FPの副収入や節約術など

ラインでアドレス帳の個人情報が危険に!安全に使う設定とは?

i

ラインのダウンロード数5億以上

最近ラインを使っている人が増えましたよね。日本もそうですが、タイではもっと普及しているように感じます。

海外でも非常に便利ですから、海外旅行や海外に移住して住んでいる人も多くの人が使っていると思います。

実際、電話番号ではなくラインの連絡先を交換という話になることも多いです。

スポンサーリンク

タイの女の子とコミュニケーションを取るならラインは必須アイテムといえます。それに海外での知り合いって他の国に移る人も多いので、電話番号は変わってもラインは変わらないし電話料金も変更にならないですから利便性が高いんですよね。

世界的にみるとアジアを中心に普及しているようで、5億以上ダウンロードされたそうです。最近は中南米でも人気が上がっているそうです。

その私も使っている便利なラインですが、問題点というか危険性も含んでいるのをご存知ですか?

今回はその問題点とより安全に使う方法をまとめてみたいと思います。

ラインとは何なのか?

ラインとはスマートフォンを主に対象として開発されたアプリケーションソフトです。主なサービスは、無料音声通話と無料のメッセージ(チャット機能)になります。

後発なためにソーシャル系の他のサービスの機能を同じようなものを改善し搭載されているので、タイムラインやスタンプなどは使いやすくなっています。広告宣伝費には、ベッキーを使用するなどかなりの大型投資を行いまたキャラクターがうけたこともあり一気に知名度を上げました。

また自分の電話帳から友人のアカウントを自動で探してくれることも、手間が掛からず普及した理由になりますね。

運営会社は?

LINE株式会社(旧NHNjapan 旧ネイバージャパン)が運営会社になります。

このほかの事業では、ハンゲームやNEVERまとめ等も運営していて、ホリエモンのライブドアも買収をして子会社にしています。

LINE株式会社元々は韓国の最大インターネットサービス会社のネイバー社の事業分割により日本法人になった会社なので資本関係は、今もネイバー社の100%子会社です。

ただどうも日本企業と意図的に印象付けているふしはありますね。社名変更もそうですし発言からもそう感じさせるものがあります。

そのため日本人のユーザーでも日本企業の日本のサービスと思っている人はいますね。推測するに、現代やLGでもそうですが韓国ブランドは日本のマーケットでは受け入れられにくいからではないでしょうか。

あるレベルまで浸透するまでは日本製と誤解してくれていた方が都合が良いというわけです。

ラインの仕組み

では、ラインの仕組みはどうなっているのか知っていますか?

インストール手順に則りそのまま素直に進めていくとラインに友人がのっていますよね。特に手続きをしたり友人とID交換していないのに登録されているわけです。

便利と言えば便利なのですがなぜって感じです。

これは、何かに似てません?

そうフェイスブックです。

これ、仕組みのタネも同じです。あなたのアドレス帳のデータから照会して他のラインユーザーを探して登録しているのです。

逆に言えばあなたのアドレス帳を全て把握しているということなんです。

ii

ラインの怖いところ

 アドレス帳は見られて把握されている

ラインの初期設定時に、友だち追加設定の友だち自動追加をオンにするとアドレス帳内のLINEユーザーが友だちに追加され、友だちへの追加を許可をオンにすると友人のアドレス帳にのっている場合ラインに友人として追加になります。

この機能をオンにするイコール自分の電話帳をライン株式会社および韓国のネイバー社にアドレス帳を開示することを意味します。これは自分の情報を渡すだけでなくアドレス帳にのっている全ての情報を渡してしまうことになります。

逆に言えば、あなたの友人がネイバー社にアドレス帳を開けることによってあなたの個人情報は韓国の本社が把握してしまうということです。

これって法律的にはギリギリじゃにかと思うのですが、、、、、

情報流出の責任問題

これに関しては明確な答えがあります。利用規定には情報の漏洩があったとしても会社側には責任は無いことを了承した上でのサービスを利用することが書かれています。

通常に契約であれば無効とも言えなくは無い内容ですが、無料での利用規定ですから責任が非常識に甘くても有効な規定になる可能盛大でしょうね。つまり無料で使っているんだから、不利があっても文句は言えませんからねというわけです。

チャットなどは見られてない?

