海外旅行の基礎知識

飛行機のチケットを無料アップグレートする14の方法

飛行機の席が無料でエコノミーからアップグレート!

海外旅行をする上で多くの人は飛行機の席種はエコノミークラスを利用していることでしょう。

長時間乗る場合は横に離れませんから少し窮屈だったりもしますが、我慢できないこともないわけです。

でも誰もがビジネスクラスやファーストクラスを知っているでしょうし、憧れの席です。

ひつじ執事
ひつじ執事
もし無料でアップグレードされてエコノミークラスの料金でビジネスクラスに乗れたら嬉しいですよね。

実際に噂ではそんなラッキーな話が現実に起きていることを聞いたことはあると思います。

そうなんです、確率は高くはないですが、そんな幸運を引き当てている人は確実にいます。

しかもその幸運を引き当てる確率を上げる方法があるんです。

今回はそんなアップグレードの仕組みなどを知って、無料でアップグレードしてもらえる方法を説明していきたいと思います。

飛行機でアップグレートして貰える確立を上げる方法

まず初めに謝罪します。

タイトルには、飛行機でエコノミーからビジネスにアップグレートする方法となっていますが、これは絶対的な方法ではないんです。

飽くまで確率を上げて、後は天命を待つ方法です。必ずできると思った人にはごめんなさい。

ひつじ執事
ひつじ執事
まぁ、でも世の中はそこまで都合よくは出来てませんから、仕方ないですよね。

確率論だとしても知らないよりは知っておいて損はない話ですし、簡単にできることがありますから、やれることはやっておきましょう。

飛行機の座席の種類のアップグレートとは?

まず初めにアップグレードって何なのかを説明しましょう。

基本的には購入したチケットのクラスから上のクラスに移行することを言います。

つまり具体的には↓のこの4つのケースになることが多いです。

  1. エコノミークラスからプレミアムエコノミー
  2. エコノミークラスからビジネスクラスへ
  3. プレミアムエコノミーからビジネスクラスへ
  4. ビジネスクラスからファーストクラスへ

多くの場合は空港でのカウンターでチェックインする際に話となることも多いですが、前もってメールなどで希望を取ることもあったりします。

そしてアップグレードにも大きく分けて有料でのアップグレードと無料のアップグレードの2種類があります。

有料のアップグレードとは

有料でのアップグレードは、追加料金やマイレージを使ってお得にグレードの上の席に変更するということです。

まぁ、簡単に言えば航空会社の営業という側面が強いです。

ビジネスクラスやファーストクラスの席が空いているので、空にするよりは少しでも有効に活用して利益を出そうとしているわけですね。

基本的に正規料金で買われる人が優先されますから、空席がほぼ確定するギリギリで募集されることが多いわけです。

ただヨーロッパの航空会社の中には早い段階から追加料金でのアップグレードを可能としているところもあります。

ルフトハンザ航空も有名ですし、LCCも可能なことが多いです。

最も利用率が高いと思われる日本の2大レガシーキャリアは少し詳ししく見てみましょう。

ひつじ執事
ひつじ執事
日本航空のアナウンスは、例えばプレミアムエコノミーでは、この様になっています。

プレミアムエコノミークラス空港当日アップグレードのご案内

ご出発当日JAL運航便のプレミアムエコノミークラス座席に空席がある場合、下記の追加料金でプレミアムエコノミークラス座席のご利用を募集することがございます。
なおプレミアムエコノミークラス空港当日アップグレードをご利用時の積算マイル数は、プレミアムエコノミーとしてのマイル数ではなく、購入されたエコノミークラスの航空券の運賃に基づきます。

そしてその際の追加料金は下の様になっています。

  • 東南アジア・南アジア バンコク 20,000円 6,200タイバーツ
  • ジャカルタ 20,000円 2,800,000インドネシアルピア
  • シンガポール 20,000円 250シンガポールドル
  • ハノイ 20,000円 180米ドル
  • クアラルンプール 20,000円 800マレーシアリンギット
  • デリー 30,000円 18,000インドルピー
  • 香港 香港 15,000円 1,500香港ドル
  • 中国 上海 15,000円 1,000人民元
ひつじ執事
ひつじ執事
全日空に関しては、下の様に説明があります。

エコノミークラス満席時のご案内

ご出発当日ANAグループ運航便のエコノミークラスが満席の場合に、空港にてエコノミークラス運賃(ANA国際線特典航空券を含む)で予約・購入済みのお客様を対象に以下の「当日アップグレード付加運賃」をお支払いいただき、ビジネスクラスへ搭乗されるお客様を募集することがあります。なお、マイルは航空券のクラスに基づいて積算します。

そしてANAの主な地域の料金は下の様になっています。

  • 日本→北米(ハワイ・カナダを含む)、欧州線 : 50,000円
  • 日本→タイ、インド、ベトナム、ミャンマー、シンガポール、インドネシア、マレーシア、カンボジア線 : 30,000円
  • 日本→オーストラリア線 : 50,000円
  • 日本→台湾、韓国、フィリピン線 : 15,000円
  • 日本→中国大陸線(香港を含む) : 25,000円

アップグレードできる航空券の種類は?

