観光地・パタヤ・タイ

パタヤの百年市場バーン・チャック・ンゲーオが楽しい4つの理由

地元タイ人に人気のローカル観光地バーン・チャック・ンゲーオとは?

パタヤ観光と言えば、やはりビーチだったり夜遊びなどを思い浮かべる人が多いでしょう。

リゾート地ですから、更に観光客向けの娯楽施設も多くあります。

それはそれで面白いのですが、外国人観光客向けではないそんな市場なども少し足を延ばすのであれば、パタヤ周辺に点在しているんですよ。

今回はそんな外国人観光客は多くはないですが、地元タイ人に人気となっている中華系の文化が色濃く出た古き良きタイのマーケットを再現した百年市場バーン・チャック・ンゲーオを紹介したいと思います。

パタヤの観光地に飽きてきた人にはぴったりの場所となるでしょう。

Sponsored Links

紹介する観光地:百年市場バーン・チャック・ンゲーオ

バーン・チャック・ンゲーオは百年市場とも称されるパタヤ郊外の中華系移民が住む街で週に一回開催されるマーケットになります。

中華系のタイ人が昔ながらの街並みを大切にしてきたので、昔の中国やタイのチャイナタウンのイメージが残ると地元のタイ人に人気となっています。

実際にマーケット自体も土曜日のみの開催ということもあり、街の中は赤い提灯で彩られて売り子さんもチャイナドレスを着ていたりして、街を上げて頑張っているのが分かります。

パタヤの外交人向けのマーケットとは異なる印象で誰もが楽しめるものとなっています。

  • 住所:หมู่ที่ 10 บ้านหนองชากแง้ ว ต.ห้วยใหญ่ อ.บางละมุง จ.ชลบุรี M 10 Huay Yai, Banglamung Muang Pattaya, Amphoe Bang Lamung, Chang Wat Chon Buri 20150
  • 電話番号: 089 002 5781
  • サイト:https://www.facebook.com/chakngeaw
  • 営業時間:AM 03:00 ~ PM 9:00

百年市場バーン・チャック・ンゲーオの行き方

パタヤからだと中心地から車で30分程度は走ります。

特にマーケット周辺はかなり田舎になりますから、迷子にならないように地図で場所を良く確認してください。

近くにある施設で言えばゴルフコースのフェニックスゴールドゴルフ&カントリークラブがあります。

行くルートもスクンビット通りを南下して行きフェニックスゴールドゴルフへ向かって左折して、ゴルフ場を超えて行くのが分かりやすいかもしれませんね。

自動車・バイク共に駐車場は十分用意されています。

地図でのお店の場所:⇓

複雑な道のりではないですが、田舎にあることだけが初めて訪問する人の懸念材料となるでしょう。

ただその道のりでは、タイの田舎ののどかな風景が見れるので観光で来ている人には、それも楽しい思い出となることでしょう。

百年市場バーン・チャック・ンゲーオが楽しい4つの理由

では、なぜ百年市場バーン・チャック・ンゲーオが楽しくおススメするのかの理由を大まかに4つに分けて説明しましょう。

理由①インスタバ映えする昔の中華系の街並み!

先ず1つ目の理由は何と言っても昔の中国やタイのチャイナタウンを思い起こさせられるその風景です。

入り口には門があるのですが、張りぼて感がありアレですが、ここはタイ!しかもローカルな観光地ということで笑って許してあげて下さい(笑)

元は中華系のタイ人が住んでいた古い街を風情があるから百年市場に仕掛けたものですからね。

それでも雰囲気が良いんですよね。

インスタバ映えを考えると最高の風景がありますよ。街には赤い提灯が付けられて夕方以降は良い雰囲気を出しています。 売り子さんはチャイナドレスを着ているという話でしたが、現在は半数以上が赤いTシャツでした。

やっぱりチャイナドレスは働きにくいんでしょうね。 レトロなものを展示していたりしています。 これってバヤリースの看板ですよね?

タイにバヤリースってそんな昔からあるんでしょうかね?今も多くはないと思うけど? 古銭もタイでは結構人気ありますよね。 家の一階を開放して展示している人もいますね。

売っているのかと思ったのですが、どうやら売り物ではないようです。 チャイナドレスももちろん売っています。

実際にタイ人の女性観光客もチャイナドレスを着ている人がいます。 チャイナドレスを着ていてもいなくても、雰囲気がありますね。 チャイナドレスではないですが、やはり中国の古いスタイルの服ですね。 ここではフリーで記念撮影をさせてくれます。 インスタバ映えバッチリですよね。

理由②珍しい食べ物がある

百年市場バーン・チャック・ンゲーオには美味しい食べ物の屋台も多く出ています。

その中でもタイでも少し珍しい料理があったりもします。

中々食べれない料理かもしれませんから、百年市場バーン・チャック・ンゲーオで探しても食べたいですよね。

クェッティオ・パーク・モー

中央に座った女性がラビオリの様な中に具材を入れたクェッティオを作っていきます。 これを7つ好きなものを自分のスープに入れて食します。

女性に直接注文をして作りたてをスープに入れてもらいことも可能です。 スープにも種類があり、チキン・豚・ルークチン・トムヤムがあります。 トムヤムはそれほど辛くないので日本人でも注文可能ですよ。 スープに入れるとしたのちゃ真のようなイメージに。

女性の前のカウンター席のみなので待っている人もいます。

スープが優しい味で、出来たてのクェッティオも柔らかくて美味です。

病気の時に食べたい味ですね。

このライブ感があり楽しめるクェッティオの値段は40バーツです!

