*

海外で日本のテレビを見る方法:TVer(ティーバー)で簡単に実現!海外移住FPのブログ

y

海外で日本のテレビを見る方法:TVer(ティーバー)が素晴らしすぎる!

日本テレビ業界の民放はインターネットで動画配信サービスを始めていました。しかしそれは各局それぞれが個別のサービスだったので、各放送局のホームページから見るか、専用のアプリをそれぞれダウンロードする必要があったのです。

それでも期間的には1週間限定とはいえ視聴時間に縛られずにテレビ番組を見ることが出来るのは大変便利なサービスでした。

スポンサーリンク

民放5局による共同プロジェクト”TVer(ティーバー)”

そのテレビ局ごとの動画配信サービスが2015年の秋にリニューアルを果たし”TVer(ティーバー)”として生まれ変わりました。

その”TVer(ティーバー)”とはどの様なモノなのでしょう。

”TVer(ティーバー)”とは 日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビの5社が共同で立ち上げた各局の番組を放送から1週間程度を目途にPCやスマートフォンで視聴することが出来るネットの動画配信サービスです。

最新話に限られることが多かったり1週間と言う期間限定なのも特徴となるため”見逃し番組配信サービス”なんて呼ばれたりもしています。

動画には冒頭時と番組の途中でCMが入りこのCMは通常ではスキップは残念ながら出来ません。まぁこのCMに関しては仕方ないですね、宣伝効果があるために無料で見ることが可能なわけですからね。

その代わり会員登録やメールアドレスの入力が必要なこともありませんので煩わしさがありません。

ただしフジテレビとテレビ東京の視聴に関してはフジテレビ専用の再生アプリのダウンロードが必要で再生するとそのアプリに飛んでからの再生となります。

まぁ1度ダウンロードすれば手間のかかることではないのですが、できれば”TVer(ティーバー)”のアプリだけにして欲しかったですね。

対応可能のデバイスは、PCとアンドロイド携帯とタブレットとiosのアイフォンやアイパッドになります。

yyyyyyyyyyyy

そんな大変便利なサービスですが、番組数はまだそれほど多くはありません。これからということなのでしょうね。

現在でも暇つぶしになるぐらいの番組本数はあります。

yy

私が見ているのは、有吉反省会、マツコの知らない世界、所さんの世田谷ベース。

私はマツコがケッコウ好きなんですよぉ。
yyyテレビ局別・ジャンル・放送日などで見たい番組を検索できます。 yyyyドラマは全部とは言いませんが、良いドラマもあり充実している方ですね。

その時に放送中の視聴率が高いドラマも見れます。 yyyyyバラエティーもまぁまぁのラインナップですね。

私は”マツコの知らない世界”のファンです。

yyyyyyyyyyスポーツはまだ2本しかありません。

ここが充実すると良いですけどねぇ。yyyyyy報道・ドキュメンタリーはまだコンテンツがありませんでした。

残念です。yyyyyyyyyyy

”TVer(ティーバー)”はおススメですがまだまだ改善点も

ただし残念ながら5局の民放の番組すべてが見れるわけではありません。現在は50番組程度が”TVer(ティーバー)”で見ることが可能です。

良い番組もあり今現在でも利用価値はありますが、出来ればもっとコンテンツに関しては充実して貰いたいです。

まだ始まったばかりですし、これからに期待大ですね。

それと実際に使ってみると”TVer(ティーバー)”と各局の連動がスムーズでなかったり待ち時間が長かったりして使いにくい面があります。特にアイフォン用のアプリに関してはまだまだだと思います。

早く改善してもらいたいですね。とはいっても、テレビ番組を無料で見れるのは嬉しいですからね。

これがあれば自分で録画しておくなんて手間も掛からないですし、スマホで何処でも見れるわけですからこれからに期待大ですよ。

詳しくはこちらから⇒”TVer(ティーバー)の公式サイト”

 

しかしどうでもいいことですが、テレ東のイメージキャラクターってこれって、何ですか?

なんか、、、あのー、、、私にはあるものに見えて仕方ないのですが、それは私が下世話な人間だということでしょうか?
yyyyyyyだってこれですよ、これっ!

これは、誰がどう見たって、○○○ームですよね?
yyyyyyyyyこれは、絶対コン○○○ですよね?テレ東さん、確信犯ですか?

マジですっ!

yyyyyyyy

海外在住者は動画配信サイトは海外からは見れないの?