実は航空券のアップグレードをするためには購入した航空券の種類が関係しています。

同じエコノミークラスのチケットでも購入方法などで、Y、B、U、E、O等と購入価格で分かれているんです。

つまり格安航空券では対象外のクラスのエコノミーチケットと言う可能性があります。

航空会社が各区間ごとにアップグレードできるクラスを設定しているんです。

なぜ無料でエコノミークラスがアップグレードされるのか?

無料でエコノミークラスをアップグレードとは何なのでしょうか?

これは航空会社の都合で行われるもので、インボランタリーアップグレードもしくはオペレーションアップグレードと呼ばれているものです。

マイラーの人などは、略してインボラと言ったりします。

ひつじ執事
ひつじ執事
この会社都合と言うは、オーバーブッキングです。

エコノミークラスでオーバーブッキングが発生してしまった際に、上のクラスの席に空きがあった時に航空会社としては仕方なく、無料でも良いのでアップグレードさせるというものです。

無料アップグレードのどのタイミングで?

カウンターでのチェックイン時にグランドホステスから、無料でアップグレードできますがどうされますか?という話があるのが通常です。

航空会社に取っても非常事態の対応策なので、色々と問い合わせをしたり多少バタバタした中での話だったりもします。

それ以外だとマイレージ会員の上級会員だとラウンジで声を掛けられるケースなどもありますし、ギリギリの機体への搭乗口での搭乗手続きで話をされることもあります。

搭乗口と言うのは逆にギリギリ過ぎて、問題があるのかと思ってビックリしますよね。

無料アップグレードの都合が悪い面

無料アップグレードというと全てが嬉しい事のようですが、サービスが必ず全てアップグレードされるわけでありません。

当然ですが、座席はビジネスクラスにアップグレードされたなら使うことは可能です。

しかしその他のビジネスクラス用のサービスに関しては、個別判断となります。

明確に差が出るのは、空港でのラウンジの使用が可能なのかと機内食はビジネスクラスの食事が用意されるかです。

ひつじ執事
ひつじ執事
ビジネスクラスの席に座りエコノミーの食事を食べるのは悲しい光景です、、、、

特に日本航空・全日空は食事はエコノミーのままと言うことも多いので、必ず確認を取るようにしましょう。

無料アップグレードされやすい14の条件

ひつじ執事
ひつじ執事
さて、では本題に入りましょう!

ここからは無料アップグレード・インボランタリーアップグレードに当たる可能性が高くなる方法を1つ1つ見ていきましょう。

①特定のシーズンを狙う!

無料アップグレードの条件は、エコノミークラスでオーバーブッキングが発生していて、且つビジネスクラスには空席がある場合です。

この状況で初めて無料アップグレードを行うわけです。

この条件が発生しやすいシーズンが実はあります。それはビジネス利用が少なく観光旅行が多い時になるので、通常のハイシーズンが該当します。

お盆、年末年始、ゴールデンウィークです。さらに広げると学生の休みの時期になります。

学生やツアーが多いシーズンであればエコノミ―の占有率が高いというわけですね。

②便ごとに空席状況を調べて買う

上記では、条件に該当しやすいシーズンに予約する話でしたが、積極的に自分で予約状況を調べてチケットを予約するという狙い撃ちの方法があります。

つまりエコノミークラスは満席に近い状況で、ビジネスクラスでは空席が目立つ便をインターネットでマメにチェックするわけです。

手間はかなり掛かりますが、その分、可能性はかなり上がります。

③マイレージクラブには必ずエントリー

航空会社としてはどうせ無料アップグレードをさせてあげるなら、お得意様のお客さんにサービス提供したいわけです。

それを計る手段が、利用回数であり、マイレージクラブのステータスな訳です。

ステータスで上級会員であるのは最も好ましいですが、直ぐにできることではありませんからせめて、JALマイレージバンクやANAマイレージクラブの様なマイレージの会員登録はしておきましょう。

ゴールド会員・プラチナ会員といった上位会員でなくても、非会員よりは可能性が上がります。

④航空券の価格(クラス)が高い

航空券と言うのは、エコノミークラスのチケットの中でも販売ルートや価格に寄って何種類かのグレードに別れています。

無料アップグレードにおいても航空会社としては上客にサービスしたいわけですから、安いチケットのお客さんよりも高く買ってくれたお客様を優先するのは当然の話ですね。

⑤機体はボーイングB787-9がおススメ!

