タイ旅行の基礎知識

バンコク・スワンナプーム空港からパタヤへ行くベストな方法を解説

バンコクからパタヤへのタクシーやベルトラベルのバスの予約方法も解説

バンコク新国際空港つまりスワンナプーム空港に降り立ってパタヤに行こうとすれば、最初に決めないといけないのはその手段ですよね。

いくつか選択肢がありますから、どれがいいのか?もしくはどれが自分に合っているのかと誰もが考えると思います。

ひつじ執事
ひつじ執事
そこで今回は、スワンナプーム空港からパタヤまで行く方法を、私の独断でベストを決めてしまおうと思います。

それぞれの方法の申し込み方法やメリットとデメリットを検証してみたいと思います。

その結果からパタヤに行くベストな移動方法を導き出しましょう。

さぁパタヤへ行くのは、タクシーかバスか、どこの会社にしましょうか?

Sponsored Links

スワンナプーム国際空港からパタヤに行くならタクシーかバスの2択!

バンコク新国際空港のスワンナプーム空港からパタヤに行く方法には、残念ながら電車はありません。

その為に主にタクシーとバスに分かれ、そしてそれぞれがまた会社で2つに分かれます。

先ず考えるのは、タクシーかバスかどちらにするのか?

この選択の基準は、コストと時間の問題と快適性の3点で計られると思います。

ひつじ執事
ひつじ執事
まぁ言ってしまえば、誰だって本当はタクシーの方が良いわけですけど、お金は無限にあるわけではないので普段から節約しましょうと日本人は心掛けるわけですよね。

節約は日本人の美徳ですからね。

全ては費用対効果がどうかということですので、4つの手段の特質を検証してみましょう。

スワンナプーム空港からの方法①タクシー

ひつじ執事
ひつじ執事
では、先ずはタクシーという選択肢を考えてみましょう。

タクシーの場合は1時間半から2時間程度でパタヤに着きます。

タクシーを利用する上でのメリットとデメリットを、に書き出してみます。

タクシーの主なメリット

  • 乗り換えや待ち時間が少なく早く目的地に着けます。
  • 苦労が少なく楽で快適です。
  • 場所と時間に縛られないので、スケジュールが自由になります。

タクシーの主なデメリット

  • 唯一にして最大のデメリットがコストがは高いことです。
  • ただし多人数の場合で頭数で割れば一人当たりのコストは下がります。

タクシーの種類は、2種類あり!

スワンナプーム国際空港から利用できるタクシーは、主に2種類に分かれます。

それは空港でエントリーを管理している一般のタクシーのエアポートタクシーと、タイ空港公社が運営する高級車タクシーであるリムジンタクシーの2種類です。

それ以外でも、一般道に降りたり、空港に送りに来た一般タクシーを捕まえて50バーツの管理料を安くする裏技的な方法があったりもしますが、値段交渉がシビアで効果も疑問があるのでここでは説明を省きます。

しかもドンムアン空港ならともかく、スワンナプーム国際空港では、一般道に降りるのがかなり難しいので、タイに慣れたエキスパートの人しか実行できないと思いますしね。

ひつじ執事
ひつじ執事
意外とタイのタクシーは危険なこともあるので、50バーツで安全を買えるなら安いと思いますよ。

①リムジンタクシー

スワンナプーム国際空港の運営母体で提供されるハイヤーサービスです。時間的には自由が利き、24時間利用することが出来ます。

料金は、タクシーの車種と距離から決まります。

パタヤへは距離が115から130 kmとなり、車種別の料金は BMW 7:6,100バーツ、 ベンツ:4,500 バーツ、カムリ セダン:3,100バーツ、 カムリ ワゴン:3,500バーツ、いすゞ Mu-X:2,700バーツとなります。

申し込み方法は、特に予約が必要でもなくスワンナプーム国際空港に到着してからAOTリムジン受付カウンターで頼めます。

AOTリムジン受付カウンターはアライバルフロア(到着フロア)の出口A・Bの横にあります。

ひつじ執事
ひつじ執事
でも、、、、、2時間弱ですからベンツじゃなくても良いのではないでしょうかとも思いますけどね(笑)

