*

海外からネットフリックス等動画配信サービスを見る方法

公開日: : 最終更新日:2016/10/06 FPのコラムとニュース, 海外移住の基礎知識

qqq

海外からネットフリックス(Netflix)等の有料動画サービスを見る方法

遂に日本でもネットフリックス(Netflix)が上陸しました。ネットフリックス(Netflix)はアメリカの有料動画の配信サイトの世界最大手で、会員数は実に全世界で6500万人以上にもなります。

ネットフリックス(Netflix)が日本でサービスを開始することを日本テレビ業界は黒船の来襲と捉えて恐れていると言われていました。裏を返せばそれ程ネットフリックス(Netflix)のサービスへの期待が大きいってことですね。

スポンサーリンク

ネットフリックス(Netflix)等の有料動画の急進

最近は有料の動画配信サイトが急速に人気になっていますよね。これはアメリカの状況を考えると必然なのかも知れません。

というのも、アメリカではネットフリックス(Netflix)とフールー(Hulu)の2大動画配信サイトが急進することでケーブルTVのマーケットを縮小させてしまったからです。

元々アメリカは広大な土地であるためにケーブルTVの文化だったのですが、有料動画サイトが時代に大きな変化をもたらしました。日本においてもこれから同じ変化が起きるのではと予想されています。

ネットフリックス(Netflix)等の有料動画は海外からは見れない!

インターネットの特徴の1つに距離に関する概念は関係ないということがありますよね。そのために海外からのアクセスも国内からのアクセスも技術的にはまったく差が無いために日本と同じようなサービスを利用出来るということがあります。

海外でもスカイプやラインも使えますし、写真や動画を送ったり共有したりすることも出来るのでインターネットは驚くほど便利です。

では、ネットフリックス(Netflix)等の有料動画も同じように使えるのかというと、これが”NO”なんです。

それはネットフリックス(Netflix)等の有料動画は国内限定のサービスであるために海外からのアクセスを拒否するように設定されているからです。

著作権の問題のために日本国内のみのサービス制限があるために外国人が自由に利用出来ない様にしているためです。

このために日本の有料動画サイトであるネットフリックス(Netflix)・フールー(Hulu)・ギャオ(GYAO)等全て同じ理由で規制を掛けてあります。

qqqqqqqqqqqq

通常のサイトでも存在する海外からのアクセス制限

有料動画配信サイト以外でもセキュリティーの問題から海外からのアクセスを拒否するサイトもあります。

銀行のネットバンキング

銀行のネットバンキングも海外からのアクセスをセキュリティー上の理由で拒否していることがあるケースです。これは全ての銀行ではないのですが、1部の銀行では拒否設定してあります。

海外から振込みをしたい時や入金確認をしたい時に利用できないのは非常に不便です。

レンタルサーバー等

レンタルサーバー関連も海外からのハッキングや攻撃を防ぐ意味で海外からのアクセスを拒否にしてあることが多いです。私も使用しているXサーバーも管理画面の基本設定は海外からのアクセス拒否です。

自分のXサーバーに関しては基本設定を変更することでアクセスも可能となるので良いのですが、海外からのハッキングされる可能性が高まってしまいます。

また他の人のサーバーにアップされたデーターを受け取りに行く時には、そのサーバーの設定が海外からのアクセス拒否になっていると拒否されてしまいます。

中国でのフェイスブックやライン

中国はインターネットの規制が厳しいことは有名です。中国の場合は政府方針で規制が掛かり中国国内からのアクセスを海外へと出来ないように規制してあります。

フェイスブックやラインが使えないというのは本当に不便ですよね。

実はこれら全ての海外からのアクセス拒否を解決する方法があります。

qqqqqqqqqq

VPNで日本のIPアドレスを使いインターネットすることで問題解決!

海外からのアクセスを拒否するサイトがあるのは分りました。ではなぜ海外からのアクセスかどうかが分るのでしょうか?

