*

海外旅行に必ず持っていきたい便利な持ち物10選!60カ国を旅したFPのオススメ

hhhhhhhhhh

海外旅行に必ず持っていきたい便利な持ち物グッズ10選の紹介

海外旅行に行く時って何を日本から持っていくのが良いのかって誰でも迷いますよね。

今回は海外60カ国を旅した私と友人で海外旅行に持っていくと役に立つ便利グッズを10つ選んでみました。

現地で買えるものもあるのですが、現地の外国では探すのに苦労したり質が良くなくて使い勝手が良くなかったりもするので、日本で使い慣れたものを買って持って持って行くことをおススメする便利な持ち物グッズになります。

皆さんはいくつ持っているでしょうか?これからの海外旅行を快適に過ごすために参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

海外旅行に持っていくと便利な持ち物グッズ10選

それでは私が考えて選んだ海外旅行に持っていくべきグッズを10品目を紹介していきたいと思います。

1.パスポートカバー

海外ではパスポートだけがあなたの身分を証明してくれるものです。そのために常にパスポートを持ち歩く義務がありホテルや両替時に提示を求められることも多いですし街中で警察に呼び止められてチェックされることもあります。

ですから、パスポートは結構ハードに持ち歩くことになりますし5年10年と長く使うことになるものですから、雨や汚れで使えなくなってしまうのには気を使わないといけません。

特に東南アジアは突然の激しいスコールがあるので気を付けないといけませんよね。

そのために使っていて損がないのはパスポートカバーです。

防水効果は薄いタイプでも十分ですから嵩張らない物をつける様にしましょう。

ただし唯一の問題はイミグレーションでの出入国の時にはカバーを外さないといけない時があるので、ちょっと煩わしいことですね。

でもその手間の価値はありますよ。パスポートって結構高額ですから、膨張して再発行なんてなったら泣きますからね。

2.3つ折りの折りたたみ傘

普段の生活でも大活躍の折り畳み傘ですが、海外旅行だと忘れがちですね。

ただ実際に海外旅行に行けば日本と同じように雨は降ります。しかも雨が降ったから観光に行くのをやめにして部屋で1日中ゆっくり過ごそう、、、、、なんて人はほとんどいませんよね、わざわざ海外まで旅行に来てるんですからね。

現地でも直ぐに傘が買えれば良いですが、そんな都合よくいかなかったりもします。

そんな時もあるので、3つ折りの小さくなるタイプで良いので持って行くことをお勧めします。

3.ウェットテッシュ

これはもう万能に使えて非常に便利ですので必ず持って行くことをお勧めします。そして意外と海外だと見つけにくかったり高価だったりします。

その持って行くウェットティシュですが、これは殺菌タイプのものにして下さい。

海外だとたまに衛生的に気なるようなレストランに入ってしまったりすることもあるかと思います。そんな時に殺菌タイプのウェットティシュなら箸やスプーンを拭く事にも使いますし、食前に手を洗えない時に手を拭くこともあります。

更に衛生的でない場所のトイレの便座を拭いてから座ることも出来ます。

万能性で大変便利ですよね。

カバンに入れても持ち歩くことになりますから、1個が大きなものよりも小さいものを複数個持っていくことをおススメします。

4.トイレットペーパー

トイレットペーパーは何処の国に行っても売ってはいるにですが、紙の質が違います。

日本のトイレットペーパーの紙の柔らかさや滑らかさは間違いなく世界NO1です。

日本のクオリティーに慣れてしまっている人には海外のごわごわした肌触りは我慢できないと言う人もいます。

これは自己判断ですが、心配でしたら持っていくことをお勧めします。

芯を抜いて潰すと意外と小さくなりますからね。

5.虫刺されのクリーム

虫刺されのクリーム、まぁ蚊に刺された時に塗るクリームです。現地のものは強すぎて肌が荒れたりしみたりもするので使い慣れたものの方が良いです。

まぁ普通はムヒやキンカンということになるでしょう。

サイズも旅行中のみの使用ですから小さいもので構いません。

ただし大きく晴れたり痛みが酷い時などは現地のお医者さんに見てもらいましょうね。海外には日本とは異なる虫もいますので。


【指定第2類医薬品】 液体ムヒS 50ml

6.虫除けクリーム

日本の使い慣れた虫除けクリームです。これも意外と現地のものが合わないという人がいます。

アジアでも蚊を媒介とする病気がいくつかありますから、マメに使用するようにして予防に努めると良いでしょう。

特に自然の中や夜に出かける時にはつけておくと安心です。

日本でも話題になりましたデング熱やマラリヤなどは蚊に刺されることでうつりますからね、予防すれば憂いなしです。

7.自分箸

自分専用の箸って、海外旅行でも意外と持っていると便利なんです。

スーパーマーケットや屋台で食べ物を買ってきてホテルの部屋で食べる時にも使えますし、衛生的に気になるレストランや屋台で食べる時に自分の箸を使えれば少しは安心ですよね。

肝炎などは木の共有の箸からうつると言われてますからね。

自分箸を持っていれば、これで安心して屋台飯に挑戦できちゃうかもしれませんよ?

