*

海外在住でも受講できる子供の通信教育・海外受講の特集:海外移住FP

a0001_013134 (481x319)

海外で受けれる子供の通信教育・海外受講の特集

海外在住の人で小さなお子さんが居る家庭では誰もがお子さんの教育をどうするかを悩まれると思います。

実際に通う学校も日本人学校・インターナショナルスクール・現地の学校と選択出来ますが、学校以外でも日本語で日本の教育を受けさせたいと思いますよね。

今住んでいる街に日本語での塾などがあればいいですが、そんな環境に住んでいる人は少ないですよね。

今回はそんな子供たちのために日本と同じ教育を通信教育やインターネット受講で日本と同じ教育が受けれる方法をまとめましたので見ていきましょう。

スポンサーリンク

海外でも日本の教科書は無料で貰える

今回は日本と同じ教育を通信教育やインターネット受講の特集になりますが、先ずはその前に日本国籍の義務教育期間に該当する子供の教科書は無料で貰えることをご存知でしょうか?

お住いの大使館に申請しておくと該当の学年の教科書が大使館に受け取りに行けば無料で貰えます。

教科書は日本でも地域により出版社や内容が異なるのですが、日本語学校で使用する海外用のものになります。

インターナショナルスクールや地元の学校に行っている人には日本の教科書や参考書は貴重なものになりますから、貰うようにしましょうね。

ただし注意点が1つだけあります。

”永住の場合は教科書の無償給与対象とはなりません”ということです。

まぁ表現上難しいですよね。

駐在でなくてもいつか日本に帰る時が来るかなんて分からないですよね。

実際に海外で受けれる通信教育と海外受講

さて、ここからが本番となる通信教育とインターネット受講が出来る日本の学習システムの特集です。

仕組み的には大きく分けて2種類あります。

日本と同じ教材を郵送でのやり取りをするケースと日本でもインターネット使って受講する仕組みのために結果として海外在住でも同じように受講可能となっているものです。

それぞれの主な特徴を書き出します。

通信教育の特徴

  • 歴史と実績のある日本と同じ教材が使える
  • 郵送に日数が掛かる上に、遅延や紛失という問題が起こる。
  • 雨に日に投函されてビショビショになることがある。
  • 料金が日本国内で受けるより割高。
  • 受講料が1年間の一括払いであることが多い。
  • 国によっては税金の請求がある。

インターネット受講の特徴

  • 料金は海外受講だから割高ということにはならず国内と同一となる。
  • 新しい受講スタイルのために歴史が短く実績からテキストの内容の完成度が不安。
  • 新事業となるためにその存続がどこまで続くか信頼性が低い。
  • インターネット環境やPC・タブレットを自分で揃える必要がある。
  • テキストのプリントアウトや回答のスキャナー読み込みなどのためにプリンターを揃える必要がある。
  • テキストは自分でプリントアウトするので紙代とインク代が必要となる。

この特徴を捉えたうえでそれぞれの代表的なものを見ていきましょう。

進研ゼミ+

通信教育タイプ

通信教育と言えばやはりこどもちぇれんじ・進研ゼミが1番有名ではないでしょうか。長年の実績で内容に関しては抜群の信頼性といえます。

通信教育で届く内容は国内のものと同じになります。これは日本と同じ教育を受けさせてあげたい親としてはとても嬉しいですね。

進研ゼミの特徴に地域ごとに分かれている教科書に連動して作られている点があります。海外在住者用の教科書であればそれ用のテキストを送って貰わないとズレが出ますから注意が必要です。

ただベネッセは会社としては個人情報の漏洩問題で株を下げてしまったということもありました。

公式サイトはこちらから⇒進研ゼミ+

進研ゼミの紹介動画

Z会

通信教育タイプ

日本でも通信教育と言えばZ会です。日本と同じテキストを使います。

ただしZ会は日本でもそうですが、非常にまじめでレベルが高いのでついていくのが大変です。日本人学校に行っているお子さんは良いのですが、そうでなく親御さんが見ながら日本語を教えるのに使うには少し難しすぎるかもしれません。

お子さんの実力を加味したうえで決められた方が良いと思います。

公式サイトはこちらから⇒Z会

小学館 ドラゼミ

通信教育とインターネット受講 2種類あり

小学館のドラゼミには通信教育とインターネット受講の2種類があります。

通信教育は日本国内の教材と同じものを国際便で郵送します。当然、テキストを使って学習して郵送して添削するものです。

インターネットの方はドラゼミ・グローバルと言い通信教育のドラゼミとは異なるもので、基本は動画での授業を受けて自分でプリントアウトしたテキストと問題を解いていきます。