これは海外旅行者やロングステイヤーは海外のプロバイダーや通信会社を使いインターネットを利用します。その発信元のIPアドレスから海外からのアクセスであると分かってしまうからです。

そして解決策というのは、この仕組みを利用して組まれたものです。

これからその方法を見ていこうと思いますが、具体的には3つあります。それぞれの方法にもメリット・デメリットがありますので見比べてください。

この方法の簡単な仕組みを説明すると海外から直接アクセスせずに日本のIPアドレスを1度経由することで、国内からのアクセスということになるので規制に掛からない仕組みになっています。

これはLANとLANを結びつけるVPNという技術の応用から実現しているものです。

具体的な3つの方法を見ていきましょう。

1.VPN機能を持ったルーターを自分で日本に設置しておく

日本にVPN機能を持ったルーターを置き日本のプロパイダーの契約をしておけば問題なく使えます。1度設置してしまえばそれ程難しい知識も必要ありませんし安全性は完璧と言えます。

しかしこの方法の問題点は、その日本国内のルーターの設置場所とプロバイダー料と回線料でランニングコストが高い点にあります。それでもと言うのであれば、家族や友人に置かせて貰えるかお願いしてコストを抑えるのが良いと思います。

VPN接続業者の日本のIPアドレスの使用料金も安くなったので、この個人でルーターを設置する必要性があるのかなぁと個人的には思います。

もう1つの問題は日本で設置をしなければいけませんので、今海外にいる人は日本に行かなければ設置出来ない点もあります。

VPN機能を持ったルーターを参考までに書き出しておきます。ルーター自体は2万円前後でも買えますのでそれ程高額ではありません。問題はプロバイダー料と回線料ですね。


VR-S1000 [IPsec対応 VPNルーター]

2.無料VPNサービスを利用する

VPNを無料で利用可能なオープンサイトも海外でいくつかあります。無料であること、これがこのサービスの最大のメリットです。

ただしこの方法の問題点は安全性が極端に低いということです。

日本でも試験的にVPNを無料で提供している筑波大学の学術プロジェクトがあり、そのVPN-gateが無料でVPNを利用可能なサイトの中では1番安心なサイトだとは思います。

とは言っても、ある程度の専門知識は必要になりますしサーバーの不安定さはボランティアで運営されている以上仕方の無いことだと思います。

もしこのVPNを利用される時にはある程度の専門知識が必要だと思って下さい。利用料無料という最大のメリットがある分、専門知識を求められてしまうのは仕方が無いですよね。

詳しくはこちら⇒http://www.vpngate.net/ja/  筑波大学の学術プロジェクト

3.有料のVPNサービスを契約する

結局のところ上の2つの方法は価格の問題か安全性の問題があります。また専門知識も必要となってしまいます。

パソコン関係のことってマニュアル通りにいかなくって苦労することが本当に多いですからね。

そう考えていくと日本国内のIPアドレスを使わせてくれるVPNの有料の接続業社を利用するのが、私は経済的で安定的に使えるベストな方法なのではと思いました。

この接続業社のVPNサービスの仕組みは下の様な図になります。

lllllllll

昔は利用料金も非常に高かったのですが、最近は料金自体が急激に安くなり月額1,000円前後まで下がりました。この程度なら誰でも気軽に利用出来るのではないでしょうか?

むしろ設定の苦労や安全性の問題を抱えるぐらいなら月々1,000円程度の利用料は安いと感じるのは私だけではないですよね。

接続会社に関しては色々と調べてみましたが、料金が安かったインターリンク社にしました。

ネットフレックスやネット銀行のアクセスも特別な問題もなく快適に利用出来ています。

インターリンクのVPNサービスは、2コースあって月々の利用料はマイIPが1,000円・マイIPソフトイーサ版が1,200円です。

この2つのどちらの方が良いのかと言えば、普通に動画やSNS・ネットバンクで利用されるような人であれば、固定アドレスは1つで良いのでマイIPでOKです。

マイIPは、ウィンドウズ・マックやアイフォン・アイパッドのiOSやアンドロイド端末と全ての端末で使える上に料金も安い訳ですからオススメです。

ただし海外の環境からの接続はマイIPの方が難しい時があるようなので、マイIPがどうしても繋がりにくい地域の場合にはマイIPソフトイーサ版も試してみるのが良いと思います。

無料期間が最大2ヶ月ありますので、先ずはお試しで利用してみて気に入らなければ解約してしまえばお金は掛からないわけですから、ご自身で体感してみることをオススメします。

詳しくはこちらから⇒インターリンクのマイIP

海外から国内限定サイトを見る方法のまとめ

  • 国内限定動画配信サイトフールー(Hulu)ギャオ(GYAO)を視聴すること
  • ユーチューブなどの地域限定サイトの閲覧すること
  • 中国などでのラインやフェイスブックやインタグラムの利用すること
  • ネットバンキングやサーバーなど利用すること

