*

絶対バスがオススメな理由!成田空港・LCC専用第3ターミナルへの行き方=海外移住FP

公開日: : 最終更新日:2016/10/06 海外旅行の基礎知識

aazzzzzzzzzzzzzzzzzz

成田空港・LCC専用第3ターミナルへのアクセスはバスがオススメな理由

成田空港・LCC専用第3ターミナルとは

4月8日に遂に成田空港の第3ターミナルがオープンしました。基本的にはLLC専用のターミナルということです。最新のターミナルということで機能性・利便性の追及と同時に低コストでの開発という課題に取り組んだことで話題になっています。電光掲示板は使われていなかったり、ガラスは高価な上に室内温度を上げてしまいエアコン代を押し上げるので、窓も出来るだけ少なくしてあります。

ではみすぼらしいかというとそんな事はなく、むき出しの天井に打ちっぱなしの壁に無印良品の鮮やかな家具が映えてお洒落な空港になっています。やはり限られた予算の中でアイディアを出して勝負をする。ここに本当のプロ根性を感じますね。

低コストの恩恵は航空会社の施設使用料や乗客の空港使用料を半減することで反映されています。

では、空港内を見てみましょう。

東京オリンピックを意識してトラックを模したデザインも綺麗ですねぇ。

aazzzz出典 http://travel.watch.impress.co.jp/

剥き出しの天井に白い床が清潔感がありますね。

aazzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz出典 http://www.narita-airport.jp/aazzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz 出典 http://www.narita-airport.jp/

無機質な中にお店があると、ヨーロッパの古い建物の中に店舗があるのと同じようなイメージでお洒落です。

aazzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz出典 http://www.narita-airport.jp/

トイレのマークもコスト削減のためにシールで貼ってあんだそうです。

aazzzzz出典 http://travel.watch.impress.co.jp/

第3ターミナルのフロア説明

各フロアの説明になります。

1階の到着フロアです。

aazzzzzzzzzzzzz出典 http://www.narita-airport.jp/

2階のフロアは出発のカウンターになっています。カウンターはどの航空会社が使うのかは固定されているので間違えにくくて良いですね。
aazzzzzzzzzzzzzz出典 http://www.narita-airport.jp/

aazzzzzzzzzzzzzzzz

出典 http://www.narita-airport.jp/

3階のフロアです。

aazzzzzzzzzzzzzzz出典 http://www.narita-airport.jp/

第3ターミナルへのアクセス

成田空港へのアクセスと言えば電車の成田エキスプレスやスカイライナーが定番で到着時刻が定まらないバスは帰りでは使っても出発の時は余り使われてきませんでした。

第3ターミナルはバスを使って行くのが1番のオススメになります。

その理由は、電車は第3ターミナルには乗り付けていないからです。電車を利用した場合は第2ターミナルで降りてからシャトルバスもしくは徒歩で第3ターミナルまで移動することになります。それに対してバスは第3ターミナル前の専用のバスターミナルに直接乗りつけることになります。

このために時間のロスがあり、時間・価格共にバスのほうが有利になっているのです。

成田空港の全体図

これが第3ターミナルを中心とした成田空港の全体図です。

aazzzzzzzzzzzz出典 http://travel.watch.impress.co.jp/

バスターミナルのバス停の場所

それぞれの番号で行き場所が別れていますのでお気をつけ下さい。

aazzzzzzzz

aazzzzzzzzzz

第2ターミナルとの連絡バス

第2バスターミナルとの連絡にはシャトルバスが出ています。時間帯にも寄りますがかなり頻繁に出ていますね。

aazzzzzzzzzzz

第2ターミナルとの徒歩移動

徒歩でも行けますがちょっと遠いですね、、、、
aazzzzzzzzzzzzzzzzz出典 http://travel.watch.impress.co.jp

無印良品

なんと統一された第3ターミナルの家具関係のソファーなどは全て無印良品の商品です。専用商品ではなく販売もするものを使うことによって単価を下げているようです。でもそれはデザイン力の評価が高い無印良品、センス良く使うことでお洒落な空間を演出しています。

aazz出典 http://casabrutus.com/

このソファーベンチも実際に購入可能なもので、本体65,000円(税込)カバー税込14,000円)だそうなんです。aaz出典 http://casabrutus.com/

