*

あなたはタイ人と何の食事に行きますか?=海外移住FPのブログ

公開日: : 最終更新日:2016/10/06 タイ旅行の基礎知識

2014-09-20 19.32.39 (640x480)

タイ人と食事に行く時に気をつけること

皆さんはタイ人と食事に行くこともあると思います。

これって結構困りませんか?

タイ人はかなり好き嫌いがあり偏食家です。しかも非常に保守的な民族なので食わず嫌いです。日本人同士だと”食べたことがない”と言っているものを美味しいものを食べさせてあげたいなんて高いお店に連れてってあげたりしますよね。

”何これ!おいしいーーー!”なんて言うんだろんなぁなんて想像してニヤついたりしながらタイ人を連れて行ってあげると、、、、、、、、、まぁ撃沈です。

”ふーーーん、おいしいかな”なんて反応が普通で、下手したら食べませんから、、、、、、、、、、でも、帰りに屋台でクェッティオ食べたりします。

泣けてきます。

��������

タイ人は文化・習慣として好き嫌いなく食べましょうとか健康のために野菜を食べないという意識はあるのですが、日本人のように厳格に守る気は全くないですね。子供のしつけに関しても本当に甘く猫ッ可愛がりをしますので好き嫌いなんて直るわけはないです。

迷い箸やこじ箸なんて普通にしてますからね。

ん?こじ箸が分らない?、、、、、、、、世代の差を感じます、解る人はそれ相応の年齢ということか、、、、、

こじ箸は、どのお肉が大きいかな?なんて箸で探す行為ですよ。

子供のご飯がご飯と揚げた豚肉のみというのも普通ですから、まぁ偏食になりますよ。

でもこの辺は習慣と伝統的な部分もあるので軽い気持ちで批判が出来ない面もあるとは思いますね。

ただしこれからタイ人と食事に行く時にはどうするかを考えないといけないわけです。

ではでは、傾向と対策といきましょう!

注文するのは、、、、、

かなり好き嫌いが激しいので注文を任せてしまうという手もあるのですが、これも実は問題点があります。遠慮をまったくしない人もいるのでそのお店で1番高いものを頼んだりもします。しかも明らかに食べたいからではなく高いからだったりするんですよね。

私は飲んだ後にラーメンが食べたくてタイ人と中華料理に行ったら、彼らはあわびとフカヒレのラーメンを頼んでいました、、、、、それでも残さず食べるならいいですけどねぇ。

注文を任せるのも結構リスキーです。

田舎の人は

田舎の人はタイ料理もあまり食べません。東北のイサーンの人ならばイサーン料理しか食べないということです。食べるタイ料理はクェッティオとラドナーだけなんてこともあります。タイ人だからタイ料理でOKとは思わないほうが良いと思います。

オススメ御飯

では、何を食べに行けば失敗する可能性が少ないのでしょうか?

私のオススメ・ベスト4

1.ムーガタ

別名でヌア・ヤン・カウリーと言います。韓国焼肉という意味でイサーンの人が韓国に出稼ぎに行ったときに焼肉を食べてタイに帰国してから再現した料理と言われてます。そんな経緯があるのでイサーンの村に住むタイ料理を食べないような人もご馳走と思っていたりします。

見つけるのも簡単ですし価格も統一で分かりやすくしかも安い!完璧なオススメ料理です。

ムーガタに関しては”バンコクでもタイの田舎でも大人気ムーガタ“で書いてますのでご覧下さい。

2014-09-20 19.39.16 (640x480)

2.MKスキ

タイスキもタイ人が特別な日に食べるご馳走と捉えている料理の一つです。特にMKスキはCM効果もあって知名度抜群で大都市には必ずありますので、便利だと思います。これも食べないという最悪に事態にはならないと思います。

MKスキに関しては”美味しいタイスキの人気店:MKレストラン(MKスキ)”で書いてますのでご覧下さい。

3.シャブシ

この数年で一気に知名度を上げました。すしやてんぷらなどもありますが、ビュッフェなので嫌な人はタイスキを食べていれば良いだけなので安全ですね。価格も均一ですので、明朗会計なのも嬉しいです。特に大人数の時には重宝します。

シャブシに関しては”日本料理と呼びますか?シャブシ”で書いてますのでご覧下さい。

4.シーフードレストラン

この中では1番リスキーですが、海のない地域の人と新鮮なシーフードが美味しいお店に行くとかなり喜びます。大抵はソムタムなどのイサーン料理が置いてあるお店もい多いですし、海老やイカを焼くだけなどの料理は問題なくみんな食べれますので意外と良い選択になると思いますよ。

2014-09-20 19.42.44 (640x480)

