*

タイのバンコクでも爆弾テロ!犯行はイスラム過激派か?赤シャツ?イスラム国?

公開日: : 最終更新日:2016/10/06 タイのことをもっと知ろう

h

出典 http://www.bangkokpost.com/news/

タイのバンコクでも爆弾テロ!犯行はイスラム過激派か?赤シャツグループか?イスラム国の関与は?

私も今回の爆弾テロはショックでした。

場所が場所ですからね。

サイヤムパラゴンデパートはタイで1番の高級デパートです。

タイに住んでいる人は勿論旅行で来た人でも多くの人が買い物に食事に出かけていると思います。

バンコクの象徴的ななデパートです。

そのデパートの前での事件なので誰もが驚いたことと思います。

被害が大きくなかったのはまだ良かったですが、、、

スポンサーリンク

事件の概要

2月1日の午後8時頃タイのバンコク中心部の大型ショッピングモール・サイヤムパラゴンとBTS(モノレール)を繋ぐ通路で変圧器室の背後に仕掛けられた2個の小型の手製時限爆弾2個が爆発して2人が軽傷を負った。

軍によるクーデターが起きた昨年の5月以降、バンコクで爆弾の爆発は初めてのこと。

当初、警察は変圧器が爆発したと推測していたが、その後の調べで何者かが仕かけた爆弾による爆発だったと判明した。

これをうけてタイの日本大使館は2日、注意喚起情報を出して日本人に注意を促しています。

下の写真が現場を調べる警察の様子です。

gggggggggggggggg

hh現場で不審物が見つった写真です。

hhhhh

hhhhhhサイヤムパラゴンを警察の誘導で避難するお客さん。

hhh

出典 http://www.bangkokpost.com/news/

爆弾テロの犯人は?

このテロに関しては今のところ犯行声明はありません。

そのために警察は犯行動機は不明としていますが、犯人に関しては色々な憶測がされています。

ただ爆弾自体の殺傷能力は低いものであるために人を殺害する目的はなく、爆弾テロがバンコクの外国人を含む多くの人が集まる商用施設で起きたことによる社会不安を煽るためではないかと推察されています。

赤シャツグループ(タクシン派)

軍事クーデターで追われたインラック前首相のコメ買い上げ制度の弾劾裁判で有罪判決が出されており、タクシン支持者・赤シャツグループは大きな不満を募らせているとみられています。

現軍事政権は、完全に反タクシン派としてタクシンのグループの人間を粛清し続けてもいますし時期も時期なので最有力の反抗組織候補ですね。

南部のイスラム過激派

この可能性もありますね。

タイの南部には多くのイスラム教徒が住んでいて独立を求めタイの政府と対立をしています。

南部ではテロも頻発していますが、バンコクでのテロ行為は多くはありません。

声明が出されることも多いのですが、今回の犯行はどうなのでしょうか?

ただしイスラム過激派とはいってもタイの組織に関してはイスラム国系やアルカイーダ系の組織との関連は殆どないと言われています。

イスラム国関連組織

日本ではイスラム国の件があったので、イスラム国関連の組織による日本人を狙った反応ではないかという意見もあるのですが私の個人的な見解で言えばこの可能性は低いと思います。

タイのイスラム教徒は独立という独自の共通目的を持っていますし、イスラム国系アルカイーダ系共に関係は薄いと言われています。

それに日本人を狙うのならサイアムパラゴンではなくエンポリアムに仕掛けるでしょう。

軍事政権に反抗するグループ

従順に民主主義を主張する人が多く知識人や学生・エリート層が大半を占めるためにこの様な手段を選ぶ可能性は低いでしょうね。

軍事政権による自作自演

長期に及ぶ軍事政権や戒厳令に対する批判を押さえ込むための口実作りという推察です。

爆弾の殺傷能力が低いために出ている噂とも言えますが、どうでしょう?

リスクが高すぎるので可能性は低いのではないでしょうか。

今後、タイは安全なのか

バンコクは安全か?

このような事件が起きてしまいましたが、基本的に今の状態であれば安全と言っていいと思います。

軍事政権が軍の力で統治を行うということは、民主主義の概念からは許されることではないのですが外国人がその国で暮す上では安全な状態が維持されることが多いので注意は必要ですが、基本的には安全と思って大丈夫でしょう。

タイ全土は安全か?