お好きな人はどうぞ。

リムジンタクシー公式サイト⇒http://suvarnabhumiairport.com/en/115-limousine

②エアポートタクシー

国際空港のタクシーは空港で管理をしていて、50バーツの管理料を取る代わりに悪いことが出来ないように登録されていると共に基本的にメーターの使用が義務付けられています。

しかし長距離となるパタヤに関しては基本的に交渉制になると思ってください。

パタヤまでの料金は1000バーツから1800バーツ程度ですが、高速道路代も別な時と含んだ値段の時があるので、その確認もして下さい。

ただし外国人だと1000バーツから1200バーツはかなり厳しいラインだと思います。

ひつじ執事
ひつじ執事
1300バーツなら御の字ではないでしょうか。

最も細かく分かれている時には、タクシー代+高速代+管理料50バーツとなります。

高速代は料金所で自分で払うケースと、タクシーのドライバーが立て替えて払って最後にまとめて払うケースがあります。

ドライバーに寄って違うのですが、希望を言えばどちらでも基本的には可能です。 スワンナプーム空港のエアポートタクシーの乗り場は1階になります。出口から出ると自動の発券機が幾つか並んで立っているので、そこに並びチケットを発行してください。

このチケットに記入された番号のレーンの下に停まっているタクシーが、割り当てられた車種になります。

歩いてこの番号のレーンに行けば、タクシードライバーは待っていてくれます。

ひつじ執事
ひつじ執事
実はこのチケットが結構重要でタクシーのナンバーなどが分かるようになっているので、トラブルの際に必要になりますから、絶対に無くさないようにして下さい。

乗る際にドライバーに渡してしまう人がいるのですが、見せるだけでOKです。

スワンナプーム空港からの方法②バス

スワンナプーム空港からのバスは、エアポートバスとベルトラベルのバスと2種類があります。

バスでパタヤに向かった場合は、どちらであれ大差はなく2時間前後掛かると思って下さい。

ひつじ執事
ひつじ執事
次はタクシーに対してバスのメリット・デメリットと見ていこうと思います。

バスの主なメリット

  • 最大のメリットは、価格が安いという絶対的価値です。
  • ベルトラベルのバスは、ホテルまで送ってもくれるので、かなり便利でもあります。

バスの主なデメリット

  • 出発のタイムスケジュールが決められているので、時間を合わせる必要があります。
  • 次のバスが満席のこともあり、待ち時間が長くなる可能性もあります。
  • 他の人と乗り合わせなければならない為に、気を使ったり気窮屈な思いをしたりもします。
  • パタヤに着いてからも、ホテルに自分で移動する必要があります。
2014-12-30 11.58.00 (640x480)

スワンナプーム空港から出るパタヤへの直行バスの種類

スワンナプーム空港からパタヤへの直行バスは、エアポートバスとベルトラベルのバスの2種類があります。

どちらのバスも8番ゲートから出発します。

飛行機は2階のアライバルフロアーに着きますので、1階に下りてゲートの8番に向かうことになります。

ひつじ執事
ひつじ執事
結論から言ってしまえば、バスに関しては基本的にはベルトラベルの方がオススメです。

ベルトラベルのバスの方がチケット代は高いのですが、宿泊先のホテルまでミニバンで送ってくれますので、バスターミナルからのタクシー代も掛かりませんから、バス代の差額は回収できます。

