*

コンプライアンスがサラリーマンの仕事を嫌いにした?=元保険会社勤務のFP

公開日: : 最終更新日:2016/10/06 FPのコラムとニュース

 

a0001_016654

コンプライアンスと保険業界

はじめに

今までのこのブログの趣向とは少し違うのですが、私の経験の話、バックパッカー時代やサラリーマン、起業した頃の話などもしてみたいと思います。

その頃の状況や想いなどを綴ってみたいと思います。

業界内部にいれば誰もが当然のように知っていたこともお客様には絶対言えないような事が多くありました。

流石に全部とは言えないですが、もう時効だったりもすると思うので書いてしまおうかと思います。

スポンサーリンク

ルール違反よりお客さまサービス?

もう10年以上前に世の中はコンプライアンスつまり法令順守がやたらと言われるようになりました。

保険業界は元々物を売るメーカーではなかったために商品は契約書のみとなり、その商品そのものに目を通すお客さまは多くはありませんでした。

そのためにお客様は何で判断しているかというと、簡単なパンフレットの説明と担当者の口頭説明またその担当者を信用出来るかということだったと思います。

現に内容の説明をしていても”大丈夫、信用してるからOKです”というケースも珍しくありませんでした。

そんな信用関係で仕事をしている業界ですから、金融の厳しいルールはお客様からクレームが来なければ問題ないという暗黙の了解がありました。

特に顕著だったのは、契約時にはお客さまから必ず押印もしくは自書(つまり本人のサイン)を貰うという絶対ルールでした。

当時はこのルール違反をしないで仕事をしている人などいませんでしたね。

基本的に訪問した時は当然お客さまから押印を貰いましたが、印を貰い忘れたり電話での契約(今は電話募集は押印は必要なくなりました)の場合はお客さまの了解を得てこちらで印鑑を押してしまってました。

これは当然保険業法違反です。

でも日常的に皆やってましたね。

隠れてではなく社内で公然としていました。

私自身もお客様の印鑑を買って整理して持っていた数は250人程度は持っていました。

自分が印鑑を買いに行く時には、社内で”印鑑買いに行きますけど、買ってきて欲しい名前の印鑑ありますか?”と親切に声を掛け合ってました。

ただし難しい名前は100円では買えない為、特注で500円から1000円ぐらいするので簡単には買えないので、その時は秘密兵器の登場です。

アブラトリガミです。

この紙で貰ってある印影にこの紙を重ねて上から丁寧に擦ることで朱肉が紙に写り、その朱肉をまた別の印の必要な箇所に付けるのです。

当然どちらも朱肉が薄くなりますので、これを細い棒で朱肉を足して色付けして完成!職人の世界です。

これって社内的にも暗黙の秘密だったので誰でも知っていることでしたが、私が1番驚いた支社は支社の倉庫の中に社員でお金を出し合った印鑑の販売用のセットが置いてあって全員で使っていたのを見たときですね。

あのクルクル回る印鑑の販売用セットですよ?

これって既に暗黙の了解の暗黙じゃねーだろって呆れました。

こんなことが有り得るぐらい普通のことでしたし支社長や支店長も誰もが知っていましたしまた一緒に使っていました。

えー、一応確認しますがこの時点でも保険業法的には印鑑を担当が押すことは違反で処罰の対象です。

見つかれば最悪首もありえる重大な違反でした(笑)

