*

海外のスキミングは更に巧妙に!アジアに広がる手口と対策

公開日: : 最終更新日:2016/10/06 海外旅行の基礎知識

a0731_000615

スキミング犯罪は更に巧妙になりアジアのタイやバリなどで被害が増加

このブログでも何度か説明しているスキミング犯罪ですが、最近は更に仕掛けが巧妙になり海外での被害が広がっています。日本国内も安全ではなくセブン銀行はATMにスキミングの機械が取り付けられていたことを発表し注意を呼びかけました。

スポンサーリンク

また最近はアジアへの海外旅行者の被害が増加していて、国で言えばタイ・中国・韓国・インドネシア、都市で言えば、バンコク・プーケット・北京・上海・ソウル・バリ島といったところでの被害が目立っています。

スキミング犯罪とは

スキミング犯罪とは、クレジットカードやキャッシュカードに入力されている個別の磁気記録情報をスキミングカードリーダー呼ばれる装置を使って情報を抜き出し、クレジットカードやキャッシュカードを複製してキャッシングしたり品物を購入したりする行為です。仕掛けや機材が巧妙となり近年は被害が急増して紙面を騒がせる機会も増えました。

実際にスキミングで情報を盗むとは言ってもこの時点では物理的な被害は何もありませんから、犯行者はカード自体はそのままに情報だけを盗むので、被害者はお金が引き出されたり買い物をされたりするまで気づかないために発覚は遅くなるのが通例です。

ただしスキミングの最新情報を知り対策を心掛けることで被害にあう可能性を最小限にすることも可能ですし、スキミング犯罪が多いと言われる海外でも被害にあわなくてすむ可能性を高くする方法はあります。

スキミング犯罪が行われる主な3つの方法

スキミングが行われるシチュエーションに関しては主に下記のような状況があります。

  • ATMにスキミングカードリーダーと盗撮カメラを付けてキャッシュカードやクレジットカードの情報をコピーをされてしまう
  • ショッピングの支払いやレストランの支払いでキャッシュカードやクレジットカードを利用した時に情報をコピーされてしまう
  • ホテルのセーフティボックスやロッカーに預けた時にキャッシュカードやクレジットカードの情報をコピーをされてしまう

このような状況が多いのです。

では次はスキミングの具体的な手法を見てみましょう。初めて見る人はその巧妙さに驚くと思いますよ。

巧妙になっているスキミング犯罪

ATMにスキミングの機材が取り付けられるのを見てみましょう

そもそもATMのスキミングというのは、ATMにあるクレジットカードの挿入口に被せるようにして設置されていることが多く、通常のATMの機能は何も変わらなく使えます。

下の写真で手に持っている部分がスキミングのカードリーダーというクレジットカード情報を読み取る機械になります。

e下の写真がスキミングカードリーダー装着後です。

どうですか?確かに装着前と写真で比べれば当然分りますが、初めて来た人、、、いえいえいつもこのATMを使っている人さえも気づかないでしょうね。eeこの写真は隠しカメラの写真で矢印のところがレンズで暗証番号を打ち込む指の動きを撮影します。スキミングのカードリーダーで盗んだ情報でクレジットカードのコピーを複製すると暗証番号もオリジナルと同じになってしまうために暗証番号も盗み出さないといけないからです。

eeeeeeこっちも設置されてしまったら見えないだけに分りにくいですね。

eeeeeee 出典は、テキサス大学のサイトでのATM詐欺からとなります。

http://www.utexas.edu/police/alerts/atm_scam/

セブンイレブンのセブン銀行がスキミング機械を発見し注意を呼びかける

セブンイレブンのセブン銀行さんが自行のATMにスキミングカードリーダーが取り付けられていたと発表してそのATMを利用されたお客様とスキミングに対して注意を呼びかけました。

                     スキミング被害について         平成 25 年 3 月 11 日

平成25年2 月 28 日に発表しました当社 ATM でのキャッシュカードやクレジットカード情報の 不正取得被害(スキミング被害)について、平成25年3 月 11 日現在で判明している事実をお知らせ します。

【スキミング機・カメラ等が不正に取り付けられていた ATM 設置場所】

A セブン銀行 BIG BOX 高田馬場 ATM(東京都新宿区)

