*

タイのチェンマイ動物園の案内と行き方:パンダもいるよ!海外旅行FPのブログ

公開日: : 観光地・チェンマイ・タイ

2015-10-31 12.53.35 (640x480)

パンダが見れるタイのチェンマイ動物園に行こう!

タイのチェンマイにある動物園はタイ国内ではブームの様に大人気でそれには理由があります。

それは中国からのレンタルでパンダが初めてきたことで、生でパンダを一目見たいと観光客が押し寄せたからです。

元々チェンマイの動物園は有名だったのですが、パンダが来たことで不動の人気を得た印象です。

日本の上野動物園に初めてランラン・カンカンのパンダが来た時のフィーバーとちょうど同じ感じです。

しかしチェンマイ動物園はパンダが来る前から他でも1番人気と言える動物園で観光名所でしたから、日本人としてもチェンマイの観光でこの動物園に行くのも楽しいと思いますよ。

ということで、今回はそんなチェンマイ動物園の行き方と案内をしたいと思います。

スポンサーリンク

チェンマイの郊外にあるチェンマイ動物園

チェンマイ動物園では人気のパンダや象やサイ・トラ・ライオンなどが山麓の地勢を生かして造られた広大な園内に約300種の動物が飼育されていて見学することが出来ます。

場所はチェンマイ市街の西郊にありドイインタノンの麓のチェンマイ大学の先に位置しドイ・ステープ寺院に向かう途中にあります。

住所:Chang Phuak  Mueang Chiang Mai Chiang Mai 50300

チェンマイ動物園の具体的な行き方

代表的な行き方はこの3つかと思います。

①徒歩:市内から40分程度。当然無料ですが、、、、着くまでに疲れてしまいますね。

②乗り合いソンテウ:街を流しているソンテウを停めて交渉します。向かう方向の場合は乗せてくれます。30から40バーツ程度です。数台停めれば何処からでも簡単に見つけられると思います。

ソンテウに上手く乗りさえすれば動物園の前で停車して降ろしてくれますから迷うこともないでしょう。

③トゥクトゥク:チャーターですので交渉次第。結構強気のドライバーが多いです、、、、、

乗り合いソンテウはチェンマイの何処からでも簡単に乗れるので、料金も安いソンテウが1番おススメですね。

地図でいうと下記に位置します。

チェンマイ動物園より上のドイスティープ等に行く時はチェンマイ動物園の前でソンテウを乗り換えて行ってくれます。ドイスティープで片道1人当たり40バーツです。2015-10-31 15.41.25 (640x480)早く行きたいときはチャーターとなり交渉となります。チャーターの料金はチェンマイ動物園からドイステイープ往復で400バーツから500バーツです。

2015-10-31 15.41.06 (480x640)動物園より山頂側にも多くの観光地があります。
2015-10-31 15.41.12 (640x480)いつかゆっくり周ってみたいものです。
2015-10-31 15.41.15 (640x480)これがチェンマイ動物園の入り口です。

2015-10-31 15.37.51 (640x480)なんかディズニーランドのアトラクションみたいですね。

雰囲気があって期待度が高まります。
2015-10-31 15.37.38 (640x480)山の尾根に作っていますので道は坂になり登っていきます。

これもまた良い作りです。
2015-10-31 12.37.48 (640x480)チェンマイ動物園の入園料です。

外国人料金は、大人150バーツ子供70バーツです。子供の規定は身長135センチメートル以下は子供料金で良いそうです。

パンダは別料金となり、大人150バーツ子供70バーツです。

私は今回は水族館は見ませんでした。動物園だけでもかなり広いですから、水族館まで別料金を出してまで見学しなくても良いと思いますよ。2015-10-31 12.36.15 (640x480)タイ人およびタイ在住外国人料金は、動物園とパンダがセットで、大人150バーツ子供40バーツです。

かなり料金差があるので、持っている人はタイ在住が証明できる書類を忘れないようにしましょうね。

未確認ですが、ロータスやビッグCなどの会員証でもタイ人料金にしてくれることもあるとか?
2015-10-31 12.39.21 (640x480) 私は今回は水族館は見ませんでした。動物園だけでもかなり広いですから、水族館まで別料金を出してまで見学しなくても良いと思いますよ。

