*

海外やタイのATMでカードキャッシングする方法と注意すべき怖い事とは?海外旅行FP

2014-08-27 18.44.45 (640x480)

タイや海外のATMでのキャッシングの際に気を付けるべき怖い事とは?

海外に行く時にお金をどうやって持って行くかは誰もが悩む所ですよね?トラベラーズ・チェックもなくなったので現金で持っていく分とカードを使って現地のATMで現地通貨を引き出すケースが多いと思います。

そんなクレジットカードやインターナショナルキャッシュカードを使ってATMから現金を出す際に気をつけて貰いたい怖いことがあるんです。

今回はこれらのカードを使って現地のATMでお金を引き出す方法をATMの画面の写真を使って説明したいと思います。

誰でも海外のATMを初めて使う時には誰でも緊張することと思います。英語が苦手だからなぁと悩んでいたりしませんか?

でも実はタイのATMは日本語対応のことが多いのです。

写真を使っての説明になりますから誰でも簡単に出来る様になると思いますよ。

そしてクレジットカードやインターナショナルキャッシュカードでATMから現金を出す際の最も注意すべきことも説明します。

スポンサーリンク

タイのATMでのキャッシング方法と気を付けるべき怖い事とは?

タイには非常に多くのATMが街中に設置されているので不便はありません。

各銀行の前やスーパーマーケット・デパートにもありますし、そして大抵のコンビニエンスストアの入り口の横には、どこかの銀行のATMが置かれています。

特にコンビニエンスストアの横はなんせ数が圧倒的ですから、大変便利です。

海外でクレジットカード等を使用するには、PLUS(VISA系)かCIRRUS(マスター・JCB系)のマークが付いているかを見て提携を確認するのですが、タイのATMに関しては基本的にどれも提携して使えると思って問題ないと思います。

ATMでクレジットカードやキャッシュカードでバーツを引き出す具体的な方法の説明

では、具体的にクレジットカード等を使ってどのようにしてATMからお金を引き出すか実際の画面を使って見ていきたいと思います。

今回は、アユタヤ銀行(タイ語ではクルンシー銀行)のATMを使いたいと思います。

今までは日本人か利用するタイの銀行といえば、バンコク銀行、サイヤム商用銀行、カシコーン銀行が抜きん出たトップ3でした。在タイ日本人にとってもこの3大バンクが多く取引のある銀行だったと思います。

ところが昨年にこのアユタヤ銀行は三菱東京UFJ銀行が買収しました。これにより、日本人の利用しやすい銀行と言う意味では変わるかもしれません。

三菱東京UFJ銀行がタイ法人をアユタヤ銀行と合併させてリテール分野を展開すると言われており、在タイ日本人に日本の銀行として初めてサービスをスタートさせることが予想されているからです。

これによりアユタヤバンクが、タイの銀行で1番日本人に馴染みある銀行となる可能性もあるのです。 

実際のATMを利用してみよう!

先ずこれがタイのATMです。アユタヤ銀行のシンボルカラーは黄色ということでかなり目立ちますね。

上にはATMとタイ語の銀行名の名前でアルファベットでクルンシ-と書いてあります。

アイフォン5C 002 (640x480)カードを入れると⇩の画面表示になりますので、暗証番号を押して、YESを押してください。

アイフォン5C 004 (480x640)Select Languargの選択ボタンがありますので、ここはENGLISH 中国的 日本語 と書いてあるボタンを押してください。

アイフォン5C 006 (480x640)ここでは当然、日本語を選択します。

アイフォン5C 007 (480x640)この画面では、引き出しを選択します。

アイフォン5C 008 (480x640)

金額の選択になります。

定額と自分で金額を入力できるようになっています。

表示のある500B,1000B,2000B,5000B,10000B,20000B,30000B,で良ければ希望の金額を選択して横のボタンを押してください。

自分で上記金額以外としたい場合は、その他(金額指定)を選択して入力画面で金額を手入力します。

その際には100バーツが最小単位になりますので、何十バーツは受け付けてもらえません。

それともう1つの注意点は各銀行により最高限度金額と最高限度枚数が決まっています。

引き出しの限度額

1日の引き出し限度額が各銀行で決まっています。

アユタヤバンク  最高限度金額 30,000バーツ 最高限度枚数 30枚

バンコクバンク  最高限度金額 25,000バーツ 最高限度枚数 25枚

カシコーンバンク 最高限度金額 20,000バーツ 最高限度枚数 20枚

気を付けないといけないのはATMでの1回の最高限度枚数も決まりがあるので、100バーツ1枚でも、1枚は1枚なので、金額の前に枚数で限度のなることもあり得ますので、気を付けて下さい。

