*

外こもりという生き方=海外移住FPのブログ

公開日: : 最終更新日:2016/10/06 FPのコラムとニュース, 海外移住の基礎知識

2014-12-31 12.22.38 (640x480)

外こもりという生き方と海外移住

皆さんは外こもりと言う言葉を知っていますか?

海外移住に関心のある方であれば知っている人が多いのかなとは思います。

海外移住を考えて調べていくとこの言葉は頻繁に目にするようになりますよね。

海外移住に対してかなり近い言葉ですが、イメージは持っていていても明確ではなかったりする人が殆どだと思いますので、外こもりとは何かとちょっと整理してみたいと思います。

スポンサーリンク

外こもりの定義

元々は”内こもり”と言う言葉を捩るかたちで使われるようになった俗語です。

ただし実態は日本の引きこもりのように部屋に引きこもって外界との接点を拒否するわけにはいきません。

外国で1人暮らしをするわけですから、住まいに関する手続きもあれば毎日の食事も自分で何とかしなければいけません。

では、自分で多くのことを行うのに通常に暮している人に対してどのような人を外こもりというのでしょうか?

一般的に言われる外こもりの大まかな特色をまとめてみました。

 

1、海外に移住もしくはロングステイをしている

最低でも半年以上ぐらいの滞在をしているか、周期的に日本と外国の長期滞在を繰り返している。

2、多くの時間を労働行為に費やしていない

会社員となる、会社や個人店舗の経営をする行為を行っている人は外こもりからは除外される。

ただし投資活動や部屋で個人で出来るフリーランスの仕事に関してや季節労働などはグレーで認められることが多い。

3.年齢は基本的には50歳未満を指す

年齢が高齢になってくると年金生活の人も多くなり経済活動をしていない人間がマイノリティーではなくなるために言葉自体の意義が薄れてしまうために高齢者を外こもりとは呼ばない。

4、日本の社会には積極的に関わっていない

日本社会からの長期的な団体活動などを継続していないことも特徴の1つである。

5.既婚者や子供が居る場合も外こもりではない

既婚者や子供が居て社会的な責任や経済的な責任を果たそうとしている場合は外こもりではない。

という事らしいのですが、独身でないといけないと言うのは良く分からないところですね。

 

このようになります。

基本的に長期的に安定的に日本の社会と関わりを持たないということが根幹のようです。

そしてあくまでネガティブなイメージを持っていますね。

これは日本人は”人は働いて社会貢献して行かねばならない”とい常識的な概念から逸脱した生き方ととなることに起因していると思います。

”自分の人生なので悔いのないよう生きたいように生きる”と常識的に捉えているとすれば、外こもりもまたネガティブな言葉にはならないはずですから。

2014-12-31 13.21.53 (640x480)

外こもりの歴史

元々外こもりとは海外旅行のバックパッカー(貧乏旅行)が、1つの街に長期で移動しなくなる”沈没”という行動から生まれたことのようです。

バックパッカーは、2・3泊で移動を繰り返して世界を旅することでした。

しかし格安のドミトリーに泊まり、バスの車中2泊3日なんて移動も通常で、言葉の通じぬ地を1人旅することは、体力的にも精神的にも疲れるものでした。

そのため居心地の良い街だと次の街に旅立つのが辛くなりついつい長期にその街に居ついてしまうことがあるのです。

これをバックパッカーは”沈没”と呼びました。

世界中に沈没のしやすい街があり、中国の大理・シーサンパンナ、インドのバナラシ・カルカッタ、ネパールのポカラ、トルコのイスタンブール、ハンガリーのブタペスト、ケニヤのナイロビなどが有名です。

その中でもバンコクは1番沈没しやすい街でした。

物価は安く食事は美味しく治安も良い。

そして近代的で設備も情報も日本食もあり、ハブ空港であるためカオサンロードにはに日本人の旅行者も多くいましたから。

旅の途中でバンコクのカオサンロードの安宿で沈没する人も多くいましたが、やがてバックパッカーのような旅はせずにバンコクに沈没しにだけ来る人たちが増えていきました。

そしてドミトリーの長期滞在はプライバシー上も厳しいために、価格的に余り変わらないカオサン周辺のアパートに移り住みカオサンに通っていたりしました。

それがより良いアパートを求めて日本人の多く住む環境を作りつつバンコク内に広がっていったようです。

これが外こもりを生む流れとなり、永住や長期滞在をするようになっていきました。

海外移住する上での1つの選択肢

外こもりという生き方自体私はネガティブなことだとは思いません。

引きこもりは自分以外の人間に依存することで成立するものですから良い事だとは思いません。

しかし外こもりに関しては、経済面もそうですし普段の生活も自分自身で対応しなければなりません。

自助努力でそれをクリアーして、外こもりをしているのであればそれは生き方や考え方の問題ではないでしょうか?