南部に関しては爆弾テロも頻発しているので行かないようにするのが無難でしょうね。

他のタイの地域に関して特別問題ないでしょう。

さいごに

この事件がありましたが、連続して起きないことを願います。

またこれからはデパートへの入店やBTS(モノレール)やMRT(地下鉄)に乗車に際してセキュリテー検査が厳重化されてバッグを開けて見せる機会などは増えるでしょうね。

少し煩わしくもありますが、街の安全のためなので協力していかないといけませんね。

基本的にバンコクを含むタイは安全な街と言えると思います。

 

タイで急増するクレジッットカードのスキミング犯罪についてはご存知ですか?

海外旅行で急増するカードのスキミング犯罪とその対策は?”で対策を含め説明しています。

関連記事

2015-03-19 19.33.18 (640x480)

辛くないけど本当に美味しいタイ料理ベスト25選!タイ旅行でのオススメのメニューとは?

タイ旅行では絶対食べたい!辛くないけど本当に美味しいタイ料理の紹介 皆さんはタイ料理は好きです

記事を読む

バード

大震災の時にタイがしてくれたを知っていますか?バード・トンチャイが歌う日本応援歌=海外移住FP

日本人としてタイ人の気持ちを忘れない ネパールの震災 先日、ネパールのカトマンドゥで大震災が

記事を読む

aggggggggggggggggggggggggggggggggg (640x472)

タイで人気のラブストーリー・クーカムの日本との多くの関係性とは?

色々な意味で日本と関わりの多いタイの伝説的物語クーカムとは? タイ人が日本人と分かると日本の名

記事を読む

d240fd193c4deec2_S2

タイ国王の後継者・王位継承問題は日本人にも大きな影響がある!海外旅行情報

2016年10月13日 タイ王室庁がプミポン国王陛下の御崩御を発表 タイ王宮がバンコクで入院中

記事を読む

ccccccccccc

タイ人の女の子にモテル秘訣とは?タイの女性が好む誰でも出来る10のこと

タイの女の子にモテルために誰でも出来る10のこと タイに来たことがある日本人の男性は皆さんタイ

記事を読む

bbbbbbbbbbbbbbbbb

トニー・ジャーのマッハ!無限大:原題トムヤムクン2の公開決定=海外移住のブログ

  トニー・ジャー主演”マッハ!無限大” 原題 トムヤムクン 2 の日本公開決定

記事を読む

bbbbbbbbbb

2017年タイのソンクラン:水掛祭りを楽しむための11の注意点!バンコク・パタヤ・チェンマイの日程

  2017年版ソンクラン(水掛祭り)を楽しむために注意すべき11のこと タイ

記事を読む

fffff

彼女はお金が目当てなだけ?タイの女の子の本気度がわかる10のポイント

タイの彼女はお金が目当て?タイの女の子に本当の愛があるのか計る時のポイント  そこに愛はあるの

記事を読む

addd

中国人がタイでトラブルを続出!なぜそんなにマナーが悪いのか?海外移住FPのブログ

 写真提供、Hat Noppharat Thara - Mu Ko Phi Phi National

記事を読む

poster2

”愛しのゴースト”ピーマークプラカノンは、なぜヒットしたのか?      タイのニュースのブログ 

愛しのゴースト”原題:ピーマーク・プラカノン พี่มาก..พระโขนง”についてブログした

記事を読む

kkkkkkkkkkkkkkkk (603x377)
バンコク・パタヤ・プーケット旅行で絶対食べたいシーフードのタイ料理12選!タイ在住FPのおススメ

タイ旅行で絶対食べたいシーフード料理12選! 皆さんがタイに旅行

2016-07-10 19.37.00 (640x480)
バンコクとシラチャの美味しいラーメン屋!つけ麺城(ジョー)の全メニューと食レポ!

バンコクとシラチャの美味しいラーメン・つけ麺城(ジョー)の全メニュ

2015-01-20 15.30.27 (640x480)
タイ料理レストランでのマナーとチップを覚えてバンコク旅行を楽しもう:海外旅行FP

タイ料理レストランでの食事のルールやマナーを学んでタイ旅行を充実さ

a
海外旅行の盗難で保険金を確実に貰う方法とは?クレジットカードの保険でもOK!

海外旅行中に盗難にあった時の対応方法:海外旅行保険は使えるのか?

2016-04-08 11.49.46 (640x480)
ラン島よりおすすめ?パタヤで美しいビーチで泳ぎたいならナンランムビーチ!海外旅行FP

パタヤで美しい砂浜で泳ぎたいならおススメします。 パタヤってリゾ

→もっと見る

  • 管理人:我楽
    タイ在住:嫁1人(笑)・子1人
    学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。
    社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。
    現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。

  • タイ・ブログランキング
PAGE TOP ↑