B セブン銀行東京メトロ副都心線西早稲田駅 ATM(東京都新宿区)

C セブン銀行西武池袋本店 ATM(東京都豊島区)

D セブン銀行豊島南池袋 1 丁目 ATM コーナー(東京都豊島区) E セブン銀行品川プリンスホテル ATM コーナー(東京都港区)

※現在判明分となります

cc

出店 http://www.sevenbank.co.jp/corp/news/2013/pdf/2013031101.pdf

更にスキミング機材が小型化されて巧妙化

そして最近はスキミング機材が更に改良されて小型化も進み分り難くなっています。

下の写真のものは暗証番号をカメラで撮影するのではなく入力ボタンに重ねておくことで暗証番号を記憶させるという機械です。

どうですか?この薄さ!当然通常の入力も出来ますので、入力キーが2重になっているなんてユーザーは気がつくわけもないですよね。
ccccc  出典 attrip.jp

こっちの写真のものは従来と同じ暗証番号を盗み取りするカメラですが、ここまで小型化されています。ここまで小型でデザインされているとATM本体の突起物と思うのが普通ですよね。

 

cccc出典gigazine.net

現在のスキミング犯罪はここまで高度なものになり分かりにくくなっています。そしてこれからも更に機材の進歩は進みより巧妙な仕掛けになっていくと思います。特にアジアを中心とした海外では多くのスキミング被害が発生しています。

では、スキミング被害にあわない為の対策を紹介していきましょう。

スキミング被害にあわないために普段から出来る4つの心がけ

1.銀行の店内のATMを極力使う

スキミングの技術は進み巧妙になってはいますが、ATM自体にスキミングの機材を取り付けないといけないことには変わりません。取り付けと機材回収を行う行為をリスクと考えると取り付けられるATMの傾向は人目に付きにくい場所においてあるATMである可能性が高いです。

その傾向から分かるのは銀行内にあるATMは防犯カメラも警備員の目もあるためにスキミングの機材を設置するのは難しいということです。

銀行内に設置してあるATMを利用するのであればスキミングされない可能性はかなり高いです。

2.お店での利用時には最新の注意を

ATMでのスキミングと並んでお店でキャッシュカードもしくはデビットカードを使って支払いをする際にスキミングされてしまうのは多いです。この場合はお店自体の犯行であったり店員がグルだったりすることが多く判別することはかなり難しいです。

何度も機械を通すなど不自然な行動や暗礁番号を見られたりしないようにしましょう。

3.暗証番号の変更

スキミングはカード内容をコピーされても暗礁番号は入力しなければいけません。そのためにクレジットカードが偽造されても暗礁番号が変更されていると簡単にお金を引き出されたりはしません。

スキミング被害を防止するためにマメに暗礁番号は変えるようにして、少なくとも海外旅行に行って帰国した際には必ず変更するようにしてください。 

4.口座の利用明細をマメにチェックする

スキミングはデータを盗まれたときに判明することは殆んどありません。被害者はクレジットカード(キャッシュカード)の利用明細を見て気が付くことが殆んどです。早めに分かり止める事が出来れば、2次3次被害は防げることになりますのでキチンとチェックしましょう。

海外旅行でのスキミング被害にあわないための対策

海外旅行に行った時にスキミングが多いからと言って多額の現金を持って行くのも盗難の危険があります。そうするとカードで持っていくしかないと思います。

昔はトラベラーズチェックで持っていくか海外プリペイドカードを使うかのどちらかを選ぶことが出来ました。トラベラーズチェックはトラベラーズチェックでメリットもデメリットもあったのですが、日本国内での販売を終了してしまいましたので、カードの1択になってしまっています。

それに海外プリペイドを使うのであれば海外ポケットWIFIを持って行き利用額をインターネットを使って振り込めるようにしておけば安全な上臨機応変に対応できると思います。

海外プリペイドカード

海外プリペイドカードとは海外で利用できるチャージ式のデビットカードのようなもので、ATMでキャッシングしたりお店の買い物やレストランの支払いが可能です。クレジットカードではないので発行に条件はなく誰でも利用できます。これにより現金を持っていかなくて良い面が最大の利点です。

またスキミング被害にあったとしても口座の入金額までしか利用できないので被害額をコントロール可能ですし、利用中の海外プリペイドカードを止めてしまい新しいカードを発行しなおすことも簡単です。