それを実際に第3ターミナルに置いてみると、、、、、、、素晴らしい!剥き出しの天井や打ちっぱなしの壁に濃いブルーが差し色になってお洒落ですね。

フードコート

日本を代表するファーストフードで食事をすることが出来ます。種類は問題ないですが、夜の9時10時には閉まってしまいますので注意が必要です。

フードコートのテーブルセットも無印良品なんですって。

aazzz出典 http://casabrutus.com/

aazzzzzz

出典 http://casabrutus.com/

注意事項の表示

当然ですが他のターミナルと同じように注意事項が提示されています。

お気をつけ下さい。

aazzzzzzzzzzzzzzzzzzz出典 http://travel.watch.impress.co.jp/

aazzzzzzzzzzzzzzzzzzzz出典 http://travel.watch.impress.co.jp/

まとめ

お洒落と話題の第3ターミナルですがそのコストが通常のターミナルの建設費の半分以下に抑えられていると言うのには驚きますねぇ。LCC専用ということですが、これだけで気がよければ移りたいという航空会社が出てきちゃったりしないんですかね。

設計者から見ると嬉しい話なのでしょうが。

これからはLCCの航空会社の数も増えてくるでしょうしこの第3ターミナルを使う機会が多くなるのではないでしょうか?空港はやはりその国の顔でもありますので、低予算でも日本が馬鹿にされるようなものではあってはならないのだと思います。

その点この第3ターミナルはコストを抑えつつもお洒落で利便性のある正に今の日本を象徴するような空港と言えるのでないでしょうか?

海外旅行でスマートフォンを使っても料金は高くないですよ。

スマートフォンが海外で使える4つの方法を比較してみた!”をご覧になってください。

関連記事

ゴールドカードを永久無料で手にする方法!海外旅行保険やサービスが魅力

海外旅行保険が充実のゴールドクレジットカードを無料で手にする方法! ゴールドカードと聞くとサー

記事を読む

絶対行きたい! アジアの人気ビーチランキングトップ25=海外移住FP

アジアの人気ビーチランキングトップ25 トリップアドバイザーって知っていますか?インターネット

記事を読む

バンコク・スワンナプーム空港のレストラン特集!美味しく快適に過ごすための下調べ!

スワンナプーム空港のレストランを見てみよう!格安のクーポン食堂もある タイを訪れたときや旅行を

記事を読む

海外旅行でラインやスマホが使える!モバイルWIFIで出来ること

海外旅行に海外モバイルWIFIを持っていったら何が出来るのか? スマートフォンとアイフォンが普

記事を読む

海外旅行で急増するクレジットカードのスキミング被害の手口と対策とは?海外旅行FPのブログ

海外旅行で被害が急増しているスキミング犯罪とその対策 最近は海外旅行に行った際に日本人もスキミ

記事を読む

海外旅行でパスポートの盗難対策にたった1つすべきこと!海外旅行FP

旅行などで海外に滞在中にパスポートが盗まれてしまったらどうすればいいのか? パスポートとは、海

記事を読む

海外のスキミングは更に巧妙に!アジアに広がる手口と対策

スキミング犯罪は更に巧妙になりアジアのタイやバリなどで被害が増加 このブログでも何度か説明して

記事を読む

イスラム国(IS)がアジアテロ組織に拡散する!インドネシア・バリ島やジャカルタは安全か?

インドネシアにおけるイスラム国(IS)等のテロの現状は? そして日本人の旅行者は本当に安全なの

記事を読む

海外から国内限定のサイト(GYAOやフールー・hulu等)を見る方法=FPの海外移住情報

海外から日本国内限定のサイトやギャオ(GYAO)やフールー(hulu)を見る方法 意外と海外か

記事を読む

海外旅行でクレジットカードを持つ理由とは?JCBプラザが凄い!タイ移住FP

海外旅行にクレジットカードを持って行ったほうが良い理由とは 海外旅行に持って行ったほうが良いも

記事を読む

タイ・チェンマイのオススメなホテル!木の上の家に泊まれるツリーハウス:海外旅行FP

チェンマイのホテルにある木の上の家の宿泊レポート 皆さんは木の上

バンコク旅行でハングオーバーの撮影地シロッコ・スカイバーの絶景を見に行こう!

世界一高い場所にあるシロッコの屋外スカイバーに夜景を見に行こうっ!

タイのパタヤにもある静かな美しいパタヤヒルビーチの行き方:海外旅行FPのブログ

タイの歓楽街リゾートのパタヤにある穴場的な静かなビーチ パタヤは

バックパッカーで世界の60ヶ国を旅したのはどの国なのかを説明します!海外旅行FP

海外旅行FPが実際にバックパッカーとして旅行した60ヶ国とはどの国

海外在住でも受講できる子供の通信教育・海外受講の特集:海外移住FP

海外で受けれる子供の通信教育・海外受講の特集 海外在住の人で小さ

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