まとめ

タイ人と食事に行くようになるとその偏食ぶりに驚くと思います。下手にバランス良く食べたほうがいいなんて注意したら機嫌が悪くなって余計ムキになって逆効果だったりします。日本人の様に好き嫌いはいけないという常識の意識が薄いので仕方ないですよね。

まぁそれでも上手く付き合っていかないといけないですからね。

今回はベスト4で4種類の料理を紹介しましたが気に入れば何度も行くことは余り不満の出ない人たちですからローテーションで食べに行っても問題ないと思います。

それとご飯を残すことは罪悪感を感じない人なので、タイ人の彼女なりが食べきれないほど注文してしまうことは大目にみてあげてください。

こっちが指摘しても向こうは罪悪感がないわけですから、あなたが細かく五月蝿い人と思われるだけですからね。手もつけないお皿があるとムカつきますが止めておきましょう。

日本人の和の心を持って接しましょうね。

海外旅行の時に加入する海外旅行保険を無料にする方法があります。

保険料って勿体無いですよね。その節約方法は海外旅行保険が付いている年会費無料のクレジットカードを持てば良いだけなのですが、どのクレジットカードに良い保険が付いているのかと本当に使えるのかが分りにくいんですよね。

元保険会社社員の私が詳しく説明していますので、”元保険会社社員が教える海外旅行保険がベストな無料クレジットカード”を見てください。

海外旅行保険料を無料にした分のお金で、買い物を楽しんだりや美味しいものを食べてくださいね。

 

関連記事

海外旅行でクレジットカードを持つ理由とは?JCBプラザが凄い!タイ移住FP

海外旅行にはクレジットカードを持って行ったほうが良い理由とは? 海外旅行に行く際に必ず持って行

記事を読む

バスでのパタヤの行き方:エカマイバスターミナル=タイ移住のブログ

パタヤへの行き方 エカマイバスターミナル バンコクからパタヤに行くのに1番便利なのはエカマイバ

記事を読む

パタヤからバンコク:エカマイ・モーチットのバスは北バスターミナル=タイ移住情報

パタヤ・バンコク間のバスが出着する北バスターミナル エカマイ・モーチットからパタヤ行きのバスに

記事を読む

絶対食べたい!おススメの南国フルーツ・ランキング26

  絶対食べたい!おススメの南国フルーツ・ランキング26 南国フルーツという響

記事を読む

バンコクの地下鉄MRTの乗り方を写真で説明:タイ旅行でも安心

バンコクの地下鉄・MRTの乗り方を写真で説明します 今やバンコクの移動手段と言えば、MRTと呼

記事を読む

海外やタイのATMでカードキャッシングする方法と注意すべき怖い事とは?海外旅行FP

タイや海外のATMでのキャッシングの際に気を付けるべき怖い事とは? 海外に行く時にお金をどうや

記事を読む

タイマッサージをタイバンコク観光旅行で受けよう!メニューとその方法を解説

タイ・バンコク旅行のお勧めはタイマッサージ!そのメニューと受け方を説明 タイ旅行では楽しいこと

記事を読む

海外では日本よりも危険が多い!タイでは拳銃所持は合法?海外旅行FP

海外では日本よりも危険が多い!タイでは拳銃所持は合法? 日本は世界的に見て本当に治安が良いです

記事を読む

タイでレンタルバイクを借りる方法とトラブルを避けるのに注意すること:海外旅行FPのブログ

タイでレンタルバイクを借りる方法とトラブルを避けるのに注意すべきこと 誰もがタイに旅行に来た時

記事を読む

海外のカフェ・ホテル・空港のフリーWIFIは危ない!安全な4つの使い方とは?海外旅行FP

なぜホテルやカフェ・空港のフリーWIFIは危ないのか?情報を守るVPNの4つの対策 ホテルやカ

記事を読む

スワンナプーム国際空港とドンムアン空港の移動方法!無料のバスはあるの?

  スワンナプーム国際空港とドンムアン空港の特色と

シンガポールのリバーサファリが凄い5つの理由!園内案内と割引チケット情報

リバーサファリ徹底解説:その行き方や所要時間そして割引のお得なチケ

タイのチョコレート専門店はゴティバに負けない美味しさ!バンコク・チェンマイ等に支店あり

タイのチョコレート(ショコラ)専門店Gallothaiが美味しい!

タイ旅行で必須の出入国カードの記入方法:写真を使い誰でも分かる!

タイ旅行で必ず記入しないといけない出入国カード(アライバルカード)

銀行のキャッシュカードの番号の意味を解説!通帳無しで支店名も分かる

キャッシュカードの番号の意味を解説!どこの支店かも分かります 会

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