特に初回の訪問時ではホテルの場所も分からないでしょうから、ミニバンでの送迎は大変助かります。更に言えば大きな荷物がある時にも嬉しいですよね。

ただしベルトラベルは本数が少ないので、ベルトラベルのバスが無ければパブリックを使うことになります。

それでは、この2種類のバスを詳しく見ていきましょう。

①エアポートバス

エアポートバスのチケット売り場は、8番ゲートの前にあり、バスも8番ゲートから出発します。

エアポートバスの料金は120Bです。

予約は出来ませんから、直接チケット売り場で購入することになります。

最終到着は、ジョムティエンのテップラヤ通りのバスターミナルとなります。

地図で見ると下の場所です。

エアポートバスはパタヤ内であれば、途中下車が可能です。

パタヤに慣れた人は、終点のジョムティエンに行くよりは、パタヤ中心部に近いスクンビット通りの路上で降ろして貰う方が良いと言っていたりもします。

しかしそこからは自力でソンテウかモーサイでホテルまで行くことになるので、初めての人はリスキーだと思いますね。

ひつじ執事
ひつじ執事
パタヤに慣れてない人は、素直にジョムティエンのテップラヤ通りの終着点のバスターミナルまで行きましょう。

バスターミナルの横のテップラヤ通りには、乗り合いソンテウが走っていてサウスパタヤを超えてセカンドロードを走ってノースパタヤのドルフィンロータリーまで行きます。

もう一方はジョムティエンのビーチロードを南に走ります。

乗り合いで乗れば、どちらも料金は10Bですし、その方がパタヤやジョムティエンのビーチや中心部に行くのは簡単だと思います。

エアポートバスのタイムテーブルは、午前7時から夜の22時まで1時間ごとに出ています。

そのためにベルトラベルのバスより時間帯は広くなりますから、ベルトラベルのバスがない時間帯の時には必然的にエアポートバスを選ぶことになります。

ただし21時と22時のバスだけは、途中下車は出来ず直接ノースバスターミナルに着きますので気を付けて下さい。

エアポートバス公式サイト⇒http://www.airportpattayabus.com/

8番出口は↓の写真になります。これがエアポートバスのチケット売り場です。 でも結構混んでるんですよね。

ベルトラベルのバス

ベルトラベルのバスの料金は250Bで、それにはホテルまで送迎するミニバン代も含まれています。

ハッキリ言ってこの料金は驚きの安さですね。

しかし問題は本数が少なく1日に8時、10時、12時、14時、16時、18時の6本しかないことです。

特に夜の便で着いた人は利用できないことになります。

実は注意点がもう一つあります。

ひつじ執事
ひつじ執事
それは現在のベルトラベルではバスのチケットを空港では販売していないという点です。

その為に利用するためにはインターネットのサイトで予約と支払いを済ませる必要があります。

昔は直接買うことも出来たのですが、今は基本的に不可能となっているんですよね。販売数よりも混乱を避けるメリットを取ったということですかね。

ベルトラベルのバスチケットの予約方法を解説

ベルトラベルのバスチケットを買うためには、インターネットで予約・購入しなければなりません。

ひつじ執事
ひつじ執事
ここではその予約方法を詳しく説明したいと思います。

ベルトラベルサイトは下になります。

ベルトラベル公式サイト( http://www.belltravelservice.com/)

上をクリックするか、アドレスをコピーしてアクセスしてください。

アクセスすると、下の画面のベルトラベルの公式サイトになります。 公式サイトの中段にbooknowがありますので、ここをクリック! すると入力画面に切り替わります。

スワンナプーム空港からパタヤ行を入力して、希望日とNo Of Seatsに希望の枚数も入力します。  希望日で乗車可能の時間が表示されますので、希望を選択。 スワンナプーム発パタヤ着の確認画面ですが、パタヤのどのホテルを希望するかを入力します。

赤い矢印の指す・・・のボタンをクリック!