添削に関してもメールかFAXを使い郵送でのやり取りはありません。

ただしドラゼミ・グローバルの方が高いです、、、、

公式サイトはこちらから⇒ドラゼミ

ドラゼミの紹介動画

 e点ネット塾

インターネット受講

今日本国内で急伸しているインターネット活用の塾になります。

これがインターネットで何処でも受講できるのを売りにしているために結果として海外受講も可能となっています。

料金も日本国内と同じですから外国の滞在者からは割り増しがない分お得度が高いです。

内容も日本国内の人を対象に組まれたカリキュラムになりますので安心できます。

動画の授業は何度も再生が出来るので嬉しいですね。

公式サイトはこちらから⇒インターネット自宅学習 e点ネット塾

e点ネット塾の紹介動画

 スタディーサプリ

インターネット受講

リクルートが提供するインターネットでの受講を前提とした新しい学習システムです。

流石リクルートという感じで新しいビジネスチャンスには積極的に参入しますね。

しかし月の受講料が980円とは素晴らしいですね。

この価格でこの内容なら文句のつけようがないと思います。

残念なのは小学校4年生からとなり1年から3年までがないことです。

これから準備するのでしょうから早く用意して貰いたいですね。

これは海外受講もOKですが、国内と同じだから実現できた価格ですね。

まぁ980円ですから、先ずは試しにやってみていいと思いますよ。

公式サイトはこちらから⇒<スタディサプリ>一流の先生の授業を自宅のPC・タブレットでいつでも

スタディーサプリの紹介動画

海外から日本語通信教育のまとめ

思っていた以上に選択肢があるでしょう。

これでも代表的なものを載せただけでもっと多くの種類があります。

特に海外向けにというわけではなく、インターネット完結の学習塾を作ったら海外在住者は問題なく使えていたというのは嬉しいですね。

内容は全く同じですし、料金も同じで自宅で学習できてしまうんですからね。

この中でも私の個人的な意見で言えば、私は小さいお子さんにはドラゼミ・グローバルが1番おススメだと思っています。

その理由は、やはりドラえもんが使われているので子供が興味を持続しやすいのが1つです。どらえもんは世界的に人気ですし子供が自分からやる気を出す要素は1つでも多い方が良いですよね。

2つ目は、動画の授業です。特に日本人学校に行っていない子にとっては日本語で日本人の先生の授業を受けること自体が貴重な体験になりますし、それ自体が日本語の勉強になります。

動画であれば読み書きがあやしいお子さんでも、自分だけで見れますから親としての手間も省けると思います。

小学校4年生以上のお子さんであれば、スタディーサプリを先ず試してみてはどうでしょうか?

もうドラえもんが居なくても勉強には関係ないでしょうし、月980円という値段は素晴らしいですよね。取り合えず試してみることで良いと思います。

動画での授業ですから日本語の勉強にもなりますしね。

ただし問題はこのレベルについていけるかですから、難しい様であればもう少し低い学年を他の方法のドラゼミなりで勉強しなければいけないことになります。

どうでしたか?日本の教育を子供に教えるうえで皆さんの参考になりましたか?

大切なお子さんですから慎重に考えて環境を整えてあげて下さいね。

海外旅行保険が無料になるお得なクレジットカードを知っていますか?

海外旅行で病院に治療に行くと日本の健康保険は使えずに治療費が高額になることがあります。

(注:日本に戻ってから返金請求の制度はあります)

海外では盲腸の手術が200万円って話を聞いたことがありませんか?

実は海外の大きな病院で手術すれば日本の健康保険が使えませんから200万は普通の金額です。

私もタイで代々木公園で騒ぎになったデング熱で入院しましたが、2週間の入院で治療費は約133万円でした!

治療費が驚くほど高いので、皆さん海外旅行保険に加入してるんです。

でも海外旅行保険の保険料って意外と高いですよね?1週間程度でも3,000円とか5,000円とか、、、、、

これがもし無料に出来るとしたら嬉しいですよね?

その方法とは、海外旅行保険の付いた年会費無料のクレジットカードを持てば良いだけです。

裏技でもなんでもないんですよ、しかも無料で可能ですし。

注意して欲しいのは、クレジットカードの保険内容には違いがかなりありますから内容や利用条件を調べないといけません。

そこで元保険会社社員でバックパッカーの私が1番おススメの無料クレジットカードをコッソリ?教えます。

そのクレジットカードとは、エポスカードです。

そうです、皆さんが普通に知っている丸井の赤いカードです。普通すぎて意外ですか?