アイフォン5C 009 (480x640)確認画面へと切り替わり、引き出し額とアユタヤ銀行の手数料が表示されます。

最近になってこの手数料が上がって200バーツになりました。まだ180バーツの銀行もあります。

この現地の銀行の手数料ですが、キャッシュカードでは取られるのですがクレジットカードにおいては貸金業法の規制から実際には取られません。

画面には表示させますので勘違いと言うか、当然、そう思いますよね。

アイフォン5C 010 (480x640)これで全て完了です。受け取り口からお金が出てきますので、タイバーツをお受け取りください。

アイフォン5C 011 (480x640)

でも気を抜くのはちょっと待ってください!

ここからちょっと注意が必要で、これが本題の怖いことになります。

タイのATMを利用した時に気を付けるべき怖いこととは?

実はタイのATMはお金が出てきた後にクレジットカードやキャッシュカードが出てきますので、非常に忘れやすいのです。

しかもカードを取らないでそのままにしておくとATMに入っていってしまいます。

これは忘れられたカードがATMにあるのを盗難されないようにと考えられた防犯対策システムなんです。

しかし1度ATMに飲まれてしまうとATMを管理する銀行と話さないとカードは取り出してもらえませんから大変なことになります。

どうしても人はお金を引き出しに行っているのでお金を受け取るとついカードの受け取りを忘れてしまいがちですし、お金を数えていたりしてカードをATMから出てきた状態にしておくとATMの中に取り込まれてしまいます。

お金を引き出しに行ってお金を忘れてくる人はいないと思いますので、ATMの利用時にはカードを忘れないことを先ず第一に考えるようにしましょう。

タイのATMでのキャッシング方法と気を付けるべき怖い事のまとめ

どうでしたか?これでATMの利用は気軽に出来そうですか?

特にその国に着いた時の空港では両替所や銀行はどこも確信的にレートが異常に悪いですからね、クレジットカードでATMで引き出すのが1番良いレートで現地通貨を手に入れられるのは間違いないです。

タイでも勿論そうですから、皆さん活用して下さいね。

そしてその際にはクレジットカードをATMに飲まれてしまわないように細心の注意だけは払うようにして下さい。

海外旅行保険が無料になるお得なクレジットカードを知っていますか?

海外旅行で病院に治療に行くと日本の健康保険は使えずに治療費が高額になることがあります。

(注:日本に戻ってから返金請求の制度はあります)

海外では盲腸の手術が200万円って話を聞いたことがありませんか?

実は海外の大きな病院で手術すれば日本の健康保険が使えませんから200万は普通の金額です。

私もタイで代々木公園で騒ぎになったデング熱で入院しましたが、2週間の入院で治療費は約133万円でした!

治療費が驚くほど高いので、皆さん海外旅行保険に加入してるんです。

でも海外旅行保険の保険料って意外と高いですよね?1週間程度でも3,000円とか5,000円とか、、、、、

これがもし無料に出来るとしたら嬉しいですよね?

その方法とは、海外旅行保険の付いた年会費無料のクレジットカードを持てば良いだけです。

裏技でもなんでもないんですよ、しかも無料で可能ですし。

注意して欲しいのは、クレジットカードの保険内容には違いがかなりありますから内容や利用条件を調べないといけません。

そこで元保険会社社員でバックパッカーの私が1番おススメの無料クレジットカードをコッソリ?教えます。

そのクレジットカードとは、エポスカードです。

そうです、皆さんが普通に知っている丸井の赤いカードです。普通すぎて意外ですか?