飛行機の機体と言うのは航空会社のオーダーを基に内部構成が決まっています。

つまりその機体ごとにエコノミークラスの席数とビジネスクラスの席数が自由に設定されている訳です。

そして無料アップグレードの状況を生みやすい比率を考えるとエコノミークラスの席が少なくてビジネスクラスの席が多い方が、発生しやすいということになります。

これをインターネットの予約時に確認して予約を入れましょう。

良くマイラーの中で言われているのは、ボーイングB787-9はビジネスクラスのシェア率はどの航空会社でも高いと言われています。

⑥複数より1人で搭乗する

アップグレードで移動させる時にはビジネスシートの席数の問題や並びを配慮しないといけない手間などの理由により、複数のお客様より個人、つまり1人の人が選出されていると言われています。

2人分アップグレードするのであれば、夫婦の2人組より1人のお客さんを2組選ぶ方が手配する上では手間が掛かりませんからね。

これは足切り基準の様な条件となります。

⑦オーバーブッキングが起こったら、次の便に乗る

オーバーブッキングの際にどうしても乗客が全員乗れないというケースがあります。

その際に航空会社の方から他の便に変更してもらえるお客さんを探している時があったりします。

その際には航空会社としてお礼の意味を込めてビジネスクラスへアップグレードしてくれることがあります。

まぁ、協力するので当然の行為かもしれないですね。

⑧親切に対応しましょう

これは都市伝説的な話でもあるのですが、グランドホステスの人も人間です。

感じの悪い人と感じの良い人に同条件で選択権があるのであれば、それは感じの良い人を選びますよね。

誰に対しても親切な人であるようにしましょうね。

⑨ビジネスクラスに相応しい服装をしている

清潔感のある常識的な服装はしましょう。

これはある程度以上であれば問題はないと思いますが、ビジネスクラスには他のお金を払って乗ったお客様がいるわけです。

その人たちが、違和感を覚えるような服装はNGです。

極端な話ですが、タンクトップにジーパン・サンダル、ビニール袋の人をファーストクラスに歩かせたくないのが、正直な心情です。

これは求められるレベルは低いですが確実に存在する条件です。

ただし前もって決まっていることもあるので、絶対条件ではないです。

⑩記念日なら可能性大

実際に記念日だった時にも配慮されることがあります。

ただし基本的に誕生日ぐらいですよね。

良くマイラーの中の話では、ハネムーンや結婚記念日を伝えると良いと書いてありますがいつ伝えろというんでしょうね。

カウンターで今日は結婚記念日なんですよっ急に話し出すんですかね。

レストランなら分かりますよ、結婚記念日だからその目的としてレストランに行くわけですから、配慮してねって意味で言うのも。

でも、飛行機は結婚記念日だから念願のこの飛行機に乗ることにしたんだよ、、、、、、て人は居ないですよね。

しかも2人で乗ったらアップグレード対象として確率下げてますからね。

現実、誕生日ぐらいですけど誕生日に飛行機に乗っるのも、、、、、、

⑪座席指定をしていない

実は搭乗前に席を指定していた場合、アップグレードの可能性はかなり下がります。

わざわざ埋まっている席を移すよりもフリーに人を優先して移したい訳です。

アップグレードの確率を上げたいのであれば、席を指定しないことです。

でも悩ましいですよね、アップグレードの可能性は上がりますが、ダメだった時には好きな席の場所は選べないかもしれないですからね。

⑫スペシャルミールを頼まない

子供用の食事やベジタリアンフードなどのスペシャルミールを頼んだ人はエコノミーでそれが用意されているので、アップグレードはされません。

アップグレードされたいのであれば、スペシャルミールを頼むのは止めましょう。

⑬チェックインを早い時間にする

アップグレードが早い段階で分かっている時には、説明の手間などがあるので空いている時間帯の早くにチェックインに来たお客様から選出することがあります。

グランドホステスのスムーズに業務をこなすという観点からすれば、当然の判断と言えるでしょう。

⑭チェックインを遅い時間する

これが最後の項目にして最も有効な方法なのかもしれません。

ただし効果が期待出来る分、危険度も大きくなります。

それが遅い時間にワザとチェックインする方法です。

ダブルブッキングが起きた時に無料アップグレードを行うとしましたが、なぜダブルブッキングは起きるのでしょうか?