インターネットの特徴の1つに距離に関する概念は関係ないということがありますよね。そのために海外からのアクセスも国内からのアクセスも技術的にはまったく差が無いために日本と同じようなサービスを利用出来るということがあります。

海外でもスカイプやラインも使えますし、写真や動画を送ったり共有したりすることも出来るのでインターネットは驚くほど便利です。

では、”TVer(ティーバー)”も同じように使えるのかというと、これが”NO”なんです。

それは動画配信サイトは国内限定のサービスであるために海外からのアクセスを拒否するように設定されているからです。

著作権の問題のために日本国内のみのサービス制限があるために外国人が自由に利用出来ない様にしているためです。

このために”TVer(ティーバー)”もそうですし、日本の有料動画サイトであるネットフリックス(Netflix)・フールー(Hulu)・ギャオ(GYAO)等全て同じ理由で規制を掛けられていて海外からは見ることが出来ません。

 

VPNで日本のIPアドレスを使いインターネットすることで問題解決!

海外からのアクセスを拒否するサイトがあるのは分りました。ではなぜ海外からのアクセスであることが分るのでしょうか?

これは海外旅行者やロングステイヤーは海外のプロバイダーや通信会社を使いインターネットを利用します。その発信元のIPアドレスから海外からのアクセスであると分かってしまうからです。

そして解決策というのは、この仕組みを利用して組まれたものです。

これからその方法を見ていこうと思いますが、具体的には3つあります。それぞれの方法にもメリット・デメリットがありますので見比べてください。

この方法の簡単な仕組みを説明すると海外から直接アクセスせずに日本のIPアドレスを1度経由することで、国内からのアクセスということになるので規制に掛からない仕組みになっています。

これはLANとLANを結びつけるVPNという技術の応用から実現しているものです。

具体的な3つの方法を見ていきましょう。

1.VPN機能を持ったルーターを自分で日本に設置しておく

日本にVPN機能を持ったルーターを置き日本のプロパイダーの契約をしておけば問題なく使えます。1度設置してしまえばそれ程難しい知識も必要ありませんし安全性は完璧と言えます。

しかしこの方法の問題点は、その日本国内のルーターの設置場所とプロバイダー料と回線料でランニングコストが高い点にあります。それでもと言うのであれば、家族や友人に置かせて貰えるかお願いしてコストを抑えるのが良いと思います。

VPN接続業者の日本のIPアドレスの使用料金も安くなったので、この個人でルーターを設置する必要性があるのかなぁと個人的には思います。

もう1つの問題は日本で設置をしなければいけませんので、今海外にいる人は日本に行かなければ設置出来ない点もあります。

VPN機能を持ったルーターを参考までに書き出しておきます。ルーター自体は2万円前後でも買えますのでそれ程高額ではありません。問題はプロバイダー料と回線料ですね。


VR-S1000 [IPsec対応 VPNルーター]

2.無料VPNサービスを利用する

VPNを無料で利用可能なオープンサイトも海外でいくつかあります。無料であること、これがこのサービスの最大のメリットです。

ただしこの方法の問題点は安全性が極端に低いということです。

日本でも試験的にVPNを無料で提供している筑波大学の学術プロジェクトがあり、そのVPN-gateが無料でVPNを利用可能なサイトの中では1番安心なサイトだとは思います。

とは言っても、ある程度の専門知識は必要になりますしサーバーの不安定さはボランティアで運営されている以上仕方の無いことだと思います。

もしこのVPNを利用される時にはある程度の専門知識が必要だと思って下さい。利用料無料という最大のメリットがある分、専門知識を求められてしまうのは仕方が無いですよね。

詳しくはこちら⇒http://www.vpngate.net/ja/  筑波大学の学術プロジェクト

3.有料のVPNサービスを契約する

結局のところ上の2つの方法は価格の問題か安全性の問題があります。また専門知識も必要となってしまいます。

パソコン関係のことってマニュアル通りにいかなくって苦労することが本当に多いですからね。

そう考えていくと日本国内のIPアドレスを使わせてくれるVPNの有料の接続業社を利用するのが、私は経済的で安定的に使えるベストな方法なのではと思いました。

この接続業社のVPNサービスの仕組みは下の様な図になります。

lllllllll

昔は利用料金も非常に高かったのですが、最近は料金自体が急激に安くなり月額1,000円前後まで下がりました。この程度なら誰でも気軽に利用出来るのではないでしょうか?