エポスカードの海外旅行保険の内容を見てみましょう。

x充実の保険内容ですよね。

特に海外旅行保険で最も大切な治療費の保険金額が病気治療270万円・怪我治療200万円と無料のクレジットカードの中で最高額なのが特徴です。

その他の優れた特徴としては

  • 海外に出た日から自動的に90日間保険が使える自動付帯
  • 提携病院ではお金が必要ないキャッシュレス支払い
  • 学生さんなども加入可能

そして何よりも年会費は無料なんです。

この補償内容が無料なんて素晴らしすぎますよねぇ。

当然ですが、丸井のカードですから買い物等の支払いに使えますしポイントも貯まったりもします。

そんなおススメのクレジットカードはこちらから見て下さい⇒エポスカード

クレジットカードの海外旅行保険をもっと詳しく知りたい方は更に詳しく説明した記事を読んで下さい。

”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”

クレジットカードを複数持った時の注意点やおススメのクレジットカード等も説明していますので、興味のある人は是非!

スポンサーリンク;

関連記事

a0070_000191

海外旅行の飛行機で気持ち良く寝るための3つのポイント

海外旅行の飛行機の中でスムーズに快眠するために 皆さんは飛行機の中でどのように過ごしていますか

記事を読む

a1180_014215

海外在住者が衆参議院の選挙に投票する方法=海外移住FPのブログ

海外に移住した人も在外選挙制度を利用して投票することが出来ます 2016年は参議院の選挙が7月

記事を読む

kkk

イスラム国がアジアテロ組織に拡散する!インドネシア・バリ島やジャカルタは安全か?

インドネシアにおけるテロの現状:日本人は安全か? 最近はイスラム国の話題が多くテロや誘拐といっ

記事を読む

2014-10-15 17.28.44 (640x480)

海外旅行でクレジットカードが使えない!その原因と対処法:海外移住FP

海外旅行でクレジットカードが使えないその原因と対処法とは? 海外旅行に行くのにクレジットカード

記事を読む

eeeeeeeeeeeee-637x286

ゴールドカードを永久無料で手にする方法!海外旅行保険やサービスが魅力

海外旅行保険が充実のゴールドクレジットカードを無料で手にする方法! ゴールドカードと聞くとサー

記事を読む

2016-08-16 16.49.12 (640x480)

バンコク・スワンナプーム空港のレストラン特集!美味しく快適に過ごすための下調べ!

スワンナプーム空港のレストランを見てみよう!格安のクーポン食堂もある タイを訪れたときや旅行を

記事を読む

2015-10-30 10.38.24 (640x480)

バンコクのドンムアン空港からパタヤへ行く7つの方法:タイ旅行FPのブログ

ドンムアン空港からパタヤへ行く7つの方法 最近はタイ・バンコクのドンムアン空港がまた存在感を取

記事を読む

a0002_001249

海外に移住したら日本の銀行口座はどうなるの?その時の注意点とは=海外移住FP

海外移住すると日本の銀行口座はどうなるのか?規定とその実体 早いもので5月になりました。も

記事を読む

p

海外旅行ならイミグレ・出入国は自動化ゲートが便利!利用方法と注意点を説明

海外旅行に行く際の出入国は自動化ゲートが便利 羽田や成田などから海外旅行に行く時に出国手続きを

記事を読む

2016-01-06 14.23.20 (640x480)

バンコク旅行で水道水は飲めるのか?タイのミネラルウォーターと世界で水が飲める国を説明

タイ・バンコク旅行では水道水は飲めるのか? タイに旅行で行くことになったらと思いますよね?タイ

記事を読む

Message

2016-07-10 19.37.00 (640x480)
バンコクとシラチャの美味しいラーメン屋!つけ麺城(ジョー)の全メニューと食レポ!

バンコクとシラチャの美味しいラーメン・つけ麺城(ジョー)の全メニュ

2015-01-20 15.30.27 (640x480)
タイ料理レストランでのマナーとチップを覚えてバンコク旅行を楽しもう:海外旅行FP

タイ料理レストランでの食事のルールやマナーを学んでタイ旅行を充実さ

a
海外旅行の盗難で保険金を確実に貰う方法とは?クレジットカードの保険でもOK!

海外旅行中に盗難にあった時の対応方法:海外旅行保険は使えるのか?

2016-04-08 11.49.46 (640x480)
ラン島よりおすすめ?パタヤで美しいビーチで泳ぎたいならナンランムビーチ!海外旅行FP

パタヤで美しい砂浜で泳ぎたいならおススメします。 パタヤってリゾ

2015-11-01 18.50.54 (640x480)
タイのチェンマイ観光ではサンデーマーケットに行こう!海外旅行FPのブログ

タイのチェンマイ旅行ではターペー門前のサンデーマーケットに行こうっ

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