*

バンコクやパタヤでも健康的で人気なサブウェイのサンドウィッチその全メニュー=タイ移住FPのブログ

2015-03-05 12.47.49 (640x480)

サブウェイのサンドウィッチが意外と人気

日本にも多く店舗を構えるサブウェイはタイにもあり結構人気です。

特に白人には人気があり店内で食べる人だけでなく持ち帰る人が多いです。

個人的な感覚としてはマクドナルドやケンタッキーフライドチキンは店内で食べる人が多いのに対して、サブウェイは持ち帰りの人の方が多い気がします。

またサンドウィッチを持つ姿が白人は似合うんですよね。

でも知ってました?

実は世界で最大の飲食店ってどこかを?

マクドナルド?ケンタッキー?

そう思いますよね、普通は。

今回の記事にはメニューの全てを紹介してあります。訪問する前に注文を決める参考にして下さいね。

スポンサーリンク

実はこのサブウェイなんです。

世界の出店数は2013年に時点で、マクドナルドは約3万4千店に対して、サブウェイ3万8千店で世界最多店舗だそうです。

なんか信じられないですよね?

だって友人とマックにしようかって会話は自然に出来ますけど、サブウェイにする?って会話は相手の反応に気を使いますからね。

これって日本では人気が定着してないってことなのでしょうか?

とは言え、自分1人で食事の時には私は良く食べていました。

それはやはり野菜が取れて健康的だからです。

ハンバーガーは大好きですが、不健康の塊のような食べ物ですからね。

特にこだわりのない日はサブウェイを食べてました。

それにいつも空いているので、席取りを気にしたりうるさかったりしないのが好きでした。

そんなサブウェイもタイだとちょっと高級店ですが、生野菜をこの種類食べれるのはサラダバー意外はないですから、健康を考えると悪くない選択だと思いますよ。

お店の造りテーブル・イスは日本とまったく同じイメージです。

2015-03-05 12.47.55 (640x480)

2015-03-05 12.48.00 (640x480)カウンターの雰囲気も同じですし、流れ作業でサンドウィッチを作ってもらうシステムも変わりありません。

でも知らない人もいるかもしれないので、説明しますね。

2015-03-05 12.48.07 (640x480)先ずはカウンターの端から端へ流れるように注文していきます。

基本的には右からスタートして左が最後なのですが、異なる店舗もあるのでキャッシャーの置いてある端が終わりと思ってください。

最初にサンドイッチの種類を注文します。

メニューはカウンターの上や横に出ています。

値段と代表的な種類がのっていますので、口頭もしくは指で指して下さい。

当然フルオーダーで 全て細かく指定することも可能です。

私はBLTサンドにしました。

2015-03-05 12.49.14 (640x480)

2015-03-05 12.49.01 (640x480)プロモーションで安くなっているメニューなどは、ポスタが張ってあったり旗にして立てられていたりします。

2015-03-05 12.54.59 (640x480)

2015-03-05 12.55.03 (640x480)次はパンの種類を5つの中から選んでください。

私はハニーオーツにしました。

2015-03-05 12.48.46 (640x480)次はチーズを入れるかを決めて、パンを焼きます。

当然パンは焼かないことも可能です。

2015-03-05 12.48.51 (640x480)

2015-03-05 12.51.44 (640x480)パンが焼けたら次は野菜です。

嫌いなものや好きなものを言いましょう。

私は健康を考えてサブウェイに来てもいるので、全部入れです。

2015-03-05 12.51.36 (640x480)すると目の前でどんどん具材をはさんで行きます。

2015-03-05 12.51.39 (640x480)

2015-03-05 12.52.38 (640x480)最後にソースを選びます。

私はハニーマスタード。

このソースはフレッシュな野菜に合うのでオススメです。

最後に飲み物を頼んで会計となります。

2015-03-05 12.48.57 (640x480)

 

2015-03-05 12.50.46 (640x480)ソフトドリンクはセルフサービスになっています。

2015-03-05 12.50.38 (640x480)あっ、それとサブウェイはこのクッキーが名物です。

確かに美味しいのでお好きな方はどうぞ。

2015-03-05 12.52.49 (640x480)健康的にサブウェイなんて言いながら、コーラとクッキー食べてたら全然健康的ではないですよね、、、、、

サンドウィッチは包みにくるまれて渡されます。

2015-03-05 12.56.41 (640x480)包みを開けると、美味しいそうです!