エポスカードの海外旅行保険の内容を見てみましょう。

x充実の保険内容ですよね。

特に海外旅行保険で最も大切な治療費の保険金額が病気治療270万円・怪我治療200万円と無料のクレジットカードの中で最高額なのが特徴です。

その他の優れた特徴としては

  • 海外に出た日から自動的に90日間保険が使える自動付帯
  • 提携病院ではお金が必要ないキャッシュレス支払い
  • 学生さんなども加入可能

そして何よりも年会費は無料なんです。

この補償内容が無料なんて素晴らしすぎますよねぇ。

当然ですが、丸井のカードですから買い物等の支払いに使えますしポイントも貯まったりもします。

そんなおススメのクレジットカードはこちらから見て下さい⇒エポスカード

クレジットカードの海外旅行保険をもっと詳しく知りたい方は更に詳しく説明した記事を読んで下さい。

”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”

クレジットカードを複数持った時の注意点やおススメのクレジットカード等も説明していますので、興味のある人は是非!

スポンサーリンク

関連記事

朝食に最適、コンビニのサンドイッチ特集=タイ移住情報

タイのコンビニで買えるサンドイッチ特集 今回はコンビ二で買えるシリーズの中でもサンドイッチの特

記事を読む

ノックエアの航空券を日本語で予約する:タイ移住情報

飛行機 / Kentaro Ohno ノックエアーの航空券が日本語で予約出来るようになりました。

記事を読む

海外在住でも出来る趣味や賭け事が楽しい!ネットゲーム・競馬やサッカーのTOTOくじ

海外在住でも出来る趣味(賭け事):競馬とTOTO 海外に住むとは言っても現代はインターネットが

記事を読む

タイ旅行ではバンコクのスワンナプーム空港での両替がおススメな理由とは?海外旅行FP

タイの旅行でスワンナプーム空港に着いてバーツへの両替はどこが良いのか? 海外の国に旅行で着いた

記事を読む

海外から国内限定のサイト(GYAOやフールー・hulu等)を見る方法=FPの海外移住情報

海外から日本国内限定のサイトやギャオ(GYAO)やフールー(hulu)を見る方法 意外と海外か

記事を読む

タイ人はそのお土産は喜ばない!タイ女性から好かれるプレゼントとは?

タイ人の女の子に何のお土産を買ってあげると喜んでもらえるのか? たぶん誰もが悩むと思います。

記事を読む

中断証明書の失敗しない取り方-FPの海外移住情報

  海外移住するなら自動車保険の中断証明書は絶対取っておくべきである 海外に移

記事を読む

フールーhuluとユーネクストU-NEXTを使っての比較!海外から見る方法とは

フール―・huluとユーネクストUーNEXTの内容比較と海外から見る方法 ユーネクスト(U-N

記事を読む

タイ国王の後継者・王位継承問題は日本人にも大きな影響がある!海外旅行情報

2016年10月13日 タイ王室庁がプミポン国王陛下の御崩御を発表 タイ王宮がバンコクで入院中

記事を読む

タイでも嫌韓?韓国旅行の人気急落の理由をタイ人に聞いてみた!

  韓国旅行の人気が急落した理由とは 昨年から韓国へ旅行に行くタイ人の人数が激

記事を読む

タイ・チェンマイのオススメなホテル!木の上の家に泊まれるツリーハウス:海外旅行FP

チェンマイのホテルにある木の上の家の宿泊レポート 皆さんは木の上

バンコク旅行でハングオーバーの撮影地シロッコ・スカイバーの絶景を見に行こう!

世界一高い場所にあるシロッコの屋外スカイバーに夜景を見に行こうっ!

タイのパタヤにもある静かな美しいパタヤヒルビーチの行き方:海外旅行FPのブログ

タイの歓楽街リゾートのパタヤにある穴場的な静かなビーチ パタヤは

バックパッカーで世界の60ヶ国を旅したのはどの国なのかを説明します!海外旅行FP

海外旅行FPが実際にバックパッカーとして旅行した60ヶ国とはどの国

海外在住でも受講できる子供の通信教育・海外受講の特集:海外移住FP

海外で受けれる子供の通信教育・海外受講の特集 海外在住の人で小さ

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