへはこちらから→即PAT会員申し込み

サッカーのTOTOくじ

aeeee

海外の1番人気のスポーツと言えばサッカーですよね。地元の彼らが熱く観戦している理由はお金が掛かっているからだったりもするわけです。しかもその興奮度合いが半端ない。マジで道頓堀に飛び込みそうな勢いです。そんな姿を見ているとやはりこちらもやりたくなってきますね。

JリーグサッカーのTOTOくじもネット対応になりましたので海外でも問題なく出来ます。

aeee

 

しかも対象を世界に広げていてイギリスのプレミアリーグやドイツのブンデスリーガも対象になってます。香川真司:ボルシア・ドルトムント・内田篤人:シャルケ・岡崎慎司:FSVマインツなど日本人選手も活躍していてニュースも良く目にしますし誰もが気になっているリーグですね。

欲をいえば香川が嘗ての輝きを取り戻してくれればもっと見たいのですが、、、、、、

ネット申し込みは楽天サイトが便利でオススメです→楽天toto

楽天TOTOではBIGも買えるんですね。

予想に関してもネットで情報は手に入るので海外に居るハンデは特にないでしょうね。

TOTOくじ予想サイトもありますよ→TOTOワン

ナンバーズ

調べているとナンバーズもネットで買えるんですね。

ae aee

ナンバーズは私はやったことがないので魅力がわからないのですが、元々買っていた人が海外転勤になったりすればネットで出来て海外でも買えることは嬉しいでしょうね。楽天銀行でも出来るようですが、他の銀行でも出来る可能性もあります。

楽天銀行口座の申し込みはこちらから→楽天銀行 口座開設

まとめ

競馬にせよJリーグにせよ海外に居るのに部屋に戻れば日本と同じように馬券やくじを買ってゆっくりテレビ観戦が出来るっていいもんですよ。私は競馬のシーズンの日曜日のビッグレースがある時はビールとつまみを用意して家でテレビ観戦です。

まぁ日本と変わらないですね。

こんな生活が出来るのはネットが普及したおかげで本当に有難い話ですよね。

どうですか、そんな海外生活は?

海外からでもフールーなどの国内限定サイトをみる方法があります。

海外から国内限定のサイト(GYAOやフールー・hulu等)を見る方法”でご確認ください。

関連記事

フールーhuluとユーネクストU-NEXTを使っての比較!海外から見る方法とは

フール―・huluとユーネクストUーNEXTの内容比較と海外から見る方法 ユーネクスト(U-N

記事を読む

海外旅行でクレジットカードを持つ理由とは?JCBプラザが凄い!タイ移住FP

海外旅行にクレジットカードを持って行ったほうが良い理由とは 海外旅行に持って行ったほうが良いも

記事を読む

海外から見れない動画やサイト(中国のフェイスブック等)をVPNで見る方法

 海外からは見ることが出来ない動画やサイトがあります 今や多くの日本人が海外に行くようになりま

記事を読む

タイが大好きな人が移住するとなぜタイが嫌いになるのか?海外移住FP

大好きでタイに住む人が数年でタイやタイ人を嫌いになる理由 実はタイに住んで2・3年が経つとタイ

記事を読む

飛行機から荷物が出ない!ロストバッゲージの補償と対策とは?海外旅行FP

空港でカバンが出てこない時のロストバッゲージに関する補償と対策 空港のイミグレーションで入国の

記事を読む

無料クレジットカードの海外旅行保険が危険な理由と対策とは?海外移住FPのブログ

無料クレカの海外旅行保険が恐い意外な理由 海外旅行に行った先で体調不良になってしまい病院に入院

記事を読む

飛行機は前方席と後方席のどちらが危険か?墜落事故の生存率は?

飛行機で墜落事故が起きた時には、どの席が1番安全なのか? 最近は飛行機事故が本当に多いですね。

記事を読む

海外旅行保険はテロや戦争の怪我などには使えるのか?海外移住FP

クレジッットカードの海外旅行保険はテロ行為や戦争・内乱で怪我した時には使えるのか? 世界各国で

記事を読む

エコノミストが発表する生活費の高い世界の都市ランキング=海外移住FPのブログ

生活費の高い世界の都市とは? 海外に移住する人や転勤などで住む人や旅行で行く人も宿泊費や食事代

記事を読む

海外移住にベストな国ランキング2016のアジアの評価は?インターナショナルリビング・ドットコム誌

  アジアの国は海外移住するのにベストな国ランキング2016で何位? 前にこの

記事を読む

タイ旅行ではタイ料理が格安で美味しいフードコートに行こう!その使い方を解説

タイ旅行やバンコク旅行で絶対におススメするフードコート(クーポン食

パタヤで必ず行きたいシーフードレストラン・ピーチャが美味しくて安くて最高!メニューと行き方の紹介

パタヤ旅行では必ず行きたいシーフードレストラン・ピーチャ パタヤ

タイの観光旅行でマナーとルールの注意点!知っておいてトラブル回避!

トラブルを避けるためにタイの観光旅行で気を付けるべきマナーとルール

バンコクで人気のタイ料理レストラン:バーンクンメーのメニュー紹介と実食レポート

バンコクでタイ人にも人気のタイ料理レストラン:バーンクンメー バ

バンコクのタイスキ発祥のコカレストランの行き方とメニュー紹介:海外旅行FP

タイスキ発祥のバンコクの老舗”コカレストラン” タイスキはタイを

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