a0002_008406

コンプライアンスの遵守

これが世の中の風向きで変わります。

コンプライアンス違反と個人情報漏洩に対して厳しくなりました。

保健業界は金融庁からたび重なる指導と監査が入り法令によるルールを厳守させるようになります。

ただしそのルールは時代遅れだったので現場では矛盾が多く生じます。

長い間暗黙の了解で目をつぶり続けていたため、ルールは改正が行われておらず時代に合わなくなってたからです。

ハッキリ言いますがこれは経営の職務怠慢を現場に押し付けたということです。

しかも自分達は何も知らなかったような顔をしてコンプライアンスを声高に叫びます。

サラリーマン社会の性

まぁルール厳守は当然のことなので異存ありませんが、それを取り締まる上司の姿にサラリーマンの性を感じました。

この問題もルールが徹底されて古き悪習が腑印されるという話であれば何も問題は無かったんです。

ですが、全国でみると過去のコンプライアンス違反により首になる社員も出ていました。

そうなるとどうなのだろうかと悩みましたね。

だって本当は全員やってましたよ。

社員総コンプライアンス違反ですよ。

本当なら全員クビなわけです。

しかも取り締まっている支社長やその部下だって知っているというよりやっていたのですから。

そしてその支社長がコンプライアンス違反をしていたことを知られている部下の前で、部下の過去のコンプライアンス違反を見つけて処分していくのですから。

これを見たときに思いましたね。

サラリーマンって凄い世界だなって。

これがサラリーマンかって、、、、

a0001_014556

まとめ

今思えばあの支社長達もどんな思いだったのでしょうね。

この件は私にサラリーマンという世界の厳しさを教えられた最初の出来事でした。

お金を稼ぐって本当に大変なことなんですよね。

そう、今はコンプライアンスは徹底されています。

印鑑が必要であればお客様から必ず貰いますし、郵送で押印を貰うのも普通になりました。

電話募集は一定の条件が揃えば押印も必要なくなりました。

今は現実的なルールに改正されただけあってルールが厳守されてますね。

そう考えるとなぜ最初からそうしていなかったのでしょうか。

 

どうなんでしょう?

こんな感じのコラムは読者受けするんですかね?

公開してみて反応見てこのテーマを続けるか判断しようかな。

記事数を増やして色々な記事を試してみたいと思います。

 

旅をしていた頃の話は”世界の60国を旅したって、どこの国?”で書いていますので見てください。

いつもありがとうございます。

ツイッター・フェイスブック・ググタス・ブックマークの登録が私の励みになりますので宜しくお願いいたします。

関連記事

海外移住という人生の選択を考える=FPとしての考察

海外移住をするのか?しないのか? そもそも海外移住をするかしないかを日本や海外の移住先となる国

記事を読む

元ワンズ(WANDS)の上杉昇の現在の姿が凄い!猫騙とはいったい何?

時の扉 1990年代に大人気だったバンド”ワンズ(WANDS)”のボーカルだった上杉昇 日本

記事を読む

タイ旅行で必ず注意すべき7つのこと!トラブルを避けるために気を付けよう:タイ移住FP

タイ旅行でトラブルを避けるために必ず注意すべき7つのこと 日本人が海外旅行先として人気の国のラ

記事を読む

タイ人はそのお土産は喜ばない!タイ女性から好かれるプレゼントとは?

タイ人の女の子に何のお土産を買ってあげると喜んでもらえるのか? たぶん誰もが悩むことだと思いま

記事を読む

ジョーズ?濠洲で人食いサメが日本人を襲撃?サメに襲われた時の対策とは?

海外の海は本当に安全なのか?サメが人を襲う理由とは? オーストラリアで日本人がサメに襲われて死

記事を読む

国外から見れる!海外在住者にユーネクストUNEXTがお薦めな理由:タイ移住FP

海外在住者が動画を見るならユーネクスト(U-NEXT)がお得な理由 ユーネクスト(U-NEXT

記事を読む

タイで人気の有名女優ランキング・ベスト10!綺麗な女の子は好きですか?

タイの有名女優ランキング・ベスト10!1位はどの女優なのか? 皆さんはタイの女優って誰か知って

記事を読む

タイ旅行で日本へのお土産はスーパーマーケットで買うのがおすすめ:海外旅行FP

タイ旅行での日本へのお土産をスーパーマーケットで買うのがおススメです。 タイの旅行は楽しいいで

記事を読む

海外旅行に必ず持っていきたい便利な持ち物10選!60カ国を旅したFPのオススメ

海外旅行に必ず持っていきたい便利な持ち物グッズ10選の紹介 海外旅行に行く時って何を日本から持

記事を読む

私が実際に旅行した世界遺産の感動したランキング!海外旅行FPのブログ

実際に旅行した世界遺産の感動したランキング! バックパッカーとして60か国以上を旅して周りまし

記事を読む

パタヤで必ず行きたいシーフードレストラン・ピーチャが美味しくて安くて最高!メニューと行き方の紹介

パタヤ旅行では必ず行きたいシーフードレストラン・ピーチャ パタヤ

タイの観光旅行でマナーとルールの注意点!知っておいてトラブル回避!

トラブルを避けるためにタイの観光旅行で気を付けるべきマナーとルール

バンコクで人気のタイ料理レストラン:バーンクンメーのメニュー紹介と実食レポート

バンコクでタイ人にも人気のタイ料理レストラン:バーンクンメー バ

バンコクのタイスキ発祥のコカレストランの行き方とメニュー紹介:海外旅行FP

タイスキ発祥のバンコクの老舗”コカレストラン” タイスキはタイを

ホテルのデポジットにクレジットカードを使用する時の注意点とベストな方法とは?

ホテルのデポジットの支払い方法での注意点とベストな方法とは? 皆

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