一応読めないことになっていますね。これは利用規定にプライバシー侵害は行わないとあるからです。

ただ噂は絶えませんね、、、、

私は企業文化ってあると思うんですが、ネイバーのまとめって今は既成事実として認められていますが、どうなんでしょうね?基本的には他のサイトやブログを引っ張ってきて儲けているワケですよね。

著作権とかを考えると、かなりグレーなことをしているわけでこういったグレーことを良しとする文化を持った企業というわけです。

iii

安全に使う方法は

まぁはっきり言えば使わないことが1番安全です。可能な人はそうしましょう。しかしここまでラインユーザーが増えると付き合い上もそうはいかない人も多くいると思います。

そのために万全とはいえないですが、より安全になる方法を書きたいと思います。

より安全な設定の方法

先ほども少し説明しましたが、設定でアドレス帳を公開しないにすることが出来ます。最初に設定している人はほぼ問題ないといえるでしょう。

ですが途中で設定を変えた場合は、1度公開してしまっているので前のデータが消去されるかどうかは分かりませんが、そのままよりは良いと思いますのでやっておきましょう。

友だち追加設定の友だち自動追加をオフにして下さい。

iiiii

 

友だち追加設定の友だちへの追加を許可をオフにして下さい。

iiiiii

 

重要なことにラインは使用しない

自助努力ということで、秘密性の高い情報やプライバシーに関わることはラインは避けたほうが無難でしょうね。

無料なのですからそれなりの使い方が必要ということです。

スカイプの方が良い

マイクロソフトの企業姿勢や暗号化技術を考慮するとスカイプの方が安全性は高いでしょうね。無料通話サービスの中でも音質は最高ですし、チャット機能もあります。

特別ラインでないといけない理由が無いのであれば、スカイプを選択することをお勧めします。

1番完璧な方法!

これはライン専用スマートフォンを買ってSIMの契約してください。当然アドレス帳は空にして使ってください。

価格も最近は格安SIMもありますので、大手よりは安く使用できます。

、、、、、、、冗談です!

ごめんなさい。

いくら完璧とは言っても、ラインのために2台持ちをする人はいないですよね。

iiii

さいごに

インターネット社会は、利便性と個人情報流出のバランスの中成立しています。ラインは無料で便利ですけど、お金ではない代償を払っているということです。今までは国が法を定めることで一定の基準を精査して上でルールを作り守っていてくれました。

しかし今のインターネット社会はスピードが速くて国の対応は間に合わなくなり後手に回ってしまいます。

またデジタル社会では距離の概念がないので、簡単に他国が絡んできてしまう。そうなってしまうと今までの国単位を前提とした法律では問題を解決するのが難しくなってしまっているのが現状でしょう。

こうして考えるとラインの個人情報取得の問題も典型的で意図的な問題だといえます。これからのインターネット社会では、自分のことは自分で守るという自覚を持ちリテラシーを自分自身が持っていかねばならないということなのでしょうね。

結局、ボランティアではないので無料ということはなくお金以外の何を代償に払っているか、この対価に見合うかどうかを考えないといけないですね。

携帯電話の料金って高くないですか?

その支払いを安くする手段としてポケットワイファイやモバイルワイファイという言葉を最近は耳にするようになりましたよね。

でもどうせ手間ばかり掛かってスピードが遅かったり繋がらなかったりして使えないんでしょって思ってません?

そんなことありませんよ、そうじゃなきゃこれだけ目にするようにはなりませんよね(笑)

”モバイルワイファイは遅い?ギガ放題でWX01を最安で使う方法”で詳しく説明していますので見てください。

皆さんもこれで携帯電話代を節約して更にネットも使いたい放題にしませんか?

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。
オススメの関連記事