8.サンダル

持っていないと不便なんですよね。ちょっと買い物に出かける時にショートパンツで出かける時に困りますし、朝食のビュッフェなどでレストラン行く時もホテルの備え付けのスリッパでは行けません。

かといって朝から靴下を履いて靴を履いていくのは面倒すぎる、、、、、、そんな時にはサンダルが大変便利です。

ただし立派な皮製の底がシッカリした重いものより、軽くて薄くて安いものの方が重くなく収納がしやすくて良いと思いますよ。

オシャレよりも利便性優先が良いですね。

9.小型の懐中電灯(ペンライト)

海外はまだまだ停電も良くありますし、街灯が少ない場所もあります。

停電の中で鍵を開ける作業などは少しでも明かりがないと厳しかったりもするので、キーホルダーにでもなるような本当に小さい数センチのもので構わないので持っていると大変助けになる場面があるかもしれません。

必ず必要と言うわけではないですが、その場面に当たった時には助かります。

本当に重くない小さぁーーいもので良いですからね。

10.荷掛けフック

今回紹介した便利持ち物グッズの中でも1番おススメなのがこの荷掛けグッズです。

海外でトイレに入ってみると日本の様に整備されてないので荷物を置くスペースや掛けるフックが無くて困ったことありませんか?

このフックを携帯していればもう荷物の置き場所を心配する必要はありません。

自分の部屋や移動のバスの中でも使えますから持って行けば安心です。

海外旅行で知っておくべきことの記事

海外旅行に行くうえで知っておいて損の無いことがいくつかあります。海外では自己責任なので自分で対策を知る努力も必要です。

特に知っていた方が良い海外旅行に関することを特集した記事をピックアップしました。

イミグレの自動化ゲートの利用方法と注意点

pイミグレの混乱の改善策として自動化ゲートが導入されました。しかしその利用には注意が必要な点があります。

特にクレジットカードの海外旅行保険を利用する人は事前にこの記事を読んでおいてください。

海外旅行ならイミグレ・出入国は自動化ゲートが便利!利用方法と注意点を説明

海外旅行に最適な保険が付いたクレジットカード

2015-11-18 06.37.58 (640x480)海外旅行保険が付いている年会費無料のクレジットカードを元損害保険会社の社員である私がベストと思うカードを選びました。

さぁそのカードはどのカードか?そしてその理由はなぜかを記事を読めば分かりますよ。

元保険会社社員が選ぶ!海外旅行に最適な保険が付いた無料クレジットカードとは?

パスポートの盗難時の対応と対策

passport (1)海外旅行では命の次に大切なのはパスポートと言ったりしますが、ちょっと大袈裟ですかね。

命の次に大事なのはお金です。でもパスポートを盗難されることが一大事なのは間違いありません。その際の対応と対策を特集しました。

海外旅行でパスポートの盗難対策にたった1つすべきこと

海外旅行に必ず持っていきたい便利な持ち物10選のまとめ

どうでしょうか、参考になりましたか?

このグッズが必要となる場面も含めて、あぁ確かに便利かもねと思いましたか?

海外旅行では、観光・買い物・食事とスケジュール一杯で大変ですよね。

その忙しい中でもスムーズに快適に過ごすために今回紹介した便利持ち物グッズを持って行くと役に立つと思いますよ。

参考にして貰って準備万端にして貴重な海外旅行の時間を過ごしてくださいね。

海外旅行保険が無料になるお得なクレジットカードを知っていますか?

海外旅行で病院に治療に行くと日本の健康保険は使えずに治療費が高額になることがあります。

(注:日本に戻ってから返金請求の制度はあります)

海外では盲腸の手術が200万円って話を聞いたことがありませんか?

実は海外の大きな病院で手術すれば日本の健康保険が使えませんから200万は普通の金額です。

私もタイで代々木公園で騒ぎになったデング熱で入院しましたが、2週間の入院で治療費は約133万円でした!

治療費が驚くほど高いので、皆さん海外旅行保険に加入してるんです。

でも海外旅行保険の保険料って意外と高いですよね?1週間程度でも3,000円とか5,000円とか、、、、、

これがもし無料に出来るとしたら嬉しいですよね?