またインターネットなどを利用して振り込めば利用額を増やすことが出来ます。

デメリットは、事前にカードを作成しなければならないことと利用前に必ず口座にお金を入金しなければいけません。その管理と手間になります。

海外プリペイドカードの2枚を紹介

では、実際の海外プリペイドカードで人気のある3社の海外プリペイドカードを見てみましょう。細かい内容も書きましたがそれ程大きな違いがあるわけではないので正直なんとなくの好みで選んでも良いと思います。私はサポートの充実したマスターカードのキャッシュパスポートを使っています。迷った時はキャッシュパスポートで問題はないと思います。

マスターカード マルチカレンシー・キャッシュパスポート

マスターブランドの 海外専用プリペイドカードです。予備を含めて2枚くるので盗難時にも対応できます。また海外トラベルデスクでは日本語サポートがありますしの24時間のコールセンターがあるのは安心です。

そういう意味でもこの海外プリペイドカードがオススメです。

換算レート:マスター換算レート+手数料4.00% ATM手出金数料:200円 発行手数料:無料 年会費:無料 更新料:無料 カードの有効期限:5年 引き出し限度額 1回:15万円

詳しくはここからご覧になってください⇒ ”キャッシュパスポート”

c

JTB マネーグローバル

ご存知日本最大の旅行代理店JTBが発行する”JTB マネーグローバルカード”です。

ネームバリューがあるのでお金に関してだと安心感があります。

換算レート:VISA換算レート+手数料4.00% ATM手出金数料:200円 発行手数料:無料 年会費:無料 更新料:無料 カードの有効期限:5年 引き出し限度額 1回:10万円

詳しくはここからご覧になってください⇒JTBの海外専用キャッシュカード「MoneyT Global」

a1

まとめ

私自身も海外でATMから現地通貨を出して使っています。クレジットカードは海外旅行保険を無料で利用するために何枚も持っていますし、国際対応の新生銀行などのキャッシュカードも持っていますが利用しません。

基本的にはJTBマネーカードを使ってキャッシングしています。クレジットカードはショッピング保険を適用したい商品の買い物と海外旅行保険の利用付帯条件を満たしたい時だけです。

先ずは海外プリペイドカードへの入金はインターネットでしてからキャッシングをするという2度の手間が掛かるのですが、安全性を優先しています。だって上で見ましたよね?スキミングの機械の自然さを。私には見破る自信はまったくありません。

そうなるとクレジットカードで買い物をされたり銀行の預金を全部使われたりを避けるためにはそうするしかないと考えているからです。安全のためには手間隙を惜しんではいけないと思うからです。

更に言えば海外旅行者がインターネットバンクをホテルなどのフリーWIFIでするのは非常に危険です。安心に使うために詳しくは”海外旅行でラインやスマホが使える!モバイルWIFIで出来ること”で説明していますのでご覧になってください。

海外旅行保険が無料になるお得なクレジットカードを知っていますか?

海外旅行で病院に治療に行くと日本の健康保険は使えずに治療費が高額になることがあります。

(注:日本に戻ってから返金請求の制度はあります)

海外では盲腸の手術が200万円って話を聞いたことがありませんか?

実は海外の大きな病院で手術すれば日本の健康保険が使えませんから200万は普通の金額です。

私もタイで代々木公園で騒ぎになったデング熱で入院しましたが、2週間の入院で治療費は約133万円でした!

治療費が驚くほど高いので、皆さん海外旅行保険に加入してるんです。

でも海外旅行保険の保険料って意外と高いですよね?1週間程度でも3,000円とか5,000円とか、、、、、

これがもし無料に出来るとしたら嬉しいですよね?

その方法とは、海外旅行保険の付いた年会費無料のクレジットカードを持てば良いだけです。

裏技でもなんでもないんですよ、しかも無料で可能ですし。

注意して欲しいのは、クレジットカードの保険内容には違いがかなりありますから内容や利用条件を調べないといけません。

そこで元保険会社社員でバックパッカーの私が1番おススメの無料クレジットカードをコッソリ?教えます。

そのクレジットカードとは、エポスカードです。

そうです、皆さんが普通に知っている丸井の赤いカードです。普通すぎて意外ですか?