驚くほど安いです、私は聞き間違いというか、思い込みで80バーツを払おうとしていましたよ。

しかもこのクェッティオは私はここでしか見たことがありません。

おススメです。

カノン・ブアン・ユアン

こちらも珍しいタイ料理ですね。

カイヤッサイというか、パッタイのオムレツつつみというか、そんな感じの食べ物です。

タイ語のカノン(お菓子)とネーミングされているようにおかずというよりも少し軽食という感じです。

ベトナム料理のパインセオに近い感じですかね。

基本的に持ち帰りとなっていますが、イスが通りに用意されていますから困らないですよ。

ホイ・ビッド

パッタイやホイトートの屋台のメニューとしてホイ・ビッドという珍しい貝が売っていました。

この貝はタイでもたまにしか見ることがない、珍しい貝でぜひ食べてもらいたいです。

味はハマグリに近い感じで、ジューシーで、あっという間に食べれますよ。

この貝もぜひ食べてもらいたい屋台グルメです。

因みにこの屋台のパッタイも美味しいです。

色々な種類の屋台グルメ

上で紹介した3つの珍しいグルメ以外にもタイ料理の屋台は色々とあります。

これは揚げた餅をゴマ砂糖にまぶしたようなお菓子。 キャラクターを模したお菓子。

理由③昔の映画も見れる

古き良きタイの移動式のタイ映画を再現しています。

実際に公開していた映画も上映していて見ることも出来ます。

日本の戦前もこんな感じだったと聞きますよね。 これ最初に実写化された時のトンチャイが小堀役をやった前の作品のクーカムですかね。

タイの人気ドラマクーカムについては、下の記事を読んでください。

タイで人気のラブストーリー・クーカムの日本との多くの関係性とは?

その他に映画の関連グッズが展示されています。

理由④リクシャーに乗って記念撮影ができる

最近のタイではトゥクトゥクも観光向けのモノとなりつつあり、庶民の足という感じではなくなりつつありますよね。

しかしここでは更に昔のリクシャーが走っています。

まぁ勿論観光用ではありますけどね。

京都の人力車みたいなものですよね。

とは言っても、どこでもあるものではないので乗ってみて記念撮影をするのも良い思い出となるのではないでしょうか?

パタヤの百年市場バーン・チャック・ンゲーオの動画

バーン・チャック・ンゲーオは外国人向けにはそれほど有名なマーケットではありませんが、タイ人向けには人気のスポットになっています。

今が旬ということもあってタイのTVでも良く特集されているんですよ。

下の動画はTVでバーン・チャック・ンゲーオを紹介した番組となります。

私が訪問した日にもタイの大手TVチャンネルの3チャンネルが取材に来ていました。

パタヤの観光に関する記事

パタヤにはこの他にも楽しい観光地があります。

下の記事はその紹介となりますので、皆さんも訪問してみたらどうですか。

クロコダイルファーム

タイでは各地にある有名なクロコダイルファームです。

パタヤのクロコダイルファームは奇岩の公園やキリンなどもいて中々楽しめます。

洪水の時にここからワニが逃げ出すのだけは勘弁してもらいたいですけどね。

パタヤの観光地クロコダイルファームの案内:体験レポート!

ナンランムビーチ

2016-04-08 13.00.09 (640x480)パタヤは魅力十分なビーチリゾートではありますが、残念なのがパタヤビーチはあまり綺麗でないことです。

発展し過ぎたこともあるんだと思いますが。

それでも少し足を延ばせば綺麗なビーチがあるんですよ。

ラン島よりおすすめ?パタヤで泳ぎたいならナンランムビーチ

フロースト

2016-10-25-17-01-05-640x480常夏の国のタイ人にとっては雪はあこがれのモノだったりします。

パタヤ郊外に雪をテーマにした施設があります。

しかし当然ですが本当に寒いので体調壊さないように気を付けましょう。

パタヤ観光なのに寒さにタイ人が大喜び!雪まつりがテーマの”フロースト”の行き方

パタヤの百年市場バーン・チャック・ンゲーオのまとめ

どうでしたか?タイのローカルな観光地と言ってもなかなか楽しそうでしょう。

ここでしか食べれないような珍しい物をありますしね。

パタヤでは少ない昔の風情ある街並みを歩けるのは貴重ですよ。

問題はパタヤ市内からは遠いということですね。

自分でバイクか自動車で行くか、ソンテウをチャーターするしか交通手段がありませんからね。

実際に外国人観光客は10%もいないぐらいですし。

でも、行く価値はあると思いますから、皆さん頑張って訪問してみて下さい。

海外旅行の時に加入する海外旅行保険を無料にする方法があります。

海外旅行保険が付いている年会費無料のクレジットカードを持つことなので簡単なことなのですが、どのクレジットカードに良い保険が付いているのかが難しいんですよね。

詳しく説明した記事を書いていますので”元保険会社社員が教える海外旅行保険がベストな無料クレジットカード”を見てください。

海外旅行保険料を浮かせた分で買い物や美味しいものを食べてくださいね。

スポンサーリンク

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。
オススメの関連記事