むしろ設定の苦労や安全性の問題を抱えるぐらいなら月々1,000円程度の利用料は安いと感じるのは私だけではないですよね。

接続会社に関しては色々と調べてみましたが、料金が安かったインターリンク社にしました。

ネットフレックスやネット銀行のアクセスも特別な問題もなく快適に利用出来ています。

インターリンクのVPNサービスは、2コースあって月々の利用料はマイIPが1,000円・マイIPソフトイーサ版が1,200円です。

この2つのどちらの方が良いのかと言えば、普通に動画やSNS・ネットバンクで利用されるような人であれば、固定アドレスは1つで良いのでマイIPでOKです。

マイIPは、ウィンドウズ・マックやアイフォン・アイパッドのiOSやアンドロイド端末と全ての端末で使える上に料金も安い訳ですからオススメです。

ただし海外の環境からの接続はマイIPの方が難しい時があるようなので、マイIPがどうしても繋がりにくい地域の場合にはマイIPソフトイーサ版も試してみるのが良いと思います。

無料期間が最大2ヶ月ありますので、先ずはお試しで利用してみて気に入らなければ解約してしまえばお金は掛からないわけですから、ご自身で体感してみることをオススメします。

詳しくはこちらから⇒インターリンクのマイIP

海外から国内限定サイトを見る方法のまとめ

  • 国内限定動画配信サイトのTVer(ティーバー)・ユーネクスト(U-NEXT)やフールー(Hulu)ギャオ(GYAO)を視聴すること
  • ユーチューブなどの地域限定サイトの閲覧すること
  • 中国などの規制が入っているラインやフェイスブックやインタグラムの利用すること
  • ネットバンキングやサーバーなど国内限定サービスを利用すること

VPNで日本のIPアドレスを使えば、上記のことは基本的にすべて利用可能になります。

海外で日本のテレビを見る方法:TVer(ティーバー)で簡単に実現のまとめ

”TVer(ティーバー)”は大変便利なサイトです。日本のテレビ番組の最新話がこれで無料で簡単見ることが出来るわけですから便利なモノですよね。

しかし残念ながら海外から見るためにはVPNを使わないといけないので、手間か費用のコストは掛かってしまいます。

もしVPNをインターリンクで利用すれば月々1,000円程度は掛かりますが、”TVer(ティーバー)”だけでなく国内に限定されているサービスを全て日本と同じように利用することが可能になるわけです。

月々1,000円で得れる利便性の高さと安全性は費用対効果は抜群に良いと思いますので、海外在住者やロングステイの人は勿論、海外出張者や海外旅行に良く行く人も利用されることをおススメします。

”TVer(ティーバー)”はまだ始まったばかりですが、これから大変便利なサービスとなり得るはずです。

もっと多くの人に利用して貰って更に充実したサービスとなるように支えていきたいものです。

海外旅行保険を無料に出来るクレジットカードがおススメですっ!

海外で病院に行くと健康保険が使えずに治療費が高額になることがあります。(注:日本に戻ってから返金請求の制度はあります)

海外では盲腸の手術が200万円って話を聞いたことがありませんか?海外の大きな病院で手術すれば200万は普通の金額です。

私もタイで代々木公園で騒ぎになったデング熱で入院しましたが、2週間の入院で治療費は約133万円でした!

なので皆さん海外旅行保険に加入してるんです。

でも海外旅行保険の保険料って意外と高いですよね?1週間程度でも3,000円とか5,000円とか、、、、、

これがもし無料に出来るとしたら嬉しくないですか?

海外旅行保険の付いた年会費無料のクレジットカードを持てば実現します。

ちょっと注意して欲しいのは、各クレジットカードの保険内容は違いがありますから内容や利用条件を調べないといけません。

そこで元保険会社社員でバックパッカーの私が1番おススメの無料クレジットカードをコッソリ?教えます。

そのクレジットカードとは、エポスカードです。

そうです、皆さんが普通に知っている丸井の赤いカードです。普通すぎて意外ですか?