上記の解決方法をとれば基本的にすべて利用可能になります。

これでネットフリックス(Netflix)を見る準備が整いましたね。

では今度はネットフリックス(Netflix)とはどんなものか?内容を見ていきましょう。

ネットフリックス(Netflix)とは

アメリカの有料動画の配信サイトの世界最大手で日本で先に有名になっているフールー(Hulu)と2大動画配信サイトです。

アメリカではその膨大なコンテンツ量が売りの1つであるネットフリックス(Netflix)ですが日本版においてはライバル社に比べて圧倒的なコンテンツ量では現状ではありません。

また今後の方向性に関してもオリジナルの番組を増やすことによりマニア向けの番組作りをしていき熱狂的なファンを増やしていきたいと考えているそうです。

ネットフリックス(Netflix)の価格

ネットフリックス(Netflix)の月額料金というのは、画質と同時利用する端末の数で異なります。

ベーシックプランが650円、スタンダードプランは950円、プレミアムプランは1450円となります。

全て税抜きのプランですが、ベーシックプランはフールー(Hulu)よりも大分割安なのでスマホやタブレットでしか見ないのであればベーシックプランで申し込んでみて試してみるので良いと思います。

PCやテレビを使って視聴するのであれば画質を考えるとスタンダードプランが現実的な話だと思います。

利用端末の数に関しては個人的な事情で異なるものだと思いますので、合ったプランを選択して下さい。

q

ネットフリックス(Netflix)の動画

ネットフリックス(Netflix)は全ての動画が見放題になっています。そしてオリジナルコンテンツにも力を入れています。

また海外のコンテンツに関してはほぼ全ての作品に吹き替え版が用意されていますので、私もそうですが字幕より吹き替えの方が好きな人や何かをしながら見る人にはポイント高いです。

しかし誰もが期待していたアメリカのネットフリックス(Netflix)のような膨大なコンテンツ量では残念ながらありませんでした。

しかしちょっと不自然なぐらい少ないんですよね。数えてみると約1000作品程度です。どんどん追加していくということなんでしょうか?

qq

ネットフリックス(Netflix)の洋画

スタンダードな作品を押さえるようにして約550作品です。これはフールーと同じかそれ以下かという感じです。

当然新作はありませんでしたが、これはネットフリックス(Netflix)のみの問題ではなくフールー(Hulu)を含む定額の見放題サービスのサイトは全て同じです。

qqqq

ネットフリックス(Netflix)の邦画・ドラマ

邦画や国内ドラマに関してもフールーなどと同じイメージの作品が350作品ほどですね。特別なものは無いと思います。特別悪くもないですが、特徴的な面も無いと思います。

qqqqqqq

ネットフリックス(Netflix)の海外ドラマ

約140作品と数は少ないのですが、海外ドラマにはネットフリックス(Netflix)のオリジナルドラマがかなりあります。

マルコ・ポーロ、デアデビル、センス8、ベターコールソウル、ブラッドライン、クラブ・デ・クエルボス、ナルコス、オレンジイズニューブラックといった作品はオリジナルコンテンツになりますからネットフリックス(Netflix)でしか見れません。

このオリジナルドラマのためにネットフリックス(Netflix)と契約する人も多くいるでしょう。

qqqqq

ネットフリックス(Netflix)のアニメ

アニメは日本のものは特別なものはありませんが、海外のアニメは初上陸のものがありますね。

マイリトルポニーやワクフ(Wakfu)などもありここはオリジナル溢れるラインナップが期待できそうです。

マイリトルポニーは海外ではかなりの人気ですから今後日本でどうなるでしょうか?

qqqqqqqqq

ネットフリックス(Netflix)の感想

正直に言えばコンテンツ数は思っていたほどではなかったというのが誰もが感じたこととは思います。海外ドラマのオリジナルドラマと海外アニメが他のサービスより優れている点だと思います。

本国アメリカでの権利は持っていますから、今後の日本でのコンテンツの充実に期待したいところです。

詳しくはこちらへ⇒ネットフリックス(Netflix)

まとめ

インターリンクのVPNのサービスを使って日本のIPアドレスでインターネットをすれば、日本国内限定の動画配信サイトや銀行のネットバンキングなどが利用出来るようになります。

中国政府の規制により利用出来ないかったフェイスブックやラインなども日本のIPアドレスなら問題なく使えて日本と同じ環境になります。

もちろんネットフリックス(Netflix)も見れますしフールー(Hulu)やギャオ(GYAO)だって国内と同じように見れます。規制さえ入らなければインターネットには距離の概念がありませんから当たり前の話ですよね。

これで、海外のどんな場所にいても自宅の部屋やスマートフォンでは日本と同じ日本語でのエンターテイメント生活が出来ちゃいます!