エポスカードの海外旅行保険の内容を見てみましょう。

x充実の保険内容ですよね。

特に海外旅行保険で最も大切な治療費の保険金額が病気治療270万円・怪我治療200万円と無料のクレジットカードの中で最高額なのが特徴です。

その他の優れた特徴としては

  • 海外に出た日から自動的に90日間保険が使える自動付帯
  • 提携病院ではお金が必要ないキャッシュレス支払い
  • 学生さんなども加入可能

そして何よりも年会費は無料なんです。

この補償内容が無料なんて素晴らしすぎますよねぇ。

当然ですが、丸井のカードですから買い物等の支払いに使えますしポイントも貯まったりもします。

そんなおススメのクレジットカードはこちらから見て下さい⇒エポスカード

クレジットカードの海外旅行保険をもっと詳しく知りたい方は更に詳しく説明した記事を読んで下さい。

”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”

クレジットカードを複数持った時の注意点やおススメのクレジットカード等も説明していますので、興味のある人は是非!

スポンサーリンク

関連記事

海外旅行で急増するクレジットカードのスキミング被害の手口と対策とは?海外旅行FPのブログ

海外旅行で被害が急増しているスキミング犯罪とその対策 最近は海外旅行に行った際に日本人もスキミ

記事を読む

海外から見れない動画やサイト(中国のフェイスブック等)をVPNで見る方法

 海外からは見ることが出来ない動画やサイトがあります 今や多くの日本人が海外に行くようになりま

記事を読む

バンコク旅行で水道水は飲めるのか?タイのミネラルウォーターと世界で水が飲める国を説明

タイ・バンコク旅行では水道水は飲めるのか? タイに旅行で行くことになったらと思いますよね?タイ

記事を読む

バンコク・スワンナプーム空港のレストラン特集!美味しく快適に過ごすための下調べ!

スワンナプーム空港のレストランを見てみよう!格安のクーポン食堂もある タイを訪れたときや旅行を

記事を読む

海外旅行に持って行くべき無料クレカのランキング・ベスト5!保険も充実なクレジットカード

海外旅行に向いている年会費無料のクレジットカードランキング 海外の病院では日本の健康保険が使え

記事を読む

海外旅行保険はテロや戦争の怪我などには使えるのか?海外移住FP

クレジッットカードの海外旅行保険はテロ行為や戦争・内乱で怪我した時には使えるのか? 世界各国で

記事を読む

クレカの保険は使えるの?元保険会社社員が教える海外旅行用のクレジットカード最強の3枚

クレジットカードを持って安心して海外旅行に行こう 海外で病気や怪我をして治療を受けた時には健康

記事を読む

海外旅行でクレジットカードが使えない!その原因と対処法:海外移住FP

海外旅行でクレジットカードが使えないその原因と対処法とは? 海外旅行に行くのにクレジットカード

記事を読む

海外のカフェ・ホテル・空港のフリーWIFIは危ない!安全な4つの使い方とは?海外旅行FP

なぜホテルやカフェ・空港のフリーWIFIは危ないのか?情報を守るVPNの4つの対策 ホテルやカ

記事を読む

燃油(燃料)サーチャージとは何か?安くするコツとは?:エアアジアは撤廃を決定

エアアジアは燃油(燃料)サーチャージの撤廃を決定 エアアジアが燃油(燃料)サーチャージの撤

記事を読む

タイ・チェンマイのオススメなホテル!木の上の家に泊まれるツリーハウス:海外旅行FP

チェンマイのホテルにある木の上の家の宿泊レポート 皆さんは木の上

バンコク旅行でハングオーバーの撮影地シロッコ・スカイバーの絶景を見に行こう!

世界一高い場所にあるシロッコの屋外スカイバーに夜景を見に行こうっ!

タイのパタヤにもある静かな美しいパタヤヒルビーチの行き方:海外旅行FPのブログ

タイの歓楽街リゾートのパタヤにある穴場的な静かなビーチ パタヤは

バックパッカーで世界の60ヶ国を旅したのはどの国なのかを説明します!海外旅行FP

海外旅行FPが実際にバックパッカーとして旅行した60ヶ国とはどの国

海外在住でも受講できる子供の通信教育・海外受講の特集:海外移住FP

海外で受けれる子供の通信教育・海外受講の特集 海外在住の人で小さ

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