*

なぜ中国はインタグラムやラインまでも規制するのか?その理由とは!

a1090_000007

中国政府はフェイスブック・ツィッター・インタグラムやラインも規制!

海外では日本で普通に使っているインターネットサービスを使おうとすると使えないことがあります。

特に有名なのはGYAOやフールーなどの国内限定の動画サイトです。これは著作権の問題などで外国からのアクセスは全てサービスの提供側で遮断しているからなんです。

これが中国に関しては事情が少し異なります。

中国からこの様なサイトにアクセスした時にインターネットサービスが利用出来ないのは中国政府(中国共産党)が規制を掛けているからです。

中国のインターネットには”金盾プロジェクト”というシステムが組まれていて特定のIPアドレスにアクセスがあった場合にはファイヤーウォールとゲートウェイプロキシーサーバーを使ってブロックするようになっているんです。

因みに中国政府のインターネット規制は個人のインターネットアクセスに関しても監視を行っています。つまり個人的なメールなども覗かれてしまうかも?ということです。

今回は中国のネットに対する規制のその理由と対策を説明したいと思います。

スポンサーリンク

中国では実際に何が規制されているのか?

では、具体的に中国で規制されていて全部または1部が見れないものを見てみましょう。

  • フェイスブック(Facebook)
  • ツイッター(Twitter)
  • ライン(LINE)
  • インタグラム(Instagram)
  • ユーチュブ(Youtube)
  • ニコニコ動画
  • 2ちゃんねる
  • ドロップボックス(Dropbox)
  • エバーノート(Evernote)
  • グーグル(Google)

中国政府対グーグルの構図は当事は世界中で報道されて有名になりましたね。グーグルは多くの規制と縛りに苦労しながらも取り組んでいましたが、遂に音を上げて中国から撤退してしまいました。

しかしSNSは分かる気もしますが、ドロップボックスは困りますよね。クラウドに保管しているものが何も見れなくなってしまいますよね。

中国政府が規制するその意図は反政府活動の抑止

中国のネットで2014年になって突然ライン(LINE)が使えなくなった時も話題になりました。日本でも利用者の多いライン(LINE)は若者を中心に普及したこともあって中国に滞在する多くの人は日本に居る家族や友人との連絡方法に使っていましたし、最近ではビジネスマンでも使う人がいましたので反響を呼びました。

そして皆さんも記憶に新しい香港での反政府デモが大々的に起こります。

中国中央政府に対する香港の自治権を守るものであったと思いますが、これを理由として中国政府(中国共産党)が規制対象とした1つにインタグラムもありました。これで最近に人気の出てきたインタグラムに関しても中国では利用出来なくなりました。

では中国政府(中国共産党)がなぜこのように厳しい規制をしているのでしょうか?

このことに関して公式な政府コメントととしての説明はありません。憶測で確定的に言われているのは、SNSを利用して政府批判や政治的な扇動に利用されることを中国政府(中国共産党)が恐れているからではないかと言われています。

この見解に関しては中国政府としては特別な否定がありませんので、事実上認めているとも考えられています。

世界的に見ると実際にアラブの春などでインターネット上でのSNSは重要な役割を担ったことは否定出来ないですから、その重要性は理解出来ます。a0790_000869

実は反政府活動以外にもあるもう1つの理由

反政府運動の抑止や拡散防止という理由により判り難くされていますが、現実的に考えてもうひとつの大きな意図があると思われます。

それは中国の自国のインターネット関連企業の育成です。

グローバル化された現代ではインターネット事業は世界的な企業がどの国でも常勝しています。代表的企業がグーグル(Google)でありフェイスブック(Facebook)でありツイッター(Twitter)なわけです。

もし自由に競争した場合にはまだ未成熟な中国企業がこの欧米の企業に負けて他国と同じように寡占されてしまうのは目に見えていました。この様な利益も情報も西側諸国に独占されてしまうような状況に陥ることは中国政府(中国共産党)にとって望むべき将来の姿であるはずはありません。そのために欧米の製品やサービスをマーケットから締め出し自国のサービスを育て利用させるようにした意図があると思われます。