するとドロップダウン式の別画面が立ち上がりますのでホテルを選んでください。

もし自分のホテルがない場合は、近くのホテルを選択しましょう。 ホテルを選択して、入力が成功すれば表示されます。

画面ではパタヤヒルトンを選択。 そして、メールアドレス・名前・苗字・電話番号・国籍・バッグの大きさを入力します。

矢印のコンタクトナンバーが電話番号です。

タイの電話番号がベストですが、日本の電話番号でも問題ありません。

バッグは20kgまでならフリーですが、それ以上は割増料金が掛かりますので、ここで選択してください。  入力項目の確認画面です。  矢印の注意事項の承認のチェックを入れて、右下のペイメントボタンをクリック! ここからは支払い用のカシコーン銀行の画面に切り替わります。

クレジットカードの種類・番号・セキュリティーコード・有効期限・名前・発行国・発行機関を入力してペイナウをクリック!
確認画面になりますから、問題がなければ、コンティニューをクリック!
支払いを日本円でするか、タイバーツでするかの選択です。

レートに寄るのですが、私の経験で言うとバーツを選んだ方が安いことが多かったです。
そしてクレジットカードに確認中の画面が出ます。

ただしここで注意するのはクレジットカードの種類によっては、クレジットカードのサイトに飛んでセキュリティーチェックをするクレジットカードもあります。

これは使用するクレジットカードに寄ってある時と無い時があります。 クレジットカードで買う人が取れると予約完了の画面となります。

おつかれさまでした!!そしてこれがEチケットとなります。

スタッフに見せる必要がありますからスマホに画面保存するか、プリントアウトしておきましょう。

ベルトラベルの待ち合わせ場所とバス乗り場

ベルトラベルには、コスト削減の為か、空港内にカウンターはありません。

なぜそんな不便なことしてくれる!と思いもしますが、無いものは仕方ありません。その為にスタッフと待ち合わせることになります。

ひつじ執事
ひつじ執事
待ち合わせの場所は、8番出口と7番出口のちょうど真ん中ぐらいの位置になります。

そこにベルトラベルのボードを持ったスタッフが3・4人待機しています。

出発時間の15分前に集合となっていますが、スタッフはもっと前からいますから早めに行っても問題ありませんよ。

もし出会えない時には電話をしてみて下さい。

スタッフの電話番号+66(0) 84-427-4606

下の写真の様に、いかにも点呼している感じのスタッフが待機しています。 彼らの持ち物にはベルトラベルのボードがありますのでこれも目印となります。スタッフと出会えたら予約の確認後にチケットが渡されて、荷物にはベルトラベルの管理票を貼ります。

そしてこの場所で出発時間まで待つことになります。 時間が来るとスタッフがバスへと案内してくれます。

バスは8番出口から出て2分ほど歩いたところに停車してあります。バスは可もなく不可もない感じです。 バスの中にはトイレもあるので、その点は安心です。 北バスターミナルに到着です。北バスターミナルの場所は、地図で見ると下の場所になります。

このバスターミナルからバンコクのエカマイやモーチットのバスターミナルに行くことが出来ます。

ノースバスターミナルからバンコク行のバスに関しては↓の記事を読んでください。

パタヤからバンコク:エカマイ・モーチットのバスは北バスターミナル

ここでミニバンに別れて乗って、各ホテルに送ってくれます。

パタヤ観光で役に立ちそうな記事を3つピックアップ

パタヤに行くのであれば、ぜひ読んでおいて貰いたい記事が幾つもあります。

ひつじ執事
ひつじ執事
その中でも3つほど選んでみましたので、良ければ読んで旅の参考にして下さいね。

パタヤ観光旅行では必ず行きたいレストラン15選

2016-08-18 18.55.06 (640x480)パタヤに来たら行ってもらいたいおススメのレストランを15軒ほど選んで紹介したいます。

全てのレストランに自分で実際に訪問しての評価となっています。

パタヤ観光旅行では必ず行きたいレストラン15選:実際に訪問してのお勧めレポート!