しかし水族館の外国人料金、大人520バーツ、子供390バーツは、、、、、、どうなんですか?2015-10-31 12.37.38 (640x480)チェンマイ動物園の全体マップです。

山にあるので坂が多いだけでなくかなり広く歩いて周るのは無理だと思います。

見てください、こんなに広いんです。

カートを借りるか乗り合いバスに乗るかでしょう。
2015-10-31 12.38.15 (640x480)ということで、バスに乗るために歩いていましたがその前にフラミンゴがいました。2015-10-31 12.40.11 (640x480)すると小さいお坊さん達が見学していました。

遠足みたいな感じなんでしょうかね。
2015-10-31 12.40.17 (640x480)フラミンゴってすごく警戒心が強くて、アフリカで野生のフラミンゴを見ても200メートルぐらいまでしか近づけないのでピンクの豆の様なものしか見えないんですよね。

そのためフラミンゴは動物園で見るのが1番です。
2015-10-31 12.40.25 (640x480)大そうな敷地にインコ、、、、、、え?本当にインコだけですか?
2015-10-31 12.41.23 (640x480)はい、動物園内を運転できる電動のゴルフカートのレンタル料金です。

1時間で350バーツです、、、、、、、2時間で700バーツ!

高すぎでしょう。
2015-10-31 12.43.05 (640x480)ゴルフカートの現物です。まぁゴルフカートには問題はないですけどね。2015-10-31 12.43.20 (640x480)動物園内にはモノレールのレールが走っています。

今はないですが、昔はモノレールが走っていたんでしょうね。 2015-10-31 15.33.29 (640x480)これは動物園内7か所で降りれる乗り合いバスです。

料金も1人当たり大人30バーツ子供20バーツとリーズナブルです。

7か所でも主な動物は全て見れるので十分です。料金も安いですからチェンマイ動物園内の移動はこのバスがおススメです。
2015-10-31 12.43.11 (640x480)動物が描かれたバスです。
2015-10-31 12.45.50 (640x480)こっちはパンダです。
2015-10-31 12.45.57 (640x480)こんな感じでみんなで詰めあって乗りあうことにはなりますが、移動時間は1区間1分程度ですから良いですよね。
2015-10-31 12.47.51 (640x480)チェンマイ動物園の中はこのように道が走っていますので、快適に移動できます。
2015-10-31 12.52.03 (640x480)これが停車するバスストップの番号と近くにいる主要の動物です。

これを見てお目当ての動物がいるバスストップで降りましょう。
2015-10-31 12.53.11 (640x480)途中でバスを停めて、象に餌をあげたりもします。
2015-10-31 12.51.27 (640x480)最初のバス停でいきなりクライマックスですっ!

みなさんお待ちかねのパンダ館ですっ!
2015-10-31 12.53.35 (640x480)パンダは別料金なのでここでもチケットを売っています。

あれ、あの子供のお坊さんもいますね。
2015-10-31 12.54.53 (640x480)パンダは日本と同じように特別な飼育館に入れられています。違う点はお客さんの数ですね。日本の様には混んでいません。

最前列に立つことも少し待てば出来ます。

そして遂に主役のパンダの登場ですっ!2015-10-31 12.57.48 (640x480)おおっ!目の前にジャイアントパンダです。

大熊猫っ!
2015-10-31 12.59.59 (640x480)熊より更に人っぽいんですね。手でササをもって食べています。可愛いっ!

実は私はパンダに餌を手渡しで渡したことがあります。中国の昆明の動物園にパンダを見に行った時にパンダの施設が閉鎖されていて、”今日はパンダは見れないの?”と係員に声をかけたら、なんと裏から入れてくれたんです。

そしてパンダを餌場に呼んでくれ、手渡しで餌をあげました。いやぁ、それは一生の思い出ですね。

チェンマイ動物園もパンダはかなりよく見えますね。これは見に来る価値があると思いますよ。
2015-10-31 13.01.07 (640x480)スノウドームというアトラクションもパンダ館の横になります。
2015-10-31 12.53.22 (640x480)これも別料金です。タイ人は好きなんでしょうね。