実は反政府運動の規制という意味合いより寧ろこっちの方がが大切なのかもしてませんよ。

現に中国政府の方針は直接的にも行われていて、その顕著な例がグーグル(Google)の中国撤退です。

2006年に中国市場に参入したグーグル(Google)は中国市場の第2位のマーケットシェアとなる30%以上までに急激に成長します。しかし中国政府からの直接的な検疫やGメールへのハッカー攻撃等様々な問題が噴出し、更には中国市場参入に際して中国政府との密約があり、中国政府が問題視するジャンルの関しては情報統制を行うことを認めていることが発覚します。

そのジャンルはチベットやウイグル自治区などの少数民族問題や民主主義化運動にに関するものであり、この政治的な問題に加担することがアメリカの公式の会議の場でも物議をかもしだいました。

結果グーグル(Google)は企業理念である “Don’t be evil” (悪に染まるな・悪いことはするべからず)に照らし合わせたうえで中国市場からの撤退が決定されました。

これにより中国国内のインターネット業界はガラパゴス化は進みましたが、百度(バイドゥ)微博(ウェイボー)や微信(ウィーチャット)などの中国インターネット企業は急成長を遂げて中国国内では圧倒的な寡占企業となりました。

百度(バイドゥ)はグーグル(Google)に次いで世界第2位にまで成長しましたからね。

百度(バイドゥ)とは、中華人民共和国の検索サイトで創業者の李彦宏(ロビン・リー)で、創業年月は2000年1月となり本社は北京市です。

その他関連事業には百度百科、百度入力方法などもありますが、総合的なマーケットシェアで言えば世界の検索サイトマーケットで、第1位のGoogleに迫る第2位となります。

実は日本にも2006年12月にもバイドゥ株式会社を設立して上陸していて、社外取締役にソニー前会長出井伸之が就いたことで話題となりましたが、日本の閉鎖的なマーケットと中国・韓国に対する逆風の中で伸び悩み2015年に撤退しています。

このように見ていくとこのインターネットに対する厳しい規制は、中国政府に対する反対運動の規制という面と国内産業保護と育成の保護政策という2つの大きな意味のために行われていることが良く分かると思います。

この様に中国政府の強かな政治と経済の手腕が見えてきますね。

中国国内からインスタグラムやラインを利用する方法

では中国国内から規制されたインターネットサービスを使うことは絶対出来ないのか?というとそうではありません。

インターネットの仕組みと言うのは自分のIPアドレスという住所のようなものからインターネットにアクセスする様になっています。このIPアドレスというものは自分に割り振られた世界で1つだけのものであり、このIPアドレスに組み込まれた情報を読み取ることでどこの国からインターネットをしているのかを判断することができます。インターネット犯罪などで犯罪者が使ったパソコンの場所などを探し当てるのもこのことと同じ事をしています。

つまりインターネットにアクセスしているIPアドレスを調べ海外からのアクセスと判別しているんです。

実はこのIPアドレスは意図的に変更することが可能で、これを日本のIPアドレスに変更することで日本からのアクセスとして中国政府に規制されたサイトや国内限定のサイトを利用することが出来るんです。

この技術はVPNと呼ばれ日本国内のIPを経由することでIPアドレスの情報を日本のものに変更をして日本からのアクセスとしてサイトに接続します。これにより中国政府のフィルタリング規制に掛からずに日本のサイトに接続が可能になります。

このVPNを利用する方法は大きく分けて3つあるのですが、具体的な方法に関しては”海外から見れない動画やサイト(中国のフェイスブック等)をVPNで見る方法”で詳しく説明していますにでそちらで見てください。

規制回避のVPN接続を全面禁止?

中国政府がインターネット規制を逃れる手段として利用されているVPN接続を全面禁止にするのではないかと話題になったことがあります。

ただこの報道は少しオーバーな表現で正確には監視を強めていきますよという取り締まりに関する宣言であり全てを禁止するという意味合いのモノとは異なりました。

そのために問題のあるケースを個別に摘発することはあるようですが、普通の外国人が通常の使い方をしている分には問題は起きていないようです。

ある意味外国人に対しては中国政府も寛容に対応してくれているとも言えます。

なぜ中国はフェイスブック・ツィッター・インタグラムやラインまでも規制するのかのまとめ

この中国のインターネット規制は、情報統制という極めて高度な政治施策という形を取ることで自国の内需や国内会社を保護するという中国のしたたかな面が感じらます。

反政府運動と絡められてしまったら内政干渉になりかねないですから人権問題にでもならなければ批判は出来ないですからね。

現にグーグル(Google)の時もライン(LINE)の時も経済的な交渉というより中国共産党の政治的な圧力と見てましたからね。こういう交渉力の強さも持ってくると中国は政管一体の経済活動では他国より1枚も2枚も上手く立ち回れるでしょうから、脅威を強く感じます。