休日は自宅にこもって日本のドラマや映画を朝から晩まで好きなだけ楽しむ。食事はピザでも食べて外出はしない。海外でそんな事が出来るなんて、最高の贅沢だって思いませんか?

いやぁー、映画って本当に素晴らしいですよね(笑)

しかしインターネットって本当に凄いものですよねぇ。

ではVPN接続に関してはここちらで詳しく見てください⇒インターリンクのマイIP

海外旅行の時に加入する海外旅行保険を無料にする方法があります。

私は世界60ヶ国以上行ったことのあるバックパッカーで、ファイナンシャルプランナーとして保険会社で働いていました。そのため海外旅行と保険を合わせた実経験は誰にも負けないのではないかと思います。

そんな私が使っている海外旅行に持って行くと得をするクレジットカード最強の3枚の組み合わせがあります。

このカードを持つことで海外旅行保険には自分で加入しなくても病気や怪我での入院費は無料になりますし、荷物を無料で自宅に宅配できたり、盗難にあった時の緊急時にも海外でクレジットカードが再発行できるなど多くの特典を受けることが出来ます。

正に海外旅行には必須のクレジットカードと言えるのではないでしょうか?

詳しくは”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”の記事で説明していますので読んで下さい。

海外旅行の保険料が無料になるだけでもお得ですからオススメですよ。

スポンサーリンク

関連記事

タイのバンコクで爆弾テロ!場所はエラワン廟と船着場。イスラム国の関与は?

バンコクのエラワン廟で大規模な爆弾テロそして第2の爆発も 悲しいことが起きてしまいました。バン

記事を読む

海外のカフェ・ホテル・空港のフリーWIFIは危ない!安全な4つの使い方とは?海外旅行FP

なぜホテルやカフェ・空港のフリーWIFIは危ないのか?情報を守るVPNの4つの対策 ホテルやカ

記事を読む

海外旅行の飛行機で気持ち良く寝るための3つのポイント

海外旅行の飛行機の中でスムーズに快眠するために 皆さんは飛行機の中でどのように過ごしていますか

記事を読む

海外旅行に必ず持っていきたい便利な持ち物10選!60カ国を旅したFPのオススメ

海外旅行に必ず持っていきたい便利な持ち物グッズ10選の紹介 海外旅行に行く時って何を日本から持

記事を読む

海外移住という人生の選択を考える=FPとしての考察

海外移住をするのか?しないのか? そもそも海外移住をするかしないかを日本や海外の移住先となる国

記事を読む

海外旅行でパスポートやクレカを無料アプリでスマホに保存!タイ移住FPのブログ

海外旅行では重要情報はスマホに保存していきましょう パスポートを盗まれたっ!忘れたっ!無くした

記事を読む

バンコク・スワンナプーム空港のレストラン特集!美味しく快適に過ごすための下調べ!

スワンナプーム空港のレストランを見てみよう!格安のクーポン食堂もある タイを訪れたときや旅行を

記事を読む

タイが大好きな人が移住するとなぜタイが嫌いになるのか?海外移住FP

大好きでタイに住む人が数年でタイやタイ人を嫌いになる理由 実はタイに住んで2・3年が経つとタイ

記事を読む

海外に移住したら日本の銀行口座はどうなるの?その時の注意点とは=海外移住FP

海外移住すると日本の銀行口座はどうなるのか?規定とその実体 早いもので5月になりました。も

記事を読む

彼女はお金が目当てなだけ?タイの女の子の本気度がわかる10のポイント

タイの彼女はお金が目当て?タイの女の子に本当の愛があるのか計る時のポイント タイでタイ人の彼女

記事を読む

飛行機は前方席と後方席のどちらが危険か?墜落事故の生存率は?

飛行機で墜落事故が起きた時には、どの席が1番安全なのか? 最近は

パタヤで海鮮料理食べるならプーペン・シーフードが安くて美味しい!全メニューの紹介

パタヤで安くて美味しいシーフードならプーペンが安くておススメです。

海外から国内限定のサイト(GYAOやフールー・hulu等)を見る方法=FPの海外移住情報

  海外から日本国内限定のサイトやギャオ(GYAO

飛行機内でスマホ・携帯電話やアイパッドの電源はどうすべきか?なぜ必要なのか=海外旅行FP

飛行機の機内でのスマホ・携帯電話やアイパッド・タブレットパソコンの

地元タイ人が言うパタヤで1番美味しいクイッティオ屋:JAETHO(ジェイトー)

地元の人がパタヤで最も美味しいクイッティオというお店 タイ人が最

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