大人150バーツ、子供100バーツで、身長135センチメートル以下が子供です。

まぁ日本人は興味がないですよね。2015-10-31 12.55.05 (640x480)では、動物園内のパンダ以外の動物たちも見ていきましょう。

これはライオンですね。2015-10-31 13.13.45 (640x480)ちょっと遠いですね。
2015-10-31 13.13.59 (640x480)トラです。

ライオンよりもトラの方が迫力があります。
2015-10-31 13.16.51 (640x480)これはピューマかな?2015-10-31 13.18.37 (640x480)これはジャガーだったと思います。

お金を払うと餌をやれるそうです。30バーツだったと思います。2015-10-31 13.19.58 (640x480)餌を上げるのは、こんな感じですね、、、、、、、思ったよりも迫力はありません。 2015-10-31 13.21.58 (640x480)パクッて感じで一口で食べてしまいます。2015-10-31 13.21.08 (640x480)タイ人は楽しそうに餌をあげています。

このお手軽感だと大きな猫みたいですよね。
2015-10-31 13.21.13 (640x480)鳥の施設は、人も入れる大きな鳥かごスタイルです。
2015-10-31 13.24.46 (640x480)川の魚を夢中で食べています。
2015-10-31 13.25.19 (640x480)カンムリ鶴ですね。
2015-10-31 13.28.14 (640x480)おおっ!第二の主役コアラですっ!

コアラも子供たちに大人気ですもんね。
2015-10-31 13.38.00 (640x480) 、、、、、、って言うか、コアラのマーチですよね、これは? 2015-10-31 13.38.36 (640x480)  なんかデッカイコアラのマーチもいますね。すごい宣伝です。2015-10-31 13.38.58 (640x480)寝てるんじゃないかと心配していましたが、ちょうど起きましたっ!

動いてるコアラですっ!凄い。

でもガラスに保護フィルムみたいなのが張ってあって写真に色が入ってしまいます。 2015-10-31 13.51.42 (640x480)後姿がまん丸で何とも言えず可愛いです。

2015-10-31 13.39.38 (640x480)小さな鳥かごは園内に多く置いてあります。
2015-10-31 13.43.04 (640x480)イノシシの仲間かな?
2015-10-31 13.48.13 (640x480)おぉ!マンモス、、、、、、、、、のつくりもの?
2015-10-31 14.09.17 (640x480)ペンギン館です。このペンギン館は新しく作られたものだと思います。

前に来たときは無かったと思うので。
2015-10-31 14.09.58 (640x480)ペンギンもタイ人には人気の高い動物です。
2015-10-31 14.10.05 (640x480)地下の階からはペンギンの水槽ないで泳ぐ姿が見れるようになっています。
2015-10-31 14.12.29 (640x480)迫力のペンギンの姿が見れます。
2015-10-31 14.13.31 (640x480)動きがあってボケちゃってますが、これは子供たちは大喜びです。
2015-10-31 14.13.24 (640x480)これはなんだ?
2015-10-31 14.18.35 (640x480)オラウータンなのですが全然いないと思っていると、、、、、、
2015-10-31 14.21.54 (640x480)下で暇そうにしていました。
2015-10-31 15.03.24 (640x480)サルの島です。
2015-10-31 15.09.27 (640x480)テナガザルですね。
2015-10-31 15.09.40 (640x480)ワニです。
2015-10-31 15.12.51 (640x480)ヘビですが、、、、、死んでる?
2015-10-31 15.13.06 (640x480)こっちもワニですが、このワニは怖い、、、、、吠えてました。
2015-10-31 15.13.48 (640x480)これもテナガザルです。

最近私はテナガザルを見ると進撃の巨人を思い出してしまいます。
2015-10-31 15.14.13 (640x480)座ってます、、、、、、なんか何か言いたげな感じですよね。
2015-10-31 15.14.24 (640x480)サイですね。サイって恐竜みたいですよね。
2015-10-31 15.16.44 (640x480)サバンナにいるウシ科の動物ですね。

この手がアフリカには多く生息してますね。
2015-10-31 15.17.29 (640x480)ん?アフリカのハゲコウの鳥かな?
2015-10-31 15.18.18 (640x480)これもサルですね。

余りにも広いので取り合えずこの日はこれで終了にしました。
2015-10-31 15.31.02 (640x480)

チェンマイ動物園の紹介動画

最後にタイのTVでのチェンマイ動物園の動画になります。

動物の紹介ですから言葉が分からなくても問題なく見れてしまいます。

タイのチェンマイ動物園の案内と行き方のまとめ

どうでしたか、チェンマイ動物園は?山に作られているので山間の風景も良いんですよね。

タイの有名観光地チェンマイに来る人たちの多くが訪れるというチェンマイ動物園の魅力が今回のレポートで伝わりましたか?