その方法とは、海外旅行保険の付いた年会費無料のクレジットカードを持てば良いだけです。

裏技でもなんでもないんですよ、しかも無料で可能ですし。

注意して欲しいのは、クレジットカードの保険内容には違いがかなりありますから内容や利用条件を調べないといけません。

そこで元保険会社社員でバックパッカーの私が1番おススメの無料クレジットカードをコッソリ?教えます。

そのクレジットカードとは、エポスカードです。

そうです、皆さんが普通に知っている丸井の赤いカードです。普通すぎて意外ですか?

エポスカードの海外旅行保険の内容を見てみましょう。

x充実の保険内容ですよね。

特に海外旅行保険で最も大切な治療費の保険金額が病気治療270万円・怪我治療200万円と無料のクレジットカードの中で最高額なのが特徴です。

その他の優れた特徴としては

  • 海外に出た日から自動的に90日間保険が使える自動付帯
  • 提携病院ではお金が必要ないキャッシュレス支払い
  • 学生さんなども加入可能

そして何よりも年会費は無料なんです。

この補償内容が無料なんて素晴らしすぎますよねぇ。

当然ですが、丸井のカードですから買い物等の支払いに使えますしポイントも貯まったりもします。

そんなおススメのクレジットカードはこちらから見て下さい⇒エポスカード

クレジットカードの海外旅行保険をもっと詳しく知りたい方は更に詳しく説明した記事を読んで下さい。

”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”

クレジットカードを複数持った時の注意点やおススメのクレジットカード等も説明していますので、興味のある人は是非!

スポンサーリンク;

関連記事

中断証明書の失敗しない取り方-FPの海外移住情報

  海外移住するなら自動車保険の中断証明書は絶対取っておくべきである 海外に移

記事を読む

絶対行きたい! アジアの人気ビーチランキングトップ25=海外移住FP

アジアの人気ビーチランキングトップ25 トリップアドバイザーって知っていますか?インターネット

記事を読む

タイ旅行で日本へのお土産はスーパーマーケットで買うのがおすすめ:海外旅行FP

タイ旅行での日本へのお土産をスーパーマーケットで買うのがおススメです。 タイの旅行は楽しいいで

記事を読む

バンコク旅行のタイのお寺での禁止行為とは?礼儀やお参りの仕方を説明

タイのお寺の禁止行為に注意!礼儀やお参りの仕方を覚えましょう タイ旅行での観光にはやはりお寺巡

記事を読む

飛行機は前方席と後方席のどちらが危険か?墜落事故の生存率は?

飛行機で墜落事故が起きた時には、どの席が1番安全なのか? 最近は飛行機事故が本当に多いですね。

記事を読む

バンコク旅行で絶対に食べたい辛い美味しいタイ料理ベスト10!

タイ旅行で絶対に食べておきたい辛くて美味しい料理ベスト10! タイ料理は本当に美味しいですよね

記事を読む

実際に私が旅行した感動の世界遺産ランキングベスト10!

実際に旅行した世界遺産の感動したランキングベスト10! バックパッカーとして60か国以上を旅し

記事を読む

タイマッサージをタイバンコク観光旅行で受けよう!メニューとその方法を解説

タイ・バンコク旅行のお勧めはタイマッサージ!そのメニューと受け方を説明 タイ旅行では楽しいこと

記事を読む

エコノミストが発表する生活費の高い世界の都市ランキング=海外移住FPのブログ

生活費の高い世界の都市とは? 海外に移住する人や転勤などで住む人や旅行で行く人も宿泊費や食事代

記事を読む

タイのバンコクで爆弾テロ!場所はエラワン廟と船着場。イスラム国の関与は?

バンコクのエラワン廟で大規模な爆弾テロそして第2の爆発も 悲しいことが起きてしまいました。バン

記事を読む

海外旅行に手ぶらで行こう!無料宅配サービスはどのクレジットカードがベストか?

クレジットカードの手荷物の無料配達サービスを利用しよう 海外旅行

バンコク旅行で絶対に食べたい辛い美味しいタイ料理ベスト10!

タイ旅行で絶対に食べておきたい辛くて美味しい料理ベスト10! タ

ログレスと同じ無料無課金でも楽しい携帯スマホのゲームランキング2017

ログレスと同じ無料・無課金でも楽しいスマートフォンのゲームランキン

パタヤの美味しい中華料理店リンキーは24時間営業!全メニュー紹介

パタヤで1番美味しい中華料理レストラン”リンキー・張龍記” 今回

海外旅行に必ず持っていきたい便利な持ち物10選!60カ国を旅したFPのオススメ

海外旅行に必ず持っていきたい便利な持ち物グッズ10選の紹介 海外

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