2015-03-05 12.57.23 (640x480)ちょっと開けてみるとこんな感じで野菜が一杯入っています。

新鮮な野菜のみずみずしさとパンが程好く焼かれてサクサクした感じが丁度良いです。

サブウェイって食べ始めると、”あっ美味しいじゃん”って改めて思っている感じがします。

2015-03-05 12.57.28 (640x480)今回は、BLTサンド・89Bにミドルサイズのコーラ34Bでした。

これにVATを加えて合計123Bでした。

2015-03-05 12.56.30 (640x480)テーブルにはやはりカロリー表があります。

最近のファーストフードは何処もありますね。

やはり訴訟社会のアメリカで鍛えられた生き残り策なのでしょうね。

2015-03-05 12.56.57 (640x480)

まとめ

どうでしょうか?

サブウェイのサンドウィッチ美味しそうではないですか?

タイ料理でも良いですが、飲みすぎて遅くに起きた日の最初の食事にはぴったりですよ。

タイでは生野菜って貴重ですからね。

あっ、イサーン料理では、きゅうりとかインゲンとかがそのまま置いてあるか、、、、、

それに胃が疲れているとパンってホッとしません?

私は優しい感じがして嬉しいんです。

今度、皆さんも試してみてくださいね。

 

海外からでもフールーなどの国内限定サイトをみる方法があります。

海外から国内限定のサイト(GYAOやフールー・hulu等)を見る方法”でご確認ください。

 

いつもありがとうございます。

ツイッター・フェイスブック・ググタス・ブックマークの登録が私の励みになりますので宜しくお願いいたします。

関連記事

タイ人絶賛のレストラン!イサーンとタイ料理が美味しいソムタムプーマ―とメニュー紹介

バンコクからもタイ人が来るレストラン:イサーン料理と海鮮料理のソムタムプーマー パタヤ・ナクル

記事を読む

タイ式焼肉ビュッフェが美味しい:ナンポー・その全メニュー紹介=タイ移住FP

美味しいビュッフェ:ナンポー タイでのビュッフェ と言えばムーガタが代表的な料理ですが、このお

記事を読む

最も有名なタイ料理レストランと言えば?マンゴーツリーにバンコク旅行で行こうっ!

日本にも進出してる日本人旅行者に人気のレストラン”マンゴーツリー” 皆さんは日本でタイ料理レス

記事を読む

タイで人気なソフトクリームなアイスクリーム”デイリークイーン”

安くて美味しいアイスクリーム屋”デイリークイーン” タイで安くて大人気のアイスクリーム屋さんと

記事を読む

タイ・バンコク以外でもお寿司とラーメンが美味しいシラチャーのおはな食堂

美味しいお寿司とラーメンのお店 おはな食堂 この記事は2016年4月16日に再訪しましたので、

記事を読む

バンコクやパタヤにもあるカールス・ジュニア(Carl’s Jr)が日本再上陸

  2015年に日本再上陸を予定している 高級ハンバーガー カールス・ジュニア(

記事を読む

チェンマイで必ず行きたい美味しいレストラン・ファンペン全メニュー紹介:海外旅行FPのブログ

タイ旅行で北タイ料理のチェンマイ料理を食べたいならレストラン・ファンペン タイのチェンマイに旅

記事を読む

バンコク旅行で日本食が食べたい時に日本料理屋ゼン・ZENがおススメ!全メニュー紹介あり

  タイ旅行で日本料理を食べたいと思ったときに良いお店”日本料理屋 禅(ZEN)

記事を読む

バンコクのノボテルホテルのランチビュッフェは美味しくてオススメ!

バンコクの有名なランチビュッフェ・ノボテルホテルに行って来た ノボテルホテルの中のレストラン”

記事を読む

パタヤでファーストフードならこのお店!フィッシュバーガーやハンバーガーが迫力の大きさ!

パタヤのイギリス料理屋フライディーはフィッシュバーガーやハンバーガーが迫力の大きさ! パタヤに

記事を読む

タイ・チェンマイのオススメなホテル!木の上の家に泊まれるツリーハウス:海外旅行FP

チェンマイのホテルにある木の上の家の宿泊レポート 皆さんは木の上

バンコク旅行でハングオーバーの撮影地シロッコ・スカイバーの絶景を見に行こう!

世界一高い場所にあるシロッコの屋外スカイバーに夜景を見に行こうっ!

タイのパタヤにもある静かな美しいパタヤヒルビーチの行き方:海外旅行FPのブログ

タイの歓楽街リゾートのパタヤにある穴場的な静かなビーチ パタヤは

バックパッカーで世界の60ヶ国を旅したのはどの国なのかを説明します!海外旅行FP

海外旅行FPが実際にバックパッカーとして旅行した60ヶ国とはどの国

海外在住でも受講できる子供の通信教育・海外受講の特集:海外移住FP

海外で受けれる子供の通信教育・海外受講の特集 海外在住の人で小さ

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