エポスカードの海外旅行保険の内容を見てみましょう。

x充実の保険内容ですよね。

特に海外旅行保険で最も大切な治療費の保険金額が病気治療270万円・怪我治療200万円と無料のクレジットカードの中で最高額なのが特徴です。

その他の優れた特徴としては

  • 海外に出た日から自動的に90日間保険が使える自動付帯
  • 提携病院ではお金が必要ないキャッシュレス支払い
  • 学生さんなども加入可能

そして何よりも年会費は無料です。いやぁ、この補償内容が無料なんて素晴らしすぎますよねぇ。

そんなおススメのクレジットカードはこちらから⇒エポスカード

私がクレジットカードの海外旅行保険の内容を充実させる方法を更に詳しく説明した記事もあります。

”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”

クレジットカードを複数持った時の注意点やおススメのクレジットカード等も説明していますので、興味のある人は是非読んでみて下さい。

スポンサーリンク

関連記事

a0070_000191

海外旅行の飛行機で気持ち良く寝るための3つのポイント

海外旅行の飛行機の中でスムーズに快眠するために 皆さんは飛行機の中でどのように過ごしていますか

記事を読む

2015-03-19 19.33.18 (640x480)

辛くないけど本当に美味しいタイ料理ベスト25選!タイ旅行でのオススメのメニューとは?

タイ旅行では絶対食べたい!辛くないけど本当に美味しいタイ料理の紹介 皆さんはタイ料理は好きです

記事を読む

2014-11-19 16.09.02 (480x640)

タイ移住した私のオススメ③=毎日、コンビニのブログ

タイに移住した私・我楽がオススメするコンビニで買える商品の第3弾 コンビニやスーパーで気軽に買

記事を読む

bbbbbbbbb (640x435)

タイ人の若手男優のイケメン度が高い!人気の俳優をランキングで紹介!

タイで人気の男性俳優をランキングで紹介! タイの男性俳優って皆さんしっていますか?普通は知って

記事を読む

2015-09-17 23.30.55 (640x480) (2)

タイの洪水が凄い!バンコクやパタヤ旅行での注意点とは?海外移住FP

タイの洪水は怖い?バンコクやパタヤ旅行での注意点 2011年のタイのバンコクでの洪水は日本でも

記事を読む

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-N853_hamusuteddonomachimani-thumb-1000xauto-14298 (640x425)

クレカの保険は使えるの?元保険会社社員が教える海外旅行用のクレジットカード最強の3枚

クレジットカードを持って安心して海外旅行に行こう 海外で病気や怪我をして治療を受けた時には健康

記事を読む

a0002_001149

国外から見れる!海外在住者にユーネクストUNEXTがお薦めな理由:タイ移住FP

海外在住者が動画を見るならユーネクスト(U-NEXT)がお得な理由 ユーネクスト(U-NEXT

記事を読む

a0001_013134 (481x319)

海外在住でも受講できる子供の通信教育・海外受講の特集:海外移住FP

海外で受けれる子供の通信教育・海外受講の特集 海外在住の人で小さなお子さんが居る家庭では誰もが

記事を読む

kkkkkkkkkkkkkkk

タイでレンタルバイクを借りる方法とトラブルを避けるのに注意べきこと=タイ旅行FPのブログ

タイでレンタルバイクを借りる方法とトラブルを避けるのに注意すべきこと タイに旅行に来た時には色

記事を読む

2015-06-07 18.00.57 (640x480)

タイのコンセントやプラグの形や電圧は?アイフォン等のスマホや日本の電化製品は使えるの?

タイのコンセントとプラグの形状や電圧は? タイに旅行に行く人もこれから住む人も日本で使っている

記事を読む

a
海外旅行の盗難で保険金を確実に貰う方法とは?クレジットカードの保険でもOK!

海外旅行中に盗難にあった時の対応方法:海外旅行保険は使えるのか?

2016-04-08 11.49.46 (640x480)
ラン島よりおすすめ?パタヤで美しいビーチで泳ぎたいならナンランムビーチ!海外旅行FP

パタヤで美しい砂浜で泳ぎたいならおススメします。 パタヤってリゾ

2015-11-01 18.50.54 (640x480)
タイのチェンマイ観光ではサンデーマーケットに行こう!海外旅行FPのブログ

タイのチェンマイ旅行ではターペー門前のサンデーマーケットに行こうっ

ffffffffffffffffffffffffff-437x430
タイを知ろう!有名な人気歌手を知ろう!バード、ローソー、パーミー、ボディスラム、ヌーナーなど

タイの有名な人気歌手をあなたは何人知っていますか? タイの音楽は

2015-08-09 20.24.49 (640x480)
アメリカンピザが美味しい!パタヤのニューヨークピザハウスのメニュー紹介:海外旅行FP  

アメリカンスタイルのピザ屋”ニューヨーク・ピザハウス” タイのパ

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