それは当日のキャンセルがあることを織り込んで席数以上のチケットを販売しているからなんです。

それが当日になって予想以上にキャンセルは発生せずにお客さんが来てしまい、席が無くなってしまた為です。

ここがポイントです。

つまり航空券をカウンターで登場手続きをしたことで初めて実数を把握できるので、予想以上にきていることが分かるのは、締め切り時間が迫ってからなんです。

つまりオーバーブッキングが確定した後にチェックインを行えば、エコノミーの席はないわけですから、ビジネスなどに空制があれば高確率でアップグレードされます。

時間的には昔は30前と言われてましたが、今は早めに対応しているので45分前と言うのが最有力説ですね。

ただし問題もあるのが分かりますよね?

もしビジネスに空席が無ければ、あなたの乗る席はありませんから、その飛行機には乗ることは出来ません。

オーバーブッキングが理由なので航空会社の方で最大の配慮はしてくれますが、通常は他の便へ振替ということになってしまいます。

飛行機に関する記事を3つピックアップ

飛行機に関してはこの他にも面白い記事があるんですよ。

ひつじ執事
ひつじ執事
合わせて読んでもらいたい記事を3つピックアップしてみました。

参考にして下さいね。

飛行機が欠航した時の対応は?

嫌なことですが、空港まで行っていたのに天候不順や飛行機の故障で欠航と言うこともあり得ます。

その時にはどのように対応すべきかをケースごとに説明した記事になります。

フライトがキャンセル!飛行機が欠航した時の対応方法

飛行機は前方席と後方席のどちらが危険か?

i考えたくないことですが、もし飛行機が墜落した時には前方と後方の席、どちらの方が危険なのかを誰でも考えたことがあるのではないでしょうか?

この記事ではアメリカで実験されたその結果を解説しています。

飛行機は前方席と後方席のどちらが危険か?墜落事故の生存率は?

海外旅行に持って行くべき無料クレカのベスト5!

2015-11-02 17.44.49 (640x480)海外旅行にクレジットカードを持っていくのは常識的になってきましたが、数あるクレカの中でどれが良いのでしょうか?

元保険会社の社員だったFPがおススメのクレカ・ベスト5を紹介します。

海外旅行に持って行くべき無料クレカのベスト5!保険も充実なクレジットカード

飛行機のエコノミーをアップグレートする方法のまとめ

どうでしたか?今回は無料アップグレードの原因や仕組み、そして自助努力できる無料アップグレードに当たる確率をあげる方法を説明しました。

気軽に出来ることから、難しいものまで様々な種類のモノがありましたよね。

ひつじ執事
ひつじ執事
ただ残念なのは絶対的な方法はないことです。

最後にはどうしても運試しとなるので、天地を尽くして天命を待つ感じですね。

そして最も確率を高めることが出来る有効な手段は、チェックインぎりぎりに行くことでしょう。

航空会社も待ったなしの状況に追い込まれていますから、状況が揃えば期待大です。

でも最悪なケースではその便には乗れない可能性も高いですからねぇ。

困ったとかのレベルではないですよね。

これは正にハイリスク!ハイリターン!あなたは挑戦してみますか?

海外旅行の時に加入する海外旅行保険を無料にする方法があります。

私は世界60ヶ国以上行ったことのあるバックパッカーで、ファイナンシャルプランナーとして保険会社で働いていました。そのため海外旅行と保険を合わせた実経験は誰にも負けないのではないかと思います。

そんな私が使っている海外旅行に持って行くと得をするクレジットカード最強の3枚の組み合わせがあります。

このカードを持つことで海外旅行保険には自分で加入しなくても病気や怪我での入院費は無料になりますし、荷物を無料で自宅に宅配できたり、盗難にあった時の緊急時にも海外でクレジットカードが再発行できるなど多くの特典を受けることが出来ます。

正に海外旅行には必須のクレジットカードと言えるのではないでしょうか?

詳しくは”クレカの保険は使えない?海外旅行に持って行くクレジットカード最強のベスト3”の記事で説明していますので読んで下さい。

海外旅行の保険料が無料になるだけでもお得ですからオススメですよ。

ABOUT ME
海外旅行FP ひつじ執事
海外旅行FP ひつじ執事
学生時代は1年の半分は海外旅行に行き1年の長期旅行も2回経験した元バックパッカーです。訪問国は60ヶ国を超えマザーテレサの死を待つ人の家などでボランティアもしていました。 社会人としては保険会社に勤務した後に独立をして保険を中心としたリスクマネージメントや資産運用の会社を経営。 現在はタイ在住で店舗の経営とファイナンシャルプランナーとしてネットでの情報発信やライフプラン・資産運用のコンサルを請け負っています。
オススメの関連記事