山の斜面の広大な敷地に多くの動物が飼育されていてパンダも見れるのでタイ人はもちろん外国人にも大人気です。

チェンマイ動物園はチェンマイに遊びに来た際にはぜひ寄っておきたいスポットだと思います。

動物園内は広いですが、バスを利用すれは効率的に見て回れますから意外と時間が掛かりません。

普通の人だと2時間ぐらいで周れてしまうと思います。もちろん、ゆっくり時間を掛ければ何時間でも過ごすことも出来ると思いますから、お子さんを連れて1日過ごすのも良いと思います。

チェンマイの町からもアクセスが良いですし、パンダも近くでゆっくり見れますからぜひ来園されることをおススメします。

海外旅行の時に加入する海外旅行保険を無料にする方法があります。

私は世界60ヶ国以上行ったことのあるバックパッカーで、ファイナンシャルプランナーとして保険会社で働いていました。そのため海外旅行と保険を合わせた実経験は誰にも負けないのではないかと思います。

そんな私が使っている海外旅行に持って行くと得をするクレジットカード最強の3枚の組み合わせがあります。

このカードを持つことで海外旅行保険には自分で加入しなくても病気や怪我での入院費は無料になりますし、荷物を無料で自宅に宅配できたり、盗難にあった時の緊急時にも海外でクレジットカードが再発行できるなど多くの特典を受けることが出来ます。

正に海外旅行には必須のクレジットカードと言えるのではないでしょうか?

詳しくは”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”の記事で説明していますので読んで下さい。

海外旅行の保険料が無料になるだけでもお得ですからオススメですよ。

スポンサーリンク

関連記事

タイのチェンマイ観光ではサンデーマーケットに行こう!海外旅行FPのブログ

タイのチェンマイ旅行ではターペー門前のサンデーマーケットに行こうっ! チェンマイ観光では多くの

記事を読む

チェンマイ旅行ではナイトバザール・ナイトマーケットに行こう!写真で様子を見てみよう

チェンマイに来たなら行きたいナイトバザール・ナイトマーケット チェンマイに観光旅行で来たらナイ

記事を読む

タイのお土産は最大のスーパーマーケットのビッグシー(BigC)がオススメ=海外移住FP

タイで最大のスーパーマーケットのビッグシー(BigC)がオススメ タイのスーパーマーケットは2

記事を読む

チェンマイ観光では絶対行きたいドイステープ寺院への行き方:タイ旅行FP

チェンマイにあるお寺のドイステープが最高にきれい チェンマイに来た時には観光で行くのにおススメ

記事を読む

タイ・チェンマイのオススメなホテル!木の上の家に泊まれるツリーハウス:海外旅行FP

チェンマイのホテルにある木の上の家の宿泊レポート 皆さんは木の上の家ってあこがれがありませんか

記事を読む

タイ・チェンマイのオススメなホテル!木の上の家に泊まれるツリーハウス:海外旅行FP

チェンマイのホテルにある木の上の家の宿泊レポート 皆さんは木の上

バンコク旅行でハングオーバーの撮影地シロッコ・スカイバーの絶景を見に行こう!

世界一高い場所にあるシロッコの屋外スカイバーに夜景を見に行こうっ!

タイのパタヤにもある静かな美しいパタヤヒルビーチの行き方:海外旅行FPのブログ

タイの歓楽街リゾートのパタヤにある穴場的な静かなビーチ パタヤは

バックパッカーで世界の60ヶ国を旅したのはどの国なのかを説明します!海外旅行FP

海外旅行FPが実際にバックパッカーとして旅行した60ヶ国とはどの国

海外在住でも受講できる子供の通信教育・海外受講の特集:海外移住FP

海外で受けれる子供の通信教育・海外受講の特集 海外在住の人で小さ

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