パタヤ旅行で絶対行くべきマッサージ店7選

2016-05-03 18.20.17-1 (640x480)タイに来たらやはりタイマッサージが楽しみな人も多いのではないでしょうか。

この記事ではパタヤでおススメのタイマッサージのお店を厳選して7店紹介しています。

パタヤ旅行で絶対行くべきマッサージ店7選!タイ在住者がおすすめ

海外旅行保険が充実の無料クレジットカードのベスト5

2015-11-02 17.44.49 (640x480)海外旅行をする上で必要な海外旅行保険が充実した年会費無料のクレジットカードがあります。

この記事では、ランキング方式でおススメのクレジットカードをベスト5を選んでいます。

海外旅行に持って行くべき無料クレカのランキング・ベスト5!保険も充実なクレジットカード

バンコクのスワンナプーム国際空港からパタヤへ行くベストの方法のまとめ

スワンナプーム空港からパタヤまで行く方法は、この4つの方法から自分にあったものを選ぶことになります。

友人や家族といる場合は、料金自体もそれ程差はありませんので素直にタクシーで良いと思います。

金銭的に余裕があるのであれば、その時もリムジンタクシーは別としてもエアポートタクシーで良いでしょうね。

それでは個人でパタヤに行く時のスワンナプーム空港からパタヤに来る方法のベストな選択は?

ひつじ執事
ひつじ執事
それはやはりベルトラベルのバスですよね。

1人で空港に着いた場合は、ベルトラベルのバスがある時間帯であれば迷うことなくベルトラベルのバスで決まりです。

快適ですしホテルまで送り届けてくれて250Bというのはコストパフォーマンス抜群です。

ベルトラベルが使えないときは、お金を掛けてタクシーを使ってしまうか、パタヤ到着後の苦労を容認してエアポートバスを使うかは個人の価値観だと思います。

しかし本当ならベルトラベルがもっと本数を増やしてくれると良いのですが。本数を増やしても十分なお客さんはいると思うのですが、何か理由があるんですかねぇ。

それでは気を付けてパタヤまで来てくださいね。

海外旅行保険が無料になるクレジットカードを知っていますか?

海外で病院に行くと日本の健康保険が使えずに治療費が高額になることがあります。

(注:日本に戻ってから返金請求の制度はあります)

海外では盲腸の手術が200万円って話を聞いたことがありませんか?

実は海外の大きな病院で手術すれば日本の健康保険が使えませんから200万は普通の金額です。

私もタイで代々木公園で騒ぎになったデング熱で入院しましたが、2週間の入院で治療費は約133万円でした!

治療費が驚くほど高いので、皆さん海外旅行保険に加入してるんです。

でも海外旅行保険の保険料って意外と高いですよね?1週間程度でも3,000円とか5,000円とか、、、、、

これがもし無料に出来るとしたら嬉しくないですか?

その方法は、海外旅行保険の付いた年会費無料のクレジットカードを持てば良いだけです。

裏技でもなんでもないですね、しかも無料ですし。

ちょっと注意して欲しいのは、各クレジットカードの保険内容は違いがありますから、内容や利用条件を調べないといけません。

ひつじ執事
ひつじ執事
そこで元保険会社社員でバックパッカーの私が1番おススメの無料クレジットカードをコッソリ?教えます。

そのクレジットカードとは、エポスカードです。

そうです、皆さんが普通に知っている丸井の赤いカードです。普通すぎて意外ですか?

エポスカードの海外旅行保険の内容を見てみましょう。

x充実の保険内容ですよね。

特に海外旅行保険で最も大切な治療費の保険金額が病気治療270万円・怪我治療200万円と無料のクレジットカードの中で最高額なのが特徴です。

その他の優れた特徴としては

  • 海外に出た日から自動的に90日間保険が使える自動付帯
  • 提携病院ではお金が必要ないキャッシュレス支払い
  • 学生さんなども加入可能

そして何よりも年会費は無料です。

ひつじ執事
ひつじ執事
いやぁ、この補償内容が無料なんて素晴らしすぎますよねぇ。

当然ですが、普通の丸井のカードですから買い物等の支払いに使えてポイントが貯まったりもします。

そんなおススメのクレジットカードはこちらから⇒エポスカード

クレジットカードの海外旅行保険をもっと詳しく知りたい方は更に詳しく説明した記事を読んで下さい。

”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”

クレジットカードを複数持った時の注意点やおススメのクレジットカード等も説明していますので、興味のある人は是非!

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。
オススメの関連記事