本当に中国は恐ろしいですね。

海外旅行の時に加入する海外旅行保険を無料にする方法があります。

私は世界60ヶ国以上行ったことのあるバックパッカーで、ファイナンシャルプランナーとして保険会社で働いていました。そのため海外旅行と保険を合わせた実経験は誰にも負けないのではないかと思います。

そんな私が使っている海外旅行に持って行くと得をするクレジットカード最強の3枚の組み合わせがあります。

このカードを持つことで海外旅行保険には自分で加入しなくても病気や怪我での入院費は無料になりますし、荷物を無料で自宅に宅配できたり、盗難にあった時の緊急時にも海外でクレジットカードが再発行できるなど多くの特典を受けることが出来ます。

正に海外旅行には必須のクレジットカードと言えるのではないでしょうか?

詳しくは”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”の記事で説明していますので読んで下さい。

海外旅行の保険料が無料に出来るだけでもお得ですからオススメですよ。

スポンサーリンク

関連記事

無料クレジットカードの海外旅行保険が危険な理由と対策とは?海外移住FPのブログ

無料クレカの海外旅行保険が恐い意外な理由 海外旅行に行った先で体調不良になってしまい病院に入院

記事を読む

海外旅行でクレジットカードを持つ理由とは?JCBプラザが凄い!タイ移住FP

海外旅行にクレジットカードを持って行ったほうが良い理由とは 海外旅行に持って行ったほうが良いも

記事を読む

海外のカフェ・ホテル・空港のフリーWIFIは危ない!安全な4つの使い方とは?海外旅行FP

なぜホテルやカフェ・空港のフリーWIFIは危ないのか?情報を守るVPNの4つの対策 ホテルやカ

記事を読む

国民健康保険は海外の病院の入院手術で使えるのか?海外療養費制度とは?海外旅行FPのブログ

国民健康保険や健康保険は海外旅行や海外移住での医療行為でも使えます 海外での病気や怪我による治

記事を読む

海外旅行の飛行機で気持ち良く寝るための3つのポイント

海外旅行の飛行機の中でスムーズに快眠するために 皆さんは飛行機の中でどのように過ごしていますか

記事を読む

フールーhuluとユーネクストU-NEXTを使っての比較!海外から見る方法とは

フール―・huluとユーネクストUーNEXTの内容比較と海外から見る方法 ユーネクスト(U-N

記事を読む

海外在住者が実印の印鑑証明を大使館で貰う方法=FPの海外移住情報

海外在住者の実印の印鑑証明の取得方法 海外に転勤になったり海外移住をすると日本の住民票を海外へ

記事を読む

ホテルのデポジットにクレジットカードを使用する時の注意点とベストな方法とは?

ホテルのデポジットの支払い方法での注意点とベストな方法とは? 皆さんもご存知の通りホテルに宿泊

記事を読む

スマートフォンが海外で使える4つの方法を比較してみた!=海外移住FPのブログ

海外でスマートフォンを使う4つの方法を比較 海外旅行に行くときにインターネットを使わないで過ご

記事を読む

バンコク・スワンナプーム空港のレストラン特集!美味しく快適に過ごすための下調べ!

スワンナプーム空港のレストランを見てみよう!格安のクーポン食堂もある タイを訪れたときや旅行を

記事を読む

パタヤで必ず行きたいシーフードレストラン・ピーチャが美味しくて安くて最高!メニューと行き方の紹介

パタヤ旅行では必ず行きたいシーフードレストラン・ピーチャ パタヤ

タイの観光旅行でマナーとルールの注意点!知っておいてトラブル回避!

トラブルを避けるためにタイの観光旅行で気を付けるべきマナーとルール

バンコクで人気のタイ料理レストラン:バーンクンメーのメニュー紹介と実食レポート

バンコクでタイ人にも人気のタイ料理レストラン:バーンクンメー バ

バンコクのタイスキ発祥のコカレストランの行き方とメニュー紹介:海外旅行FP

タイスキ発祥のバンコクの老舗”コカレストラン” タイスキはタイを

ホテルのデポジットにクレジットカードを使用する時の注意点とベストな方法とは?

ホテルのデポジットの支払い方法での注意点とベストな方法とは? 皆

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