タイでの海外移住生活

タイの激安スーパー・マクロ makro  タイ移住生活情報

アイフォン5C 039 (640x480)

タイに移住するための買い物情報 大型業務用スーパー マクロ makro

タイの大型郊外型業務スーパー マクロの紹介です。

旅行でタイき来ている方は知らないかもしれませんね。

それは基本的に少し郊外にあり車での来客を基本に考えられているため、観光で周る場所には無いからでしょう。

ただタイの主要都市には必ずあり、ロータス・ビッグCと並ぶ知名度を誇ります。

タイに移住して生活をするのであれば知っておいて損の無い情報だと思います。

日本で言うとコストコのイメージに近いです。

Sponsored Links

パタヤには、1店が南パタヤというかジョムティエンのスクンビット通り沿いに大型店があります。

もう1店が北パタヤ通り、バンコク行きのバスターミナル向かいに中型店が今年出来ました。

この店舗は基本的に食料品のみで生活日用品はありません。

アイフォン5C 040 (640x480)

他のスーパーとの違うマクロの主な特徴

郊外にあり駐車場が広い。

メンバー制であり会計時にはメンバーズカードを掲示(臨時カードあり)

コスト削減による低価格の追求のため、袋の無料サービス無し。

基本のサイズが大きい物や複数のセットで売られている物が多い。

倉庫のような飾り気の無い陳列などです。2014-10-15 20.31.33 (640x480) - コピー野菜、果物、肉、魚と生鮮食料品や肉・魚や加工食品の冷凍食品が大きなサイズで豊富にあります。2014-10-15 20.31.28 (640x480) - コピー卵は市場と同じでその日により値段が異なります。

30個のパックが安いのですが、これはバイクで運ぶのは厳しそうですね。2014-10-15 20.40.54 (640x480) - コピー 日本食のコーナーもあり大体のものは買えます。2014-10-15 20.33.13 (640x480) - コピー日本米はパタヤではここが1番の品揃えです。

4種類ぐらいではあるのですが。

日本の食品のラインナップの多さはフードランドの方が多いいですね。

興味があればこちらを読んでください↓

24時間オープンのスーパーフードランド

アイフォン5C 061 (480x640)お気に入りは餡子です。アイフォン5C 066 (640x480)この餡子は日本の味そのままですので、お餅と食べてもパンにぬっても美味しいです。アイフォン5C 056 (640x480)

タイに移住したらマクロで買い物をするのがベストだと思います。

基本的に同じ商品があれば、マクロが1番安いですね。

前にも書きましたが、ここは会員制でメンバーズカードを作るのには会員費が必要です。

そのため会計の際にはメンバーズカードを持っているかを聞かれますが、会計の横のカウンターでメンバーカードを貸して欲しいと言えば直ぐに貸してくれますので、先ずカードを借りてから会計に行きましょう。

タイ人もドンドン借りに来ますから、システム自体形骸化してるんでしょう。

マクロは袋が無いので運ぶのが不便ではあるのですが、カーゴごと車に行けますから問題ないでしょう。

値段が安いのが1番ですからね。

海外旅行の時に加入する海外旅行保険を無料にする方法があります。

海外旅行保険が付いている年会費無料のクレジットカードを持つことなので簡単なことなのですが、どのクレジットカードに良い保険が付いているのかが難しいんですよね。

詳しく説明した記事を書いていますので”元保険会社社員が教える海外旅行保険がベストな無料クレジットカード”を見てください。

海外旅行保険料を浮かせた分で買い物や美味しいものを食べてくださいね。

スポンサーリンク

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。
オススメの関連記事