人生は意外と長いですし色々なことが起こります。

1時的に外こもりをして自分自身を少し楽にしてあげる時間も大切だったりするのかもしれませんし、会社員として家庭を持ち家を持ちという人生が全ての人の正解とは限らないかもしれません。

また外こもりの概念には当てはまらなくても、海外移住をしている人も大勢いますし人生それぞれなんだと思います。

自分自身が選ぶ選ばないに関わらず、外こもりという人生の選択肢を知っておいて損はないと思います。

これからこのブログでも、外こもりに関しての記述をしていきたいと思っています。

関連記事

外国人観光客が1300万人突破!なぜ日本がアジアで人気なのか?=海外移住FPのブログ

旅行先としての人気が急増する日本 近年日本に観光で訪れる外国人が急増しています。 特にア

記事を読む

海外在住者が衆参議院の選挙に投票する方法=海外移住FPのブログ

海外に移住した人も在外選挙制度を利用して投票することが出来ます 2016年は参議院の選挙が7月

記事を読む

国外から見れる!海外在住者にユーネクストUNEXTがお薦めな理由:タイ移住FP

海外在住者が動画を見るならユーネクスト(U-NEXT)がお得な理由 ユーネクスト(U-NEXT

記事を読む

海外在住でも受講できる子供の通信教育・海外受講の特集:海外移住FP

海外で受けれる子供の通信教育・海外受講の特集 海外在住の人で小さなお子さんが居る家庭では誰もが

記事を読む

タイ旅行で必ず注意すべき7つのこと!トラブルを避けるために気を付けよう:タイ移住FP

タイ旅行でトラブルを避けるために必ず注意すべき7つのこと 日本人が海外旅行先として人気の国のラ

記事を読む

タイ等のアジア旅行でデング熱マラリアの蚊の病気を予防する方法とは?海外旅行FP

タイは勿論のことアジアやアフリカでは蚊を媒介とする病気が大変危険! 日本でも代々木公園の蚊でデ

記事を読む

タイ旅行でも観光で映画館に行くべき6つの理由とは!バンコクのオススメ映画館は?

タイで映画を見に行こう!タイの映画館に行ってみよう! 皆さんはタイに旅行に来た時にタイの現地の

記事を読む

無料クレジットカードの海外旅行保険が危険な理由と対策とは?海外移住FPのブログ

無料クレカの海外旅行保険が恐い意外な理由 海外旅行に行った先で体調不良になってしまい病院に入院

記事を読む

テレビでも話題の誰もが絶対涙する”タイの感動CM”とは?

海外でも有名なタイの感動して泣けるCM特集 日本のテレビ番組でもたまに特集されているようにタイ

記事を読む

海外旅行でクレジットカードを持つ理由とは?JCBプラザが凄い!タイ移住FP

海外旅行にクレジットカードを持って行ったほうが良い理由とは 海外旅行に持って行ったほうが良いも

記事を読む

パタヤで必ず行きたいシーフードレストラン・ピーチャが美味しくて安くて最高!メニューと行き方の紹介

パタヤ旅行では必ず行きたいシーフードレストラン・ピーチャ パタヤ

タイの観光旅行でマナーとルールの注意点!知っておいてトラブル回避!

トラブルを避けるためにタイの観光旅行で気を付けるべきマナーとルール

バンコクで人気のタイ料理レストラン:バーンクンメーのメニュー紹介と実食レポート

バンコクでタイ人にも人気のタイ料理レストラン:バーンクンメー バ

バンコクのタイスキ発祥のコカレストランの行き方とメニュー紹介:海外旅行FP

タイスキ発祥のバンコクの老舗”コカレストラン” タイスキはタイを

ホテルのデポジットにクレジットカードを使用する時の注意点とベストな方法とは?

ホテルのデポジットの支払い方法での注意点とベストな方法とは? 皆

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